スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

2/3(水) アクセス解析のおもしろキーワード

最近更新頻度が低いような気がする。



いや、気がするだけだ。
だってまじめな俺だもん、毎日更新されているは・・・




書いてねぇー!!!!
ガビーーン!!
(ガビーンなんて言葉、10年ぶりくらいに使った)




あーもう書くまえに場を温めるの、疲れるわーorz



で、最近は…


○みそスープ


ちょっとは和食も作れるようにならないと、
日本に帰った時に、肉を使ったものしか作れなくなり、
そのうち肉食獣になってしまいそうなので、
和食を作ろう!ということで、まずは味噌を買った。


味噌汁だけじゃなくて、色々活躍してくれるはずやから。


というか、今考えるとただ味噌汁を飲みたかっただけや(ぉぃ



○中国関係
ジュディとおかん問題について話したり、
中国語の唄聴いたり。


ジュディとカラオケ行きたいなぁと思って、ググって有名だと思われる曲を調べる。
で、選んだ曲は下記の4曲。
(歌手 - 曲名)

・陶 - 就是爱你
・S.H.E. - 不想长大
・王力宏 - 大城小爱
・阿杜 - 坚持到底


気になる人はYouTubeで聴けるよ。



ジュディに聞くと、「全部知ってる。台湾の音楽だよ」とのこと。
あちゃーどうりで、発音に若干違和感があると思った。
ま、知ってりゃいいか。


就是爱你は歌えるようになったのだが、
そのほかは、知らん単語多すぎて、全くの手付かず。
テンションの高い女の子の曲を入れて笑いをとりつつ盛り上げるという、
いつもの俺のやり方なのだが、S.H.Eってグループのこの曲、そんなにテンション高くもない。
他にSuper Starとかもあるらしいが、微妙。

これは今後の課題としてまた調べておく。
1時間カラオケするとして、最低でも6曲くらいはないと厳しいか。

ネタ曲2、まじめ曲4の割合で。


松たか子の「夢のしずく」って曲が中国にあるかどうかやけど。
あと、カラオケと間違えて風俗店(見た目はカラオケ?)入ってもうたら、
ジュディとの仲が完全に崩壊するから、
その辺は専門家の先生にちゃんと聞いて普通の店に行こう。


○アクセス解析のうれしいキーワード、残念なキーワード
どんな人が来てくれてるのか調べるためにアクセス解析をつけているが、
思ったとおりのキーワード検索で来た人もおれば、残念なキーワードで
偶然うちのサイトに漂流した人もいる模様。

そんなキーワードをちょっとご紹介。



★うれしいキーワード
(うれしい順)

1位: Second cup montreal 24H

2位:モントリオール、ケベック関連キーワード
   (ケベック プチ・シャンプラン、モントリオール 地下鉄など)

3位:skypeout 音質



1位は、モントリオールにはじめて行く人に、
24時間営業のSecond Cupがあるよって教えられたから、少しは役に立ったなーと。
どこをどう歩いたかも確かブログに書いたはず。

2位は、旅行記を書いてやっぱ良かったなぁーと思うのと、
ただダラダラ書くだけじゃなくて、俺なりの感想とか、写真をもっと増やそうかと。

3位は、意外にもSkypeoutの音質についての検索がそこそこあった。
トロント中心部から、四川の山奥まで電話してるが、全く問題なし。
日本の携帯へもかけたが、問題なし。
他の電話に変えて音質が落ちるのを避けるため、このままSkypeを使い続けたいくらい。



○残念なキーワード
(残念な、申し訳ない順)

1位: 戦闘力 まだ上がるのか

2位:プティン 作り方

3位: 上海 裾直し



1位のこれについては、
一体何を調べたかったんだろうか…。
ネタとしてちょっと書いた言葉に、残念ながらひっかかってしまった人がいた。



てか見た時笑ったwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


2位、3位はそれらについて何も書いてない。
「プティンの○○方を調べよう」みたいな事は書いたと思う。
調べようと思って検索したのに、調べたい人のサイトに不時着してしまったのか。

3位なんてホント…
なんつうか・・・すまん・・・・・。




○とある電波の受信状況
何故かはわからんが、近くに電波の受信が起こると、
俺のヘッドフォンの音にノイズが乗ることがわかった。

ということで、ヘッドフォンをつけた俺は、
携帯が鳴る前に携帯をとるという技が見についたのだ。







今月でトロントもおわりか。
中国語をもうちょっとレベルアップしておきたい。
いきなり全てを覚えるのが目的ではなく、
「なんじゃそりゃ?」って単語を減らし「あ、そうやった」って単語を増やしたい。
スポンサーサイト
2010..03 カナダ comment4 trackback0

2/4(水) 今日はちょっと休憩

今日はちょっと休憩がてら、
音楽再生ソフトである、Winampを色々いじくっていた。

皆、家で音楽を聴いていると思うが、
俺はWinampというソフトをずっと使っている。
Windowsでは標準で、Windows Media Playerがインストールされていると思うが、
これは個人的には起動するのに時間がかかるので使っていない。

というのは過去の話で、Winampも最新版(今は5.56?)は、起動が遅い。(3秒くらい)
ver2の頃は「一瞬」と言ってもよい位早かったのに。
ただ、もう使い慣れたし、他の機能にも満足しているから使い続けているが。

普段は、PC内の音楽データ再生にしか使っていないが、
女性の歌を原曲キーで歌うのは厳しい時があるので、
曲の速さ、キー調節を再生中に行えるプラグイン(追加機能)がないか探していた。

あった。
pacemakerという名前。

Winampにpacemakerをインストールして、早速使ってみた。
曲の速さ、キーもばっちり変更できた。
pacemakerを起動しているだけで、ごくたまに曲のテンポが変わる気がするが・・・・・。
ま、本当にたまになので、気になるほどではないが。


で、さっそくキーを変更してみる。
どれくらい変更したらいいかわからないので、ググる。

「理論的に言えば、男性と女性のキーの高低差は半音で数えて“6”です。」

と書いているところを発見。
ホントかどうかわからないが、別にそこまでちゃんとした情報がほしいわけじゃないし、信用する。
つまり女性ボーカル曲を-6すればいいのか。


やってみた。


ヤイコがおっさんになった。
アヴリルもおっさんになった。


ちょまて、これ逆にしたら、おっさんが女性になるのか?




やってみた。


これは低い声の男性をターゲットにすると効果が分かりやすく出るはず。



反町隆史が女性ボーカルになっちゃった!!!!
長渕剛は小学生の男子に。




ちなみにこのpacemaekr、ボーカルの声を消す機能も付いているが、
うっすらとボーカルの声が残る。ただし、曲の音自体は変化しない。
練習するにはそっちの方がいいのかも。



あと、これは使った事がなかったのだが、
ネットラジオも聴ける。ちょっと試してみたところ、
簡単に聞けた。番組もたくさんあるし、おもしろい。
俺は聴いたのは、洋楽のランキング「HitzRadio.com」



気になる人はつかってみたら?

Wimap
http://www.winamp.com/

pacemaker
http://www.winamp.com/plugin/pacemaker/12689


見た目。(クリックで拡大)
winamp.png
2010..04 未分類 comment0 trackback0

2/6(土) またその話なの?

「またその話なの?」


これは何のジブリの作品に出てきたセリフでしょうか?




このブログを見ている人で、
この質問に答えられる人はいないだろう。


これに答えられる人はたぶんこのブログをみていない。
何人か知り合いにいるけど。



まぁ、どうでもいいので放置しておくか。





ちょっとジュディと揉め事ではないが、
「またその話なの?」という話になって。




珍しくマジな揉め事をそのまま書く。


ジュディのおかんをどうするか?



お前ら数回しか会ってないのに何言ってるねんと言われるのがオチやからな。
俺だって返答わかってて話するほどアホじゃない。


この前に、「俺がどこで再就職するか?」という質問を度々され、
「今は考えていない」を使いつづけていたのだが、限界が来た。

そしてたたみかけるように、

「中国好きじゃないの?」と聞かれた。


難しい質問やな。


嫌いじゃないが、日本の方が豊かに、安全に生きていけると思う。
そうは言っていない。


今の俺の中国語は正直いって、「趣味」レベル。
仕事では到底役に立たず、これが原因で問題を起こすのがオチ。

日系企業になら就職できるかもだが、
職を失った時の再々就職も考えると、日本の方が、ね。


中国語の勉強はもちろんしてるけど。




唯一の家族である母親が体調悪く、さらに都会になじめない。
じゃあどうするか?




俺らが中国に住めないとなると、老人ホーム的な施設しかないっしょ?
親戚とか信用できへんし。それは俺らの意見一致したところやった。
本当にいつでも近くにいてくれる人なんて、家族以外やとたかがしれてる。
知り合いなんて多いと思ってても、こういう時に本当に何人いるかがわかる。



話それた。




やつは中国での就職を希望しているが。
「日本のことを知らないので、なにもいえない」
そらそうか。




この話おわりがないから後回しにしてたのに。




まぁそれほど気にしてはない。
旅行は旅行で楽しんでます。






この状況を某歌の歌詞で表現すると、








♪だってしょうがないじゃない 愛してしまったんだもの
2010..06 カナダ comment0 trackback0

2/7(日) ナイアガラの滝に行っているつもりだった

珍しく朝7時半に起床…
いや、7時半に目覚ましをかけたのだけれど、
夜中暑すぎてあまり眠れず、結局いつもどおり8時に起きた。

今日は、yottoとナイアガラの滝を見に行く約束をしていて、
朝9時すぎには家に到着する予定だ。

ナイアガラの滝への交通手段はいろいろあるが、
それらの中でも、もっとも安い「カジノバス」を使う事にしていた。
これは何かというと、ナイアガラの近くのカジノへの往復バスのことで、
カジノで遊ぶ人むけのバスだ。けっして滝を見にいくバスではない。
なので安くなっているのだ。
それを利用し、滝を見に行こうという計画だ。
ガイドブックにも書いてあり、珍しい手法ではない。


俺はベッドから出た後、すぐにシャワーを浴び、
その後かかとにはローション、顔にはクリームを塗って、
朝食の準備にかかった。

準備といっても、ベーグルを焼くだけ
ベーグルの上半分にはガーリックバターを塗り、
下半分はそのまま焼く。
焼いてる間に、ハムやレタスを用意しておく。


この時、時計を見ると既に8時半を過ぎていた。
いつもなら、ベーグル以外にオレンジも食べるのだが、
あと爪を切りたいし、歯も磨かないと…さらに準備全くしてない…
ということで、オレンジはあきらめてベーグルを食べ、準備をした。


yottoは9時半頃に家到着。
そこから歩いてバスディーボまで向かった。




のだが、バスディーボに行くと、
「ナイアガラ カジノへのバスは出ていない」とのこと。
えええええええ!!!!!!!!!!!!!


うそやろ!!?
俺ちゃんとググったのにwwwww


あぁ、俺は1人のおっさんより、ググった情報を信じる救えない人間ですよ。


ナイアガラ行きはあるらしい。
ただし、30ドル。ん?俺が聞いた額と違う。もっと安いはず。



ということで、
来た道を少し戻り、チャイナタウンへ。



家を出る時、オーナーが
「文華中心の前からナイアガラカジノ行きのバスが出ている」と言っていたので、
文華中心の前まで行く。


が、到着しても何もない。
とりあえず、建物内へ入り、その辺にいるおっさんに聞いた。


まずは英語。
!?それなんていう言語?っていう返答が返ってきたので、
あきらめて中国語に切り替える。


俺「ナイアガラ カジノに行きたいんだけど」
お「チケットは持ってるか」
俺「もってない。どこで買えるか知ってる?」
お「あそこをまっすぐ行けば、ダーバンって会社がある。そこで買えるよ」
俺「ダーバンが会社の名前?」
お「そうだ」
俺「わかった。ありがとう」
お「で、あんた何人だ?コリアンか?」
俺「Japan」

ちっ。
ちょっとテンパってて、文法無視の文章で質問したからな。
バレた。


後は吃音さえなけりゃバレなかった。
自分では気にしてないが、誰か吃音が治る薬あったら売ってくれ。
こういう知らない人との会話の時、ほんと邪魔をする。


おっさんにありがとうといい、ダーバンへ。
場所は文華中心のSpadina側の入り口から入り、右奥。
歩いていくと、Tai Pan Toursというのが見えた。
ダーバンじゃなくてタイパンじゃねぇか!と思ったが、
漢字で「大班旅遊」と書いてあった。

大班は中国語読みで「ダーバン」。納得!
そこで、英語で
「ナイアガラののカジノに行きたいんだけど」というと、
「ナイアガラの滝へのバスは出ていない」という返答が。

あれ?これは滝に観光にいくと思われてるのか?
滝(Falls)というキーワードは禁句らしいが、俺は滝なんてキーワード口走ってない。
それくらいはネットで調べた。滝に行くやつには売ってくれない事があるらしい。

でも、ツアー会社の店舗には「Casino」って書いてある。

で、yottoが機転を利かせて「Casinoに行きたいんだ」と言うと、
チケットを売ってくれた。
1人10ドル。


バスは10時30分発。
乗り場は…聞いてなかった。

俺達はその辺をぶらぶらし、
10時頃から文華中心の前で待ったが、バスは現れず。


結局、10時30分になってもバスは来ず。


で、10時30分を過ぎた頃、TaiPan Toursと書いたバスが到着、



じゃなくて通過していった。




ん?おっかしいなーと思って、ツアー会社のオフィスに戻ると、
「乗り場は文華中心の裏だ」と言われる。


えええええええええええええええええ!!!!!!!
ちょっと・・・乗り過ごしたんか・・・


次のバスは12時20分。



さて、どうする?




とりあえず、次のバスに乗ることにした。

約2時間も空きができたので、
うまそうなダックが吊り下げられている、金石という店に入った。

チャイナタウンには多くのレストランがあるが、
その中でもここは、店内が明るくて綺麗。
それに、メニューにハムエッグやサンドイッチがあるらしい。


で、俺たちは水餃湯と、BBQダック(ハーフ)を注文。
IMG_0933_0513.jpg
↑水餃湯

IMG_0933_0518.jpg
↑ハーフダック



餃子のスープの方は、あっさりしていてとてもおいしい。
餃子の具にエビが入っていて、こりゃまたおいしい。


そしてダックは、皮がめっちゃくちゃパリパリ!うめぇ!!!!
しかもこのダック、8ドル。そんなに高くはない。
肉は多くはないが、皮がおいしいので満足満足♪

腹いっぱい食べ、次に向かったのはブリザードというアイス屋。
yottoさんはアイスを食べられるように、腹を残しておいたようです。


俺はもう食えないので、店内でまったりする。


その後、色々ひやかし、文華中心の裏に行く。
少し前になると、ちゃんとバスが到着した。
あーよかったよかった。
IMG_0933_0524.jpg


バスは最初ガラガラだったが、
何度か止まって客を乗せるうちに、満席近くなった。
全ての客を乗せると、バス内でカジノチケットの確認がはじまった。

俺は当然もっていないので、その旨を伝えると、
「着いたら、しばらく席で待っていてくれ」とのこと。




3時頃に到着。



Casino Ramaという場所に着いた。



が、不安要素がありすぎて、ものすごく心配。


・道中にナイアガラの文字が全くなかった。
・アメリカの国境近くまで行くはずなのに、その表示すらない。
・バスが南には進んでなかった気がする。お昼で太陽が後ろにあった。



とりあえず、カジノカードを作り、
手の甲に再入場用のスタンプを押してもらい、中へ。

カードはこんな感じ。
IMG_0942.jpg
カードにはランクがあり、ゴールド→プラチナ→プラチナプロ→ブラックと上がっていく。
プラチナになると、専用のラウンジが使えるみたい。

そして中に入る。


でっけぇ!!!!!!!!!!!
スロットが数百台近くあり、その他はブラックジャック、
ポーカー、バカラ、その他色々ある。


カジノももちろんやりたいが、まずはここがどこかを調べなければ。

俺達は、カジノに隣接している、同じ系列と思われるホテルまで行き、
地図を探した。


お、地図あった!!!!!!!!!!
と思ったが、そこで俺が見たものは…

where.png





どこやねんここwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
歩けたら歩いていこうなんて考えていたが、これ無理wwwwwwwwwwwwww




えーつまりどういうことかというと、
ナイアガラ近くのカジノではなく、全然関係ないカジノに来ちゃったってこと。
歩いてナイアガラ?ここからだとバスで4時間はかかるかと。




あー最低やwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
どうりでナイアガラの文字がないわけだ。
どうりで太陽が後ろにあったわけだ。



ここはナイアガラじゃないんだからwwwwwwwwwwwwwww




ま、そんなことを言っていても仕方がない。
帰りのバスは3時間後。
それまで遊ぼうぜ!!!!


ということで、俺達はカジノへ。


え、やり方がわからんwwwwwww
とりあえず、スロットをする人をよく見ておく。


色んなスロットがあるが、

1:カードを差し込む
2:金を入れる(現金)
3:ボタンを押す。

カードにお金がチャージされているのかと思ったら、
違うのね。皆お金入れてるもん。

お金は5ドル紙幣から使用可能で、
ドラクエみたいに、「何ドルの台」みたいなのに別れている。
当然安い代はベットは安いがあたりも安く、高い台はハイリスク・ハイリターン。


5セント、10セント、25セント、50セント、1ドル、2ドル、などなど、
さまざまな額の台がある。額だけでなく、スロットの種類も豊富。

俺は安くて分かりやすい台がよかったので、
25セントの台に決定!!
真ん中一列だけの判定で、3クレジットまでベット可能。(つまり75セント)
賭け額が多いと、リターンも多くなるという台。

つまり、この台で一番高いのは、3クレジットを賭けないと当たらない。


とりあえずカードを挿しこみ、5ドル紙幣を投入。
すると画面のクレジットという欄に20という数字が現れた。
25セントの台に5ドル入れたから、20クレジットになったというわけ。
そして回す…



2,3回やったところで、3列BARが3個並び、クレジットがいきなり70に変わった。
IMG_0933_0531.jpg



えーっと、5ドルいれて20になったから、70は、15ドル以上か!!
おぉ!!と軽く興奮したが、この台でBARマークは、大体真ん中くらいの配当。

その上が777(7も色んな色がある)
そして最高が、花のマーク。

よし、盛り上がってきたー!!!!!!


その後、細かいあたりはちょこちょこあったが、
少しずつ減り、40にまで減少。


「150になったら止めよう!」と考えていたが、150なんて届きそうにない。
このままなくなるのか。


気合入れろ俺!!!!!!
オラァアアアアアア!!!!!!!!!!!!!!!


IMG_0933_0536.jpg










そして前のパネルを見ると…










IMG_0933_0538.jpg


キ、キ、キ、キターーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!



気がつくと、さっきまで40や60をさまよっていた数字は、
321へと変わっていた!!!!!
(写真で0となっているところ)




おぉおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!
目標額を大幅に超えた!!!!!!!!!!!




そして俺はすぐ、Print Ticketというボタンを押した。
すると、一枚の紙が出てきた。
そこには、「Cash voucher $80.25」と書かれていた。
そして321の数字は0へと変わった。


ま、俺が当てた777の上には、花マークという頂点がいるのだが、
こういうのは引き時が肝心やしね。150って自分で決めたんやし。








えー整理すると、俺はこの数分で、5ドルが、







80.25ドルになった!!!!



つまり16倍に化けた!!!



これがカジノかー!!!!!!!!!!!!
そしてそのvoucherは、機械に入れると現金へと変わった。




こんな簡単に80ドルになるのか!!!?





じゃあまた5ドルかけちゃおー!!!!!!!!!!!





2回戦!!!


再び同じ台!!!


こいやぁあああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!






1分後…




0になりますたorz




はや!!!!
また楽しんでないで俺!!!!!!!!????
まだ遊びたいよ僕?
なんでもう回ってくれないの?(泣)


全20クレジットある中、俺は一度に3クレジット使ってる。
最短でも7回で終わる。




2回戦はソッコーでやられた。




あかん、まだやりたい!!
やりたいが、ここでズルズルいくか、引くかやな。





俺はここで止めた。



ちなみにyottoさんは、5ドルがいきなりなくなってた・・・・・。




俺達はその後、カジノ内にあるタダの飲み物のコーナーでコーヒーを飲み、
ホテル近くに移動して椅子に座ってた。

ボケーっとしていると、
yottoが「ナイアガラすごかったなー!!」というネタを連発するので、
俺も「さすがナイアガラやなー!!」と言ったりしてた。




悲し…絶対次はナイアガラ行こう。

俺達はバスに乗り込み、8時過ぎに文華中心前に到着した。
そしてまっすぐ家に帰った。



まぁ、間違えて違うカジノにきたものの、俺はまだ勝ったからよかった。
10ドル使い、80ドル手に入れたので、計70ドルの勝ちか。



俺は小遣い帳には、支出だけは記載している。
収入は書かない。
カジノでは、差し引き70儲かった。


つまりこの70ドルは、本来手に入らなかった金というわけだ。





つまりどういうことかというと…















3回戦に続く(in ナイアガラ)
2010..07 カナダ comment3 trackback0

2/9(火) Duffs the famous wings (on college ST)

前回はアルマゲドンに挑戦したが、
今回はランクを落としてデスに挑戦した。

これまでもその他、色々辛さのチキンウィングを食べてきたので、
まとめてみる。


あくまでも、俺個人のレビューです。



◆辛さのレベル(上から順にレベル0)
Mild
 → 全く辛くない。
Mild Medium
 → 未確認
Medium
 → 辛い味付けにしているのだろうが、さほど辛いとは感じなかった。
Medium Hot
 → ピリ辛。辛さを味わって食べられる。
Hot
 → Medium系より辛い味つけなのは分かる。ただしこれも味わって食べられる。
Super Hot
 → 非常に辛い。ここまでが「辛い!」と言いながら、味わえるレベルの限界。
Death
 → テーブルに置かれると、まず臭いが鼻をつく。
辛いではなく、口の周り、中、喉が痛くなる。
味わいながら食べる事は難しい。
水分補給、休憩は避ける事。
辛さが我慢できない時は、Milkか、Chocolate Milkを注文する事をお勧めする。

Armageddon
 → 世界の終わりが近づいてくるのが分かる。
(テーブルに運ばれる前に、鼻をつく香りが近づいてくる)
辛いではなく、口の周り、中、喉が痛くなる。味わえない。
食べている途中、世界の終わりに嘆いて涙が出てくる。水分補給、休憩は避ける事。
ビールを飲みながら食べたかったけど、辛さが厳しいため、断念した。
Milkか、Chocolate Milkを注文する事をお勧めする。
チキンを触った手で、目などを触らないように!

※翌日、体調不良になりました(笑)


ちなみに、Bloor STにあるPuckN Wingsの一番辛いレベル(レベル6)は、
DuffsのMedium Hotか、Hotくらいです。(忘れたけど、SuperHotほどではなかった)


個人的には、Duffのほうがチキンが大きいし、
店内の雰囲気が好きかな。(PackN Wings(on Bloor)は、テーブル間の距離が狭い)



店に行くなら、値段が安くなる火曜日の夕方5時以降でどうぞ。
2010..09 カナダ comment0 trackback0

2/10(水) タイミング悪すぎる

それはジュディに電話をしていた時のこと…




いつもどおり特に何も考えず雑談していた。



そして俺が「上海で安いホテル見つけたんだ」というと、
急に見知らぬ女性の声が。



ん?若い女性が2人か???



何かわからないがめっさキレてる!!!!!




えーーーーなんで俺こんな怒られてるんやろ???



言葉早すぎて何言うてるのかわからない…




なんか怒られるようなことしたか!!?
ほぼ毎日電話することに対してキレられてるんかな…心配になってきた。




なんでジュディ助けてくれへんのーーーー!!!?




こんなに2人がキレてるのに!!!!!!!!!!!!!





と思ったそのとき、小枫(名前)という単語を拾う。




あれ、これどっかで聞いた…あ!!!最近多聴学習がてら聴いてるドラマや!!






そしてブウェブラウザのタブを見ると、ドラマが開始してまいた(笑)
中には2人の女性が…あっかん、マジであせった。





これをジュディに上手く伝えられない俺の語学力。






軽い笑い話やのに。
2010..10 カナダ comment0 trackback0

2/13(土) Google Mapをブログに追加してみた。

たった今も、アースマラソンで世界を走っている、
間寛平氏のサイトで、今どこを走っているのかが見られるようになっている。

「うちのブログにも、あんなん追加したい!!」

ということで、さっそく追加してみた!!!

ブログの右に、「今いるところ」ってのが新しく追加されていると思う。


これで俺の居場所もダダ漏れだぜ!!!!



でも、追加するのに非常に時間がかかった。
その他のよくあるFC2ブログのプラグインみたいに、
ダウンロードしたら即使用可能ではなくて、ちょこちょこやらないといけない事があった。

ちょっと面倒な上に色々手間取って、
最後の壁が突破できず、最終的にはHTML(Javaかな?)を編集するハメになったので、
まとめてここに記載しておく。


1)Google Map API使用の登録をする。

http://code.google.com/intl/ja/apis/maps/signup.html


ここにブログor追加したいサイトのURLを書いて、
ボタンを押す。

すると、API Keyという、あやしい文字の羅列が表示されるので、
そいつを大事に保存。


2) Google Mapプラグインをダウンロード
FC2ブログの共有プラグイン追加で、プラグイン名をGoogle Mapで検索。
1件だけひっかかるので、そいつをダウンロード。

ダウンロードする時に、(1)でメモった文字列(Key)を入力する。


3)地図追加用のタグを生成

下記サイトにアクセス。
http://jjworkshop.com/wt/wt_gapi.html

まずは地図から選択ボタンを押下し、地図上のマーキングをつけたいところまで
マークを移動させる。
その後、地図の下に表示されている、緯度と軽度をコピーし、
先ほどのサイトの緯度と軽度にそれぞれ貼り付ける。
(ボタン一つで貼り付けられるはずが、俺はうまくいかなかったので)

IMGサイズは、地図の画像サイズ。
後で簡単に変更できるので、今はすっ飛ばす。

地図の倍率は、お好きなように。
俺は7にした。

タイトルは省略。

そして次のMaps API keyには、先ほど保存した文字の羅列を貼り付け。


これで地図が作成される。


地図の下に、イメージタグっていって、こりゃまた文字の羅列が表示されている。
(<div id="_gmap_ …>」

これも大事に保存。
ここに書いてある、widthが地図の幅、heightが高さ。
ここの数字を好きに変更すれば、地図の大きさを変更可能。


4)プラグインの編集

俺はやり方がわからないので、プラグインのHTMLを編集ボタンを押し、
(3)で作成したイメージタグを先頭に貼り付けた。

(3)のイメージタグを貼り付けた場所に、地図が表示されるらしい。


その他、地図を色々編集したい人のための情報。
プラグインの改造欄でHTMLを編集する。

①地図の種類を帰るボタンを追加。

map.addOverlay(marker);
map.addControl(new GSmallMapControl());
map.addControl(new GScaleControl());
map.addControl(new GMapTypeControl()); ← 追加

②最初に表示される地図の種類を返る。
map.addOverlay(marker);
map.addControl(new GSmallMapControl());
map.addControl(new GScaleControl());
map.setMapType(G_HYBRID_MAP); ← 追加。

G_HYBRID_MAPは、地図+写真バージョン。
航空写真にするなら、G_SATELLITE_MAPに変更。


その他は、下記を参照。
http://www.ajaxtower.jp/googlemaps/


デフォルトのマーキング以外にも、地図上にマークをつけられるらしい。
自分の行った場所に、一箇所ずつマークをつけていきたいな!!!


最終的には、地図を大きなサイズで表示させて、
マーキングをつなげると…やったぁ!!!!





2010..13 未分類 comment2 trackback0

2/14(日) 僕達はただ滝をアメリカ側から見たかっただけなんだ

昨夜、今日ナイアガラに行くために、朝8時に携帯の目覚ましをセットしたが、
朝日でそれよりも少し目が覚めた。
俺は、叩き起こされるのが嫌いで、目覚ましやアラームも同じ。
一方、朝日で起きると、自然に起きたって感じがして、嫌な気分にはならなくなる。

まずシャワーを浴び、その後で昨晩作っておいたトマトリゾットをレンジでチン。
パスタ用のトマトソースが残っていたが、味が濃くてパスタには使いたくなかったので、
リゾットにした。これだと鶏がらスープで薄まってちょうどいい感じ。

そして、部屋でテレビを見ながら、それを食べた。
俺の部屋にはテレビがなかったのだが、オリンピックが始まるということで、
オーナーが設置してくれたのだ!!

「まだいっぱいあるんで、これ使って下さい」と。

どんなけ優しいねん。
どんなけ優しさをつめたらそうなるねん。
ほんまシェーシェーや。


そして9時過ぎにyottoが我が家到着し、俺達は歩いて、
Dundas×Spadinaから少し南に歩いた所にある『文華中心』前へ向かった。

今回も、俺達はカジノバスを利用する事にした。
だが、今回はしっかり調べたので安心!!
safeway tours(泰安旅遊)のホームページで、行き先、場所、時間を確認済み。
http://www.safewaytours.net/casinobus.html

朝は9時、9時45分、11時にバスが出るので、
俺達は9時45分に乗る予定だ。


9時30分頃には文華中心の前に到着し、寒い中、立ってバスを待っていた。
文華中心(正確には、その横のHSBC)前には、既に何人かが何かを待っていた。
おそらく、同じくカジノバス目当てだろう。
そして5分前に、Coach Canada、セーフウェイツアーズの2台のバスが到着した。
IMG_0963.jpg

俺達は、セーフウェイツアーズのバスに乗ろうとしたが、
…数人が乗った所で満席やないか!!!
セーフウェイツアーズのスタッフは、あっちのバスに乗ってと、
前に停まっているCoach Canadaのバスを指差した。
俺は少し不安になったが、中にセーフウェイツアーズの服を着た人がいたので、
安心して乗り込んだ。

俺達は何とか座れたが、こっちも中は一杯!!!
しかもほとんど中国人じゃねぇか!!!
カナダ時間では、今日が旧暦の元旦なのに…

おまいらは…元旦からギャンブルか!!!!!!!!


正月は家でゆっくりするもんじゃないのか????
まぁいいや。


バスは定刻通り発車。
今回は道は非常に安心。ちゃんと湖沿いを西に進んでいる。
バスの中で、料金の25ドルを支払う。
カードを持っている人は、5ドルだけ払っていた。


道の途中で、ナイアガラやU.S.Aと書かれた看板が見え、安心安心。
そして出発から約1時間半後、
バスはナイアガラのFALLSVIEW CASINO RESORTに到着した。


ついにナイアガラきたぞ!!!!!

バスを降り、カジノカードを作成する為、建物内部へ移動。
なんでこんなに時間がかかるねんってくらい待たされる。
そしてようやく俺の番…だが…
その作成途中で…
係員「4つの数字を押して」
俺は7777と押した(笑)
係員「アゲイン」
再び7777。
そしてその後、「同じ数字はダメ」
1234
係員「連続した数字もダメ」

どうせ1回しか使わんカードやからどうでもいいのに。
仕方ないので、ちゃんと番号を押した。だが…

係員「早すぎる。ゆっくり押して」


はぁ??

はぁ???

はぁ???


早すぎるだと!!!?
そんなめちゃ早く押してないわ!!!!

テンキーの認識システム作ったやつでてこい!!!!!!!!!!
俺が説教してやる!!!!
俺がシステムを作り直してやる!!!!!!

テンキーからの入力認識タスクと、
押したボタンを判断するタスクを分ける。
文字認識タスクのプライオリティは高くしておくこと。
ただしタスクロックの可能性を考慮し、設定すること。

認識タスクは、読み読み取り以外の処理は基本全て別タスクにし、
キーからの読み取りだけにする。
これにより、早い文字入力に対応する。

OSは何でも構わないが、Linuxを使用する場合は、下記に注意する事
・余計なデーモンは全て止めておく
・カーネルのバージョン


これだ!!!
基本設計書が出来たら俺に見せにこい!!!!!!!!!!!

あー、イライラする!!!!!
何がイライラするって、おばはんに「コンピュータは早いのを理解できないのよ」って
ジェスチャーつきで言われた事がイライラする!!!!



俺はイライラして、1秒毎に1回ずつキーを押した。
そしてカード発行完了。



あーイライラする!!!



yottoが朝飯を食べていないとのことなので、
俺達はTimへ。どこにでもあるTim。カナダって何があるのと聞かれたら、
俺は間違いなく、「Tim Hortons」と答える。

俺はコーヒーとアップルフリッターとかいうのを食べる。
リンゴの味があまりしないけど???


その後は、カジノへ。
IMG_0964.jpg
カジノ入り口近くにあった…なにこれ??
すごいかっこいいけど、なにこれ??



中はものすごく広い。
スロット台ばっかりやん。ビデオポーカーは、
Jacks or Betterと、ピッケムポーカーがあった。



で、今回も再びスロットへ。
さて、俺の運で旅行費でも稼ぐか。


そして5ドルを投入。



一瞬でなくなりますたorz
スロットなんかもうやらん。




そして今回の旅のメイン、ナイアガラの滝へ。

IMG_0976.jpg

滝へ近づくには、オンシーズンに船(霧の乙女号)を使うか、
滝の裏を歩くコースに参加するしかなく、それ以外だと
この柵から見ることになる。

曇りだし、オフシーズンだし人が少ないのかと思いきや、
そこそこ人がいるのにびっくり。そして歩いて近づく前に、
遠目からでもはっきりとそこにあるのがわかった。
DSC_7147.jpg

気温が低すぎて、下が凍っとる!!!
まずそれにびっくり!!
そして滝もすげぇ!!!滝っちゅーか、なんじゃこれ!!!!
迫力あるなー!!!!圧倒されるっていうのかな、これは。
ただし・・・水けむりが邪魔すぎる。。。
水けむり空気よめ。

DSC_7153.jpg
滝をよこから見た写真。

DSC_7150.jpg

ドアップ。


滝をバックに自分撮りしている老夫婦がいたので、
近づいて写真を撮りましょうか?といって横と立てと2枚ほど撮った。
いくつになっても、あんな風に仲良しでいたい。


俺たちが今いるのはカナダ側だが、アメリカ側の近くにも滝がみられる。
ナイアガラというのは、アメリカとカナダの境界近くに位置しており、
歩いてアメリカへ行くことができる。

せっかくここまで来たので、アメリカ側にもいくか!!!

ということで俺達はアメリカへ向かうことにした。

DSC_7156.jpg


でも、その前に腹が減ったので、飯!!

国境となっている橋(レインボーブリッジという名前みたい)の下を歩き、
さらにどんどん進むと、いつのまにか歩けないほど道に雪が積もっている場所を歩いていた。
さすがにこれ以上は歩けない。

ということで、道を変え…たいが、
つもった雪の上を歩かないといけない。
仕方がないので…
IMGG_0640.jpg
yottoに先に歩かせて、その足跡の上を歩いた(笑)


そして店の多そうな通りの方へと歩きはじめたが、
途中でおもしろい柄のTシャツを発見。


IMG_0983.jpg          IMG_0984.jpg


結婚でゲームオーバーとか酷すぎるやろ(笑)
ゲームオーバーなのはどっちだ??

それにBad Bullってw
レッドブルを飲んで元気になりすぎたんやな(笑)


IMG_0987.jpg
↑カフェ、レストラン、ショップなどが並ぶ


ぶらぶら歩いていると、WWE SHOPを発見。
WWEとは、アメリカのプロレス団体の名前で、
あらかじめストーリーが決まっているプロレス。社長や社長夫人も、
何故か出てきて、攻撃したり、されたりされるおかしなストーリー。
なんかあれば買おうと思ったが、特にめぼしいものはなかった。
店の外には、レスラーの手形があったが、手は当ててない。

IMG_0993.jpg

俺達はぶらぶら飯を食べられるところ探した。店がないわけではない。
選ぶほどあるのだが、どこも高い!!!
結局1軒のピザ屋に決定した。
yottoはチキンを、俺はピザを頼んだ。
IMG_0996.jpg

写真では大きく見えるが、小さい。
トロントの家の近くに何件もある、ピザ1スライスちょいくらいの大きさ。
これで税込み

味は、もう少し何かがほしい感じ。

トロントでは色んなところでピザが食べられるが、
日本のものの方味がついていておいしいと俺は思う。
こっちのピザは、とりあえず何か振りかけないと、味がものたりない。


結局、半分ちょい食べたところでおなか一杯に。
yottoに手伝ってもらって、何とか1切れだけ残して食べ終えた。


この後、アメリカへ渡るため、レインボーブリッジを目指した。
軽くDuty Freeを冷やかした後、通行料の50セントを改札にいれ、通る。

ん???ホンマにここか???
出国スタンプとか押してもらってないけど???

誰もおらん。


こんなんでいいのか??

まぁ橋のむこうにはアメリカの入国審査が待ってるから、こっちは手薄なのかな。



そこを通り、ついに…俺の世界旅行の2カ国目!!!!
DSC_7159.jpg



アメリカ入国ー!!!!!!!
ま、法的にはまだやけど、国境をまたいでやったぜ!!!

yottoなんか嬉しすぎて、
アメリカとカナダを行ったりきたりしてる!!!!!!!

あんた…どんなけおちゃめさんなんだ…!!!!!

俺達は橋の上から、ナイアガラの二つの滝を見たり、写真を撮ったり、
俺は雪のボールを作って、橋の下の水たまりに入るかどうか、
投げて遊んでたりした。俺もまだまだ子供心が残っているようだ。

IMG_0998.jpg


いやー国境こえただけで一気にテンション上がるな!!!!
アメリカでコーヒーでもしばくか!!
(しばく=飲む。たしかどっかの方言)
米ドル??ないよそんなん!!!
カードがあるじゃん!!!









しかし、








今考えると、俺達が楽しかったのは、ここが頂点だった。

ここから一気に突き落とされる事も知らずに、のん気に
ボーダーの写真なんか撮ってた。
のん気に雪投げたり、またいだり。

今考えると、おとなしくカナダで遊んでおけばよかった。
改札とおらなけりゃよかった。





橋の向こうにつき、まだテンションが高い俺たち。
アメリカ側で入国審査を受ける。

ポリス「日本にはいつ帰るんだ?」
小太郎「来月」(絶対来月に帰りません)


ま、俺は問題なし。



ただしyottoさん…



入国拒否orz



yottoは日本人であるのと同時にステータスが特殊なので、
日本国パスポートのみではアメリカには入国できない。
それを証明する書類が必要なのだが、忘れちゃったとのこと。
けっして犯罪者とかテロリストではありません(笑)
あちらさんも、ボスと掛け合って話をしていたが、ダメとのこと。


俺からしたら人事なので、拒否とか初めてみた!!
と、ちょっとまだ不安ではなかった。

ポリスは「なぜ持ってこなかった」をしつこく聞いていた。
「忘れた」について、その理由なんかあるか!!!


なぜ入国できなかったのかが書いてある紙を渡され、
「これをもって戻れ」とのこと。

紙には、「yotto(ここは本名ね)は○○だと主張しているが、それを証明するドキュメントがない」
みたいな事が書かれてあった。


何故か紙には俺の名前も…。


ちょwwwwwおまwwwwwwwwwwww
俺だけは解放しろwwwwwwwwwwwwwwwwww

俺1人でアメリカいくからwwwwwwwwwww
yottoさようなら、お元気でwwww





ウソじゃ!!!!
そんなことできるか!!!

せっかくの機会なので、俺も一緒にカナダへ戻る。


そして来た道を戻る。
このときのyottoはまだ「僕はただ、滝みたかっただけなんだ」という
自虐ネタをぶっかます余裕が残っていた(笑)

ただし、確実にテンションは下がっていた。
行きしなにあんなにはしゃいだボーダーを、帰りはいつの間にか通り過ぎていた。


そして到着すると…

何故か俺のことについても根掘り葉掘り聞かれる。
俺はおとなしく答える。
この世で一番逆らってはいけないのは、
警察じゃなくて入国審査官です。(同じか)




そして、あの建物へ行けと、さらにたらいまわし。


俺達はさらに別の建物へ。





えー何が起きたかというと、
yottoさん、法的にはアメリカとカナダの間から出られません(泣)
これってどこにいることになるの???


そこで色々話をし、
yottoさんも何とか解放してもらおうと説明。
悪いことなんかしてない、忘れただけ。


でも、ぜんぜん見逃してくれない。
こいつらときたら、みかん食べたり、コーラ飲んだりしながらゆっくり仕事しとる。
俺らめっちゃ待たされてる。1時間半以上。
みかん食う暇あったらどうにかしろ!!!!!


そして再び審査官とお話。
俺のことも聞く。なんでやねん。

仕事はしているのか?


ほっとけ。



もちろん言えない。

来月に日本に帰るから、仕事もしていないし、学校にも言っていないといった。
余計な話はしなくていい。旅行の事なんて説明する時間もったいない。
ウソついときゃえーねん。


そして審査官は、その忘れものについてしつこく聞いてくる。
ないものはない。すると、お前(俺)が取ってこれないかとのこと。


ま、最終的にはそれしかないかな、と少し思っていた。
こいつらに融通なんて言葉はない。
審査官は厳しくしないと、国にどんどん悪者が入るからな。


他の誰かに持ってきてもらう、なども無理。
忘れものはyottoの家の部屋。全ての部屋に鍵がかかっている。
カギはyottoのポケット。オーナーならスペアキー持ってるだろうが、
家が別らしいし、そんなことは頼めないとのこと。
ドアをぶち破るか、カギ屋に頼んで開けてもらわないと無理。
それらを含めて、誰かに頼むって事やからな。


審査官は度々yottoを呼び出しては話を聞いたり、
色んな身分証明書を要求したり、質問多すぎ。

その割には、また呼ばれるまでめっちゃ待たせるし。


俺達はここに着てから2時間後…審査官はついに一言、


「今回は特別だ」



おおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!
あんたにも人の情ってもんがあったのか!!!
カナダ万歳!!!アイ ライク キャナダ!!!


「(忘れ物を)とって来るか、FAXするか」



おま…




変わっとらんわ!!!







そのピザとコーラでできた頭をよく使って考えろ!!!
部屋に入れないんだ。どうやってファックスするんだ???
まずはどうやって部屋に入るかだ。
さらに、それを誰に頼むか。
人に頼むなら、鍵を唯一持っているオーナーか、知り合い+カギ屋。
でも、そこまで頼める知り合いなんか、もちろんいない。





しゃーないな、
今日まで楽しかったよ。

元気でね、yotto。
友達にはうまく伝えとくからね。




さ、俺だけ解放してもらうか(鬼





本当に、俺だけ解放してもらった。俺だけオフィスを出た。
バイバイ、yotto。










俺は…yottoから預かったyottoの家のカギ、
このオフィスのファックスナンバーを書いた紙を、
チャックがついたポケットに大事にしまった。
ファックス番号の汚い数字は、ちゃんと俺が数字を読んで確認済み。
忘れものの場所も聞き、俺は走った。




ったりめーだろ!!!!!!

友達、だろ!?


(ここが泣くポイントです)
(脳内再生の推奨BGM:平井堅-キミはともだち)



逆の立場なら、
あつかましいお願いだが、とにかく早くしてほしい。


カジノカードを作った場所のすぐ近くに、
セーフウェイツアーズの窓口があったのを思い出したので、そこへ行く。

俺「時間を変えたいんだ」
女「いつ?」
俺「as soon as possible」


帰りのチケットゲット。
時間は40分後。ちっ、そんなもんか。


とりあえず、yottoに連絡。
したいが、携帯電話の画面に、

"Insert SIM"

と表示される。


だから海外製のもん嫌やねん。
適当な仕事するから、すぐに問題が起きる。

SIMカードちゃんと入れとるっちゅーねん!!!

抜いたりさしたり殴ったりして、何とか起動。

でも再び同じメッセージが。


何度かてこずったが、なんとか起動。


メールの文章作成中に、"Insert SIM"と表示されて、
書いていたメッセージが消えるという不幸が何度も俺を襲ったので、
電話でバスの件を伝えた。
(yottoの携帯バッテリーが少なく、電話は厳しかった。
ファックスの時に、受信の確認しないといけないので、電話する必要がある)


そして、またこうなった時のために、
いくつかメールを下書きしておいた。

・今から出発します。6;30。
・ちょうど今トロントのチャイナタウンに到着しました。家に向かいます。


そしてバスの前で待つ。


バスのドアがようやく開いたが、運転手が入り口をふさいでいる。
笑いながら「まだだめだよー」とか「戦うか?(俺を倒していけ)」とか言っている。
おっさん身体でかい。
…勝てそうにないな。

この後、入り口をふさいでいた理由は、
元々このバスに乗る乗客をまず全ていれ、空いている席に俺のような
時間変更の客を入れるためだとわかった。

もし席がうまって乗れなかったら、キレよう。
地べたに座る、と。
いつまでもバスが出発しないと乗客全員が怒り出す。
俺が無理やり中に入れば、バスは出すしかない。

悪い方法だが、ゴネたもん勝ちや。


だがそんなこともなく、無事乗車。



バスは無事出発。
俺は帰りの夜景見ながら、ジュディと2人で
杭州から上海までバスで帰った去年のことを思い出していた。
ジュディに膝枕してあげたり、
してもらったり、そりゃーもうラブラブでした。


車窓からの夜景のネオンは、1人で見ても電気の無駄にしか感じなかったけれど、
ジュディと見ると綺麗に見えるに違いなかった。
(ジブリの某作品のセリフをパクりました)



1時間20分後、トロントのチャイナタウン到着。
俺は下書きしていたメールを送信。


まずは、どこでファックスが送られるかだ。
これをいかに無駄なく探すか。

yottoの家に行く途中に、セブンイレブンがある。
ナイアガラでファックス番号を俺に渡した兄ちゃんは、
コンビニでできると言っていたので、できるかも。


セブンイレブンまで猛ダッシュ。
そしてレジで「ファックスはあるか?」と聞く。


店員「what?」

あかん、これ発音悪くて通じてない流れや。

俺「ファックス!!!」

店員「あーあそこだ」


そこには・・・サンドッチ、野菜などが並んでいた。




え、勘違いされているのは間違いないが、
何と間違われているんだろう。
興味が出た。




俺「ないぞ!どこだ」

店員がちかづて来てあるだろうと手にとったのは…




フォークやん、それ…
そか、複数系でフォークスね!うまい!座布団一枚!!


アホか!!!
誰が漫談の相手しろいうてん!!


俺「違う!電話番号にテキストを送信するものだ!ファーっクス!!」
店「あぁ、faxか!!This is "fax"」
おっさんはファックスの発音を俺に教えているかのようだった。

俺「そうだ!!発音が悪くてすまん!あるのか!!」
店「ないなー」


ないんかい!!
フォークの漫談さしといてないんかい!!

店「でもあそこのコンビニには確かあるぞ、ほら」

店員は店から西の方にある、別のコンビニの赤い看板を指差した。

店員「見えたか?あれだぞ?SAMS」
俺「見えた。」

おぉ!知ってたか!!!
俺「ありがとう!!」
店「俺こそすまんな、気をつけろよ!グッナィ!」



いい親父じゃねぇか…
俺はお前を忘れないぞ、スコット(名前は俺が命名


スコットに手をふり、俺はSam'sへ。
橋って2分以内に着いた。

俺「フェァーークスはあるか?」
親父「what?fax?」

なんでwhatやねん!!
俺たったいま練習したのに!!!

まぁ、faxと聞いてきただけあるな。

俺「yes、fax」
親父「あるぞ」
俺「ありがとう」


この店は24時間営業。
よし、ファックスの場所の確認完了!!





そしてこの後俺はトロントはじめて…







taxiをつかまえた。これが最速の移動手段だからな。
右手でピーナッツの袋からミックスナッツを口に運び、
左手だけで運転してるやる気ない黒人の運転手だった。
タクシーの中、甘い香りしすぎwww


ま、金なら前回のカジノで儲けたからな。

前回のカジノでの勝ちは、ここで使うためのものだったんだ。
きっと神様がそうしてくれたんだ。
(涙を誘うポイント2。推奨BGM:修二と彰-青春アミーゴ)




おっさんに住所を伝える。
さすがタク。そっこー到着。
俺は料金と、チップ20%くらいを払った。

俺「俺もう一度タクシーを使いたいんだ。5分待てるか」
タク「5分だな?俺はここにいるから、声をかけろよ」
俺「ありがとう」


家の前に車が停まっている。
これが最速の移動手段。


俺はyottoの鍵を使い、部屋に入った。
家の中で、なにかすごくいい匂いがしていた。何の料理かな…。


部屋に入り、指定された場所の忘れ物を取り出す。
ここで年のため電話。それに間違いないとのこと。
俺はそれをチャックのついたポケットにしまった。


部屋の鍵を閉め、電気を消して、家を出ると
ちゃんとタクシーが停まっていた。まだナッツくっとる。

俺「ありがとう。次は…」
俺はそのコンビニの名前を伝えた。おっさんも知っていた。


そっこー到着。
次はおっさん、チップ要求しなかった。
というか、細かいお金がなくてね、
「コンビニに行って両替し、その後払ってくれ」と言われ、
その料金を渡すと、おっさんはドアを閉めた。
チップ渡すスキがなかった。


そしてファックス送信の前に、
適切なサイズの紙に変えるためコピー。

そしてファックス送信。

yottoに電話。返ってきた返事は

「見づらい」

クソ審査官め!!!!!


コピー機で無駄紙を何枚か出し、
ようやくそれなりになった。

それを送信。

これで無理なら、コンビニでは無理だな。
専門に扱う店にいかないと。


俺は結果を聞く前に、自分の家に向かってあるいた。
ここからはそう遠くない。
オーナーに、いい店を紹介してもらおう。
もしダメだった時のために。

その途中に、yottoからメールが


「これもよくなかった」


最悪のシナリオorz


しかし、そのメールの続きは、

「でも解放されたよ!今から帰る!」




おおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!
お疲れ!!
カナダ入国おめ!!!!!!
ウエルカム トゥー キャナダ!!

結局、俺は2時間、yottoは15時から21時までずーっと、
癖狭い場所で過ごした。

俺らナイアガラで一番長いことおった場所、
ここや…。


ま、おわったからいいや。


俺は家の近くの、イタリア料理のデリ?の店で、
スパゲッティをテイクアウトし、家に持って帰った。

IMG_1005.jpg
何故かパンもついていた。
料金はスパゲッティ分の5.5ドルだけ。
あ、パンってついて来るもんなんや。なんかラッキー。






それから2時間後、yottoは俺んちに到着した。







そんなこんなで、入国拒否という世にも珍しい経験に
同行させてもらった。これが人生で最後である事を切に願う。


ナイアガラにはもう一度来よう。
もっと楽しみたい。


みんな、忘れ物はしちゃだめだよ!
2010..14 カナダ comment3 trackback0

2/17(水) とある中国人(イッカ)の教育方針(エデュケーション)

小太郎は激怒した。






それ虐待やろ!!!!!





俺がお世話になっているオーナー一家には、6歳になる子どもがいる。
幼稚園?(どこかは知らん)に通っていて、英語をそこで勉強している模様。


そして家でも勉強しているのだが…




まぁ子どもなので「勉強しなさい」 → 「嫌だ、したくない」 になる。
(「○○の後でね」→「いいよ」になる場合もあり)


そこで、だ。



しつけLv0:大声で「やりなさい!」
しつけLv1:その辺の紙で頭をたたく
しつけLv2:部屋につれこんで、ドアを閉めてどこかを殴打




Lv1の時点で泣いているのだが、
Lv2でドアを閉めても泣き声が大きくなる。
そして泣き声から、Lv2は複数回実行される。



見てて泣きそうになったのは、トイレに入ろうとしたら、
中で泣いてた。
ええいーああー君からもらいなきー。



それ虐待やろ。



子どもと話した事あるけど、
質問:「勉強すき?」
回答:「ブーシャン」(したくねぇ)



そらそーやろ。
これでシーファン(好き)とか言われても、逆に心配になるわ。
6歳で悟りすぎやろ、と。



俺が自分の時はどうやったか思い出そうとしたけど、
思いだせない。追い出されて鍵閉められたとか、殴られたはあったかも。
でもそんなしょっちゅーでは…。
つーかそれらも、勉強はからんでなかったと思うけどな…。


俺が覚えてるのは、成績や勉強時間に応じて、何か貰えた事くらいや。
ゲームボーイを買ってもらうのに、冬休み毎日○○時間勉強とかしたなぁー。
友達にテストの点数まけて、家で泣いたこともあったなぁー。
その割りには俺の学力たいしたことない(泣)
さらに、今は涙もでないほどやる気がなくな…(以下略


ま、当然文化も習慣も違うけど、
中国人ってこんなもんなの???



この家、言う事聞くまで殴りつづけてるけど???



俺の子どもの時、どうやったかなぁ・・・。
パンチはよっぽどの時じゃないと飛んでこなかったような。。。




ジュディに聞いてみよう。





興味があるので、ガキの頃を覚えてる人は、ぜひ書き込んでくださいませ。
2010..17 カナダ comment4 trackback0

2/19(金) 眠れない夜

この日は、夜にyottoとタイ料理屋に行った。
トロントでタイ料理を食べるのは2度目だし、日本でも食べた事がある。

店内のウエイトレスさんは、韓国人と日本人だったが、
厨房近くを見ると、タイ(らへん)の人もいるようだった。

それを見ると、「あぁ、俺もいつかタイに行くのか」と思った。
それから、「本当にここまで辿り着けるのかなー」と少し不安になった。


食事を終えてyottoと別れ、家へ帰る途中も、
何故か不安が俺を襲いだした。
俺は体調が悪くなると精神的に不安定になることがたまにあるので、
これは、俺の風邪が少し酷くなってきたからだろうか。。。


家に帰って風邪薬を飲み、歯を磨いた後すぐに布団に入ったが、
なかなか眠れない。"残金は大丈夫か?" "強盗にあわないか?"、など、
これまで全く考えた事がなかった事が、急に頭にうかんできた。
そうすると、ますます眠れなくなり、俺はパソコンの電源をつけて、
残金からちょこちょこ計算を始めた。


とりあえず、最低限航空券を使用する必要のある場所だけをまず調べた。
・イースター島往復(10万円もしない)
・アルゼンチンorブラジル → スペインかアフリカ(安くて5万円代から)
・上海から大阪(5万もいらん)


そしてコースを考えているうちに、
南アフリカ共和国(強盗が多く危険で有名なところ)が、
候補にあがってきた。
「危ないとわかってていくやつなんかアホや」と思っていたのに。
理由は、アルゼンチン→南アフリカ(ケープタウン)の航空券が安そう(5万円)な事、
このコースなら、綺麗に南アメリカ→アフリカ→ヨーロッパ→アジアと回れそうな事、
この二つだった。


俺の残金が約100万円。
航空券代として40万円を念のため確保しておき、
一日平均4000円(カナダでは今のところ一日平均3800円)とすると、
あと150日は旅行を続けられそう。
当然、アジアでは4000円もかからないだろうし、ヨーロッパで
4000円におさまるかもわからないけど、平均してそれくらいだろうと。


「3月から150日だから、この計算だとだいたい7月一杯までか」
そう考えているうちに、いつの間にか眠っていた。


次の日の朝に目が覚めると、
昨夜の不安な気持ちはどこへ行ったのやら?という位に気分が晴れていた。




昨夜のあれは一体なんだったんだろう。。。。
こんなのは初めてだ。




とりあえず、次のアメリカでは(先進国にしては)宿代を安くおさえられそう。
ドミトリーで一泊15ドル、朝食つきのところがあり、今メールを送っているところ。



ヨーロッパは気持ち駆け足で要所だけをおさえて通過し、トルコで
体力、精神力を完全回復してアジア横断にそなえよう。






荷造りをしていると「そろそろ旅がはじまるんだな」という気になってきた。
今も旅行中だけど、ほぼ滞在してるし、何の不安も緊張もない。


さっさと風邪なおそう。。。。。
2010..19 カナダ comment0 trackback0

2/23(火) 旅の計画

トロントに来てから、
何度か風邪を引いたことはあったが、こんなに酷いのは初めてだ。

喉が痛いし、咳が酷いし、頭も痛い。
こう書くと、ものすごい病人なのかと思われそうだが、
外出は厳しいものの、部屋で旅の計画を立てることくらいはできる。


ということで、今日は一日旅の計画を立てていた。


wt_plan.gif


ちょっと今地図を作っている余裕がないので、
(といいつつ1日後に作成。↑クリックで拡大。本当は使ってはいけなさそうな画像だが。。。)
地図をイメージしてほしいが、まずはトロントからニューヨークへ。
その後はニューヨークからロサンゼルスへ。
(サンフランシスコになる可能性もあり)


いや、正直アメリカ国内でどうしても行きたい場所は、
ニューヨークとラスベガスだけなので、この2箇所さえおさえれば出国する予定。

その後は、バスでメキシコへ。
そのまま、南アメリカ大陸へ陸路へ入る。
メキシコの南にある、中米の各国をまわり、とりあえずパナマの手前まで。
なぜパナマの手前なのかというと、パナマとコロンビアが危ないから。
飛行機代が安くつくのなら避けたい。

(1)怖いとこはいかないよんルート
パナマ、コロンビアは入国せずに、空路で一気にエクアドルへ。

(2)120%で駆け抜けてやるぜルート
陸路でパナマ、コロンビアの見所は無視してエクアドルへ。
バスの停留所や、途中の休憩地点以外は、地に足をつけずに強行突破。



南米の各国の宿代を調べていたが、だいたい1000円未満で泊まれそう。
居心地よさそう。居心地よすぎて、何もせずに宿に滞在する、いわゆる
「沈没」する人もいるのだとか。



沈没してぇー!!!!!!!!!!!!!!!!




夕日に沈む海を眺めながら、酒を飲みたい。
酒はテキーラ。(メキシコで本場のテキーラを仕入れる予定)

「ムチョ・グスト!!!(スペイン語で超ヤベェ(very good)の意味」

と言って夕日に乾杯。



そんなこんなで、南アメリカ大陸は、太平洋沿いの街をぶらぶらしながら南下。
そこまでは決まった。

ブラジルは行こうか悩んでたけど、
大西洋に沈む夕日を拝める安宿があるらしく、そこには行きたい。



ということで、南アメリカ大陸は、海沿いをグルーっと回る予定。






あー早く移動したい!!!!!





ただ、いい事ばかりでもなく、ペルーのマチュピチュと、チャンチャン遺跡が、
先日の豪雨で現在閉鎖しているらしい(泣)
日本でもニュースになってた、マチュピチュに取り残される邦人ってやつ。
メキシコかどこかでテキーラ飲みながら再開されるのを待つとするか。


後は、アメリカでしっかり金をおろしておかないと。



しっかし、正直、金の分配の仕方をミスった。


日本を出発した時、現金は、米ドルの20万円分しか持ってこなかった。
T/Cはゼロ。その他、シティバンクかクレジットカード。


T/Cと込みで、最初から100万円分を作ってくるべきやった。


アメリカにいる間に、シティバンクから20万円分ほど金をおろしておこう。
ちょうど米ドルだし、世界中で使える。




南米について色々調べていたが、
見所多そう!!!遺跡とか砂漠とか…ヨダレがでるわw



さ、さっさと風邪は治してニューヨークへ行かねば。



あれ?ここには書いたかな。
ニューヨークの宿が決まった。HOSTEL104ってところ。
メールの問いあわせの返事がこないので、Skype Outで電話して聞いた。
いやーほんとSkype Out便利。カバンはチェックインの時間まで預かってくれるとのこと。
宿代は1泊17ドルと高いが、先進国ならば納得しないといけないレベル。
とりあえず、飯はほぼ自炊にして食費はおさえないと。




旅先で友達と合流する事になるんかな??
ゴールデンウィークはたぶんまだ南米。
お盆休みはアジアのどこかにいるはず。

ただし、これはあくまで予定。。。
2010..23 カナダ comment0 trackback0

2/25(木) プルシェンコ将軍に続けー!!!

アイススケートみた。


ユナキム綺麗すぎやろ、あんなに綺麗やとは思わんかった。


真央ちゃんもちょっとミスがあったけど、
トリプルアクセルはちゃんと飛んでたみたいで、安心した。





けど点差ありすぎやろ!!!!
俺は素人なんでよくわからんが、約20点も違うやんけ。
1位、2位の順位は納得やけど、3位のアレだれやんwwwwwwwwwwwwwww
ジャンプをちょっとミスってて、動きが遅い(のっそのっそしてる)なーと思ってみてたら、
3位やし。母親をなくし、涙をのんで滑ったのは、すごいと思う。
ただ、結果的に真央ちゃんとそんなかわらなかったのに驚き。
それがカナダ人と聞くと、どうも黒い力を疑いたくなる。


史上初のジャンプってそんな低い加点なん?????????????



採点方法がブラックボックスなわけやな。
ぜんぶ明確に数値化できるようにしないと、誰もなっとくせーへんで。
ま、元々俺は「芸術は分かる人にしかわからん」っていうのも気にいらん方やけど。
なんちゅーの、ホンマに綺麗なやつはええねん。すげぇ!!!!!!って。
でも中にはガキの落書きみたいなのもあるやん。あれあれ。
おっと話それた。

俺とyottoが冗談で「このコ可愛いから暫定1位にして」とか言ってたけど、
ブラックボックスってことは、そういう風に決まってるかもしれんやん。


まぁ俺はユナキムを応援してたけどな(笑)
ユナキムはフリーの007で、最後に手で銃を打つポーズをしてたけど、
あの銃でハート打ち抜かれた。。。。
あんな銃になら、何発撃たれてもいい。
ジュディにお願いしよ(ぉぃ


いや、他の日本人もみんな応援してたで。
真央ちゃんも、安藤さんも、今くるよ(いくよくるよの太い方)も、未来ちゃんも。
鈴木選手が、手を前に突き出すポーズをしたんだけど、
あそこでフイたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
だって、アレは「どやさどやさ!!!」に見えてしゃーない。
鈴木選手が今くるよに似てるだけで、妙に愛着がわいた。


プルシェンコが表彰の時、
金メダルのところを飛び越えて銀の表彰台に立ったみたいやけど、
お前それはあかんやろ。
金メダルをとった選手は悪くないんやから、俺も超イラチやからすごいわかるけど、
そこはボイコットくらいにしとけ(笑)




表彰された時、真央ちゃんだけ笑ってないのが印象的やった。
2010..25 未分類 comment0 trackback0

2/27(土) 大阪人やさかい

朝7時30分に目覚ましのアラームが鳴る。

ああ…起きなければ…起きないと無駄な出費が…。

ということで起きる。


朝飯を食べず、歯を磨き、すぐに家を出た。



目指すはYonge×Bloorからすこし北に進んだ所にある、
トロント公共図書館。毎週土曜日は、図書館カードを提示する事で、
いくつかの美術館、博物館のチケットが入手できるからだ。

俺の行こうとしているArt Gallery of Ontario(AGO)は、
入場料18ドル。1500円くらい。図書館でチケットをもらえれば、
この18ドルが浮くというわけだ。


家のドアを空けると、雪が降っていた。
寒い。
寒いが頑張って歩く。
雪に混じって雨が降っているような…ニット帽を被っていて、頭は防げるが、
顔がぬれる。あー寒い。これで風邪が再発しないか心配だ。


30分以上歩き、8時25分に図書館到着。
図書館は9時開館。すでに待っている人がいた。
はや!!!
図書館の中に入るには、ドアがいくつかある。
一番左の、車椅子用のドア。その右にドアが3つ。
計4つのドアがあり、
右から2番目のドアだけが開いている。
ドアの先には、警備員が立っている。
俺は寒いので、
空いているドアから中に入り、
図書館の建物に入るドア(とまりドアが二つある)の手前で待った。


すると、警備員が来た。


警備員「開館は9時からです。まだ入れません」
小太郎「ここで待ってていいですか?」
警備員「ノー」

ということで、仕方なく外の唯一開いているドアの手前に立った。


その後も、図書館の職員と思われる人が、どんどん建物内へと入っていく。



そして10分後。3人目客が到着。
その客は、一番左の障害者用のドアの前に立った。

(フッ、そのドアは開いていないよ・・・)

俺の方が入れると思った。なぜなら、俺は唯一開いているドアの近くにいるから。



そして開館1分前。後ろを見ると、すでに数十人が待っていた。
こいつらが全員敵や。走るなと注意されてもいい。
急いでカウンター前にいかなければ。


別の警備員が近づいてきて、
携帯電話で時間を確認し、





俺の近くのドアの鍵を閉めた(泣)





ええええええええええええええええええええええええええええ!!!!




なんで閉めんねん!!!!




アホかお前!!!!!!
決められたルールどうりにしか動けないロボットめ!!!!
融通の利かない人間なんてロボット以下じゃ!!!



とイライラしていると、何故か一番左の、
障害者用のドアの鍵を開けた。
その前に並んでいた人が、一斉に入る。
俺はそこからかぞえて3番目のドアにたっていたので、
俺が入った頃には、すでに大勢の客が館内に。




終わった…



1500円が消えていった。





くddddddddddddddddddddddっだらん開け方のせいで。





と思いつつ、図書館内に入ったのだが、





誰も無料パスをもらう所に並んでない。


インターネットのブースに行ったり、
上の階に上がったり。
みんながみんな無料パス目当てじゃないんや。






ん??????何があった?????

俺は並ぶ場所も事前にちゃんと聞いていた。
そこには誰一人並んでない。



インフォメーションで「無料パスほしいんだけど」というと、
やっぱり「あそこで」と前に教えられた所を指差された。



そしてそこに行くと、俺の前にようやく1人目の客が。



話を聞いていると、俺と同じくAGOの無料パスをもらっていた。



俺もその後に「AGOの無料パスがほしい」というと、パスをゲット。





やったあああああああああああ!!!!!!


ただし注意書きが。


「ツタンカーメン王の展示は見られません。」

今、AGOでは黄金の王とファラオという特別展示?(特別かは知らん)があるが、
そこは見られないとのこと。
ちょっと期待してたのに…まぁいいや。
他にも見るものがあるし。


俺は、図書館に来たついでに、NY行きのチケットと、
ホテルの予約確認の紙をコピーした。1回15セント。
図書館カードに、お金をチャージできるようになっているのには驚いた。



そんなこんなで、用がすんだので家へ帰った。
帰りも寒かった。



家に着き、再び南米の行きたい所を調べる。



コロンビアはさっさと通りぬけると思ったくせに、
けっこう面白そう。


特に、コロンビア北部にある、Cartagena(カルタヘナ)について、
ロンリープラネットには「South America's most romantic city」と書いてある。





よりによって南米一ロマンティックな街がコロンビアにあるんか!!!
しかも北部って…。

俺がまず行きたいのは、コロンビアの南に位置するエクアドル。
北にはなるべく行きたくない。
まっすぐに北に下がりたい。


けどしゃーないな…ここは外されへん。



仕方ないので、首都や大都市となるべくさけ、
小さい街を転々としてエクアドルをぬけよう。



そんな事を考えていた。



そんな事をしていると時間は5時を過ぎていた。
yottoから連絡が入り、俺は家を出た。

この日は、一応俺のお別れ会ということで、
yottoんちでお好み焼きを食べようと話をしていた。


お好み焼き!!!めっちゃひさしぶり!!!!!



==省略==



yottoんち到着。



==省略==



お好み焼きを作り始める。



コリアンタウンのP.A.Tというスーパーに、
お好み焼き粉、長いもが売っているので、yottoが先に買ってくれていた。



ということで調理開始。



俺は長いもをすり下ろし、yottoは書く食材を切る。


俺の方はただ摩り下ろすだけなので簡単。
めっちゃ疲れたけど。

グラムとかは、手でもった感覚でなんとなく…ね。
昔は王将働いていたおかげで、左手で260gを計測する能力があったのだが、
もうそんな力はなくなっていた。



まぁ、とりあえずお好み焼きの素は完成。
IMG_1032.jpg


で、yottoが焼く。
俺は見てるだけ(仕事しろ

kao100301123321.jpg


ひっくり返すのがめっちゃ難しそうだが、
めっちゃ綺麗にひっくり返った。


そんなこんなで完成。


IMG_1036.jpg

これに、お好みソース、マヨネーズ(日本とは味が違う)、青海苔、かつおぶし、
マスタードをかけると・・・う、うっまー!!!!!!!!!!!!!!
マスタードなしも食べたけど、かけた方がおいしい。



トロントに来て一番うまい食べ物やった。





大阪人やから、贔屓目に見てるかもしれんけど、
一番うまかった!!!!

yottoおすすめのライム風味のBud Lightというビールを飲んでたが、
お好み焼きにビールがあって、鮭が進む進む。

6本あるうち、4本も飲んでしまった(笑)



お好み焼きを食べながら、
旅行中にお好み焼き作りたいなぁと考え出した。

どこかの国で沈没した時にでも、多めに作ってみんなにあげようかと。





ま、そんなこんなで楽しい一日やった!!!
2010..27 カナダ comment2 trackback0

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

プロフィール

小太郎

Author:小太郎
1982年生まれのてんびん座。
面白そうな事にはすぐに飛びつきます。友人いわく、「フットワーク軽すぎ」

性格:優しいはず
趣味:写真を撮る事、旅行(国内、海外)、ネットサーフィン、外国語の勉強
好きなもの:スタジオジブリ作品(特に耳すま、海きこ)、新居昭乃(特に空の森)、Sound Horizon、hide、洋菓子、アザーン、酒、面白そうなもの、事
嫌いなもの:ゴキブリ、高野豆腐
口癖:ぐはっ、うは、ってか、


2009年10月5日から2011年5月1日までの世界旅行記を掲載。

北米→中米→南米→アフリカ→アジアと、
基本的にバス移動での旅行記を掲載。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。