スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

6/26(土) アルゼンチンのイミグレ最低 ~お前ら全員クビじゃ!!!~

ひさびさに丸1日キレとったわ!!!
アンデスの写真も撮ったけど、まだイライラしてるし後でいいや。

サンチアゴのバス乗り場に道をふさぐ客が多すぎてまずブチ切れ、


「ああ"ぁあああ!!!!!!!!!!!!!!」と叫ぶと、
みんなこっち見て目の前の道が開いたわ!!


この日は何とかメンドーサ行きのバスに乗り込み、
なんとかイミグレまでは行けたのだが…



アルゼンチンのイミグレ作業トロすぎる。。。。


イミグレでなんで3,4時間もおらなあかんねん!!!
荷物チェックくらい機械にまかせろや!!
なんでカバンの中を調べまくっとんねん!!!
それをバスの乗客全員にだと!!!??????




アホか!!!!!!!!!
お前ら全員クビじゃ!!!!!!!!!
今すぐアンデスの頂上から飛び降りろ!!!!!!!!!!!
その前にペルドンを一万回言え!!!




あーイライラする!!!!!!!

アルゼンチンの地元民見てるだけでイライラする!!!!
イミグレ思いだすから!!!





あー今アンデスってビール飲んでるけど・・・
なんでATMではじかれんねん!!!
インバリッドユーザ!!?
ここ最近は超金を使いまくっとる超正規ユーザーじゃボケ!!!!




はじめて他人に「ラピッド!」(早くしろ)って言うたわ!!!




あーイライラする!!!!
スポンサーサイト
2010..26 アルゼンチン comment3 trackback0

6/27(日) 24時間営業は素晴らしい in ブエノスアイレス

メンドーサに仕方なく1泊することになった俺だが、
サンチアゴの宿で一緒だったイスラエル人夫婦と偶然同じバスだった。
彼らが、「もしメンドーサで1泊するなら、いい宿を知っている」
といってくれ、値段も安かったので、
「ブエノスアイレスにいけなかったら泊まる」と返事をしたのだった。

結局、俺のブエノスアイレス行きは翌日の7時という事で、
俺は彼らについていって、あるホテルに1泊した。
その宿はとても雰囲気がよく、とても居心地がよかった。
しかも、その宿は朝食がついているが、俺は出発が6時30分だったので、
朝食無料の話が出ても、

「出発が早いから、食べられないしいいよ」

と言ったが、

「俺達は時間が自由なので、大丈夫だ」

とかっこよすぎる返答が。
結局、彼の発言どおり、朝6時半前には朝食の準備が出来ていて、
俺はパンを早くほおばり、バスターミナルに向かった。


バスターミナルに到着し、すぐにバス乗り場へ。
俺のバス乗り場を確認すると「24a29」と書いてある。
a?エーって何だろう!!??

色々な人に聞くと、24と29の間あたりを指差すけど、
その間に24a29なんてない。
結局、その間にブエノスアレイス行きのバスは到着し、俺は無事バスに乗り込んだ。

バスに乗り込み、しばらくさっきの乗り場の表記について考えているうちに、
ようやく謎が解けた。あのaは、ただのaではなく、スペイン語のれっきとした単語で、
英語のtoにあたるものだ。つまり、24から29という意味だったのだ。


バスは朝7時に出発し、揺られる事16時間…
つまり夜の23時にバスターミナルに到着した。



さて…どうするか。
いつもならソッコー宿に向かうのだが、今はアルゼンチンペソを持っていない。
かといってタクシーは大嫌いなので使いたくない。
俺の宿泊予定の上野山荘ブエノスアイレス別館は、たぶん開いているだろうが、
その途中の道が心配だ。ガイドブックには、
「バスターミナルから徒歩1分」
と書いてあるが、距離が1kmくらいあるので、これはおそらくガイドブックのミスだろう。



よし、明日の朝までターミナルで1泊しよう。
幸いにもバスターミナル(Retiro)は大きく、ベンチもたくさんある。
それに何件かカフェが開いているし、十分一夜をすごせそうだ。

俺はまず適当なベンチに腰をおろし、そこで一晩過ごそうとしたが、
回りにいる客が全て現地人だし、雰囲気が非常に悪い。
少しでも気を抜こうもんなら、やられそうな気がする。


なのでそこからはすぐに移動し、カフェへ。
カードが使えないが、ドル払いOKとのことなので、
そこでフライドポテト、クロワッサン、コーヒーを頼んだ。

カフェではサッカーのワールドカップが放送されていたので、
時間の経過がとても早く感じた。だが、途中でチャンネルを返られてしまい、
その後は暇ですることがなくなった。

どうしようかあたりを見渡していると、俺と同じように
バスを待っていると思われる女性が隣に座っていたため、話しかけた。
この女性はアルゼンチン人で、国内旅行中とのこと。
可愛くはないが明るい性格で、話をしていて楽しかった。
それにチリ人女性も加わり、3人で話をしていた。

話は当然スペイン語で、俺はスペイン語を少ししかわからないので、
半分も理解できていなかった。途中、日本の話になり、
「日本人はどんなご飯を食べるの?」とか
「朝、昼、晩は何時くらいに食べるの?」とか、
とにかく彼女らの質問に答えていた。


そして朝7時前…アルゼンチン女性の乗るバスが到着したので、
挨拶し、彼女はバスに乗り込んだ。
南米にきて何日も経つが、頬を合わせてキスの音をたてる挨拶がどうも上手くできない。
かといってそんなの練習はしたくない。


チリ人女性と2人になり、カフェで朝食を食べた。
その女性が乗るバスは、どうやら別のバスターミナルから出るらしく、
俺のために待っていてくれたいたようだった。
なので朝食をおごったが、ありがとうのあの字も言わなかった。
別にありがとうを言われるためにおごったのではないし、
それを期待している俺の方が馬鹿だと思うが。。。



朝8時半を過ぎたあたりで外は明るくなり、俺はチリ人女性とバスターミナルを出た。
町はまだ開いている店がほぼなく、静まり返っていた。
俺はまっすぐホテルを目指し、無事到着。
だが、チャイムを押しても誰もでてこない。

まだ朝が早いので誰も起きていないのかもしれないと考え、
近くでしばし休憩。

チリ人女性には「まだ時間がかかるから、行っていいよ」と言ったが、
「大丈夫」とのこと。どんなけ優しいんや。。。
もうちょっと若ければ。。。


結局、9時半に再び宿に行き、なんとか入る事が出来た。
中は日本人でいっぱい。そして沈没しそうな雰囲気が。。。

俺は移動で疲れていたので、
飯を作る元気もなく、近くのスーパーでビールとサラミを購入。
ついでに、晩御飯用に野菜を数種類購入。
サッカーを見ながら酒を飲み、途中眠たくなってベッドへ。

気がつくと眠りについていた。

起きたのは眠ってから4時間後。すでに外は暗くなっていた。

とにかくお腹がすいていた俺は、はやく食べたい時に作る野菜リゾットの調理にかかった。
とにかく適当に野菜を切って煮込み、チキンブイヨンを入れて、米も入れて放置。
味が薄かったので、しょうゆとほんだしを入れてできあがり。


味は不味くはなく、食べられるレベル。
食べ終わった後は、歯を磨いてすぐに眠りについた。
2010..27 アルゼンチン comment2 trackback0

6/28(月) ブエノスアイレスのセントロ観光

今日は午後3時半から、ブラジル対チリのサッカーの試合がある為、
それまでの時間で観光することにした。

ブエノスアイレスの町は非常に広く、計48の地区がある。
その中で、主要な観光地は8箇所もあるため、とても1日では回りきれない。

宿がセントロにあるため、その周辺である、
サン・ニコラス地区、その北部、サン・テルモ地区をこの日歩くことにした。

ホテルを出て、まず目指したのは国会議事堂。
そこに向かうまでに、世界第二位の大きさであるコロン劇場や、
いくつかの広場を通ったりして、クネクネ曲がりながら歩く予定だ。

DSC_9660.jpg

ブエノスアイレスは都会で、ビルやカフェ、雑貨屋、ショップなどが立ち並び、
チリのサンチアゴと同じくらい栄えている。
ゴチャゴチャした町が好きな俺にとっては、ちょっと残念。。。

DSC_9663.jpg
とはいえ、変わった建物(写真真ん中ちょい右)などがあり、それなりに面白い。


町をぶらぶら歩いていると、Martinezという名前のCafeが多い。
それに外から店内を見るとケーキが数種類あるので、ここで朝食を食べることに。

店内はとても綺麗。先進国にあるカフェといった感じ。
客はビジネスマンが多い。
俺はチーズケーキとコーヒーを注文。
DSC_9667.jpg

ケーキがでかい!これの半分くらいでいいのに・・・。
味はおおざっぱ。不味くはないが、もうちょっと頑張ってほしい。
それに食感が固い。チーズケーキならもう少し柔らかくしてほしいところ。

うーん、微妙。

量が多い上に旨くないので、ちょっと残してしまった。

ケーキを食べた後は、国会議事堂広場へ。
DSC_9669.jpg
近くまで行ったのだが、今日は中には入れないようだった。残念。。。

議事堂の写真を撮った後は、東にまっすぐ進み、5月広場へ。

広場のまわりには、大聖堂や、大統領府、教会などがあるので、
ささっと写真撮影。ガイドブックの大聖堂の説明で、
「厳粛な雰囲気が漂う」って書いてあったけど、
厳粛な雰囲気が漂ってない教会ってどんな教会やねん!!!!
そんな教会ないわ!!!

DSC_9677.jpg

DSC_9683.jpg
ピンク色の大統領府(ラブホか!)

教会をさっと見た後は、サンと・ドミンゴ教会へ。
正直、教会はもう飽きているのだが、ここはかつて戦場になったらしく、
今でもライフルの跡が残っているらしい。

5月広場から南に歩く事10分、サンと・ドミンゴ教会に到着。
ライフルの跡がわかりやすく残っていたのですぐにわかった。

DSC_9685.jpg

DSC_9686.jpg
ライフルの跡


俺はどの教会も厳粛な雰囲気が漂っていると思うし、
この教会も例外ではないけど、大聖堂よりは
こっちのほうが厳粛な雰囲気が漂っていると感じた。


サント・ドミンゴ教会を出た後、町を歩きながら時間を見ると、
1時半をまわっていた。3時にはホテルに戻らないと、試合がみれない。
だがまだ少し時間があるし、お腹も空いているので、
チョリパン屋が立ち並ぶ、レティーロ駅近くに向かった。
(チョリパンは、ソーセージをはさんだパン)

セントロは、どこを歩いても他の南米のような殺伐とした雰囲気はなく、
安心して歩ける。とはいえ、いちおう警戒しながら歩いているが。


レティーロ駅近くに到着し、適当安食堂で5ペソ(110円)のチョリパンを購入。
パンもソーセージもとても大きく、これ一つだけでお腹いっぱいになった。


チョリパンを食べた後、Discoというスーパーに行き、
サーロインステーキ、野菜、パンなどを購入。


その後はホテルに戻り、サッカーをみて、
見終えた後はステーキを作って食べた。

かなり上等なサーロインが2枚で500円ちょいなので、
日本と比べると安いのかもしれないが、個人的にはアルゼンチン、
そんな言うほど肉は安くない。カナダのトロントの方が安くないか!!?


ま、とはいえ味はばっちり!!!
めちゃ旨い肉を食べ、シャワーを浴びて眠りについた。
2010..28 アルゼンチン comment0 trackback0

6/30(水) ブエノスアイレス観光2回目

ブエノスアイレスは、今日が5日目やってのに、
観光するのは2回目。
どんなけやる気ないねん!!!
さっさと観光して次の町目指さんか俺!!


いやいや違うんですよ。
何もせずに時間が過ぎていったんじゃない。
雨が降ったから何もしなかったってのはたったの1日だけ。

だって、今ワールドカップやってるやん。
しかも2次予選が。
しかも、南米の国がけっこう残ってるし、
今回の旅で、俺はちょこちょこヨーロッパリーグのサッカーをみたりしてて、
ヨーロッパの国にも気になる選手がいるので、ホテルにいる時間が多かった。


おっと、話がそれたので戻す。


朝ごはんをホテルで食べ、ホテルを出発。
今日はサッカーの試合がないし、天気もいいので、しっかり観光することに。
11時頃ホテルを出て、まず向かったのはレコータ地区にある、レコータ墓地。
なんで墓地やねん!と思うかもしれんけど、
ここはお墓がすっごい装飾で、一見の価値があるねん。


ホテルからは歩いていける距離にあるので、ぶらぶら歩いて行くことに。
途中で広場を通ったけど、木が多くていい雰囲気やった。
DSC_9692.jpg

墓地到着。
なんやろ・・・ここ墓地って言われないとどこかわからへん。
小さい神殿みたいなのもあるし、ここに金を使うなら他に使うとこあるやろ…。
DSC_9697.jpg
墓地内部(1つ1つがお墓)

DSC_9698.jpg
これも。


墓地を見た後は、墓地周辺をぶらぶら。
おしゃれなショップや、こぎれいなモールがあった。

それからは、入場料無料の国立美術館へ。

せっかく来たのに、中に入れない。
俺と同じように中に入れない客が何人もいて、
俺は元々そんなに美術に興味があるわけではないし、入るのを諦めた。


美術館の近くには、図書館があったので、そこにいった。
特に読みたい本があるとかではなくて、図書館の雰囲気が好きなだけ。

図書館の建物はその他色々なものが入っているみたいで、
入り口で「どこに行くんだ?」と聞かれた。
そこで説明し、紙に名前やパスポートナンバーを書き、中へ。

ただちょっと図書館の雰囲気を味わいたいってだけなんやけど。。。
こんなに大変やのね。。。


苦労して中に入り、めちゃくちゃ遅いエレベーターで5Fへ。
中は日本の古い図書館っていう感じ。静かに本を読むのはどこの国も同じか。
図書館のある階には、自動販売機があったので、お菓子を購入。
お菓子を食べながら外の景色を眺めたりして休憩し、パレルモ地区へ。

パレルモ地区には日本庭園があるらしく、ひさびさに日本の景色が見たくなったので。
8ペソ払い中に入ると、日本の観光地でみたなつかしい景色が広がってた。

DSC_9734.jpg

DSC_9733.jpg

DSC_9731.jpg

庭園の中にある図書館で、日本の祭りの写真集を見た。
そんなにたくさん祭りを見たことないけど、どこか懐かしい感じがした。


庭園を見た後は、違う道でホテルまで戻った。
結構距離があり、結局1時間くらいかかった。


ホテルに戻り、夕食を食べたあとは、Sさんとチェスをした。
俺は将棋ならそこそこ打てるのだが、チェスはクソ弱い。
将棋とチェスは、攻撃の際の考え方が違うので、ちょっとやりづらい。
欧米人にも負けっぱなしなので、ゲームでレベルアップするか。


チェスの勝負は深夜1時半すぎに終わり、その後歯を磨いて眠りについた。





おまけ:FIFAワールドカップ南アフリカ大会(2010年)のテーマソングかっこいいなぁ

2010..30 アルゼンチン comment0 trackback0

7/4(日) ブエノスアイレス観光 ~ボカ地区へ~

旅行記の更新が遅い場合に考えられる理由

(1)インターネットが使えるホテルに泊まっていない
(2)疲れている
(3)移動などで時間がない
(4)沈没している


もろ(4)。
観光もほとんど終わってやる事はないのに、書いてない。
しかも最近の俺の過ごし方なんて・・・






花札or麻雀orチェスorYouTube見てる…






それ海外でやることか!!!



いや、それはわかってるねん。
けど、なんやろ、これまで色々大変やったし、たまにはゆっくりしたいやん。
たまには肉ばっかり食べる生活でもええやん?
たまには…。




ということで、話を戻して旅行記へ。


今日は日曜日。
日曜日は、露店がたくさん並ぶらしく、ボカ地区も盛り上がっているらしいので、
ボカ地区へ。152番のバスに乗ってもいいのだが、歩いていけそうなので、
まずはフロリダ通りへ。

DSC_9757.jpg

ホテルを出て南に歩く。
日曜日なので、ほとんどの店が閉まっている。

少し南に歩いた後、東に進んでフロリダ通りに行くと、露店を発見。
めちゃくちゃ人がいる。

DSC_9789.jpg

売られているものは、骨董品、カラフルな服、土産物、Tシャツなど。
特にほしいものもなかったので、まっすぐ歩いてボカ地区へ。

ボカ地区にあるカミニートという一角は、カラフルな建物が並んでいるらしい。
それを考えたのはボカ地区出身の画家なのだとか。
ぜひ見たい!どんなカラフルなのか拝みたい!!
ということで、到着。

到着すると、一人のおっさんが俺に近づいてきて、こう言った。

「フォト、マラドーナ」

おっさんは自分がマラドーナに似ていると思っているらしい。
今のお前にピッタリなセリフがある。


違う、お前なんかじゃない!!


気を取り直して観光再開。


DSC_9782.jpg

DSC_9785.jpg

おぉおおおお!!!!!!!!!!!!
こ、これはすごい!!!
カラフルや!!!!!!!!!!すっげぇカラフルや!!!


それになんやあの人形は・・・まぁええ、おもろい!!!
予想以上に楽しめた俺は、来た道をまっすぐ帰ってホテルへ。


帰っているうちに、バイオリンを弾く少年を発見。
お・・・これはアルゼンチン版天沢聖司か!!!

DSC_9795.jpg


観光を終えた後は、ホテル横の中国人経営のスーパーで酒と食料を買い、
夕食を食べて、インターネットをしたり本を読んだりして、眠りについた。





おまけ:アルゼンチン応援のためのタンゴ in サンマルティン広場
DSC_9750.jpg


2010..04 アルゼンチン comment0 trackback0

7/8(木) 宿の人達と飲み会

ここ最近、完全に沈没してる。
観光は終わってて、やらないといけない事(金をおろす、土産を買う、などなど)
が終わると、「あ、今日もおわった」と思ってしまう。
で、やることがなくなって、最近はもっぱら宿にある小説を読んでる。
だから日記が小説みたいになってるのかも。。。

飯はしっかり3食作ってて、ほとんど肉ばっかり食べてる。
こんなに肉をくいまくれるのはたぶん最後やし、アフリカ飯不味そうやから。。。


おっと、日記には書いてなかったかもしれんけど、
次の目的地が決まった。



7月11日ブエノスアイレス→ケープタウン(南アフリカ)



おいおい、ブラジルはどうしてん!!
イグアスの滝もいかんのか!!!!
と、色々突っ込まれるやろうけど、航空券が5万円くらいと安かったし、
ブラジルはサンパウロまでしか行かない予定やったんやけど、
リオとかサルバドールとか行きたい所が増えていったので、
ブラジルとイグアスの滝はまたいつか行くことにした。
それに、これも大きな理由なんだけど、航空会社が何故かマレーシア航空!!!
マレーシア航空がなんで飛んでるねん!!と思ったけど、
あそこサービスいいし、決定した。




…しょっぱなから話が脱線したが、ここからが日記。




夕方までは宿でゆっくりしてて、
そこからロンプラにのっているGran Bar Danzonへ。
木曜と金曜はジャズのライブがやってるらしい。


場所を調べて、夕方7時ごろにバーに到着。
だが・・・




ジャズのライブやっとらん。
いや、やってへんだけやったらまだよかってん。



ジャズを演奏する場所すらない。
ま、バーはおしゃれやったけど。

DSC_9815.jpg


結局、30分くらいバーにいて、途中アルゼンチンのウィスキーを買って宿へ。
宿に戻り、少し休憩した後、宿の人たち数人と飲みに行くため、バーへ。


ブエノスアイレスのセントロから東に進み、海岸沿いに行くと、
おしゃれなレストランやバーが並ぶ通りがある。俺達はそこまでぶらぶら歩いていった。
色んな人と話をしたが、中でも面白かったのが、K君。
彼は日本の大学に通っているが、交換留学で今はブエノスアイレスの大学に行っている。
絵を描くのが好きで、マンガやアニメも好き。あまり自分からは話をしないが、
しゃべるとおもろいキャラ。


俺「じゃ、将来は絵を描くほうに進むの?」
K「公務員とかになって、休みの日に絵を書きたいです」


テラ現実的wwwwwwwwwwwww
人の将来聞いて笑ったあかんけど、笑ってもうたwww
だって、ブエノスアイレスに住んでいて、スペイン語も話せるし、
せめてスペイン語使う仕事考えようよwwwwwwwwwwwww
ってか、もっと夢を持て!!!!!


絵を描く仕事は、働きだして数年は給料が少なく、
それが心配なのだとか。うん、友達でそういう仕事してる人おるけど、
給料少ないしめっちゃ大変そうやでと言っておいた。
でも、やりたいんならそっちすすんだらっていったけど、

「しんどいの嫌じゃないですか」


めんどくせぇが口癖で、口数が少ない彼が言うと、おもしろい!!!
あーええキャラしてるなぁー。


バーはなく、カクテルの種類が多いレストランに結局決定。
俺は生を、他のメンバーは生やカクテルを注文していた。


そしてみんなで乾杯!!!


皆が旅人なので、これまでの旅の話や、
旅する前に何をしていたとか、話はつきない。

俺は、どうやらベッドに上がると数十秒で眠りにつくらしく、
それがおもしろいと他の人たちとしゃべっていたよーと言ったので、

俺「寝る寸前まで酒飲んで、眠たくなったら最後の力で歯を磨いて寝ます」
というと、ウケた。

で、それからどう話が転んだのか覚えてないが、小英との話になった。
こうこうこうなって終わりましたというと・・・


乙女1「もうおっかけないんですか?」
乙女2「それはもう終わったってことだよ」
乙女1「そんなすぐにすっぱり諦められるんですか?」



諦められないけど、諦めないと。。。。
ま、一時期に比べるともうあまりあのコの事を考えなくなったから、
俺も成長したのかなーと思う。


そんなこんなで帰り道、おもしろキャラK君と話していると、
アルゼンチンの女子高生にコクられたとのこと。
K君は21歳、その女性は17歳。

えーそんなマンガみたいな話あるんか!!!!
しかも日本語が少し話せるらしい。

で、ホテル帰ってから写真みしてもらったけど・・・





可愛すぎる!!!
黒髪、色白、目パッチリ…これ写真マジックじゃないのか?


K君「この写真はちょっと美化しすぎですかねー。もう一枚あります」





あ、やっぱそうかー。
で、2枚目を見せてもらったが・・・




余計可愛いやんけ!




俺を笑い死にさせる気か!!!!!!!!!!!!
これを素でやるからK君はおもろい。

その後、その女性について話をして、俺は眠りについた。
2010..09 アルゼンチン comment2 trackback0

7/10(日) とある学生の恋愛事情(ラブロマンス)

昼ごはんを作るためにお湯をわかし、
さぁ野菜を切ろうとしたその時、同じホテルのK君がキッチンに来て、こう言った。


「どこか行きましょう」


K君が他の人誘うなんて。。。
他の人に話しかけるのが苦手ですっていうオーラを放っているK君が!!!
珍しいので二つ返事でOKし、沸かしたお湯は捨てて準備をして、ホテルを出た。


K君は交換留学生で、ブエノスアイレスの某大学に、留学生として通っている。
不必要な事は口にしないので、聞かないと何者なのかわからない。
そんな彼だが、現地の高校生にコクられたとの事なので、
二つ返事でうなずいたのは、そういう話を聞く為でもあった。

そして一番大きな理由・・・それは、
前日に飲みすぎて(ウィスキー1リットル)、俺はホテルのロビーで相当はっちゃけたらしい。
という事でロビーには居たくないのだ。


俺「中華料理屋でスープが飲みたい」
K「どこでもいいっすよ」


ということで、向かったのはガイドブックにも紹介されている、
中央飯店という店。
そこに行くまでにK君の話を聞く。とりあえず、
成績優秀のアニメ好きという事はわかった。


中央飯店に到着し、メニューを見るが若干高い。
だがせっかくここまで来たしなぁ・・・。

と悩んでいると、1人のアジア人がそのレストランから出てきた。
よし、あの中国人に聞こう!

俺「请问,有没有酸辣汤?」(すみません、酸辣湯はありますか?)
男「I don't know」

なんでこの中国人、返事が英語やねん。
俺の発音悪かったかな???

俺「酸辣汤」
男「湯、スープ??イエス、ハオチー」

あれ、なんやこの悪い発音は…
しかもハオチーって・・・俺を笑い死にさせる気か!!!!!!
俺より中国語の発音悪いやんけ・・

俺はK君に、
「スープあるやって」と伝えたら、
男「ここのレストランはとてもおいしいですよ」と。



ちょwwwおまwwwwwwwwwwwwwwwww



日本人か!!!



俺も悪いけど、その男性が近くにいたとき、めっちゃ日本語で話してたのに、
どうりで!!どうりで発音悪いわけや!!
湯(タン)がわかっただけでも凄い方やん!!!


俺「すみません」


そんなこんなで店内へ。
中はこぎれいで、いかにも高そうな感じ。


メニューをみて、酸辣汤と海鮮炒面を注文。
ウーロン茶は注文しないとないらしく、それも注文。
チャイナタウンか中国の中華料理屋やったら、茶くらい出るのに。


料理はめちゃくちゃおいしかった。
飯を食べながらも、K君の話を聞く。


彼のプライベートな話なのでこれ以上は詳細を書けないが、
「めんどくせぇ」が口癖にしては、やる事はしっかりやっているみたい。
ただ一歩が踏み出せないというか何というか。。。


そんな彼の恋愛話の中には、アルゼンチン人の話も出てくる。
彼らは友達に自分の友達を紹介したいらしく、そういう風にして、
どんどん友達が増えていくらしい。

じゃ、大学にも友達がいるんや?といえばそうではなく、せいぜい1人らしい。
ま、確かに自分から誰かに話しかけるというタイプではないな。

俺もそのタイプやけど、俺の場合は、
大学生の時から、「それじゃだめだ!」と思って、
自分なりに時間をかけて改善していっているつもり。進歩超遅いけど。
今がどうなのかは自分ではわからないけど、旅が終わる頃には、
男友達と同じように女性と話せる、遊べるようにはなりたい。



K君と俺とは考え方が大きく違うけど、彼の話はとても面白く、
話していて、もっと話を聞きたくなったので、W杯の3位決定戦を見るのをやめて、
ブエノスで有名な老舗カフェ、「カフェ・トルトーニ」へ。

ただ老舗なだけじゃなくて、内装はめちゃくちゃ豪華!!!
DSC_9820.jpg


俺はジュースだけにしようかと思ってたけど、
メニューを見るとデザートがめっちゃ多いし、
K君の「ブエノス最後っすよ!!?」に後押しされてフルーツ盛り合わせに決定。
K君はいちごのワイン漬け。

そして出てきたのがこちら。
DSC_9827.jpg
フルーツ盛り合わせ

DSC_9829.jpg
イチゴのワイン漬け


ま、普通においしい。
イチゴのワイン漬けのほうも、おいしいらしい。
赤ワインは甘くていい感じとのこと。

さすが老舗!こってるな!!!

俺達は甘いものを食べながら、K君のコイバナの続きを聞く。
俺の話を漫画化するというので一から説明するが、
終わってるので言いたくないし、
昨日の俺は宿のロビーで下ネタ含め大声で話していたらしく、それもあって
さらに話したくない。
度々「なんでそんなガッツあるんすか!?」と言われるも、
そんなんわからん。ってか俺が最初からそんなことがができる人間なら、
日本で彼女がいたはず。


彼は絵描きなので、絵の参考にするために、色んな角度で写真を撮る。
地元の友達も絵描きなので、それはよくわかる。
ブックオフにいって世界遺産や風景の写真集を買ったり、
なんでそのアングルやねん!って言いたくなる所から写真を撮ったり。


話はどんどん盛り上がる上に、彼は話のおいしい所をわざと最初に出し、
だんだんそれに近づけていく話し方をしたりする。
のでカフェから出てもさらに話が気になるので、
「じゃ夜ピザ食べにいこう」と誘う。


カフェを出た俺達は、まっすぐホテルに帰る。
俺は昨日の事もあってロビーに顔を出せないので、ひたすらベッドの上で過ごす。


そして8時・・・そろそろ行こうか!とK君を誘った時、
不思議な事が。

メンバーは、俺、K君、俺が誘ったS君(彼がいても話すはず)のほか、
SHさん(女性)がいる。

彼女はK君に日常からちょっかいを出しており、酒に酔うと若干強く
たたいたり顔をひねったりする。K君はかなりうざがってるし、
コイバナをSHさんに話したくないはず。
SHさんは優しいし話していて楽しいので、俺は大歓迎だが、K君は違うはず。

俺「なんでSHさん来るん?」(これは暴言)
K「来んなって言ったのに勝手に来るんスよ」(これは超暴言)


女性に来るなとか言うなwwwwwwwwwwwwwww
ま、SHさんは真性ドSなので、来るなとかいっても全く聞かないはず。

4人で宿を出て、おいしいと評判のピザ屋へ。

SHさん「K君、来るなっていうの。ひどいでしょ」

やっぱりwwww

そしてSHさんに聞こえないように、

俺「続きの話するの?」
K「わかりますよね?するわけないでしょ」

絶対そうやと思った。。。

ここで無理やり聞こうとかしたら、彼は口を閉ざすだろうし、
これまでの話をばらしたりしたら、SHさんが付きまとうだろうし・・・
ここはダンマリしかないな。

ピザ屋に到着、並ぶ事なく入れたおれたちは、
ピザを2枚注文。俺はビールではなくコーラに。

度々K君の話題になるが、俺は頑張って違う話に切り替えた。
SHさんに狙われたら終わりだ。。
明日ブエノス出発なので、2度と話を聞けない。




ピザはめちゃくちゃ旨く、4人で3枚も頼んだ。
まぁ3枚目はちょっとムリして食べたけど。。。


ピザ屋を出た俺たちは、まっすぐ宿へ。
K君の話の続きを聞くためには、それしかない。

宿に戻り、すこし休憩した後、
K君と外出。ジュースを買ってオベリスク前の広場へ。
時間は夜の10時過ぎ。
そんな時間にはカップルしかいない。Dキスしてたりするし。


傍からみたらゲイに見えたかもしれん。
ま、そんな事はどうでもいい。

彼の卒業論文の話になるが、難しすぎて若干ついていけない。
それでも話は楽しく、寒くなるまでそこで話をして、宿へ。
宿に到着し、他の人からこう聞かれた。

「どこいってたの?」
「オベリスク前で2人で喋ってました」
「カップルじゃん」


色々言い訳したいが、めんどくさい。
ロビーに人が少なくなるまでベッドで待機し、ロビーへ。
さらにSHさんが寝るまで待ち、そこから続きを聞く。

結局彼がそうとう羨ましい問題を抱えているという事がわかった。
そんなの俺からしたら問題じゃねぇ!!と、
彼に行動する事を促した。




ビデオチャットも、音声チャットもしてないらしい。
相手の顔をみたいし、声を聞きたくなるやろ!!!
会えないのが寂しいくらい。



そんなこんなで朝6時に眠りについたのだった。
2010..10 アルゼンチン comment0 trackback0

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

小太郎

Author:小太郎
1982年生まれのてんびん座。
面白そうな事にはすぐに飛びつきます。友人いわく、「フットワーク軽すぎ」

性格:優しいはず
趣味:写真を撮る事、旅行(国内、海外)、ネットサーフィン、外国語の勉強
好きなもの:スタジオジブリ作品(特に耳すま、海きこ)、新居昭乃(特に空の森)、Sound Horizon、hide、洋菓子、アザーン、酒、面白そうなもの、事
嫌いなもの:ゴキブリ、高野豆腐
口癖:ぐはっ、うは、ってか、


2009年10月5日から2011年5月1日までの世界旅行記を掲載。

北米→中米→南米→アフリカ→アジアと、
基本的にバス移動での旅行記を掲載。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。