スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

明けました 2010年

皆さん明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

毎年、地元の友達と初日の出旅行にでかけているが、
去年から旅行中なので、今年はトロントで新年を迎えた。

トロント旧市庁舎では、新年になった時に花火が打ちあがるらしい。
それを見るため、12/31の21時半頃yottoと合流。
バーで少し飲んでから行くことにした。
店は家の近くで、College×Bathurstにある、『Sneakey Dee's』
以前IDを持っていなくて、泣く泣く店から出たが、今回はパスポートを持ってきた。
入り口でいかつい兄ちゃんに見せてから、無事入店。

店内はかなり多くの客が入っていた。
めっちゃくちゃ盛り上がってる。
こっちの新年はこんなに盛り上がるのか???

俺は50というビールを注文。
つまみはNachos。
ホッケーを見たり、しゃべりながら過ごした。

俺の席からは、入り口が見えたのだが、
明らかに大人な人にまでIDの提示を求めている。
しかも、勝手に入った人は、服を引っ張って店外へ引きずられていた。
アジア人だから若くみえたわけじゃないのかー。

23時20分頃、店を出て旧市庁舎を目指す。
東西に伸びるQueen Streetを東に歩いていたのだが、
そこには多数の人が!!!
人多すぎ!!!
今から何が始まるねん!!!!!みたいな!!!!

そして旧市庁舎近くに到着。
人が多すぎて、ぜんぜん見えない。
カウントダウンが始まるまで、誰かが唄っているみたい。
有名人か???

そして、何百人ものカウントダウンの後、花火が打ちあがった。


2010年 新年の花火 in トロント旧市庁舎前


その瞬間、「Hooo!!!」とか、「Yeah!!!」とか色んな奇声が!(笑)
皆なテンション高すぎ!!!
2回の花火が終わったところで、ぞろぞろ皆帰ってゆく。
俺たちも帰った。
あ、みんな花火目当てだけだったのか。



帰りもテンション高い。
車も無駄にクラクションを鳴らし、それが歩行者のテンションを上げていた。
ドンチャン騒ぎもええとこやな…。
こんなテンション高い人らを見てると、ただ一日過ぎただけやのに
何しとんねん!と思えてきた。

日本の、朝起きて初詣っていう過ごし方が俺には一番合ってるなぁー。
こんな高いテンションにはついていけん。。。



結局、マクドに少しいた後、家へ帰りました。

花火よりも、その前後の人のテンションの高さの方が楽しかったかもwww
スポンサーサイト
2010..01 カナダ comment0 trackback0

1/2(土) 環境問題とドラえもん

どうも。
ドラえもんを見て育った小太郎です。

yottoから借りた本を読んでいて、
ふと子どもの時にみたドラえもんの映画を思い出し、
ネットでその映画を見ていた。

映画のタイトルは、
『ドラえもん のび太のアニマル惑星(プラネット)』


ある日、のび太の部屋の前と、
とある惑星とが、不思議なガスによって繋がってしまう。
その惑星では、動物たちだけが存在し、生活していた。
電気は、太陽光発電のみで発電し、汚水処理装置が完璧で下水でいやな臭いがしない。
地球よりも遥かに発達した文明の星。
(まぁ漫画なのでね)

そんな時、近くの星から『ニムゲ』という悪魔が彼らの星を奪うためにせめてくる。
彼らの星は地上では生活できないほど水や空気が汚れていて、皆防護服を着けており、
生活水準は石器時代まで戻っている。

その『ニムゲ』の正体は、地球人型宇宙人というおち(要は地球人そっくり)


最終的には、動物と人間が和解して、
豊かな星を共に築き上げていこうというハッピーエンド。



子どもの時は、何も考えんと見てたドラえもんだけど、
今再び見ると、メッセージ性?っていうの、めっちゃ強いな。

ニムゲとかあからさまに「にんげん」をもじってるし、彼らは
秘密結社コックローチ団。要はゴキブリw


大人が見ても、っていう映画やったのね。
さすがにガキのときにそこまでわからんかった。

あと、子どもの時、出来すぎくんが何で仲間じゃないのかと思ったけど、
のび太はしずかちゃんとつるみたいだけで、ジャイアンとスネ夫が勝手に来るだけやん。




さて、旅行記を理由に自分の中で勉強をサボってたけど、
そろそろはじめるか。ということで今日から再開した。
何となくやっていても目標が定まらないので、英語と中国語の本を
終わらせようと思う。今からだとペースはギリギリだけど。
2010..02 カナダ comment0 trackback0

1/3(日) 意外と知らない人が来てくれてる事に谢谢

おおっと、また「日記書き出すと違うこと書きたくなる病」が発病しそうになった。
あぶない、あぶない。

今日、ものすごい強い風で粉雪がめっちゃ舞ってて、
買い物行く気なくした事を書きたいんじゃなかった。


ひさしぶりにウチのブログのアクセス解析を見てみた。
知り合いだけが来てるのかと思いきや、ヤホーやゴーゴレでキーワード検索で
辿り着いている貴重なお客さんがいる事が判明した。

てっきり、知り合いに「生きてますよ」というだけのブログかと思いきや、
人様のお役に立っていた事にびっくり。
(あ、役に立っているかどうかは分からないな)

特に、大阪のかに道楽と同系列の店、「綱元本館」は、
Yahooで検索すると、このブログしか出てこなかった。
そんなこととは露知らず、ロクな内容じゃなくて、
来てくれた人さぞ残念だったことだろう(泣)


ということで、書きたい内容を書くのはもちろんだけど、
もう少し役に立つ情報も載せていこうと思う。



いや、待てよ。でも、たとえばこの日記のタイトル、
「1/3(日) 以外と知らない人が来てくれてる事に谢谢」
一部中国語を使ってるけど、「谢谢」を調べたくで検索してウチに辿り着いたら、
こんなどうでもいい日記の一部になってたりする。

すると「おい、お前谢谢何も関係ないやんけゴルァ!」という事になり…




なるかー!!!!!



いちいちそんな事気にしてたら日記書かれへんわ!!







といいつつ、谢谢を調べた可愛そうな人が流れてきた時の為に、
谢谢(xie4xie) :中国語
ありがとう   :日本語
Thank you    :英語
シュクラン   :アラビア語
テシェッケレル :トルコ語


これでよし。。。なんて気が利くんだ俺ってやつは・・・・・。




あ、あかん!トルコ語とかアラビア語ってキーワード増やしてもうた!
そこまでカバーできないよぉおおおおおおお!!!






たすけてドラえもぉおーーーーーん!
2010..03 カナダ comment0 trackback0

1/5(火) midomi(歌やハミングで音楽を検索)を使ってみた。

トロントのダウンタウンでは、
至る所にカフェがあり、ほとんどのカフェでWi-Fiが無料で使える。
それが理由かは知らないが、インターネットカフェが少ない。
(図書館にいけばパソコンを持っていなくても無料でインターネットは利用可能)


で、カフェだけじゃなくて、色んな店で色んな曲がBGMとして流れてるんだけど、
けっこう同じ曲が流れてたりする。
店で何か買う時は、店員さんに「この曲なぁに?」って聴いた事もあるけど、
そんなこと毎回でけへん。


で、昨年の10月にH.Iで知り合った日本人が、
iPhoneに音楽を聞かせて、曲名を調べていた事を思い出した。
彼は、「けっこうあたる」と言っていた。


俺はiPhoneを持っていないが、
そのソフトウェアだけは欲しい!ちょっと悪い事をしてでも欲しい!
んーどうにかならんか…と思って調べていると、
こんなサイトを発見した。


http://www.midomi.co.jp
歌やハミングで音楽を検索しましょう。


お!あるやんあるやん!

ノートパソコンは普段持ち歩いてないが、
ユースホステルに泊まってたり、カフェで勉強してる時とかは使えそう。



ま、でもこいつが使い物にならんと話にならん。


とりあえず使ってみた。




テスト Lv.1 ) 曲を聴かせて当たるか?

『Pieces(ラルク)』をPCから流して、マイクに拾わせてみた。
上記サイトで、見事曲名が当たった。


テスト Lv.2 ) 1で当たった曲を唄ってみてどうか?

ルームシェア(というかほぼホームステイ)で、
家に誰もいなくなってから唄ってみた。
ちなみに俺は音程が外れていると思う。


…聞いた事もないタイトルの洋楽が4つくらい引っかかった。
Piecesは引っかからなかった。




えええええええええええええええええええ。
ちょっとくらいの音痴もカバーしてくれよ!!!!!!!



テスト失敗。


これじゃあテスト Lv.3なんか絶対無理やん。



とりあえずやってみる。



テスト Lv.3 ) マイナーな or 古い曲を歌ってみてどうか?


『ぼくドラえもん』


♪あったま てっかてーか  さーえてピッカ ピーカ
♪そーれがどーした 僕どらえーもーんー



検索すること数秒、引っかかったのは…




『Yesterday(ビートルズ)』













ひっでええええええええ






自分で歌う方は使えねぇええええええええ







誰か暇な人、ぼく どらえもんがYesterdayになるかやってみて。





(注意)
勉強の休憩中にちょっとやった約10分間の出来事です。
こんなことばっかりしてません。
2010..05 未分類 comment2 trackback0

1/6(水) あ、思い出した!

mixiからこっちへなんで繋げてないのかふと思い出した。



ここを見てる人はご存知の通り、
このブログは思っている事をそのまま書く。

悩み関係やジュディとの恥ずかしいなんちゃらまで。

で、mixiの知り合いは一応、全員会った事ある人なんだけど、
オフ会でちょっと会っただけの人もいれば、
オフとは別に一緒に色々遊んだりする人もいて、なんとうか、
あまり知り合いじゃない人もおるねん。


mixiはなんか…ノリが軽そうというか、
まじめな内容書くには向いてないような気がするねん。




なんで、わざわざブログをチェックしに来てる人にだけ
見せようというスタンスなのだった。




ということで、数日でmixiの設定をすぐに戻したのだった。





日記は書けるような状態では色々ないので、またそのうち。
体調は絶好調なんで大丈夫です。
2010..06 未分類 comment0 trackback0

1/7(木) Steam Whistle(ビール会社)の工場見学など

今日はSteam Whistleというビール会社の工場見学に行ってきた。
場所は、Spadina×Front Westから少し南に行き、Bremnerを東に進んだ所にある。
というか、CNタワーの向かいにあるので、それを目指していけば着く。

公式ページはこちら。
http://www.steamwhistle.ca


ツアーの時間は、家を出発する前に公式サイトで調べておいた。
11時から17時までの間、30分毎に出ているらしい。
ま、もしちょうどならそのまま参加すればいいし、
時間があればビールを飲めばいいと思っていた。


そしてぶらぶら歩いてビール工場を目指す。

IMG_0862.jpg


こいつがCNタワー。
何度見ても味気ないデザインやな…。
ぜったい通天閣の方が勝ってるわ。
ビリケン様なめんなよ!(なんじゃこの叫びは



ぶらぶら歩いてようやく到着。
したが…なぜ古い列車が止まってるんや。
それに列車が出そうなデザインは…。
IMG_0875.jpg


まぁいいや。
とりあえず入り口を入る。

入ると、麦のいい香りが!!!あーええ香り♪
すぐに長いバーカウンターがあり、その端にいる係のおねぇさんに話かけられた。
俺はSouvenir Tourに参加したい事を伝えた。
ちなみに、ここのツアーは、ツアー+商品のセットでツアー名が別れている。
俺が選らんだスーベニアツアーは、見学+栓抜きorグラス付きで10ドル。
この他、ビール4本付き、6本付き、12本付きのツアーがある。

俺は栓抜きが思い出の品になると思ったので、
10ドル払った。すると、レシートを渡された後で、

「サンプルビールいる?」 みたいな事をいわれた。
試飲ってわけか。もちろんイエス。
IMG_0867.jpg
他のカナダのビール(Canadian,50,Blue,キースその他もあわせて約10種類)と比べると、
苦味がちゃんとあってこれが一番マシ。
基本的に、カナダのビールは苦味が少なくて飲みやすい。
個人的には、苦味が足らない。


IMG_0866.jpg
↑バーカウンター


俺はビールを飲みながらありがたい説明書きを読んでいた。
というか、既にツアー10分前だったのね。
1杯を飲み終えると、すぐツアーがはじまった。
ああ・・・もっと試飲させてもらえばよかった。
このツアー10ドルもしてるのに。


で、ツアーは始まったはずだが、人が集まってない。

「他の人はどこにいるの?」
「あんた1人だよ。多いときは15人以上いるな。今日はラッキーだ!」


ホンマかそれ?
寂れてるだけちゃうやろな?


まぁええわ。
ツアーがはじまる。
この工場、今でもガンガン動いていて、他の人が仕事している近くで、
ありがたい説明を聞いていた。


だが、兄ちゃんの英語が早いのか、
俺のヒアリング力が低いのか(こっちやろ)、
ほぼ聞き取れず。5%くらい・・・かな?

まずこの建物は、元々蒸気機関車の修理していた場所だったとのこと。
だから列車止まってたんか。そんな雰囲気やったしな。
それにこのレンガ造りの建物もええ感じや。


あとは、
仲の良い3人が作った会社だとか、
それがビール瓶にマークとして付けられているとか、
ビンが重くつくられているだとか…etc。

オンタリオ湖の水は使ってなくて、Spring waterって言ってた。泉?


後は何だろ、リサイクルはしっかりしてて、
ビンを入れた紙の箱は圧縮してリサイクル。ビンは洗浄して再利用とのおと。


そしてツアーの終わり頃、案内してくれた兄ちゃんが
「ちょっとまっといて」と言って工場内へと入った。
そして、おもむろに出来上がったばかりのビンを機械で流れてる中から
一本取り、俺に向かって


「グゥ!」のサイン。


ええええええええええええええ!!!!
いいんすかそんな取り出し方!!!!
明らかに機械で流れてる途中の商品を抜いてたけど???


そして俺に日付を見せ、「ほら、新しいだろ?」
兄ちゃんは自分の携帯電話の時間と、ビンに刻まれてた時間を俺に見せた。
1分差。だろうなwwwwwいま取ったの見てたもんwww


俺は出来上ったばかりのビールを飲み干し、
それでツアーは終わった。約30分間だった。


ネットで調べてた情報やと、もっと中まで歩けるみたいなんやけどなぁ?
ま、中はバーカウンターの人らと違って、めちゃ忙しそうやったけどなw


そして帰り際、レシートを見せ、栓抜きをゲットしてかえ…
ろうとしたが、後悔しないようにするため、さらに実費でビールを一杯。
3.5ドル。ああ…もっと早くきてサンプルビールを飲めばよかった・・・。
ツアーに参加しなくてもタダで飲めるらしいからな…。
つーか、飲んでる人おったな。



俺は3杯目のビールを最後にして、建物を出た。


日本にいた時、サントリーのビール工場に見学に行ったが、
タダで見学できた上、グラスのプレゼントと試飲とおつまみがついていた。
タダのツアーの方がいいな…おつまみもあったし。


でも、こっちはツアーに参加しなくてもタダ飲みできるらしいなぁ…。
近くに住んでたら飲み放題やないか。
おつまみは、工場に勝手に入って麦(こら
次通りかかったらタダ飲みできるか試してみよう。
ま、建物の位置的には二度と通りがからないがなwwwww



で、建物を出る前にトイレにいったのに、
外に出てしばらく歩くとトイレに行きたくなってきた。
俺は酒のむと、トイレが異常に近くなる。


ま、この次はUnion Stationに行こうと思っていたし、
そこで行けばいいや。
そう思って、Front WestをSpadinaから東に歩いていると、
な、な、な、なんと!!!!


Hot Dog 1.5ドルの店を発見!!!名前はBig Boy。
安すぎるやろ!!!?
2.5ドルの屋台が一番多いと思う。場所がいい所は3.0や3.5ドルなんていうナメた店もある。


腹も減ってたし買う。
フツーにでかい。
トッピングもしまくる。


だが驚くのはこの後だった。


「じゃ飲み物かお菓子を一つ選んで」


???意味がわかりません。
ま・・・さ・・・か・・・・
1.5ドルは飲み物orお菓子付きやっちゅーんかい??
飲み物は500mlの水や、350ml缶で数種類のジュースがあった。
お菓子も小さな袋のものが何種類か置かれていた。


「これって1.5ドルに含まれてるんですか?」
「もちろん」


なんか俺は心配になり、おばちゃんに、

「利益でるん?」と聞くと、
「今じゃない、次」と返ってきた。

たくさんお客さんくれば、儲かるとのこと。

世界中の商売人へ聞かせてやりてぇwww



俺はお菓子を選び、おばちゃんの写真を撮らせてもらった。
そこで、日本から来たとか、小話を少ししてた。
最後に、チョコレートを一つもらった。
どんなけくれるねん。優しさで俺を泣かす気かwwwwwww



で、ユニオン駅の手前あたりで、世界地図を売っている店を発見。
8ドル。高い。でも、折りたたみできるのと、
世界地図に線を引きながら世界一周したいので、購入。
店員さんは若干キツめの化粧ながらも、綺麗なアジア人。小学校の友達に顔が似てる。
ここでも雑談を試みるが、目つきが怖くて失敗。


そんな目で俺を見るな!
ドキドキするやん…


そして駅到着。
トイレ直行。


その後、俺が行きたいGo Transitの方ではなく、
VIA鉄道のフロアだったので移動。
カスタマーインフォにて


俺「ミシサガに行きたいんだけど」
駅「ミシサガのどの駅だ?」
俺「駅名を知らない。一番有名なとこ。」
駅「小さな駅がたくさんあるからな…スクエア・ワンだ」
俺「何線?」
駅「スクエア・ワンはバスだ。電車だとMILTON(ミルトン)」
俺「ありがと」


駅名も教えてくれたが、俺が聞いてない。
各線ごとの地図はさっき見つけてたんで。



ミシサガという土地に何があるか知らないが、
前に中国に荷物を送った時、追跡情報にそんな名前があった、ってだけ。
調べて何もなけりゃ行かない。
完全に「遠くへ行きたい」じゃなくて「近くへ行きたい」やな。


で、後は駅の中をぶらぶら。
マクドやら、パンやコーヒーが変えそうな店が色々入ってる。
後・・・小さいゲーセン発見!


ゲーセンとかあるんや。
中に入ると、まぁ一応マシンがある。
超古そう。

IMG_0879.jpg


とりあえず適当なガンげーをやる。
俺には才能はなく、5分くらいでゲーム・オーバー。



このゲームで駅の探索が飽きたので、
Spadinaまで戻り、北上して家へと戻ることにした。


戻る途中、Spadina×KingにあるLCBOへ入った。

チャイナタウンにあるLCBOより広いので、品揃えを確認したかったのだ。
広い店内は、国産、外国のワインがかなり場所を取っていた。ビンテージもあったな。
ワイン以外のウィスキーやブランデー、ウォッカ、リキュール等も品揃えが豊富。

ただ、俺が飲みたいのは国産のワインやウィスキー、サイダーで割った酒なので、
その程度ならチャイナタウンのLCBOでも十分揃えてある。

ここまで来る必要はないな。



最後にいつものチャイナタウンのスーパーで、
豚ロース、もやし、そしてはじめて牛肉を購入!!!
せっかく牛肉(薄切り)買ったんだし、何かおいしい料理でも作るか。




でも野菜いためになる可能性は高い。
2010..07 カナダ comment3 trackback0

1/8(金) 今日の酒 in トロント

最近、家で晩酌をする機会が増えています。
せっかくカナダにいるんだから、カナダの酒を楽しもう!ということで、
トロントでは、ほぼカナダで作られた酒しか飲んでいません。



そんな俺がこの日飲んだ酒は…
IMG_0884.jpg

左から、
・SMALL CASK V.S.O.P(Brandy)
・KITTLING RIDGE(Ice Wine & Brandy)
・Peller Estates French Cross(White Wine)



つまみは、yottoの家で大量にもらった、おかき、ナッツ、など。


このブランデー、ブドウのいい香りがしてええ感じ。
ワインはすっきりとした辛口?って感じ。
そして気になるアイスワイン&ブランデーは、


おおお!!!!香りは強いのに、味はワインに混ぜられて
めっちゃ飲みやすい!!アイスワイン単体で飲んだ時のように、甘さが気にならん!
お土産に決定!!!!!!!!!!!!!!!!!



ちなみに、ブランデーのウィキに、飲み方について色々書いてあるが、

酒なんて好きに飲んだらええやん。
ええやんけ、どんな飲み方しても!

どこにいっても好きな飲み方しよ。





ちなみに日本酒は、冷蔵保存してある店でしか買いません。
東北に旅行にいった時、とある居酒屋の店長に、
「日本酒は鮮度が大事」みたいな話を熱く語られて「ふむふむ」と思った事があります。


日本酒の冷を頼んで、ちゃんとこぼしてくれないとゴネます。


何もしらずに「プレーン!」といったらウォッカがそのままでてきました。




以上、知識はまったくないくせに、こだわりだけはある小太郎でした。
2010..08 カナダ comment0 trackback0

1/12(火) St.Lawrence Marketに行ってきたよん

どうも。
子どもの泣き声を聞いて笑顔になるド変態です。


今日は天気も良かったので、
少し遠いが歩いてインド人街でも行くか!!
ということで家を出発した。


のは良かったのだが…(ぉぃぉぃぉぃ



なんちゅーてもね…



寒い!!!




yottoから去年はもう少し寒かったって話を度々聞いてきたが、
だからといってこの寒さが和らぐわけでもなく、
そもそもインド人街に行ってする事も特に決めていなかったので、


元々の目的地への距離の3分の1…いや、もっと短いかも…の所にある、
St.Lawrence Market(セントローレンスマーケット)に再び行くことにした。


途中、あまりの寒さにひやかし程度に何度か店に入ったりしたが、
なんとか到着。
ここは、新鮮な食材がそろう2階建ての大きなマーケットで、
肉、魚、野菜、調味料、チーズ、ワインなどなど、色んなものが売られている。
また、サンドイッチ、パン、寿司などなど、中で食事を摂るスペースもある。


中で昼飯を摂っている人がいたので、チラ見しながら歩いてみたら、

・ご飯とおかずのコンボ(
・Fish & Chips
・パン
・サンドイッチ

こんな感じやった。
値段はまぁ、フツー。


前に来た時は、ほとんど調理をしていなかったのであまり興味がなかったが、
今回は違う。新鮮な魚や肉など、うまそうなものがめちゃくちゃある。
正直金があれば、めっさ買いたかった。
でもね、魚料理を作ったことがなくて買うのに躊躇したのと、
さすがに新鮮だけあって、金額は安くはないのね。


ということで、チーズを売っている店を探す。
というか、わざわざ探さなくても、何店かチーズを売ってる店があった。
種類も豊富!!!イェイ!ついでにワイン売ってる店が1店舗だけあるから、
酒+つまみはここで揃う。ほぼLCBOでしか酒が売っていないトロントでこれはありがたい。

ま、近くに酒屋あるんだけどね…西に2分ほど歩くと。



で、チーズには興味があったんだけど、
多すぎてわからんwwwww
店員に聞けばよかった。日本にいた時は、店員さんに聞いて
買ってたな。


あとはハムやソーセージの種類の多いこと。
真剣に酒のつまみかったら金ふっとびそうやけど、
カナダ出国する前に買おう。




俺は散々冷やかし倒したあげく、
食材は全く買わず土産物が売ってる店へ。


土産とか特に要らんねんけどなぁ・・・
雑貨を買ってもよかったけど、ぜんぜん欲しいのない。
2つだけ興味をもったものがあるけど・・・


・ゴルフボール(打つと煙が出るやつ/まっすぐ転がらないやつ
・ミニサンドバック(Fu○k you!とか色々声が出る)


どっちも全然カナダ関係ないwww
ま、でもゴルフボールは買うと思うwww




その後は、小腹が空いたので、パンを買って歩いて家へ戻った。




結局何も買わず。
また来よう。





家に帰ってからは中国語の勉強。



そして睡魔に襲われスヤスヤと眠っていたのに、
ガキの泣き声に起される。





クソガキがぁ!!!(仙水カズヤ風(幽白))




泣いていた原因は「勉強したくない」
「ABCD書きたくない」って叫び声聴こえてきたからなwww
そんなくだらん理由で起されたってのかぁああああああああああ!!!!!!




ま、良く考えると、6歳で第二外国語の勉強してるなんて偉いもんですよ。
29までなら英語で言えるし。自分の名前をかけるし。


俺が6歳児の頃なんて、ウンコもらしまくってて、
いかに先生や知り合いにばれずに処理するかを考えてたからな。
幼稚園帰りのバスでずっと立ってた記憶があり、先生に
「なんで座らないの」って言われたのをまだ覚えてるな。

後は小さい「ゃ」を書けないクラスの子をいじめてた記憶がある。
「おもちや」
それはお餅やさん! おもちゃじゃない!! というイビリだったと思う。



泣き虫やけど俺に比べたらもう既に英語勉強してて…偉いやないか。







でも泣き止め。
やさしいお兄さんが殺意の波動に目覚める前に。
2010..12 カナダ comment0 trackback0

1/15(金) PuckN Wingsに行ってきた ~辛さレベル6(マックス)に挑戦!~



皆様、
にちゅわ(2010年大流行間違いなしの挨拶


さ、ものすごーーー場が暖まったところで!!!!!




いつもどおり日記でも書いていこか!!!



今日はトロントのダウンタウンにある、PuckN Wingsという、
チキンウィングの店に行ってきた!!

yottoいわく、「いつも賑わっている」とのこと。



さ、どんな店やろ…ということで、出発前に下調べ。


http://www.pucknwings.com/

簡単にまとめると、全部で50種類の味のチキンウィングが楽しめ、
それぞれに辛さのレベルが1~6の間で設定されている。
1がもっともマシで、6が一番辛い。



ということで、店に到着し店内へ。
めっさ込んでた!!!


隣の席が日本人が座ってて軽くゲンナリした。


そしてメニューに目を通す。
この中でレベル6に設定されているのは…


・PuckN Insane
・Red Devil
・Golden Slapshot



yottoがレベル6の中から選ぶということで、
俺はレベル4(HotとXtremeの間)のDRAGONにする。
説明によると「the heat and the sweet」らしい。


なんでスイートもあんのにドラゴンやねん!!!!!
というツッコミをしたところで、
欧米人には到底俺の発言の意味は理解できないであろう。


飴とムチとかにしとけ!!!(名前の付け方うまっ!






そんなこんなで注文。
レベル6はGolden Slapshot(だったかな?)にした。


そしてビールを飲みながら待つこと10数分…


1ポンド×2のチキンウィングが到着した。
セロリとにんじんのスティック付きで。野菜ついてるのは普通やけどな。



まずはレベル6の方から食べる。
店員が、どっちがどっちなのか説明してくれてたから。



食べるが…辛くない。ぜんぜん辛くない。
そして甘みもある。あれ、yottoの頼んだやつもSweetなのか?


いや…そんなわけないやろ…店員の説明が間違えてて、
今レベル6だと思っているのが、レベル4のドラゴンだろう。



味は美味しい。チキンは柔らかく、甘さもある。
ただし、ぜんぜん辛くない。辛さの中にも甘みがあるというのを期待していたのだが。
とんだドラゴンだわい。お前はドラゴンフライに格下げじゃ!!!


そしてレベル6のチキンをつかみ挑戦する…



ん???お・・・お・・・



あれ?こんなもんか?




俺の辛さのレベルの基準というのは、耳すまNet'sの知り合いで、
デスソースを持っている人がいて、それが基準になっている。
俺も似たようなやつを買った事があり、簡単に説明すると、

・食べ物に一滴つけるだけで痛くなる(辛さという次元は超えている)
・ポッキーやトッポにドボっとつけると、吐く+体調不良。
 (身をもって実証済み)


これに辿り着かないヤツは、"辛い"以上"激辛"未満。





で、ここのレベル6は…辛い。確かに辛いが、
食べれなくはないレベル。そらそうか、
食べられないレベルだったら、売れないもんな。


ただし、食べるのを中断して休憩していると、口の中や周りが痛くなってくる。


俺は辛いものは得意ではないが、そんな俺でもガツガツ食べられる。
辛いけどね。


そして俺達は1人1ポンドずつ美味しくいただいた。






俺らはこの日、2種類しか食べていないが、
後48種類のチキンウィングがある。50種類置いているのを
推している店だからな。




その後、俺らはYonge×Bathurstの交差点から少し東に進んた所にある、
English Pubへ。




中に入り、まずびっくりしたのが・・・
席の前後が壁で仕切られていて、他の客の声が聞こえにくいように
なっている。日本でいう、半個室ってやつかな?
それに各席にテレビ+リモコンがある。
おいおい…なんていい設備なんや。

トロントではテーブル席かカウンター席の店しか入った事がなかったので、
こんな落ち着ける店もあるのかとびっくりした。


俺はRUMとクランベリージュースを割ってもらい、
yottoはコーラで割ってもらってた。
(ほんとは俺、グレープフルーツジュースで割ってほしかったんだけどね)



酒のつまみは、これで3度目となるプティン。
ポテト+チーズ+グレイビーソースというジャンクフード。


チーズがちょっと少なく感じたけど、ソースはこれまで食べてきたのと味が違い、
おいしかった。料は…ま、どこもこんなもんやと思う。


酒はまぁ…そこそこです。
RUM多めっていえばよかった。ほぼジュースやんこれ。




そんなこんなで楽しい一日でした。



帰りにキムチと豚肉の薄切り(冷凍)を買ってかえった。
豚肉は1ポンド3ドル。たっけぇえーーーーーー。

塊の肉と薄切り肉でなんでこんなに価格の差があるんやろう。

俺がいつも買うのは、1ポンド90セント未満のミンチ肉か、
1.5ドル未満のロース肉。つまりこの日はいつもの倍の値段だして肉を買ったってわけ。

いや、どうしても豚キムチが食べたくてね…豚キム丼にしたくてしたくて。
たまにはええしょ…贅沢しても!!!


鶏の照り焼き丼は作ってみたけど、やっぱ豚キムチもねーーーー食べたい!!





ということで、次回は豚キムチの日記をお送りします。



ついでにこいつでしょうが焼きも作ろう。


照り焼き味にもするか。




あぁ…よだれが…。
2010..15 カナダ comment0 trackback0

1/17(日) 餃子楼とケンジントン・マーケット散策

ある日の晩…


オーナーが何かを作っている。
時間は20時を過ぎていたと思う。



おかしい。



この家、晩御飯は6時代で、この日はすでに皆食べ終えたはず。
何を作っているのかと思えば…白菜?か何かを刻んだものだった。


何か作るんだろうなぁーと思ったが、このときはわからず。
そこに、ニラと肉?を入れて混ぜ始めてから、
ようやく餃子の具だということがわかった。

その後、皮にくるんでたから間違いなし。




さすが元料理人オーナー。
焼豚でさえ自分で作ってたからな。
酒のつまみに前もらった。味は…ウマーーー!!!!




そんなことがあって、餃子が食べたくなった。
餃子でも水餃子じゃなくて、焼餃子がいい。


ということで、まずは焼餃子を中国語で何ていうのか調べてから行く。

(ああ先生・・・中国語のカタカナ表記をお許し下さい。)


「锅贴(グオティエ) 」らしい。

餃子の餃の時も入っとらんやないか!!
餃子は、「饺子」やのに。



これウソやろ!!?



全く信用しないまま、とりあえず発音だけは覚えて出発。
そして餃子楼という、観光客には有名な餃子の店に到着。


入ると、すでにたくさんのお客さんがいる。
というか座れない。


店員「一个人■?」

イーガレン(1人)の後聞き取れなかったけど、
まぁ大した意味じゃないやろ。強調とかで何かついたりするし。

おれ「对」(うん)


店員「等一下下」(ちょっと待って)


待つこと数分。
カップルが2つのテーブルを使っていた席を分離させてもらい、
その横へ。


席に座り、メニューを見ると、
「锅贴」という項目がある。
あ、「锅贴」あってたんか!!!


とりあえず、種類がありすぎて困るので、
一番上にあるやつを頼む。発音が分かる言葉ばっかりだし。

俺「猪肉白菜锅贴和…酸辣汤」(豚肉と白菜の焼き餃子と…酸辣汤)

店員「小的,大的?」

俺「小」

店員「?C#%&」


え?よくわからないけど、他に?って感じだと思う。
あーやばい。もう要らないって中国語でいえない。


このシチュエーションの会話で俺が覚えてる言葉は、あと…

「要米饭」(ごはん下さい) だけ。


今ご飯イラネwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


これさえいえたら騙しきれるのに!!!!


俺「That's it」

店員「你不是中国人吗?」(あなた中国人じゃないの?」
(たしかこう言われた)




ばれたぁー!!!!!




おねーさん、そのネタもう古いぜ!!!!


日本人だとバラスと、笑顔で「中国人だと思った」って。
はいはい、それ数日前にも言われました。


その後、飲み物はどうすると聞かれ、



俺「不要、谢谢」(いらない、ありがとう) と伝えた。




あーーーーーくっそーーーー勉強足らんかった!!!!
日記書き終わったらもう要らないを調べないと。


そして少し待つと、たぶん焼餃子な食べ物が到着。
なぜ多分なのかというと…
IMG_0896.jpg




えっと…円盤がきたwwwwwwwwww
あれ?これなんていうイベント????

形から大体想像はできる。
焼いて丸々皿に移したんだな。



味は…うまい!!!!
12個も食べ切れるか不安だったけど、結局ぺロッと食べた。
酸辣汤は、すっぱいスープで、喉がやられそうになったので水をもらった。
「要水」で。



食った後は、店員に「买单」(お勘定)と伝えて支払い、
チップをテーブルに置いて店を出た。


日本人と分かっても中国語を使ってくれる、嬉しい店員さんだった。
あー最初さえミスらんかったら騙しきれたー!!!
という後悔を残し、俺はケンジントン・マーケットへ。


部屋でピーナッツを食べていたら、ピーナッツ・バターを食べたくなったので。
ちなみに、俺のピーナッツ・バターの基準は、
千葉県産のピーナッツのみを使用したもの。めちゃうま。


さて…歩いてすぐ、オーガニック何とかって書いてある店を発見。
IMG_0901.jpg


さーて、ピーナッツ・バターはどこかなぁ・・・・
と店内を散策。調味料、バター、牛乳、ジャム、野菜、これはありそう。

そしてわさび、のり、味の素、そばなど、日本のものも売っている。
ごま油も売っていたが…チャイナタウンのほうが安いな。同じ製品なのに。
そしてこんなものまで…

IMG_0899.jpg

「ななみとうがらし???」



しちみじゃないの???


生まれてから今まで、ずっとしちみ やと思ってたんやけど。
あー俺が読み間違えしてたのかー そっかー そっかー




んなわけないわ!!!



ほんまやってくれるな。
正解は知らんよ?ただ、日本にいたときに「ななみ」とネタ以外で
読んでるやつはおらんかった。

ブルガリアの雑貨屋で、漢字のアクセサリーが売ってたけど、
上下がひっくり返ってるのがあったのを思い出した。

きっと何か理由があるんだろうが、これを見て、
「ななみ」なんだと思い込むリーベンレン(日本人)がいない事を願う。
と同時に、日本への土産にしてやる。

だが時すでに遅し…「ななみとうがらし」でググると犠牲者が既に出ている模様。
おつかれさん。



いやーおもろいもんみつけたなぁー。



そしてこの後すぐに、ピーナッツ・バター発見。
IMG_0898.jpg
↑ちなみにこれぜんぶピーナッツ・バター(アーモンド・バターとかも混ざってるけどね)




いや、あったのは嬉しいけど…そんなにあるんですね。
僕困ります。


とりあえず一番安いやつ…2.7ドル。たっか!!!
でもなんか上に透明な液体が浮いてるんやけど…いやぁあああああああああ!!!!


ちなみに一番高いやつは透明な液体は浮いてなかった。
えーでも高いのやだなぁ。はずれだったら使いたくないし。
で、他にないかなぁーと探していると、なんと!!!


ピーナッツ・バターの量り売り発見!!!!
キタァアアアアア!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

しかも量り売りのピーナッツ・バターも4種類ある。
どんなけ豊富やねん。どんなけ俺を喜ばせるねん。


一個ずつ蓋を開け、臭う。
かなりへんな光景やったと思う。
でもにおいはどれも変わらず。


結局、見た目が千葉県産のと一番近いやつにした。
適当に取ったが、約220gで1ドルちょいだった。やっす!!

ここではピーナッツ・バターだけを買い、店を出た。
店の外に、入るときには見逃していたものを発見。
IMG_0900.jpg
このシリーズおいしいねんなぁー!!!
H.Iで同じ部屋だったアルゼンチン人に貰って好きになったのだけど、
高い!!

スーパーに行くと、これが2.5ドルとか、3ドルするねん。
たかい!!だから自分では一度しか買った事がない。
でもここにくると1袋2ドルか…やばい、ひかれる。


ま、でも今回はやめていこう。がまんがまん。
がまんの出来る男、それが小太郎です。




そしてその後、暫く歩くとドライフルーツのはかり売りの店を発見。
バナナチップも売っている。
俺、バナナチップも好き。

がまんできずにちょっとだけ購入。200gくらいで94セントでした。



これでまっすぐ帰った。


家に着き、ピーナッツ・バターの味を確かめることに。


パンに塗り、少し焼く。
そしてそのままでもちょっと舐めてみる。
甘みがないな。
いや、悪い意味ではない。これはそういうものなんだなーと。
ピーナッツの香りがしっかりしてるし、いい感じ。


で、焼けたパンを食べる。


うーん、焼いた後の香りは千葉県産の方が強いな。
で、口にはピーナッツの味が広がるが、んー何かが足りない。
決してまずくはない。おいしい。
ただ俺の好みが、すこし甘いやつなので、千葉県産の方が好きかな。
ちなみに、千葉のやつも砂糖とかそういうのは入ってなかったはず。


メープル・シロップいれたら甘くなりそう。
だけどそんなん持ってない。砂糖はあるけど、ざらざらした食感が残りそう。
ま、おいしいしパンに塗るか。

レシピぐぐって料理に使ってもいいし。





という、楽しい一日でした。
次こそは、日本人だと気づかれないように最前を尽くします。




あれ、なんか旅の趣旨かわってね?w
2010..17 カナダ comment4 trackback0

1/19(火) Armageddon at Duff'sf Famous Wings in Toronto

yottoからメールで「Duff's」に行かないかとのこと。
何度か行った事のある、チキンウィングのレストランだ。
火曜日の夕方5時以降は、チキンウィングの値段が下がる。
ちょうど今日が火曜日だし、俺たちはDuffでやり残した事があるので、
メールに返信し、夜の9時過ぎに店へと向かった。
集合予定の10分前に出れば着くだろうと思って家を出たが、
予想以上に家から店が近く、数分で到着した。

店の前にはyottoらしい人はいないが、
チャリがあったので電話。そして店内で合流。

店内には既に大勢の客が。ほぼ満席。カウンターとテーブル席が少し空いているだけ。


俺達はテーブルにつき、まずはビールを注文。
その後、Armageddon(この店でもっとも辛いもの)を頼んだ。


暫くすると、"世界の終わり"が到着。
IMG_0907.jpg

見た目はおいしそうなのだが、
すでに香りがおかしい。辛いもののにおいではなく、なんだろう、
某友人の持っているデスソースと同じにおいがする。
デスソースのにおいを覚えていたというよりは、このチキンウィングによって、
思い出したといった方が正しい。


とりあえす一口かじる。



ん…?
食べてすぐに感想が出ない。
少しモグモグしていると、口の中に"痛み"が広がりだした。



辛…痛い(T□T)




目の前のyottoの目には涙が。
そうか、そんなにおいしいか(笑)

もちろん違う!!!こいつぁパネェ!!!!!!


俺もうますぎて(笑)涙が…あと鼻水も出だした。



予想以上のレベルじゃねぇか!!!!!!!!!!!!
これはネタで出すレベルやんけ。
まさか店で普通にあるとはな…。


俺はまだ最初の一口しか食べていなかった。


そしてメニューを開いた。


乳製品…なにか乳製品がいる。
辛いものを和らげるには乳製品だという事を知っていたからだ。

大学時代、デスソースをたっぷりつけたトッポを罰ゲームで食べて嘔吐し、
寝込んだ事がる。ちなみにこの時いた友人も同じように・・・。
その時も乳製品に助けられた。


そしてメニューに、ミルクとチョコレートミルクを発見!!!
ミルクを用意しているのは、きっとこの為だ。


ミルクを飲むと、終わりにかけて歩みだした世界(口の中)が、
少しずつ回復していった。


ミルクを飲んで回復した俺は、いっきにその一本+別の一本を食べ、
再びミルクで回復。それを繰り返し、なんとか食べ終えた。



一方yottoは、ソースを拭いた紙が目に当たってしまったらしく、
トイレへ。ああ…想像しただけで痛そうや…。



その後、まだ満腹でない俺達は、Honey Garic味を注文した。



ああ食える…安心して食える。おいしい!
なんておいしいんだ…これが"料理"か!!?

俺はようやくビールを飲みながらチキンウィングを食べられたのだった。



そして全部食べおえレシートを見ると、
Armageddon代がしっかり徴収されてました。(メニューを見て知っていた)
IMG_0908.jpg



そして金とチップを払い、店を出た。



いやー俺はもうArmageddonなんて食わねぇ!!!!
ただArmageddonの下のDeathの辛さが気になる(こりないやつ
そしてこいつを50本も食べたやつって一体何者なんや…。


ほんと、先週いったPuckN Wingsなんてマシな方ですよ。
あそこのレベル6も辛いけど、味わって食べられるレベルだから。





そんなこんなで世界の終わりを体験したのだった。
Armageddonの名前は大げさじゃなかった。
2010..19 カナダ comment0 trackback0

1/21(木) ディスティラリー地区散策など

朝起きてカーテンを開けて、空を見ると、
めっちゃ快晴!!!!空が青いじゃねぇか!!!!



いやっほぅうううううううううううううううううううううううう!!!!!!!!!!!!!!!



さて、出かけるか!!!!



ってかね、俺はどちらかというと、
カーテンを閉めずに眠りたい派、なんだ。
理由は朝日で目覚めたいから。
それが、カーテンを開けると、横の家の窓がちょうど目の前にあって、
こっちが丸見えなわけ。

俺ってば部屋の中であんなことやこんなこと、はたまたそんな事ばっかりしてるので、
人に見られるとすごい困るねん。

とまぁ、そんなこんなでシャワーを浴びて軽く飯を食べ、
カメラを持って部屋を出発!!

目的地は、ディスティラリー地区。

ここは元々ウィスキーの蒸留所があったらしく、
レンガ作りの建物が集まっているらしい。
今はショップやレストランが集まっているらしいが、ウィスキーの跡形がないのかが気になって。
あとは、レンガ造りの建物が好きだから。


地図を見ると、Front ST Eastまで行き、
Mil STにいけば、もうそこはディスティラリー地区のはず。

ということで、Bathurst STを南下し、Front STをひらすら東に進む。
IMG_0913.jpg

やっすいホットドッグの屋台を通りすごし、
Parliament STにぶつかった所で少し南に進んでMil STに到着。
IMG_0916.jpg


お、ディスティラリー地区についた。
確かにレンガ造りの建物がある。あ、あれか…!!?
と思って進むと、明らかに「ここが入り口ですよ」という場所を発見。
DSC_7102.jpg

だが残念な事に、空は曇りだした。
せっかく晴れを狙ったのに…。

中に入り内部の地図を見ると、ガイドブックの説明書きどおり、
レストランとショップばっかり。
まぁ、若干ウィスキー目当てだったのだが、
単にもと蒸留所の建物を使っているというだけだった。

ただ、このまま帰ってもしゃくなので、中をぶらぶら。
DSC_7108.jpg


ここは、デートで来る場所なのかな?
店はね、値段は高め。ワンランク上の生活を求める貴方へ、みたいな。
(買いもせずに店を冷やかしてましたwww)

でまぁ、思っていたとおり?何もないので、
トイレをすませてから帰ろうとした時、
トイレのある建物の中でケーキ屋さんを発見!!!

おし、ケーキでも食うか!!!
トロント初ケーキ!!!!
ということで、購入したのがこちら。
IMG_0917.jpg

名前はトリプルチョコレートチーズケーキ。
味は…チョコレートとチーズが見事に調和している。おいしい!!!
ただ、チョコレートは甘め。俺はビターなチョコが好きなので、
ブラックコーヒーを飲みながらでないと、少しきつかった。


そんなこんなでケーキを食べ終え、来た道を戻って…も面白くないので、
道を変えて家へと戻った。



夜は、yottoと合流し、スポーツバーで軽く飲むことに。
店の名前は、Carlos Snack Bar(Carlo's Bar)
最初はコーヒー(エスプレッソが来た)を飲んだが、次はビールを注文。

IMG_0921.jpg
Moose Headというビール。はじめてみた。
ビンのフタは手で開けられるみたい。
味は、苦味が少なく、飲みやすい。ザ・カナダのビール。

そして酒を注文すると、ツマミがついてくるありがたいバー。

ここは、サッカーの試合がやっている時は、大勢の客が押し寄せるが、
この日はさほど多くはなかった。俺は、どこの国の番組がわからないが、
街の通行人にドッキリを仕掛けるものを観ていた。

おもしろい!!!
中には「おい、やりすぎやろ!!」とツッコみたくなるものも。
他の客もその番組をみて笑ってたなぁ!!!!

客層は、若い人よりは少しお年を召した方が多いかな。
常連さんが多そうで、客同士の知り合いもいる感じ。
いいなぁーこういう雰囲気。


で、俺は二杯目はベイリーズを飲んだ。あまい!!!
ずーーーと、そのドッキリ番組を観てた。




居心地がいいなぁーこのバーは。
また来よう。ただし俺飲みすぎるから、ちょびちょび飲まないと。


その後、近くのスーパーの中をぶらぶらし、家へ帰った。




家に帰り、中国語の勉強をすこしした。
購入した本の中盤にさしかかり、ようやく一日一課が厳しくなくなってきた。
英語だと意味を覚えておわりだけど、中国語は発音も覚えないと行けないからなー。
(英語も発音を覚えるけど、中国語は知らない単語だと発音の想像もつかない)
2010..21 カナダ comment0 trackback0

1/22(金) インド人街をぶらついてきた

前々から、行きたいなぁと思っていたインド人街へようやく行く時がきた!!!
というか、どうせ毎日時間があるので、俺が行ってなかっただけやけど。

この日も晴れたので、着替えて家を出発!!

インド人街というのはどの辺なのかネットで調べると、
Gerrard ST East×Coxwell Ave あたりらしい。
個人的には、どこかにバザールがあったら見たいなぁと。

とりあえず家を出て南下し、Dandas STをひたすら東に進む。
適当な道で北上してGerrard STまで行き、そこからさらに東へ進んだ。

ぶらぶら歩いていると、
途中でチャイナタウンに到着した。
急に漢字の看板が増えて、スーパーが現れ出すので分かりやすい。
小さいチャイナタウンがあることは知っていたが、ここだったのか。

インド人街まで空腹は我慢しようと思っていたが、
我慢できなくなったので、大包というものを購入。
見た目は中華まん。さて、何が入っているのか…。


具は、うずら?の卵、しいたけ、などなどでした。
う、うまくない…。


そこから少し東に進むと、
いつもお世話になっている安いスーパーのno frills、
酒屋(LCBO)、知らない名前のスーパー、Tim,マクドなどなど、
そこそこ栄えてはいるよう。

駅は近くにないけど、路面電車は走っているし、
ここも住めそうだと思った。
(住めそうの基準がスーパーと酒屋だけなのは無視して)



そして家から出て歩くこと1時間半・・・ようやくインド人街到着。
到着の目印はもちろんこれ。
DSC_7129.jpg

「Gerrard India Bazaar」が正しい名前か。
インディアン・バザールかと思ってた。ま、どっちでもいいんやろうけど。

とりあえず俺のイメージしていたのは、
イスタンブール(トルコ)のグランドバザールのような、
狭い道の左右に店が並んでいる感じだったのだが、そうではなく、
フツーの車が通れそうな道の両端に、店が並んでいるだけだった。

DSC_7134.jpg

ええええ…こんなもんかいな。
バザールっていうから期待したのに。
バザールの文字に勝手に期待した俺が悪いんだけど。

DSC_7135.jpg

頭にまくターバン?っていうのかな、アレは欲しかったんだけど、探しきれなかった、
まだいいか。インドに行ったら買おう。巻くタイプじゃなくて、
最初から巻いてあるデザインで被ればいいだけのやつ。
(ほしい人、インドに俺が着くまでに連絡よろ)


後、なんていうの中東の人が来ている白い布みたいな服?
あれもほしいな。めっちゃ涼しそう。



そんなこんなで帰ろうとしたが、
また腹減ってきた。店は何件かあるけど、どこもがらっがら。
で、2テーブルに誰が座ってる店にしたんやけど、
俺が入ってすぐ、彼らは店を出た。客じゃなかった。

君たちみたいな人のことを、日本ではサクラと呼ぶ事があります。

ということで、客が一切いない店に入る。
1人の店員が笑顔で近づいてくる。

俺「ご飯食べれますか?」
店「はい、ただしオーブンが温まっていないので、ナンを作るのに時間がかかります」


もうなんでもいいや。


店「Chicken BiryaniがGreatだよ!!!」
俺「カレーはありますか」
店「あります」

しばらく俺が悩んでいると・・・

店「チキンビr・・・」


俺にどんなけチキン食わしたいねん!!!!!わかったよ、それ食えばいいんだろ!!!?????


店員のいうとうりそれを注文。
俺は客が皆無なのが不思議で、なぜだろうとキョロキョロしていると、
この店はパキスタン料理屋だという事と、それ以外に
大変なことに気づいた。


俺の時計は昼の2時ちょっと前を指している。

金曜日のこの店の開店時間は…2:30 PM



え?



まだ開店してないorz



しまったwwwwwwwwwwww
開店時間見ずに入ったwwwwwwwww
でも店員さん「ご飯食べれる」って。


ちょwwwww俺どんな客なんだろwwwwwwwwww



しばらくすると料理到着。
IMG_0925.jpg

めちゃくちゃ香辛料のにおいがする。
横のあやしい色の液体はヨーグルトでした。


そいやシリアでもご飯とヨーグルト一緒に出てきたことあったなぁ。



米の味…香辛料かかりすぎ。
なんやろう、こんな料理をパキスタンの人たちは食べている気がする。
マレーシアのフードコートでもこんなのに近い料理が出てきたような。


米の中にチキンは埋まってました。
まぁ色々文句は書きながらも、結局ガツガツ食べた俺。

で、食べている間に、ガラの悪そうなガキが何人か入ってきたかと思うと、
勝手にジュース飲むわ、レジ前のお菓子食べるわ、やりたい放題。


オーナーのような、ピザのおばちゃんがおるのに。
あかん…雰囲気あやしすぎる。
俺はまだ食べれたが、店を出ることにした。

店「どうだった?うまかったか?」

まずくはない。うまくもない。
俺は好きじゃない。

俺「おいしかったよ!?残りを持って帰りたいんだけど」

なんで思っている事と正反対のセリフが出るねん。

店「オフコース!」

そらオフコース言われるわ!!!!


結局、飯8ドル。チップは開店前なのに入ったので、
ごめんなさいってことで、2ドルにしといた。(チップ25%)


で、店を出てまっすぐ家に帰った。
かえる途中、ゴミ箱を見ると、とある誘惑に襲われたが、
何もせずに、ご飯は家に帰ってから夕食にしました。





次はユダヤ人街にでも行きたいと思います。
2010..22 カナダ comment0 trackback0

1/27(水) ぶらぶらしたり中国語勉強したり

あ、タイトルだけで言いたい事が書き終わった。
おわり。
2010..27 カナダ comment2 trackback0

1/30(土) 声を聞くだけでいい

夜の上海をみた。
中国語字幕版で。



中国語早いなぁーまだまだ俺のヒアリング力が低いってことかー。
前よりはだいぶ単語を拾えるようになってきたけど。



怒ったら喋るの早くなるの、あれ止めてほしいよなー。
だって怒られてるのに、その理由がわかれへんやん。


かといって、怒ると妙にゆっくり話すようになるのも怖すぎる。




うお、話それた。




やっぱり上海のバンド近くの夜景は綺麗やなー。
俺が上海という街に特別思い出があるから、ひいき目に見てしまうかもしれんけど。




やっぱり夜の上海をみてよかったなー。
それが全てのはじまりやったからなー。



それと、上海のおしゃれなバーでお酒のみたいなぁーっと。



ジュディは炭酸飲料が苦手なのと、お酒もほとんど飲まないらしく、
ジュディといる時は一度もお酒を飲んでない。
好きなら飲んでいいと言われたが、めったにあえないので
酒で記憶を薄めたくないのと、眠たくなるのが勿体なくて。

「赤ワインなら飲む」と行っていたが…。
ま、炭酸がダメだとチュウハイは全滅かぁー。
カクテルなら色々あるし、




この先どうなることやら。
2010..30 カナダ comment0 trackback0

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

小太郎

Author:小太郎
1982年生まれのてんびん座。
面白そうな事にはすぐに飛びつきます。友人いわく、「フットワーク軽すぎ」

性格:優しいはず
趣味:写真を撮る事、旅行(国内、海外)、ネットサーフィン、外国語の勉強
好きなもの:スタジオジブリ作品(特に耳すま、海きこ)、新居昭乃(特に空の森)、Sound Horizon、hide、洋菓子、アザーン、酒、面白そうなもの、事
嫌いなもの:ゴキブリ、高野豆腐
口癖:ぐはっ、うは、ってか、


2009年10月5日から2011年5月1日までの世界旅行記を掲載。

北米→中米→南米→アフリカ→アジアと、
基本的にバス移動での旅行記を掲載。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。