スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

4/21(水) ひっさびさの中華料理

パナマシティについた初日、チャイナタウンがあるらしいという事を、
Bさん&Kさんに伝えると、昨日、中国系の旅行会社に行くついでに、
場所を聞いてくれていた。ということで、今日はBさん、Kさん、俺と、
後1人国際バスを使わずにパナマシティまできた、Eさんの4人で
中華料理を食べに行く事にした。

5時ごろまで、俺はホテルのキッチン横の部屋で、
1日中何もせず、犬とじゃれたり、テレビを見たりしていた。昨日もそう。
つまり、昨日から今日まで、何もせずにホテルで沈没してた(笑)


5時ごろになり、4人でチャイナタウンにでかけた。
バス&タクシーを乗り継ぎ、ようやく到着。道はBさんに完全におまかせ。
どうやら、チャイナタウンではなく、中国人経営の店がならんでいるだけらしい。
それでも、チャイナタウンの雰囲気だ。

俺たちはぶらぶらした結果、そこそこ客が入っている店に決定。
欧米人のBさんが先頭を切り、中に入った。
中国語が話せるということだが、どの程度話せるのだろう。


Bさん「中国語は話せますか?」
店員「はい」
Bさん「メニューを少し見せてもらえますか?」


あっかん・・・ペラペラや。
俺なんか足元にも及ばんくらいペラペラや。
日本語もペラペラやし、一体何者なんやBさんは。

そしてKさんも負けず劣らずの中国語の会話力。
話をしている間だけ、中国人女性と間違えるくらい綺麗に話す。
夫婦で中国に住んでも、絶対に何も困らないレベル。


Bさん「小太郎さんは何の中華料理が好きなんですか?」
俺「トマトと卵のスープです」
Bさん「あXXXですね!意外!!その料理が出るなんて」

名前知ってるとかwwwwwww

それは、俺ではなく、ジュディが好きなスープだった。
だが、トマトがないのでそれは作れないとのことだった。
結局、俺たちは、酢豚、野菜、麺、麻婆豆腐を注文。
注文のときも、Bさん夫妻がいたおかげで、とても助かった。

話を聞くと、どうやら2人とも中国で働いていたらしい。
そういうことかー。


俺は、自分の中国語について少し考えていた。
この先ジュディと連絡がつかなければ、中国語を勉強する理由はなくなる、
むしろ、そうなればもうあの国と関わりたくない。


みんなの話を聞きながら、こんな別のことを考えていると、
料理到着!!!ぜんぶうまそー!!!!!


めちゃくちゃ上手すぎて、途中で白ごはんを注文。
お茶はジャスミン茶だったけど、これがまたおいしい!!
何回ポットのおかわりをしたことか!!!


結局写真を撮るのを忘れて、ぜんぶ完食!
IMG_1451.jpg

料理を食べた後は、タクシーでまっすぐホテルに帰り、
帰った後はREYに最後のビールを買いにいった。

もちろん、最後のビールは"パナマ" 締めにふさわしい名前やし(笑)
そして4人で乾杯!!!


いやーパナマめっちゃいいとこや!!!
この国を一時期は飛ばそうと考えてたなんて・・・。
それにもう今日でおわりなんて・・・


寝る時間を惜しみながらも、12時は眠りについた。
ついつい話し込んでしまって、荷造りをしなかった。
まあ、明日でいいか。


おまけ:ホテル近くからエスパニョール通りの風景
DSC_8169.jpg
スポンサーサイト
2010..21 パナマ comment0 trackback0

4/21(水) 沈没したい気持ちを抑えてパナマ観光!!

「ホテル代が安けりゃ沈没してるわ」

このセリフを何度心の中で叫んだだろうか。

パナマシティに到着して2日目。居心地が良すぎて、日記を更新していなかった。
物価は安い、人が優しい、車は止まってくれる。最高や!!!
しかも、物価の高いコロンビアから来たせいもあって、さらに物価が安く感じる。


とりあず、昨日の出来事から簡単に。

◆サンホセ(コスタリカ)からパナマへ
TICAバス内で、アメリカ人×日本人の夫婦と会う。
この2人、相当のツワモノで、両方とも、英語、日本語、中国語はペラペラ。
しかも、このアメリカ人の日本語…うますぎる!!!
さらに、ハングル文字もお互い読めるというオマケつき。

え?何目指してるんですか???
といわざるを得ない(笑)


そして、俺の泊まろうとしているホテルと、
彼らの泊まろうとしているホテルが同じだったので、
パナマ・シティに3時AMに到着したが、一緒に3時間ほどバスターミナルで休憩した。


そして、何とか宿泊予定のZuly's BackPackersに到着。
朝6時だったが、チェックインできた。
そやわな、安宿やったら、24時間チェックインさしてや。
(後で知ったが、このホテルは朝5時からチェックイン可能らしい)

宿代は9ドル1泊。まぁ、中米最後だし、ちょっとくらい贅沢してもいいか。

ホテルに着き、少し休憩した後、歴史地区へ。
ホテルからはチキンバスでいけるらしいので、チキンバスを広い、無事歴史地区到着。

歴史地区は、趣のある建物が多く、歩いているだけで楽しかった。
(写真)

ただ、歴史地区から一歩外れると、危険な地域があるので、
居心地がいいとはいえ、まだ中米にいることを実感したのだった。
2010..22 パナマ comment0 trackback0

4/22(木) パナマからついに南米へ(Toコロンビア(ペレイラ)

Eさんは今日コロンビアの首都である、ボゴダに行くのだが、
ペレイラまでは俺と同じ便なので、一緒に行く事にした。


朝7時に起き、昨日作った野菜炒めを食べて、
準備をし、Bさん夫婦と握手して、ホテルを出た。


この2人、とっても爽やか夫婦やった。
それに、何も言わないけど、お互いにすごく頭がいい。
会話の端々からそう感じる。
Bさんなんて、日本語でサムいと分かってギャグをいうし。
日本語を話せる外国人のレベルを遥かに上回ってる。


この2人にはまたどこかで会いたいなー。


空港へは、完全にEさんに任せっぱなしだった。
Via Espanaは南行きなのでトクメン国際空港にはいかない。
トクメン国際空港にバスで向かうには、Via Espanaから東に歩き、
高速道路下の北へ行くバス(Tocumen行き)に乗る必要がある。
ちなみに、俺たちが乗ったのは、ちょっといいバス。バスが普通の観光バスだったし、
中は綺麗でクーラー効いてたし。それで1ドル。


空港に着いた後は、まっすぐAiresのカウンターでチェックインをすませ、
そのまま進むと、飛行機の手間のエリアへ。



あれ?おかしいな。。。。
何がおかしいって?





だってまだ出国してないんやもん




あれ、まっすぐ進んだけどイミグレを通らなかったぞ?
これはもしかして、自分でイミグレに行ってくださいってシステムか?
そんな空港聞いた事ないぞ!!!
絶対に行かないとあかんから、普通は必ず通るように空港が設計されているはずや。
するとEさん、

「これもしかしてイミグレ通らなくていいんじゃないの?」

そうか、そういうのがあるのかもしれん。
だって普通に歩いたら、イミグレに通らないんやもん。

ということで、空港の職員3人くらいに聞いてみると、

「イミグレは通らずに直接コロンビアにいく」

らしい。イマイチ信用できへんが、3人とも同じ事言うてるからなぁ・・・。



で、色々やっているうちに11時5分前になっていた。
搭乗時刻は11時23分だけど、11:00 AMって紙にかかれたんだよな。
不思議そうに紙を見ていると、Eさんが聞きにいってくれた。



搭乗ゲート近くには、まだだれもいなかったとのこと。
じゃ、余裕やん。




その5分後、空港職員が俺たちを呼びにきた。
やっぱ11時に変更やったんか。


そして空港内の放送で、


「コチュアロー」(実際は違います)


俺の本名くらいちゃんと発音しろ!!!!
パスポート読み取ってるくせに!!!!!!


走って登場口まで行くと、どうやら俺達は最後やったらしい。


めっちゃくちゃ小さいプロペラ機に乗り込んだ。
これ飛ぶんかいな!!?






それが、離陸も着陸も何も問題なし。
ま、飛行機の中では、水かコーヒーしか出なかったけどな!!!
ま、その分航空券の値段が安くなってるのなら、文句はなし。



空港内で、ボゴタに乗り継ぐEさんと別れ、俺は空港を出た。

空港を出ると、タクシーがめっちゃ止まってた。
でも、タクシーは乗りたくないので、その辺の人たちに聞きまくると、
セントラルまでいくバスがいるらしい。

俺はまだコロンビアペソを持っていないので、
警備員っぽい人に両替所がないかを聞くと、両替してくれるおっちゃんを連れてきた。

「1ドル=1800ペソ」

あれ?ロンプラには2300って書いてあるけど?


おっさんにそれを伝えると、

「ありえないよー??アッハッハ」 みたいなリアクション。


とりあえず、この時点ではまだロンプラを信用していたので、
5ドルだけ両替してもらった。セントラルについたら、ちゃんとした場所で両替してもらお。




バス代は1400ペソ。1ドルしないな。
そんなもんやろ。とりあえず、セントラルで降ろしてもらい、後は歩きまくってホテルを探す。
ペレイラなんて聞いたことなかったけど、結構町が大きいし、栄えている。
ホームレスとか全くいないし。物乞いもほとんどいない。



結局、5軒以上のホテルに値段を聞きにまわり、中心からちょっと離れた場所にあるホテルにした。
20000ペソ(11ドルちょい)だったが、7ドルちょいまでまけてもらったし、部屋が綺麗やったんで。


ホテルを転々としすぎたせいで、ヘトヘトだったので、ホテルで少し休憩。
その後、町に出て適当な店で夕食を食べたが、値段が6000ペソ。
えーーーーーーーー高すぎやろ!!!

ま、6000ペソって3ドルくらいなんやけど(笑)



飯を食べおえ、ネットを出来る場所を町中で探し、何とか発見。
ただし、その頃には今自分がどこを歩いているのかわからず、結局、夕食を食べた店の
レシートに書かれていた場所までいったん行き、そこから記憶を頼りにホテルへと戻った。



ホテルへ戻ると、途中に立ちんぼみたいな人が何人かいたか、様子が変だった。
様子が変というのは…あれホンマに女性か???ってこと。

そんな場所なので、早歩きでホテルに戻り、さっとシャワーを浴びてねむりについた。
2010..22 パナマ comment0 trackback0

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

小太郎

Author:小太郎
1982年生まれのてんびん座。
面白そうな事にはすぐに飛びつきます。友人いわく、「フットワーク軽すぎ」

性格:優しいはず
趣味:写真を撮る事、旅行(国内、海外)、ネットサーフィン、外国語の勉強
好きなもの:スタジオジブリ作品(特に耳すま、海きこ)、新居昭乃(特に空の森)、Sound Horizon、hide、洋菓子、アザーン、酒、面白そうなもの、事
嫌いなもの:ゴキブリ、高野豆腐
口癖:ぐはっ、うは、ってか、


2009年10月5日から2011年5月1日までの世界旅行記を掲載。

北米→中米→南米→アフリカ→アジアと、
基本的にバス移動での旅行記を掲載。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。