12/21(月) モントリオール・ケベックシティ旅行記 4日目

◇H.Iにて朝ごはん with them

朝9時に待ち合わせだったので、
俺達はその5分前には1Fのフロント近くにいた。
IMG_0830.jpg


9時20分を過ぎた頃、ようやくそのうちの1人(ス・ヒョン)が到着。
もう1人は少し遅れて到着。昨日の話だと、韓国料理を作ってくれそうな
感じだったので、少し期待する。

そしてB1Fの食堂に下りると、なにやらH.Iで朝飯を食べるような雰囲気。
あれ?いつのまにそういう話になってたんやったっけ??
まぁお腹は空いているし、はじめて会った人に料理作らそうとも思ってなかったので、
そこで朝食をとる。

DSC_7033.jpg
↑6.7ドル(550円)。取り放題っぽかった。

2人はかなり食べてたな。
そんなに食えるんか?てくらいパンあったのに、
気づけば空っぽやった。



その後、次は11時に集合ということでいったん部屋へ。
俺達は特にすることもないので、部屋でまったりしてた。

俺達は11時ちょい前にはチェック・アウトをすませ、
11時・・・を何分か過ぎた頃にあちらさんも到着し、街へ出た。


まず向かったのは、フェリー乗り場。
今日、コリアンのお2人がナイトクルーズを楽しむらしく、
そのチケットを買う為だ。

昨日来たプチ・シャンプラン通りを少し歩く。
DSC_7037.jpg
↑毛皮剥製?怖い。

DSC_7042.jpg
↑ライトアップされていなくても素敵な通り

DSC_7044.jpg
↑要塞都市だからこういうのがきっとあると思ってた


フェリー乗り場に到着。
そこから、セントローレンス川が見えるが、
凍っている川を、船が進んでいるようにみえた。
DSC_7052.jpg

この後、プチ・シャンプラン通りを引き返していると、
素敵なチョコレートやさんを発見!
DSC_7068.jpg

オーナーには度々飯を貰ってるので、
オーナー家族用に、アイスワンが入ったチョコ、ラム入りチョコ、
6歳児でも食べられるチョコを購入。全部で15粒くらいで、計15ドル。
たっけぇ!!!!1つぶ85円じゃねぇか!!!!
ま、個人的にはビターチョコを買って、その場で食べた。うん、うまい。


この後、城壁の周り&中をぶらぶらしていると、
ソリでのレースのようなものを発見。
高い位置から坂をソリで下るようなアトラクション。
坂の高さはそこそこ急で、めっちゃ怖そう。

でも皆めっちゃ乗りたそうで、いや、乗るらしい。
俺1人乗らないとかかっこわるいし、俺も乗る。1回2ドル。

ソリを自分で上まで運ぶ。ソリに紐がついていて、引きずって上がる。
けっこう重たい。

ここは3レーンしかないので、2人ずつ滑る。
まずは、俺とジンジュ(一眼レフ持ちの方)
怖いので、足をしっかり固定し、紐をしっかり腕にまきつける。

そして時間になり、スタート!!!
あー怖い!!!!

本当に怖いと「こわいー!!」と叫んでしまう。叫んだ。
だって怖いんやもん。
そして怖いわりには、俺のソリがダントツで・・・遅い。
なんでや???重さのバランスか???てかそれしかないやろ???


次にyottoとスヒョンが滑る。
yottoが全身真っ黒で、でかいカバンをもって滑ってるので、
正直、逃げる盗賊にしか見えない。

DSC_7079.jpg
↑こんな感じ。前を重くすると速くなるのかな?

DSC_7081.jpg
↑逃げる盗賊Y



この後、昼飯を一緒に食べ、街中で2人と別れた。
Facebookのアカウントを教えたので、連絡はつく。
一眼レフ持ちの方は、写真を撮る位置、タイミングが僕と同じでびっくりした。

俺達は、まっすぐバスディーボへと向かい、
15時30分にモントリオール行きのバスは出発した。
あー結局、ケベックでは大聖堂にも、シタデル(要塞)にも行かなかったな。
ま、でも楽しかったからいっか!


バスは行きしなは2時間半で到着したし、
モントリオールからのバスは、20時30分発なので、時間に余裕はある。

だが帰りのケベックは雪が降っており、道も悪かったのか、スピードが出ていなかった。
結局、行きしなは2時間半で済んだ所を、3時間半かかり、19時にモントリオールに到着した。
だが、到着したのに、誰も降りようとしない。
よくわからないがとりあえず降りると、そこは知らないバスディーボ。
運転手に聞くと「ダウンタウンは次だ」とのこと。
あわててバスに戻った。

結局、19時ちょい過ぎにはダウンタウンのバスディーボに到着し、
まだ1時間ちょいは時間があるので、お腹も空いていたし、ダウンタウンへと向かった。
というか、1日前に行った、京都飯店に向かった。
yottoが中華料理を食べたかったので。

店に入り、俺はワンタンスープと皿うどん(偶然皿うどんになった )、
yottoは牛肉の入った麺と、牛肉のチャーハン。
これまであまり飯を食べていなかったyottoが、
ここにきて2、3人分はあろう飯を平らげた。俺の食べた飯もおいしかったし、
最後の飯は大当たりだった。


◇安心のTim Hortons
京都飯店からバスディーボへ戻り、すぐにバスへと入った。
15分前なのに、すでに多くの人が乗車済み。
希望していた2階の最前席はばっちり人がいました。

あそこが良かった…。
結局、普通にあいている席に座る。
そしてバス出発。



眠れない。
色んな姿勢に変えても眠れない。
行きしなは、前に人がいなく、足を伸ばせたので眠れた。
仕方ないので、音楽を聴いたりして過ごした。
そして深夜0時にKingston到着。
行きしなは閉まっていたTimが、この日は開いていた。

俺たちはTimへ。
コーヒーを飲むと眠れなくなりそうだったので、
ホット・チョコレートを注文。
それにしても、こんな夜中に営業してくれてて本当に助かる。
ありがとうTim。ありがとうの気持ちでたまにはTimでもチップを入れた。


いやー落ち着く。
これで、可愛い子だらけのケベック州ともお別れか。
またピザだらけ(は言い過ぎだけど)のトロントへ戻るのかー。




最初は、ケベックにいこうかどうしようか悩んでいたが、
行ってよかった!!!街の雰囲気が全然違うかったし、ケベックの
H.Iの設備はめっちゃ良かったし。



そして夜中3時にトロント到着。
帰ってきた。


やっぱり街の雰囲気違うなぁー。
ま、トロントは観光地じゃないしなぁー。今回行った所は、しっかり観光地だったし。



マクドに寄り道してから、家に帰りましたとさ。
めでたし めでたし。




※その他①※

オーナーが子どもに何か言葉を教えている。


「Thank you お兄さん。チョコレート美味しかったよ」



6歳児にハードル高すぎるやろwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
それでもお兄さんまではちゃんと言えた。



※その他②※

チョコレートは2袋に分けてもらった。
酒が入っている方、入っていない方。
入っている方は、ワインの形の判子みたいな形のチョコと、
花?のような形。


ある日部屋から出ると、ガキがチョコレートを食っている。
おいしそうだが、時折表情がゆがむ。


あれ、口にあわなかったのか・・・と思ってチョコを見ると、







花のような形をしてた。




…僕しらなーいっと。
きっと俺の覚え間違いだ。それは酒が入ってない方だ。
きっとそう。きっとそう。
ラム入りチョコなんてそんな…。そんなわけ…。
スポンサーサイト



2009..21 カナダ comment0 trackback0

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

小太郎

Author:小太郎
1982年生まれのてんびん座。
面白そうな事にはすぐに飛びつきます。友人いわく、「フットワーク軽すぎ」

性格:優しいはず
趣味:写真を撮る事、旅行(国内、海外)、ネットサーフィン、外国語の勉強
好きなもの:スタジオジブリ作品(特に耳すま、海きこ)、新居昭乃(特に空の森)、Sound Horizon、hide、洋菓子、アザーン、酒、面白そうなもの、事
嫌いなもの:ゴキブリ、高野豆腐
口癖:ぐはっ、うは、ってか、


2009年10月5日から2011年5月1日までの世界旅行記を掲載。

北米→中米→南米→アフリカ→アジアと、
基本的にバス移動での旅行記を掲載。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム