スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

12/3(木) Game Over

最近ジュディに電話していない。
っつーか、電話する旅に「忙しい」と言って切られる。

今日もそうだったので、最近なんで話してくれないの?と言ったら、


「だってあなた私の中国語理解できないじゃない!」とキレられた。



そしてゆっくり話してもらって明らかになるその病名。



残念ながら金ズルだったか。
もしくは遊び相手。




俺は真剣やったんやけど。。。。。。











スポンサーサイト
2009..03 カナダ comment0 trackback0

12/4(金) ゲームオーバーはまだ早い

ジュディの病気の件で俺に出来る事・・・
痛みが引いておらず、小さい病院に再び行くらしい。
俺は、四川の山奥の小さい病院というものを信用してない。

ググりまくった後、どうも医者が問題の根本を取り除いていると思えなかったから。

ということで、中国の医療機関検索サイトで、
成都にある大きな婦人科で、いいコメントがついている病院を探した。
で、病院の公式サイトに行くと、医者とチャットできるようになっている。
日本の問い合わせ方式は、電話かメールだけど、
中国語は、チャットという方法が存在する。
前に、中国のサイトで航空券探してる時もあったな、チャットサービス。

そっこーチャット。
正確には、チャットはじめようと思ったら、別のチャットの画面が
知らぬうちに開かれてた。


以下、ログの一部。訳は適当。
---------------------------------------------------------
44 12-05 13:05:06
您好!我是生殖医院在线医生,有什么需要帮助的吗?  (や、俺は医者だ。どうした?)

444 12-05 13:06:02
您好,请问您有什么问题需要咨询吗?

自分 12-05 13:10:24
你会说英语吗?我不是中国人 (英語話せる?中国人じゃないんだ)

444 12-05 13:11:00
您好,请问您刚才打出来的字不是中文吗? (すまん、あんたが今打ってる文字は中国語じゃないのか?)

自分 12-05 13:11:21
我的中文不好。。。  (俺の中国語しょぼい・・・)

自分 12-05 13:11:55
我想知道一次的价钱
妇科

444 12-05 13:12:16
请问您主要是哪方面的疾病?

====================================

444 12-05 13:21:56

没有钱也是要看病的,我刚才告诉您了,您的朋友的疾病需要治疗
(金がなくても診察しないといけないし、言っただろ、あんたの友達の病気は治さないといかん)

444 12-05 13:22:05

恩,那您叫我您的朋友来咨询

444 12-05 13:22:28

医生现在忙,很抱歉,再见 (俺様は今忙しいから、またね)

-------------------------------------------------------

最後の方に、「金がなくても診察が必要」みたいな文があるが、
これの訳を間違えて「金がないのも診察した」と理解してた。
後から複数人に指摘されてようやく理解した。


友達の病気はなさないといけないよ、の後に電話番号を教えられたので、
念のため電話番号でググって合ってるか確認してから、
その電話番号と会話内容の一部を伝えた。

今の痛みはそんな大したことないらしいが、
ひどくなってくると怖いので。
オーナーが俺の声を聞いていたみたいで、「北京語ですか?」だって。

オーナー曰く、わからないけど日本円で1万円くらいじゃない?って。
あ、そんなもん?(まぁこの発言は適当だろうけど)

あ、俺のヘタレ中国語、どっかに分類されるんや?
分類してもらえるだけでもありがたい。。。。



とりあえず、金とかじゃなくて、
できる事からやってみようかなーと思った。



あー中国語をもっと頑張らないと。
ニコニコ動画みてる時間を削れば、中国語勉強する時間も捻出できる。
真剣に勉強しないと。口だけ人間になってまう。







あーちょっと落ち着いてきた。
明日からも楽しく生きていこう。





追加。
俺がチャット中に訳を理解してれば、
「だから金ないいうとるやんけ」とつっ込めたのだが、
結局ジュディが電話しても、小さい病院より金がいるとかでアウト。
俺の使った時間は無駄に終わった。
なんやろう、点数かせぎしてるだけとか思われるとすごい嫌。
まぁ、思ってないだろうけど。

この数日後、再び病院に行き、医者から薬があるという情報を聞いたジュディ。
ただし、医者は診たことがなく、聞いただけらしい。
だからしょぼい病院すすめたくないねん!!!

結局、ネットで調べると、その薬を売ってるサイトがあり、
チャットした数時間後見ると、ヤツの名前で購入履歴がついてた。
どうやら購入したらしい。
中国ってなんでもかんでもパチもん多いやん?

薬となると、変な効果(とか副作用)がないか心配って言ったんだけど、
結局かっちゃった。
他の医者に念のため見せてくれといったんだけど・・・。





薬を知らん医者ってどうなのよ・・・・・。
絵を描けないアニメーター。
パソコンを触れないSE。
踊れないダンサー。



どうでもいいが、中国広いね。
地図をみておもった。
今どこって聞くと?広州だって。いや、そんなとこ知りません。
ググると・・・マカオちっか!

成都からめちゃ遠いやん。



話はそれるが、移動時間の話。
よく、外国に行くと、移動時間が死ぬほどかかる。
そのたびに「あー日本ならもっと早く着くのに」と思う。

でも待てよ。
アメリカでも、ぜんぜん網の目のように交通手段が張られてるわけちゃうし。
やっぱ広いと、移動がバスか飛行機になるのね・・・。

それた話おわり。



さて、薬を自分でかってたが、それでどうなるか。

とりあえず様子みるか。
2009..04 カナダ comment2 trackback0

12/5(土) オレハ ナニガ シタインダ ?

信じたい


でもウソついてるかもしれん。


ウソついてるかもしれんって考える時点で信じてないなぁ。



別に何かを要求されたとか待ったくない。



でも俺にそうさせるために話したとも考えられるし、

「おきたことは全て話してくれ」って最近言ったから、

全て言ってくるのかもしれん。





人を信じるって難しいなぁ。





ここが大きな分岐点な気がする。





日記に書いたかもしれんが、ジュディと電話越しにケンカした。
今は収まった。





もう俺が中国行って直接確かめれば悩まんでいい。
ウソかどうか確かめられるから。


ただし往復20万。





もうグチグチ悩む日記書くなって?




ごめんなさい。もともと優柔不断な上にこんなんで。






腹を抱えて笑える日記でいつかお返しします。
(はい、ハードル上がった)
2009..06 カナダ comment0 trackback0

12/9(水) 雪積もったよ

朝起きて、窓の外を見ても、
前の建物の壁しか見えないのだが、
頑張って他を見ると、雪が綺麗に積もってました!

大阪では雪が積もるなんてめったにないから、
おーつもったつもった!と思ってた。
昨日のニュースでも、今夜降るみたいなこと言うてたし。


午前中は家で、ネットでCBCのニュースを読んだり、
ニュース動画を見たりしてた。


昼からは、
晩御飯のおかずを買うために家を出発。


すると、けっこうな雨が降ってた。


そういえば、ニュースで雪から雨に変わるって言ってたんだった。
部屋に戻って傘を取り、チャイナタウンへ。




今日は珍しく、買い物メモを書いてきたのだ。
なぜなら、いつも何か忘れるから(笑)

・もやし
・たまねぎ
・鶏肉
・コーラ
・ジュース
・ごま
・スプーン小
・ピーマン
・こんにゃく
・きゃべつ


チャイナタウンに到着し・・・
コーラが見当たらない。



んーなぜコーラを探しているのかというと、
突然鶏肉のコーラ煮が食べたくなったからなのだ。


さて、ここで俺が小学生だった時の話を少ししよう。
仲の良いT君の家へ遊びに行った時・・・
2ℓのコーラのペットボトルの横に大きな鍋が。
鍋を覗き込むと、ドス黒い液体の中に肉っぽいものが。


これが最初の出会いでした。
かえっておかんに「作って!」って言った事を覚えている。


思い出話おわり。



なので、コーラは必須!
でも、売ってない!
もーコーラないんやったら買い物もいらん!

かってにひがんで手ぶらで家へ戻る。
あーでも腹減った。
かえってもらーめんしかない。
今日は違うもの食べたい・・・と、帰り道に小さいピザ屋があることを思い出した。


あそこでピザ買って、家へ帰ろう。
外から中を覗き込むと・・・客はいない。

なので素通り・・・するのだが、ここでかわないとラーメン決定。
それはいやだ。
なので、引き返してピザ屋へ入る。


どの店でもたいがい同じ、「Hi」
こっちも「Hi,How are you」(俺の英語の限界)


で、いくらか聞くと、1切れ(といっても馬鹿でかい)2ドル。
2切れで3.5ドル。これに缶ジュースをつけたコンボは3.75ドルだ。


よく見ると、他の店よりちょっと一切れがでかい。
こんなの2切れもついてくるなんてラッキー。

とりあえず、無難そうなのを2切れ選ぶ。

ジュースはあそこから取ってくれ。
とそこを見ると・・・お!


コカ・コーラはないが、ペプシ発見!
味は煮てる!こ、これは使えるんじゃないか!!!??

このピザ屋から家に戻る途中に、肉屋はある。
そこで鶏肉を買えば・・・キターーーーーーー!!!!

ペプシを選び、そこから数分の肉屋へ入る。
ばっちり、鶏の手羽元が売っている。


そ、そろってしもた・・・偶然にもそろってしもた・・・
これは今晩鶏肉のコーラ煮を作れっていう思し召しやな。

そう思い、鶏肉を5本買った後、店内をぶらつくと・・・



缶のコカ・コーラ発見。



あ、コカ・コーラある・・・でも、俺は今ペプシコーラを持っている。
貴方ならどうしますか?


1:コカもペプシも同じ。買うのは勿体無い。
2:いや、ここでコカ・コーラを買って、ペプシは飲めばいい。
3:その他



悩むこと1分・・・・2番を選択(負け犬



ペプシは飲めばいいよな?


そして家に帰り、ピザをチン!
そしてペプシを飲もうとするが・・・ちょっとまて。

このペプシを置いておけば、コーラ煮(ペプシ煮)が2回作れるんじゃないか?
別に飲みたくもないペプシのまんでいいやん。


ってことで、両方とも飲まず。

コーヒーを飲みました。

ピザは・・・おおざっぱな味。
腹の足しにはなる。味で、あえてこの店を選ぶ理由はないレベル。
2切れで3.5ドルは魅力的だから、また来るかもね。




そして晩・・・調理開始。



まず手羽元に塩コショウをふる。
そしてフライパンで焼き色がつくまで焼く。


理由は、焼きたかったから。
コーラとしょうゆだけでほんまに味が大丈夫なのか心配やったから。
ネットで調べると、焼いてる人もいたから。
(焼いてる人にたどり着くのにけっこう時間が・・・)


焼いていったん取り出し、鍋の中に投入。
そして350mlのコーラを流し・・・流し・・・なが・・・あれ?




コ、コーラ足らん!!!



全部入れたが、鶏肉がひたひたになってない。
やべ!どうする!?


1:ヒタヒタにならなくても、時々鶏肉をひっくり返せばよい。
2:ヒタヒタじゃなくてミスったらどーすんだよ!!!



2番。
ここで・・・冷蔵庫からペプシを取り出す。
ペプシだと心配が残ったからコカ・コーラを買ったくせに、
ここで迷いもなくペプシを取り出す俺は優柔不断か?



数々の偶然やハプニングから、
コカ・コーラとペプシ・コーラのツープラトンが!!!!!
2大コーラが手をつないだ感動的な料理になっちゃった!!!


そしてペプシを全投入。
よし!!


コーラを沸騰させ、その後でしょうゆを入れる。
そして飲む・・・なにこれ?


クソ甘いんですけど・・・・


まぁ、このまま弱火で1時間だ。
ちょっとたったらまた味をみよう。


5分後・・・再び味見。


アマス・・・さらにしょうゆ投入。そして混ぜる。


25分経過・・・味をみるが、まだしょうゆが弱い気がする。

さらにしょうゆ投入。



30分も煮たのに、ちょっとしか煮汁が減ってないから、
ここから中火にする。


そして10分経過・・・
めっちゃ鶏肉がホロホロになってる。

ええ感じや・・・味見はした・・・もう大丈夫やろ。
これ以上いれたらあかん気がする。(あかん気がするの遅い



そして煮はじめてから焼く1時間後・・・完成!!
似すぎたせいなのか、骨が折れてるのもあった。

IMG_0785.jpg



ええ匂いやー!!!!
オーナーも「いい匂いー♪」って歌ってるし。
どんなけおちゃめさんやねん。
俺以上のおちゃめさんなんてやばいぞ?




で、食うと・・・少し甘いが、これはこういう料理なんだろう。


ま、結局なんも問題なし!うまい!!
とりあえず、3本食べたところでお腹いっぱいになったので、残す。
残りは明日食べるか・・・。




いやー肉だけの晩飯ってはじめてかも。
(ご飯は除く)




あーシチュー食べたくなってきた。
完全にオーナーの影響。作ってたもん、昨日。



週末にでも作ろう。
もちろん鶏肉で。
2009..09 カナダ comment2 trackback0

12/10(木) 飲み会と変な夢

e-Mapleで「ビールが飲みたい」というトピックが上がっていたので、
トピ主にメールを送って、今日その飲み会に行ってきた。

メンバーは俺を含めて4人。
31歳が2人、25歳が1人、そして俺。
仕事してる人、学校行ってる人、何もしてない人(俺も)やった。


住居を改造してPubにした店で飲んだんだけど、
平日の夜やってのにめっさ込んでる。店内は迷路みたい。迷う。

Nachosっていう、本気だしたら40秒で作れそうな(言い過ぎか?)ものが、
出てきたのは注文してから1時間半後。

2人の男が店員にタドタドしい英語で「まだ」みたいな事を聞いてたけど、
「忙しい」の一点張りやった。
実際客はそこそこ入ってた。

こーいう時、後から来た客のテーブルに、
ガンガン食い物が運ばれているのを見るとイライラする。
メニューが違うと遅い早いがあるのだろうと想像できるが、
まぁ納得はできない。
いっちょまえにチップはとるが、
サービスはチップをとらない日本未満な店には、未だ納得していない。
日本もトロントも場所によりけりやけど。
(そういうセリフは納得した店でチップを多めに払ってから言え!と自分に… )

参加者たちとは、今なにしてるだの、今後どうするだの、
前職の話とかをしてた。俺としてはDQNが来るんじゃないかと予期してたんだけど、
フツーの人ばっかりやった。あと、皆さん英語がそれほどでもなかった。
俺がいえる事じゃないのだけど、それでも。
俺ももっと頑張らないと、と思った。



この店もう二度とイカネw




飲み会自体は、まったりした感じで俺好み。
またいこ。


家に着くと、オーナーがまたまた飯をくれました。
「たくさん作ったんで」といつものセリフ。
いつもいつもありがとうございます!と喜んで食べました。
いやー飲み会の後のそばは良いね!
欲を出せば、金龍ラーメンか、天下一品のこってりを作ってくれ。



そしてこの日の夜、おかしな夢を見て、何度も目が覚めた。

-------------------
夢の中で、俺は大阪の地元の駅にいる。
(俺の夢と現実にはタイムラグがある。夢の中ではまだ新築が建っていない)

弁当屋?の前でカップルがいるんだが、
男が何か言う事を聞かせたい模様。女の子はレジにしがみついている。
(嫌がっているのではなく、ただ笑顔でレジにしがみついているだけ)

で、次第に女の子の顔がゆがんでいくのでどうしたのかと思ったら、
男が裸足で女の子の足をつねってた。

俺が「嫌がってるやろ」止めに入るんだけど、

「あ"ぁ?」

と絡まれる夢。
絡まれたあたりで目が覚めたのでその後どうなったのかは知らん。
とにかく絡まれた。
-------------------


トロントに来てから、はっきりと内容の覚えている夢を
たまに見るんだけど、なぜだろう。


布団がいいからか?
2009..10 カナダ comment2 trackback0

12/12(土) 今週の俺とか今日の俺

えーまずこのブログのテンプレートを変えました。
ええ感じやないですか?
欧米の都会にいてます!みたいな!

テンプレートは気に入ったんだけど、元々のカレンダーがしょぼくて、
ちょっと改造したのがこれです。
そういうことをしていいのか知らないけど、まぁ誰かに配ってるわけじゃないので、
まぁ問題ないでしょう。

この写真を変えていけば、なんか旅行記っぽくなるし。


さて、日記に書いたか書いてないか覚えてませんが、
ようやくまともな肉じゃがを作りました。


作り方を見たら、めんつゆとか使ってるところが多い。
そのほうが簡単やもんねー。
俺はというと、めんつゆなんて持ってないので、しょうゆを使うレシピを
開きながら調理開始。


するとオーナーが、
俺が飯を作ってる時に必ず聞くこの質問


オーナー「今日の晩御飯は何ですかー?」

小太郎「今日は肉じゃがです!この前失敗したので・・・」


するとオーナー、開きをあけて何かを取り出そうとしている。
お、何が出る!!!!!!
肉か????じゃがいもか!!!!はたまた出来上がった「肉じゃが」か!!!!


ジャカジャカジャカジャカ・・・・ジャン!!!!!!




オーナーが開きから取り出したものは、日本語で書かれた・・・




めんつゆ



えええええええ!!!
あるんかい!!!!!!





嬉しいというより、つい笑ってしもたwwwww
めんつゆを避けてレシピ調べた俺って一体・・・・



ただ、ホコリ被ってたので、すみませんが
最初の数mlは捨てさせてもらいました m(_ _)m



で、も1回レシピを調べる。
めんつゆ、水、砂糖を入れるだけ。


簡単や。


具は、にんじん、じゃがいも、豚ロース。


牛肉は高いので買わないことにしました。
牛を食わんでも死にません。
あ・・・でもミンチは買うかも・・・・・。


材料を切った後、鍋につっこみ、
つゆ、砂糖、水入れて火にかけるだけ。


まぁアクとったりはしたけど。


味もまぁ問題なし。
家で食ってた、にくじゃがの味とは少し違ったけど、
これもぜんぜんあり。



で、後今週あったことは・・・弟から、ワンピース0巻ゲットの連絡が。
感想・・・ビミョーらしい。残念・・・・・・。
オークションで売りさばく?



これがいつか忘れた・・・けど今週の日記。






そして今日は・・・ウィスキーを買うために、チャイナタウンの
L.C.B.Oへ。L.C.B.Oは政府直営の酒類販売店。
俺はトロントしかいないからよくしらんけど・・酒売ってるとこが少ない!
スーパーにはないし、ワインだけの所ならたまにみかけるんやけど。



買うもんもあらかじめ決めてた。
Canadian Clubっていう、カナダのウィスキー。
そんな有名やってんな、これ。


俺ウィスキーって、
龍が如くのBarに出てくる酒しか知らんからwww
それ以外はあまり詳しくないのよ。



さすがに有名なやつだけあって、ばっちり売ってた。
375mlで、1000円ちょい。
ま、やすいと思う。
念のためパスポートを持って行ったが、何も言われなかった。

その後、餃子楼ってとこで餃子を買い、
家への帰り道でドンタコスみたいなお菓子と水を購入。

で、部屋で餃子を食いながら飲み!

IMG_0787.jpg

ちなみに、コップはでかいのしか持ってないので、
軽量カップでwww

水とウィスキーを一対一にして飲んだんだが・・・


香りが弱いような?


よく言えば、風味が軽くて飲みやすい。
悪く言えば、うっす!!!なにこれ!! (←俺ののんだ感想)
(悪くいいすぎたwww)


俺の鼻が悪いのかと思い、鼻かんで再度におったけど、同じ。

餃子の匂いが強すぎるのかとも思い、いちど水割りをコップいっぱい
空にして(のんで)から、再度飲んでみたけど、効果なし。


とても水割りで飲めるようなもんじゃないと思った。
薄くなりすぎる、って意味。
俺にはちょっと物足りない。
でも、ここ氷つくれそうにないんだよなー。
ウィスキーを冷やすと、ただでさえ弱い香りが死んでしまいそうやし。


まだまだ残っておる。
こんなんラッパ飲みできそうや。


ただ、個人的にボトルは好き。かっこいい。

さっさと空にして、違う種類のウィスキー買いにいこ。




そんなことを考えた土曜日でした。
明日は中国語でもやるか。
2009..12 カナダ comment2 trackback0

12/17(木) 冷めたコーヒーと冷めた○○○

どうも。
クソ元気に生きてるよ。


●一杯の味噌汁

ありがたいことに、オーナーの優しさは続いている。


とある寒い朝、目が冷めてニュースを聞きながらネットをしていた時・・・


部屋のドアをノックする音が。



オーナー「起きてますかー」

小太郎「はい!何でしょうか」

オーナー「味噌汁を作ったんですが、食べますか?」


部屋を出てテーブルを見ると、そこには一杯の味噌汁が。


オーナー「お味噌汁食べてないんじゃないかと思って」



オーナーの心遣いに、泣きそうになった。


俺のでかいどんぶりに、なみなみと入った味噌汁を、
ゆっくり味わって食べた。いやー味噌汁ってこんな旨かったのか。


●消えたジャガイモ

ビーフシチューを作っていた時の事・・・
作り方を見ると、ジャガイモだけ最後に入れるように書いてある。
最初に30分煮込んだ後、ジャガイモを入れてさらに10分煮込むように書いてある。

最初から入れたらええやん。
なんで途中に入れなあかんねん。


途中から入れてみた。
煮込み始めてから10分後にジャガイモを投下。
その後25分くらい煮込んで鍋を見ると・・・



あれ?ジャガイモどこいった?
ジャガイモだけひとつも見当たらない。
絶対入れたのに。


それにもうひとつ気になることが・・・



シチューがトロトロすぎる



も、もしや・・・


だからジャガイモだけ後で入れるのか・・・。


勉強になりました。










冷めたコーヒー、ぜんぜん旨くないな。








18日~21日までモントリオールに行ってきます!
そこで、絶対にトナカイ食べてやる!
2009..17 カナダ comment0 trackback0

12/18(金) モントリオール・ケベックシティ旅行記 1日目(移動のみ)

◇出発準備

トロント、モントリオール間の往復バスチケットはMegabusというサイトで
購入していた。チケットはeチケットを印刷したものを事前に用意した。
街の適当な印刷やさんで、PCを使わせてもらって印刷したのだ。
その他、特に準備等はなし。
というか、数日の旅行だし、特に何もいらないだろうと思っていたのと、
ダウンジャケットと手袋、帽子さえあれば寒さは防げるだろうと考えていた。

こんな甘い考えが、到着してから後悔する事になるのも知らずに…

◇待ち合わせ
出発は、12/18(金) 9:00 PM 。場所はMegaBusのホームページの掲載されており、
今回一緒に旅をするyottoと場所の確認をしていたので、特に問題はなかった。

俺は、夜の出発に向けて、早めに晩御飯を食べることにした。
16時くらいからビーフシチューを作り始め、18時には食べ終えて
洗物をすませていた。

その後、持ち物の用意の最終確認をした。
メインの写真撮影は一眼レフでする。こいつはバッテリーの持ちが長いし、
変えのバッテリーもあるので問題なし。コンデジの方は、たまに動画とったり
するだけなので、まぁバッテリーがなくなる事はないだろう。
以上の理由で、いつもなか必ずもって行くバッテリーセットを置いていくことにした。
後は、着替え、タオル、洗面用具、メモ帳、地球の歩き方(もらいもの)くらい。

出発前にオーナーには一応旅の事を伝えておいた。
同じフロアの横の部屋なので、一応・・・ね。

そして、19時45分頃、家を出発。
外はさほど寒くはなかった。とはいえ、俺の装備は、
ヒートテック(ユニクロ)、ダウンジャケット、ニット帽、手袋だが(笑)

歩くこと約30分、yottoと待ち合わせしていた20時半の15分前にバスターミナルに到着した。
俺はここにきたのは初めてだったので、中を散策することに。
チケット売り場、待合フロア、売店、各出発口。
いたって普通の造り。待合フロアには、既に多くの人がいた。

俺はまずバス乗り場を確認することにした。
モニターのタイムテーブルを確認。7番乗り場・・・か。
7番乗り場の場所も確認OK。
さ、椅子でも座ってyottoを待つか。



落ち着かん。
バスターミナル内をグルーっと散策。先ほど歩いたので、
何の珍しさもない(笑)
ガイドブックでも読んでいると、20時30分ちょうどくらいに、yotto到着。
その後は、開いている椅子に座り、出発時間を待つ。


出発15分前になったので、バス乗り場へ向かった。
着くと、既にバスは停まっていた。2階建ての大きなバスだ。
フロントに「Montreal」と書いてあるので、このバスで間違いなし。

おぉ!!!2階建てか!!!
一番前がいい!!!!
と前の席を下から眺めると・・・一番前の席に人の手が見えた。
あかん・・・もう誰かおるやんけ・・・。
俺ら、早くもないけど、そんな遅くもない時間に来たのに。


バス入り口で印刷してきた紙を見せ、バス右真ん中のドアから乗り込んだ。
1階はそれほど広くはない。俺たちは2階の階段を上ったすぐの席に座った。


そのまま席で待機。
バスは21時を少し過ぎた時間にターミナルを出発した。

◇いざMontrealへ

IMG_0792.jpg

バスは一度トロント郊外のバスターミナルへ到着。
その後再び出発した。


バス内では、モントリオールの地図の確認、
泊まるホテルのチェックをした後、すぐに寝た。
いつもはバス内でなかなか寝られない俺だが、今回はすぐに寝られた。
前の座席が少し広かったからだろうか…。


出発してから約3時間が経過した頃、バスは高速道路を降りた。
モントリオール到着予定時刻は3:45 AM。確実にまだ到着していない。
そんなことを考えていると、車内アナウンスで、
「キングストンへようこそ。xxxx40分の小休憩xxxx12時20分に戻ってこいxxx」
という一部は聴き取れた。


クソ狭い車内にいても仕方がないので、
俺たちは、キングストンのバスターミナルの建物内へ入った。

IMG_0794.jpg


てか・・・キングストンってどこやねん!!
知らん。

まぁええわ。
とりあえず、喉が渇いていたのと、小腹が空いていたので、
売店で7up(炭酸ジュース)とお菓子を購入。

yottoも腹が減っていたみたいで、お菓子を購入していた。

そこで30分ほど休憩し、俺たちはバスへと戻った。
そしてバスは再び動き出した。


後ろの席ではyottoが寝られなさそうにしていた。
が・・・俺は・・・すぐに寝た!珍しくすぐに眠れたんだ!


◇Montreal到着。
Motrealに近づくにつれ、フランス語の看板が増えてきた。
正直、それがフランス語なのかの判断は俺にはできない(笑)
でも、英語じゃないし、ケベック州の公用語はフランス語だし、
まぁフランス語やろ。

そんなこんなで、ほぼ到着予定時刻どおりにバスが到着。
バスを降り立つと・・・寒い!クソ寒い!
めちゃくちゃ寒い!
手袋必須やん!!

すぐターミナル内へ入る。
で、とりあえずトイレ・・・トイレに入ると、
日本ではティッシュの販売機があるんだけど、ティッシュはなくて、
コン○ームの販売機があった。

どこの誰がバスターミナルで買うねん。
バスターミナルでゴム買うやつなんか、それ目的の旅行か、
帰ってきて速攻ヤりにいくやつだけやろ。
街で売ってるのに。

ま、俺は素直に「ここでも売ってるのか」と思ったけどね(エヘ


そしてバスターミナルを出発し、俺たちは宿泊予定である、H.I(ユースホステル)へと向かった。



づづく。
2009..18 カナダ comment0 trackback0

12/19(土) モントリオール・ケベックシティ旅行記 2日目

◇H.I Montrealへ
モントリオールのダウンタウンのバス停を出た俺達は、
まずH.I(ユースホステル)へと向かった。

というか、俺はまだこの時地図を完全に把握していなかった。
yottoはわかってたみたいなんで…ついて行った!(笑)

ということで、メインのサント・カトリーヌ通りを南西へと進む。
時間はAM4時。めちゃ寒い!人おらん!地面凍っとる!!

とりあえず、入れる所を探す。
が、時間は上で書いたように…。こんな時間に開いてる店なんかあるんか…
トロントなら、Timかマクドが開いてるけど…。

歩いていて思ったのだが・・・ストリップ・バーが以外と多いな!
Cafeって名前で何で女性のセクシーな絵やねん!!

寒さをしのぐためにストリップ・バーを利用するほどまだツワモノでない俺は、
そういう店を通り過ごしてホテルへと向かった。

ここまで寒いと…足の指先から寒くなってくる。
それ以外は防寒してるので大丈夫なのだが。
それに…顔が痛い。肌がかっさかさ!!!
やばい…これって「体が悲鳴をあげてる」ってやつなのか?
そんなことを考えながら歩いてた。


30分くらい歩いた所で、開いているSecond Cup 発見!
おぉ!助かった!!
俺はちょうどお腹も空いていたので、チョコレート・ケーキとコーヒーを注文。
yottoも何か甘いもの注文してたな。

あー24時間営業のカフェがこんなありがたいものだとは…。
そう心から思った。
足の指先がマシになってきたところで、俺たちはカフェを出て、
H.Iを目指した。

せっかくカフェで暖まったのに、
カフェを出発してしばらくすると、再び足の指先から冷えが…。
もう・・・さっさと歩く。さっさと。

そしてカフェから少し歩いた所で、
途中道を間違えながらも、H.I到着。



だが・・・残念ながら今チェックインすると
11時にチェックアウトしないと行けないとのこと。
まぁそっか、普通のホテルはそうやわな・・・。
そしてチェックインは…13時。

と頭でわかっているものの…

13時?お前フツーのホテルやんけ!!!
バックパッカー受け入れる気あるんか????


まぁええわ。
とにかく、13時までこんな所にいても時間の無駄なので、
とりあえず、もうひとつの安いホテルまで移動することに。


H.Iを出て、北東へと進む。
相変わらずクソ狭い。
さっきトイレいったばかりやのに、また行きたくなる。
トイレ近くなるのって、寒いからか・・・???



まっすぐ歩いていると、人の形をした像が何体も立っている大きな建物を発見。
夜中に見ると、めっちゃくちゃ怖い。
動かんけど・・・動きそうで・・・。


俺たちはそれを通り過ぎ、いつの間にかチャイナタウンへ。
IMG_0797.jpg

あかん・・・ここはここで怖い。キョンシーとか出てきそうや。
で、このまま南へ少し歩いたとある場所で、もう限界。



トイレ行きたい。
このままやと垂れ流してまう。



まぁ人もおらんし…
雪の上なら…
ごめんなさいこの辺の人たち…
ごめんなさい…ごめんなさい…


(数秒後)


あー助かった…
これで大丈夫や。



それからしばらく北に歩き、
東西に伸びるサン・ロラン通りを西へと進む。
というか、どこ歩いてるのかよく分からんかった!



で、かんなり歩いて再びピンチがさしかかろうとしていた時…
偶然にも2件目のSecond Cupを発見!
どうぜ、ホテルは開いてないやろうし、カフェでしばらくまったりすることに。

IMG_0801.jpg

ま、カフェでまったりというか、トイレに行きたかっただけなんやけど。


そこでは1時間ちょいまったりしてた。


そして朝8時を過ぎた頃、俺たちはカフェを出発した。
ホテルにはまだいけないので、街をぶらぶらしてから、ホテルへ向かうことにした。

DSC_6638.jpg


日が昇って街をぶらぶらして思ったのだが、
街並が綺麗。建物の高さとか、おしゃれなお店が多いとか…。
DSC_6641.jpgDSC_6642.jpg
DSC_6643.jpgDSC_6644.jpg

それから、かなーり遠くまで歩いた所で、
アーケード街に到着。
DSC_6647.jpg


俺たちは何の目的もなくさまよっていたわけではなくて、
リトル・イタリーを探していた。
アーケードが現れたことで、「おっ!ここか?」と思ったが…
それらしい感じはしなかった。おそらくここは違う。
DSC_6652.jpg


リトル・イタリーではなさそうだが、
アーケード街はどこか日本の街並を思わせるような雰囲気があった。
なんというか、とても落ち着く感じ。
もしMontrealに住むのなら、この近くがいいなぁと思った。
yottoも、同じような事を思っていたようだった。

店は、雑貨屋、服屋、ドレス専門など、多様な店が軒を連ねていた。


とても長いアーケードが終わった後、
というか終わる前に、とっくにリトル・イタリーではない事がわかっていた。


で、ここでまた俺…トイレに行きたくなってきた。
あかん…ビール飲んだ後みたいにトイレが近い。

もう深夜のようなことはしなくないし、
してはいけないし、日が昇ってるし…。

日本なら、コンビニにトイレがあるのになぁ。
しかもコンビニなんて結構どこにでもあるし。

とりあえずトイレがありそうな店を探す。
かなり早歩きな俺。そして、限界に近いあたりで店発見。
Subway.ここで食べたいものはないが、もう限界なので入る。

入った後ソッコートイレ。
もうトイレ入るために来た事がバレバレな位すぐ行った。



あー助かったー。
水分補給は控えよう。

俺、前にレバノンでも、トイレに行きたくて廃墟の前の
ホテルの中のトイレに駆け込んだ事があったなぁ。
俺が泊まった海外のホテルでで唯一ゴッキーが出たとこ。

ホンマ俺と一緒に旅した事がある人、迷惑かけてすんません。


さて、この後、少しぶらぶらすると、リトル・イタリー発見。
でも…ここ…規模が小さいな。
トロントのリトル・イタリーの方が大きいし、雰囲気はいいかも。

店の外から店内を眺めながらぶらぶら歩いていると、パン屋発見。
めちゃくちゃ腹へってた俺は、yottoに話してパン屋に入ることに。


店に入ると、店ばんをしている中年の女性が「ボンジュール」と声をかけてきた。
おお…やっぱフランス語なんやね。
DSC_6654.jpg

旨そうなパンや甘そうなものが並ぶ中、
俺は大きさと見た目で、パンをひとつ購入。

めちゃ大きかったのに、パンは1ドルやった。
やっす!!!手は2ドルコインを出す準備してたのに。

店内の写真を撮りたかったので「とっていい?」と聞くと、
「いいわよ。私以外は」って返事返ってきた(笑)

と言うことで撮ったのが上の写真。
今から思うと、おばちゃんの写真も撮ればよかった。
おばちゃんと言ってるが、綺麗な人だった。

てかね、Montrealきてyottoがずっと言ってたんだけど、
Montreal綺麗な人ばっかりやな!!!
ええ街や(笑)

その後は、地下鉄(Metro)の乗り場を探し、
ホテル近くの駅まで移動することに。
IMG_0808.jpg

Metroの料金はトロントと同じ2.75ドル。
各駅でホームの雰囲気が違うらしい。
すげぇなモントリオール。


列車で数駅、滞在予定のホテル近くまで移動した後、
歩いてホテルへ。駅からはさほど遠くなく、すぐに到着。時間は11時。
入り口はちょっと分かりづらかった。

ホテルに入り、フロントで声をかけると、チェックイン可能とのこと。
料金はH.Iよりちょい安くらいなので、もうここに決定。
もちろんドミトリー。

建物の中は、3Fまでしかなかった。
さっそく部屋へ。
IMG_0812.jpg

部屋はけっこう綺麗。
2段ベッドが4つで、8人部屋。部屋の中に蛇口がついている。
だが、部屋の外にはない。これは痛い…。
他の人が寝ていると、蛇口を使えない。


荷物を降ろし、「ちょっと休憩しよう」ということに。
俺もベッドでゆっくり・・・しているはずが・・・いつのまにか寝てしまっていた。



目が覚めると13時30分を過ぎていた。
どうやら2時間も寝ていたらしい。
早朝から歩きっぱなしで、身体はすっかり疲れていたのだろう。
yottoも寝ていたようで、結局14時にホテルを出た。



◇Montreal旧市街へ

まず俺たちが目指したのは、ノートルダム大聖堂。
おそらくモントリオールで一番有名な建物。
そして、コイツを見るためにこれはモントリオールに来た。

ただ、閉まる時間が迫っていたので、少し早足で移動。
建物の外装は写真でも見たことがなかったが、
近づけばそれらしいのがあるだろうと思っていた。
そして、それらしい建物発見。
DSC_6662.jpg

おぉ、ようやく見えた!!!!!
建物の前は、多くの観光客と、その客引きがいた。
後は馬が何頭か・・・馬車です。馬の上なら考えたんやけどね。
そして5ドル払って大聖堂の中へ入った。

入ってすぐ、あまりの美しさにびっくり!!!!
DSC_6670.jpg



めちゃくちゃ綺麗!!!!!!!!!!!!!!!
これまで行ったどの教会よりも綺麗やん!!!

写真はあらかじめ見ていたんやけど、やっぱ本物は違う!!

DSC_6699.jpg
↑これ、階段なんです!階段の装飾綺麗すぎるやろ!!!

DSC_6721.jpg


DSC_6704.jpg
↑世界最大級のパイプオルガン

DSC_6733.jpg


椅子に座って内部を眺めたり、パシャパシャ写真撮ったりしてた。
これはすごい。モントリオール来てよかった!!

大満足で大聖堂を後にした俺たちは、次の目的地、
ノートルダム・ド・ボンスクール教会へ。
地球の歩き方に掲載されている写真が綺麗だったので。


旧市街をぶらぶら歩いていたが、どっこもめちゃ綺麗。
建物の高さがそろっているからかな?
そして観光地では恒例のこの柄の服も。
DSC_6740.jpg
↑フランス語バージョンか!!ま、中国語バージョンもあるしな。
 アラビア語バージョンがあれば買うかもしれんが、インパクトが弱いので購入せず。


しばらく歩いて教会についたが、
コンサート???が開かれていてた。

超音波みたいな高い声(アルトっていうのかな?)を出してる人がいたが、
俺にはただウルサイだけだった(笑)ごめんなさい・・・

教会を出た後も、しばらく旧市街をぶらぶら。
この頃、まだ時間は4時すぎくらいだったが、段々と日が落ちてきて
街並が段々ライトアップされてきた。
もっと暗くなると、さらにいい感じになる。
DSC_6768.jpg



写真を撮りながら、ただ歩くことを楽しんでいたが、
歩きすぎて腹も減ってきた。
ということで、何か食べられる場所へ。

とりあえず、数少ない(観光客が食べられる)カナダ料理のひとつである、
プティンを食べることに。
プティンとは、フライドポテトにグレービーソースをかけたジャンクフードです。
ぶらぶら歩いて探していると、もろそれらしい名前の店を発見。
店の前に、Montreal Poutineって書いてあった。


ということで、入る。
IMG_0821.jpg


俺はとりあえずクランベリージュースを注文。
その後に食べ物の欄を見ていると、プティン with スモークミートというものを発見。
スモークミートとは、数少ないモントリオールの名物料理。

名物料理をまとめて食べられるなんて、なんてありがたいメニューなんだ!!
ということで、yottoが先にこいつを選んでいたが、俺も同じものにした。

で、しばらくたってきたのがこれ。
IMG_0820.jpg

うまそー!!!!!!!


ガッつきたいキモチを抑えながら写真撮影。
そして食う!!あ、ウマイ!!!来たばっかりなのに、
少し冷めてるのが気になるが、それでも旨い!!!
チーズとスモークミートとポテトの相性が抜群!!!


yotto曰く、「フォークを置かずに食べてた」らしい。
いやーうまかったっす。一緒にビールを注文したのに、
まだ時間じゃないとか言われたし。

お前らドイツ行って修行してこい!!!!!!!!!!!
昼間っからビールにウィンナーらしいぞ!!!




いやーうまかった。
絶対もう一度プティン食べよう!!!!

yottoも大満足の様子。


腹いっぱいで店を出た。
店を出ると、街はだいぶ暗くなっていた。
17時には真っ暗になるので、暗さでは時間がわからない。
街はライトアップされ、ただでさえ美しい景色がさらに輝いていた。
DSC_6782.jpg


あーこんな街でデートしたいなぁーーーーーーーーーーー。
ロマンチックすぎるやろ!!!
もちろん街にはカップルはおったよ!?


カップルなんて・・・風邪引いてしまえ!!!!!!!!!!!!
寝込んでしまえ!!!
羨ましがりながらブラブラしてた。


この後は、ブラブラしてホテルへと戻った。
ホテルへ着いたのが18時。夜のお楽しみに控え、部屋で休憩。
というか、いつの間にか寝てた。そして20時30分頃目が覚め、21時にホテルを出た。


◇ストリップ・バーへ
yottoと出発する前から話していた・・・トリップ・バーに行く事を。
モントリオールは、結構どこにでもあって、どこにしようか迷ったほど。
そして結局、一番入り口があやしい店に決定。
IMG_0828.jpg


俺の持ち物は・・・・一眼レフ(ぉぃ
これはただ、部屋に置いていてなくなると嫌だったから。
決して堂々と写真を撮ろうなんて思ってねぇ!!!!!
撮影は禁止なことは調べてたし。


ドアを開けると、いきなりのぼりの階段。
階段を上ると、受付っぽい所に到着。

受付のねぇちゃんの服がエロい。
その横にいる、黒人のおっさがいかつい。
俺たちは受付にジャケットを渡し、入り口で約5ドルを支払う。
そして、おっさんに軽い身体検査を受ける。


おっさん「カメラは持ってないか?」

(余裕で一眼レフ持ってます)

俺「これはカメラのバッグ。フロントでに預けるべき?」

おっさん「写真は撮るなよ」

預けなくていいみたい。

俺「わかった」


そして俺たちはステージの一番前の席に案内される。

中は証明の明かりが落とされている。
唯一、ステージだけが明るくなっている。
ステージには、ストリップ用と思われるポールが8本あった。


まずビールを頼み、俺は周りをキョロキョロする。
店員と思われるネエちゃんを席に座らせて酒を飲んでるグループ、
俺らみたいに飲んでそうなグループ、
バーカウンターみたいな所で、ネェちゃん数人と立ち飲みしてるおっさんがいた。


中の店員さんは、みんなめっちゃセクシーな格好。
いや、セクシーじゃなくてただエロいだけかもしれん。
そして皆めっちゃ綺麗。
こうとこって、入り口の看板に写っている女性だけが綺麗で、
中の女性は綺麗じゃないのかと思ったけど、そんなこと全然ない。


10分ほど経っても、ストリップはまだ始まらない。
ステージの奥を見ていると、バーカウンターに立っていたおっさんと、
店員と思われる女性が奥に消えていった(笑)
あーこれネットで調べたけど、プライベート・ダンスてやつか!!!!
個室で踊ってもらえるやつ。


暫くすると、急に音楽が流れてきた。
明らかに「何か始まります」って感じ。

すると奥から女性が歩いてきてステージへ。
下着?か何かを身にまとっている。

ステージの真ん中まで歩き、音楽に合わせて踊る。
ポールを使ったり、使わなかったり。
踊りながら、下着がはだけていき、最終的に生まれたままの姿になる。
踊りは明らかに練習されてる。こういうの適当やと思ってたけど。


で、中途半端にムラムラしたところで終了(笑)
ぉぃいいいいいいいい!!!!!

そしてステージ奥から、おっさんと女性が出てきた。
女性は生まれたま・・・(略)
おっさんは、その後女性をとっかえひっかえして、
何度かステージ奥へ消えていった。お前ほんまアレやな!!!
よく見ると、おっさんはアジア人。


2人目の女性のダンスはめちゃくちゃ上手かった。
それにあの遠くを見るような目・・・。



結局、一時間くらいでバーを出た。



中途半端にムラムラした。これならフツーのバーがいい。
女性は皆スタイル良すぎ。モデルになれるやろ!!!


俺は腹が減ってたので、腹の減ってないyottoと
チャイナタウンにある京都飯店というレストランへ。

XO牛肉と、酸辣湯っていうスープを注文。
両方めちゃくちゃ旨くて、ぜんぶ平らげました。

そして飯を食べたあと、やっぱりクッキーとオレンジを出される。
中国国内で色んな店に入ったが、一度も出された事はない。
俺が思うに、中国以外の国が発祥やろこれ???
中国国内で皆無っておかしいやろ。



そんなこんなでホテルへ帰った。
ホテルに着くと、2人ほど既に眠っていた。
これで部屋の蛇口はつかえない。歯磨きたいのに。



そしてゆっくり睡眠・・・できない。
身体がすごい暑い。蛇口をゆっくりひねって体に水をつけたりしても、
効果なし。眠れず朝の3時になった。
もしかして、体内で水分が足らんのか???

そう思い、夜中3時にホテルを出て、コンビニっぽいところへ。
近くのガソスタの近くにTimを発見していたので、そこへ向かう。



途中で、へんなおっさんにからまれる。
あっかん・・・俺今体調悪いし、脚が痛くて走れない。
おっさんは、「金がなくて腹が減ってる。小銭もらえませんか?」だと。
「ハンバーガーが食べたい」
金ないくせに、まさかの品名指定に俺はイラッとした。
わがままおやじめ!

いつもなら無視して通り過ぎるが、真っ暗なここで変な事されても困る。
武器とか持ってたら嫌だし。

「近くに水買えるところある?そこで貴方に何か買います」

というと、おっさん喜んで俺を道案内。
俺の予想通り、Timの方へ歩き出す。


ふ・・・すぐに人を信用しやがってwwwwww
店さえ知ればこっちのもんだ。
別の入り口から出て逃げたろ(極悪
貴様に用はない。


店に着くと、かなり多くの人がいた。
ちょっと安心。

「ここで待っといて」 そういうと俺は店内に入った。


店内で"俺への"水と、"俺への"オレンジジュースを購入。
もちろん他のものは買わない。
金を払って別の出口を探す・・・あるにはあったが人いない。
怖い。

入ってきた入り口では、おっさんが建物の端に移動している。
俺が通らない方の側で。
遠くから見ると、確かに寒そうで、じっと遠くを見つめている。
俺が出てくるかチェックしないのか???

けなげに俺を信用して待ってるおっさんを見てたら、可愛そうになってきた。
それにここで巻いたら、日本人のイメージ悪くなるかな・・・?
俺は、もう一度店内に入り、Timで"おっさんへの"コーヒーを購入。100円くらい。

そして、おっさんの元へ。

「あんたのコーヒーだよ」といって渡す。
「ありがとう。本当に感謝します」

これでいいやろ?と思ってジュースをポッケに閉まっていると、
「食べ物・・・」と言いやがる。


これをわがままといいます。
優しい俺は、2ドルをおっさんに渡す。

「これで、Timでドーナツが買える」 というと、
「ハンバーガーが食べたい」と言ってきやがる。

これをわがままといいます。

2ドルではハンバーガーは買えないんじゃ???
まぁどうでもいい。何かを食えるだけの金を渡してやった。
そこから先はあんたの選択だ。

「bye」とおっさんに伝えると、
「ありがとう。本当に感謝します」と。

こういうとこで金を渡しておくと、こいつが将来社長とかになって、
俺に万倍のお礼をしてくれる。(やったー!!


ま、また物乞いにひっかかってもいやなので、走ってホテルまで帰った。
ホテルの入り口の鍵を開けるのに苦労して、真剣に焦った。
背後から襲われたらどうしよう・・・と。


何とか鍵は開き、部屋に戻ってジュースを一気のみ。(700ml)
すると、身体の暑さが引いていくのが感じられて、その後すぐに眠ることができた。




3日目へ続く
2009..19 カナダ comment0 trackback0

12/20(日) モントリオール・ケベックシティ旅行記 3日目

◇ケベック(ケベック・シティ)へ

朝9時半頃目が覚める。
チェックアウトは11時なのでまだ時間がある。
yottoはまだ寝ている。

喉がすごく痛い。
この部屋、綺麗で特に文句はないのだが、
湿度が低い上に加湿器等がない。
なので寝る前から、喉が痛くなると思っていたが・・・やっぱり。

目が覚めて顔を洗った後、フロントへ。
朝食は10時までと昨日聞いていたので、フロントで食べられるかを聞く。
朝食はタダらしい。ま、まだ時間があるしyottoが起きてからでいいかと思い、
部屋に戻って、ガイドブックを見た。
今日行く予定のケベック・シティの情報を確認するためだ。

そして間もなくしてyottoも起床。
俺たちは10時ちょいすぎに部屋を出て、チェックアウトした。
ちょい過ぎというのは、5分くらいなので、まぁ朝飯はまだ食べられるかぁーと思っていたが、
「10時を過ぎたのでダメ」とのこと。
ま、仕方がない。時間を過ぎているのだから。

バス・ターミナルへ行けば何か売っているだろうし、
このときはさほど気にもしていなかった。


そしてしばらく歩き、バスディーボ到着。
11時発のケベック行きの片道バスチケットを購入。
53ドル(約4500円)。1泊2日の為にこの金額を払うのは少し気がひけたが、
ケベックもモントリオールに劣らないほど綺麗な街並のようだし、
行かずに後悔するよりはいいと思った。
こういう時に使えるように、日ごろ倹約しているわけだし。


ということで、次は朝飯朝飯!!!
めちゃくちゃ腹減ってたので、サンドイッチを食べる。
具は、チキン・ビーフなど、色々トッピングしてくれるらしい。
金額は気になるが・・・。
結局、サンドイッチを二つ作ってもらったが・・・値段、9.6ドル。

たっけぇ!!!!!!!!!!!

ぼったくりすぎるやろ!!!
ぼったくりプライスもええとこやで!!!!


そして11時にバスに乗り込み、ケベックへ向けて出発した。

◇やっぱり旧市街が好き

バスは4人掛けだが、後ろにトイレがついている。
4列シートでもトイレついてるんや。

俺はすぐにサンドイッチをほおばった。
めっちゃお腹が空いてたので、めちゃくちゃうまい。
だだし、2つ9.6ドルは高すぎる!!!


サンドイッチを食べた後は、ガイドブックを読んでいた。
そして3時間の予定だったが、2時間半でケベックへと到着した。



俺は地図をはっきり覚えてなかったので、
ガイドブックを取り出して地図を見ると言うと、


「俺についてこい」 とyottoが一言。


女の子だけにしときwwwwwwwwwwwwwwwwww
いやウソです。助かります。


ケベックは城壁都市であり、城壁で覆われた旧市街地は
世界遺産に登録されている。

壁がしっかり残っている城壁都市というと、
俺はクロアチアのドブロブニクしか行ったことがないが、そこと
どう違うのか、楽しみの一つであった。


バスディーボは城壁の外側だったが、少し歩くとすぐに
城壁発見。ドブロブニクよりも壁の高さは低いが、それでもかなりの高さがある。
下から見ると、壁の上は歩けそうにない。少し残念。

DSC_6862.jpg
↑城壁の中から。真ん中から右側までが城壁

でも気になったが、壁の上に建物が存在する。
ドブロブニクは、壁に街がすっぽり覆われていたが、そっちの方がいいんじゃない?
既に終わった事だが、余計な心配をしながら歩いていた。

街並は、モントリオールと同じくらい綺麗。
ケベックの旧市街地は坂が多く、道はクネクネ曲がっていて、
建物はどれも美しい。歩いているだけで楽しい街。
こんなとこカップルできたら・・・楽しいやろなー。

yottoも同じような事を言っていたような。
そらこの景色を見たら、そう言いたくなる。

DSC_6869.jpg
↑街並

DSC_6872.jpg
↑素敵なデザインの時計


途中で道に迷って、どこなんやろーと気になっていたら、


yotto「この道じゃないのはわかってたけど・・・」


ええええええええ!!!



次からちゃんと地図確認しとこうと密かに思った瞬間であった。

そこから少し歩き、H,I到着。
H.Iのマークがあるので分かりやすかった。
むしろマークがないと気づかん。

DSC_6883.jpg


中に入ってチェックインを済ませた後、部屋へ。
トロントのH.Iと同じく、ICカードで部屋に入る。

DSC_6973.jpg

2段ベッドが3つ。部屋はこじんまりとしてて綺麗。
モントリオールの部屋は暑かったが、ここはちょうどよい。喉を痛められる心配もなさそう。
ベッドは指定されていて、俺たちは置くのベッド。
夜になっても誰も入ってこなけりゃ、となりのベッドを使おうと密かに思った。

部屋はICカードが無いと入室できないので、
着替えや洗面用具が入っているリュックを置いた。
カメラと貴重品は当然持っていく。

そして街をぶらつくことに。
DSC_6887.jpg
↑城に見えるがホテル。フェアモント・ル・シャトー・フロントナック。
 分かりやすくいうと、小太郎には一生ご縁の無いホテル。


この後も旧市街内をぶらぶらしたところで、yottoの空腹が限界という事で、
カフェへ。この時点で15時を過ぎているにもかかわらず、
まだクッキー一枚しか食べていない。どんなけ燃費ええねや・・・。

DSC_6891.jpg
チキンロール?とトマトパスタスープ。
俺に似合わん食べ物だなぁーと思いながら食べる。
うん、うまいうまい。


食べた後は、旧市街の散策再開。
ちょうど日が落ちていて、街がライトアップされている。
ここには、北米でもっとも古い繁華街らしい、プチ・シャンプラン地区がある。
そこのライトアップ・・・めちゃくちゃ綺麗やった!!!!
DSC_6896.jpg
↑上からみたプチ・シャンプラン通り

DSC_6916.jpg
↑ツリーや店のライトアップが綺麗!!

DSC_6914.jpg
↑唄ってる人がいたり。踊ってる人もいた。


この通りカップルで歩きたいなー。
これ確実に・・・いや、なんでもない。

レストランの値段もけっこういってた・・・
一生とは言わんが、当分ご縁のないレベル。


俺たちはこの通りをまっすぐ進み、城壁の外をぶらぶら歩く。
外からの眺めも綺麗やった。
DSC_6925.jpg

ただ、ここから城壁の外を歩くと、ほぼ何もなかったので、
俺たちは引き返していったんホテルに戻り、飲めるところを探すことにした。
ホテルに帰る途中、昼間にみた城みたいなホテル(フェアモント・ル・シャトー・フロントナック)
を見ると、綺麗にライトアップされていた。
が、色んな色使いすぎて個人的には好みじゃない。
DSC_6953.jpg

ホテルに着き、しばらく部屋にいると、別の旅行者が3人ほど部屋へ。
しかも、皆日本人というこの偶然。
モントリオールでは、ぜんぜん日本人を見なかったし、
ケベックでも、これがはじめてだった。

男性3人組で、2人は旅の計画を考えていて、
残りの1人は関係なさそうに小説を読んでた。おもろい3人組やなー。
俺の地元の友達と、同じ感じがする。


よさげなバーを見つけたので、
そこに行くが・・・いや、見つけられずにいけなかった。
結局、別のバーにした。

そして、偶然入ったバー(実はPubでした)の名前は、
Pub Saint-Alexandre。

DSC_7005.jpg
どうやら、市民の投票でベスト・パブに選ばれた事があるらしい。

とりあえずビール。そう思ってメニューを開くと、
ビールの種類めちゃくちゃ多い!!!
ケベックだけでなく、カナダ、他の国(日本も!)のビールも豊富に取り揃えていた。
100種類は余裕で超えてた。ケベック州のビールだけで10種類近くはあったからな。

しかも安い!!!
ケベックのビールは中ジョッキで300円くらいだと思う。
(外国のはもうちょっと高かったかな)


俺たちは、まずはケベック・ビールを注文。
店員に聞いて、一番クリーミーなやつにする。
で、それがこれ。

DSC_6989.jpg
↑がまんしきれずソッコーのんだので少し減ってますorz
飲みやっすー!!!
俺は好きだが、苦味はあまりない。苦味を楽しむ人には向かないな。

DSC_6991.jpg

つまみのナチョス。これだけで10ドルちょい。
ビールは安いが、これは高い。だって少ないもん。

DSC_6995.jpg
↑2杯目。同じくケベック・ビール。これも飲みやすい。
 もう少し苦味が欲しいところ。


2杯目を飲み終えたところで、yottoの体調が急変。
テーブルの上にバタンQした後、トイレへ。
まだ1杯半しか飲んでいないのに・・・。
可愛そうな事に、お酒を飲むと頭が痛くなったり、体調が悪くなったりするらしい。
なので、1杯くらいが限度とのこと。
以前にも2杯のんで体調を崩した事があったが、あの時は空きっ腹だった。
今回はいけると俺も思っていたのだが・・・。


俺は、飲み放題以外で飲み続けると金額がどえらい事になるので、
2杯くらいまでにしている。
yottoの体調が少しマシになったところで、ホテルへと戻った。


俺は、部屋で日記を書いた後、再び街へ出かけた。
城壁の外を少し歩いた所に、ケベック料理屋があるらしいので。


旧市街の一部はライトアップされていて綺麗なのだが、
人がいなくなるね・・・怖い。
俺は小走りでレストランへ向かったのだが、道を間違えたみたいで
たどりつけなかった。ただし、位置は分かったので、明日行こうと思い、
ホテルへと戻った。


しばらくベッドで音楽を聴いていたが、何故か眠れない。
後、急にホテルの入り口にあったコーヒーメーカーを使って、
コーヒーを飲みたくなってきた。そんな事すると余計眠れなくなるのに。

1Fに降りると、テレビのある部屋でyottoが休憩してた。
俺もそこで休憩することに。コーヒーは1ドルコインで飲め、
別の自動販売機で、1ドルのおかしを買った。

そこで今回の旅の話や、これまで行った場所の話をしていた。
で、コーヒーを飲むとやっぱり眠れなくなったので、もう少しいい椅子の
別の部屋へ。そこでもダラダラ話していると、何人わからない女性2人が入ってきた。
2人の会話から、すぐに韓国人だと分かった。
(盗み聞きしたわけじゃない!聞こえた だ・け)


俺達はまだ旅行の話をしていた。なかなかネタが尽きない。
夜0時はとっくに過ぎていた。それからかなり時間がたった頃、
コリアンと思われる女性が話しかけてきた。

「ねぇ、ネイル・コットン持ってる?」

(え?ネイル・コットンって何ですか?)

ま、想像するに爪を磨くor綺麗にするコットンだろう。
そんなのを持ち歩いているゲイじゃない男性がいたら会ってみたい。
そして問い詰めたい。

「ごめん、持ってない」

今考えると、話をするきっかけだったんだろう。
それにしても、ネイル・コットン持ってない?を男性にするのはどうなんやろう・・・。
ま、自分から話しかけるのが得意でない俺に言える事ではないが。

ま、それからyottoと彼らの会話がはじまる。
俺はほぼ話してない。理由は特にないが、誰とでも気軽に話せるyottoを尊敬する。
絶対可愛いと思ってないのに、爽やか笑顔で「可愛いよ」て言える彼を尊敬する。

で、なぜだったのが、女性のうちの1人が写真撮るの好きで、一眼レフを持ってた。
彼氏から「買った」らしい。彼氏ならあげろよ・・・。
かなり年期のあるカメラで、望遠レンズでもないのに、レンズが馬鹿でかかった。

そこで、カメラの設定について色々聞かれた。
ISOどうしてるとか?F値とか、ホワイトバランスとか。

で、何故かジュディの話にも少しなり、
「ロマンチックねー」と言われる。「そうです、It's ロマンです。」


んなこと言えるわけないやろwww
何がIt's ロマンじゃwww


最後に、そのメンツと記念撮影。
our_pic_in_hi2.jpg


明日一緒にぶらぶらしようぜーという事になり、
この日は部屋へと戻った。

部屋に戻るとすぐ「歯磨き粉かしてー」と。
これまでどうしてたんだ。。。


結局、寝たのは午前4時であった。
2009..20 カナダ comment0 trackback0

12/21(月) モントリオール・ケベックシティ旅行記 4日目

◇H.Iにて朝ごはん with them

朝9時に待ち合わせだったので、
俺達はその5分前には1Fのフロント近くにいた。
IMG_0830.jpg


9時20分を過ぎた頃、ようやくそのうちの1人(ス・ヒョン)が到着。
もう1人は少し遅れて到着。昨日の話だと、韓国料理を作ってくれそうな
感じだったので、少し期待する。

そしてB1Fの食堂に下りると、なにやらH.Iで朝飯を食べるような雰囲気。
あれ?いつのまにそういう話になってたんやったっけ??
まぁお腹は空いているし、はじめて会った人に料理作らそうとも思ってなかったので、
そこで朝食をとる。

DSC_7033.jpg
↑6.7ドル(550円)。取り放題っぽかった。

2人はかなり食べてたな。
そんなに食えるんか?てくらいパンあったのに、
気づけば空っぽやった。



その後、次は11時に集合ということでいったん部屋へ。
俺達は特にすることもないので、部屋でまったりしてた。

俺達は11時ちょい前にはチェック・アウトをすませ、
11時・・・を何分か過ぎた頃にあちらさんも到着し、街へ出た。


まず向かったのは、フェリー乗り場。
今日、コリアンのお2人がナイトクルーズを楽しむらしく、
そのチケットを買う為だ。

昨日来たプチ・シャンプラン通りを少し歩く。
DSC_7037.jpg
↑毛皮剥製?怖い。

DSC_7042.jpg
↑ライトアップされていなくても素敵な通り

DSC_7044.jpg
↑要塞都市だからこういうのがきっとあると思ってた


フェリー乗り場に到着。
そこから、セントローレンス川が見えるが、
凍っている川を、船が進んでいるようにみえた。
DSC_7052.jpg

この後、プチ・シャンプラン通りを引き返していると、
素敵なチョコレートやさんを発見!
DSC_7068.jpg

オーナーには度々飯を貰ってるので、
オーナー家族用に、アイスワンが入ったチョコ、ラム入りチョコ、
6歳児でも食べられるチョコを購入。全部で15粒くらいで、計15ドル。
たっけぇ!!!!1つぶ85円じゃねぇか!!!!
ま、個人的にはビターチョコを買って、その場で食べた。うん、うまい。


この後、城壁の周り&中をぶらぶらしていると、
ソリでのレースのようなものを発見。
高い位置から坂をソリで下るようなアトラクション。
坂の高さはそこそこ急で、めっちゃ怖そう。

でも皆めっちゃ乗りたそうで、いや、乗るらしい。
俺1人乗らないとかかっこわるいし、俺も乗る。1回2ドル。

ソリを自分で上まで運ぶ。ソリに紐がついていて、引きずって上がる。
けっこう重たい。

ここは3レーンしかないので、2人ずつ滑る。
まずは、俺とジンジュ(一眼レフ持ちの方)
怖いので、足をしっかり固定し、紐をしっかり腕にまきつける。

そして時間になり、スタート!!!
あー怖い!!!!

本当に怖いと「こわいー!!」と叫んでしまう。叫んだ。
だって怖いんやもん。
そして怖いわりには、俺のソリがダントツで・・・遅い。
なんでや???重さのバランスか???てかそれしかないやろ???


次にyottoとスヒョンが滑る。
yottoが全身真っ黒で、でかいカバンをもって滑ってるので、
正直、逃げる盗賊にしか見えない。

DSC_7079.jpg
↑こんな感じ。前を重くすると速くなるのかな?

DSC_7081.jpg
↑逃げる盗賊Y



この後、昼飯を一緒に食べ、街中で2人と別れた。
Facebookのアカウントを教えたので、連絡はつく。
一眼レフ持ちの方は、写真を撮る位置、タイミングが僕と同じでびっくりした。

俺達は、まっすぐバスディーボへと向かい、
15時30分にモントリオール行きのバスは出発した。
あー結局、ケベックでは大聖堂にも、シタデル(要塞)にも行かなかったな。
ま、でも楽しかったからいっか!


バスは行きしなは2時間半で到着したし、
モントリオールからのバスは、20時30分発なので、時間に余裕はある。

だが帰りのケベックは雪が降っており、道も悪かったのか、スピードが出ていなかった。
結局、行きしなは2時間半で済んだ所を、3時間半かかり、19時にモントリオールに到着した。
だが、到着したのに、誰も降りようとしない。
よくわからないがとりあえず降りると、そこは知らないバスディーボ。
運転手に聞くと「ダウンタウンは次だ」とのこと。
あわててバスに戻った。

結局、19時ちょい過ぎにはダウンタウンのバスディーボに到着し、
まだ1時間ちょいは時間があるので、お腹も空いていたし、ダウンタウンへと向かった。
というか、1日前に行った、京都飯店に向かった。
yottoが中華料理を食べたかったので。

店に入り、俺はワンタンスープと皿うどん(偶然皿うどんになった )、
yottoは牛肉の入った麺と、牛肉のチャーハン。
これまであまり飯を食べていなかったyottoが、
ここにきて2、3人分はあろう飯を平らげた。俺の食べた飯もおいしかったし、
最後の飯は大当たりだった。


◇安心のTim Hortons
京都飯店からバスディーボへ戻り、すぐにバスへと入った。
15分前なのに、すでに多くの人が乗車済み。
希望していた2階の最前席はばっちり人がいました。

あそこが良かった…。
結局、普通にあいている席に座る。
そしてバス出発。



眠れない。
色んな姿勢に変えても眠れない。
行きしなは、前に人がいなく、足を伸ばせたので眠れた。
仕方ないので、音楽を聴いたりして過ごした。
そして深夜0時にKingston到着。
行きしなは閉まっていたTimが、この日は開いていた。

俺たちはTimへ。
コーヒーを飲むと眠れなくなりそうだったので、
ホット・チョコレートを注文。
それにしても、こんな夜中に営業してくれてて本当に助かる。
ありがとうTim。ありがとうの気持ちでたまにはTimでもチップを入れた。


いやー落ち着く。
これで、可愛い子だらけのケベック州ともお別れか。
またピザだらけ(は言い過ぎだけど)のトロントへ戻るのかー。




最初は、ケベックにいこうかどうしようか悩んでいたが、
行ってよかった!!!街の雰囲気が全然違うかったし、ケベックの
H.Iの設備はめっちゃ良かったし。



そして夜中3時にトロント到着。
帰ってきた。


やっぱり街の雰囲気違うなぁー。
ま、トロントは観光地じゃないしなぁー。今回行った所は、しっかり観光地だったし。



マクドに寄り道してから、家に帰りましたとさ。
めでたし めでたし。




※その他①※

オーナーが子どもに何か言葉を教えている。


「Thank you お兄さん。チョコレート美味しかったよ」



6歳児にハードル高すぎるやろwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
それでもお兄さんまではちゃんと言えた。



※その他②※

チョコレートは2袋に分けてもらった。
酒が入っている方、入っていない方。
入っている方は、ワインの形の判子みたいな形のチョコと、
花?のような形。


ある日部屋から出ると、ガキがチョコレートを食っている。
おいしそうだが、時折表情がゆがむ。


あれ、口にあわなかったのか・・・と思ってチョコを見ると、







花のような形をしてた。




…僕しらなーいっと。
きっと俺の覚え間違いだ。それは酒が入ってない方だ。
きっとそう。きっとそう。
ラム入りチョコなんてそんな…。そんなわけ…。
2009..21 カナダ comment0 trackback0

モントリオール・ケベックシティ旅行記 完成!!!

12/18(金)~12/22(火)まで、モントリオール・ケベックに滞在していました。
トロントよりさらに北に位置する都市です。当然寒い!

やっとこさ旅行記書きました!!!!!!!

下記からリンクしています。
もしくは、カレンダーで12/18~21を直接選んで下さい。

12/18(金) モントリオール・ケベックシティ旅行記 1日目

12/19(土) モントリオール・ケベックシティ旅行記 2日目

12/20(日) モントリオール・ケベックシティ旅行記 3日目

12/21(月) モントリオール・ケベックシティ旅行記 4日目
2009..22 カナダ comment0 trackback0

12/22(火) せやから旅行は楽しいねん

ボンソワール!(こんばんは)

たった一日ですっかりケベック人になった小太郎が帰ってきましたよ!!!!



あかん、旅行たのしすぎ。
帰りたくなくなるわ。


写真もたんまり撮った。
書くことも多い。
内容も濃い。
下ネタも多少あり。いいよな?俺だって男なんだぜ!
だぜ!とか俺のキャラじゃないな。
やねん!に変えとこう(大阪人の鑑)


とりあえず・・・夜行バスでトロント着いたばっかりなんで寝ます。



ブログに旅行記書いていきます。
2009..22 カナダ comment0 trackback0

12/25(金) 2009年を振り返る

色々あった、ありすぎた2009年。
ということで、今年を振り返ってみます。

(さて、日記を読み返して確認するか・・・)

1時間後・・・




去年、上海で偶然出会った一人の中国人を好きになり、
今年は中国語を勉強したり、ジュディとチャットしたりの日記ばっかりやった。
正直、「それ以外のことも書けよ」と思った(笑)
でも、思っていることをそのまま書いているので、かなり好きやったんやろなぁーとも思う。
今は少し冷めた・・・といえばアレだけど、良く言えば落ちついたのかな。

毎年「彼女作る」というのを闇で目標にしてたんだけど、
まぁ達成したことにしとこ。

後は、仕事上の悩み系の日記も多かったな。
悩みながらも仕事してたなぁーと思う。


上記は日記を読み返した感想で、
今年を振り返ると、やっぱでかかったのは仕事辞めて海外飛び出した事かなぁ。
家族も賛成してくれて、
金なら心配するなと何度も言ってくれている。この親に生まれてよかったと思った。
でも、旅行っていわば遊びで、その金を出してもらうのは
個人的には納得がいかない。そんなん自分で貯めろ、と思う。
子供が親におもちゃねだるのと一緒。
金が尽きても旅行したいのはわがまますぎる。
なんで金の援助は毎回断ってる。


後、海外永住したいと思っていたが、
数ヶ月住むだけでその土地に慣れてしまい、放浪癖は治らない事がわかった。
なので、結局日本に住むのが一番いいかなーと思った。
たまの休みに海外に出かけ、定年後にじっくり国内を回ればいい。
げんきなうちに、海外は色々まわっておけば・・・ね。

他の誰かのために別の国に住んだりすることはしないと思う。
これは俺の心境の変化。相手が着いてこなけりゃ、さよーなら。
(ただしコロコロ変わる可能性あり)

旅行が終わった後に就く職種はまだ決めていない。
全然関係ない職種になるかもしれんし、まだ・・・ね。
SEは避けたいんやけど、違う業種に再就職となると・・・きついかも。
だから避けたいとはいえ、SEになる確率は高い。



後は、世界の経済、情勢、歴史、諸問題をもっと
勉強したいなーと思った。


その他は、もっと気軽に他の人に話せるようになりたいと思った。
なんで、積極的にユースホステルにどんどん泊まって行こうと思っている。
コミュニケーション能力っていうのかな?


料理は、まだまだレパートリーは少ないけど、
あるものでちょっと作れるレベルにはなった。もっと精進しよう。



後はね・・・写真もいいけど、動画もいいよねーっと。
トロントの街並を動画で撮影しておこう。
そしてちょっとだけバイクでの国内旅行に興味を持ち始めた。
ま、バイクじゃなくて車になる可能性代だけど。
車なら宿見つからなくても車内で眠れるし。



結局は、一度しかない人生をもっと楽しもうってことと、
もっと人として成長したいなぁってとこかな。



日本で1人暮らししたら酒買い込んでやる!
梅酒つけてやる!
どの土地がいいなぁ…。大阪をこよなく愛してるけど、
全く関係ない土地がいい。。(わがまま



ま、文章の構成がめちゃくちゃやけど、
今年もブログへの訪問ありがとうございました。
来年もよろしく。
2009..25 カナダ comment2 trackback0

12/28(月) ひっさびさの晩酌

ひさびさに晩酌するため、チャイナタウンのLCBOへ行った。
買おうと思っていたのは、クラウンロイヤルというカナダのウィスキーだけだったが、
歩いているうちに、せっかくだからもっと買おうと思いだした。


そして店に到着。

ワインコーナーをぶらぶらしていると、スパークリングワインを発見!
700mlで7ドル。安い!!
まずはこれ。
さらに店内をぶらついていると・・・アップルサイダー(カナダ産の酒の一つ)も発見。
アップルサイダーのように、色々な酒がおいてあった。
とりあえず、アップルサイダーだけにしておく。
1リットルで7ドル。ま、そんなもんか。

そしてウィスキーのコーナーへ。
クラウンロイヤルは・・・700mlで15ドル。
たっけぇ!!!
ま、それだけに味も期待!!

と、計3種類の酒を買い、帰りにピザを買って家へ戻った。
そしてさっそく晩酌。
IMG_0846.jpg

ピザを袋から出していると、子ども(S君)が近づいてきた。

「あーピザだ!!」 "ピザ"って言ってた。
「僕の晩御飯だよ」

そしてリンゴの酒から順番に…

「これなぁに?」
「りんごのお酒だよ」
「じゃあこれは?」

次はスパークリングワイン。

「ワインだよ」

じゃこれは?

ウィスキーはなんていうんだっけ???知らない。

「ウィスキー」
「ウィスキーってなぁに?」

あ、そうきますか!!???

「お酒」

りんごのお酒を外から香りを嗅ぐS君。

「開けてー」

嫌だ。
おれは無視してピザを温める。

ピザの香りを嗅ぎ・・

「いい臭い!!」 と一言いうと部屋へと戻っていった。

そしてピザをあてに晩酌開始。
まずはりんごのお酒から。

スパークリングワインみたいな感じ。
ちょっと甘いけど、おいしい。

次にスパークリングワイン。
甘さもちょうどよくて、7ドルにしては旨い!!!

そしてクラウンロイヤル。
前に飲んだカナディアン クラブは薄かったけどこれはどうだろう・・・


まずは水割りにする。
1:1で割ってもしっかり香りが残っている。
お、あたり!!!
で、水割りはさっさと飲み、次はストレート。

おぉおおおおおおおおお!!!!!!
うっめぇ!!!!!!!!!!!!!!!!
15ドルも出した甲斐あったわ!!!


そしてオーナーにつまみとして、鶏肉をいただいた。
ありがとうオーナー!!!


結局、りんごソーダー全部、ワイン半分、ウィスキーは3杯飲んだ。
飲みすぎたみたいで、夜中ちょっと気持ち悪かった。




また違う酒を買お。
2009..28 カナダ comment0 trackback0

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

小太郎

Author:小太郎
1982年生まれのてんびん座。
面白そうな事にはすぐに飛びつきます。友人いわく、「フットワーク軽すぎ」

性格:優しいはず
趣味:写真を撮る事、旅行(国内、海外)、ネットサーフィン、外国語の勉強
好きなもの:スタジオジブリ作品(特に耳すま、海きこ)、新居昭乃(特に空の森)、Sound Horizon、hide、洋菓子、アザーン、酒、面白そうなもの、事
嫌いなもの:ゴキブリ、高野豆腐
口癖:ぐはっ、うは、ってか、


2009年10月5日から2011年5月1日までの世界旅行記を掲載。

北米→中米→南米→アフリカ→アジアと、
基本的にバス移動での旅行記を掲載。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。