5/17(月) 高山病防止という名の元に沈没 in クスコ

◇前回の日記からここまで

クスコのバスターミナルに到着後、約1時間かけて歩いてペンション八幡へ。
ペルー人カップルに、ホテルの前まで連れて来てもらったので、迷う事なく行けた。
ただし、クスコは標高3399mもあり、ちょっと歩いただけで息が切れた。

その当日は何もせずテレビを見たり、漫画を読んだり、情報ノートを見たりしていた。

◇ここからが日記

朝6時頃に目が覚める。
めちゃくちゃ寒い!!!!凍え死ぬんじゃないかってくらい寒い!!
トロントはもっと寒いけど、あそこは建物内は天国やからなー。

とりあえず、枕元にある"美味しんぼ"は全て読んだので、
部屋を出てそれを本棚に直し、続きの巻を数冊持って再び布団の中へ。


そんなことをしていると10時を過ぎた。



いやーマンガはホントいいねぇ!!!
美味しんぼを読んでたらお腹がすいてきたので、近くのパン屋さんでパンを買い、
部屋に戻る。


ここ八幡は情報ノートが充実していて、なんと"食い物編"という、
食べ物に関する情報がかなり充実している!!!!
ロンプラに載っている宿に行くと、英語の情報ノートがたまにあるが、
日本のものほど充実していない。日本人の情報ノートが一番だと思う。

今朝行ったのは、その中で"おいしいクロワッサン"と紹介されている店だ。


ただし…値段がものすごく高かった。
地元のパン屋が、6個くらいかっても50円もしないのに対し、
ここはクロワッサンとチョコレートのはいったパン1つずつで、150円ほど。

パンを買った後は、まっすぐホテルに戻り、
お湯を沸かしてコーヒーを飲みながらパンを食べた。
確かに、情報ノートに記載のあるとおりパンがおいしい!!!
日本のおいしいパン屋さん並や!!!


パンを食べたあとは、地元のメルカド(市場)へ。
クスコには市場がたくさんあるが、その中でも野菜が充実しているというところへ。

中に入ると、果物のコーナー、野菜のコーナー、穀物のコーナーなどに別れていた。
ホテル近くのMegaとかいうスーパーは、野菜がぜんぜんなかったからなー。
メルカドで、玉ねぎ、いも(何芋かわからない)、にんじん、お米200gを購入。
計200円ほど。さすがメルカド、安い!!

帰りの途中で、肉屋を見つけたので、70円くらいでソーセージ8本のセットを購入。
これで、ここ数日の夕食が出来た!!


ホテルに戻り、次は情報ノートでマチュピチュの行き方を調べる。
マチュピチュの行き方について少し説明しておくと、まずは、マチュピチュに一番近い、
マチュピチュ村まで行く必要がある。
俺が今いるクスコからマチュピチュ村まで電車で行けるのだが、料金が馬鹿高い!!!
往復だと約80ドル(約7200円)はかかる。


ということで、クスコからマチュピチュまで、直通電車を使う以外の方法だが、
おもな方法は下記。


①若干ラクチン:途中までバスで行き、そこから電車でマチュピチュ村まで

・クスコ→ウルバンバ(バス)
・ウルバンバ→オリャンタイタインポ(バス)
・オリャンタイタンポ→マチュピチュ村(電車)

料金:往復で約66ドル(6000円)

長所:クスコから電車で行くよりちょっぴり節約できる。
短所:バスの乗り変えが必要&これでも安いとはいえない。

②少し歩く:途中までバス(ミニバン)とゴンドラで行き、3.5h歩いてマチュピチュ村まで

・クスコ→サンタマリア(バスかミニバン)
・サンタマリア→サンタテレサ(ミニバン)
・サンタテレサ→ゴンドラ乗り場(タクシー)
・ゴンドラ乗り場→対岸(人力のゴンドラ)
・対岸→水力発電所(イドロ・エレクトロニカ)(徒歩)
・水力発電所→マチュピチュ村(徒歩)

料金:往復で約20~30ドル(約1800円~2700円)

長所:料金をかなり節約できる。
短所:乗り換えが多い&乗継にもよるが片道約10時間かかる&早起き必須

③歩くの大好き:途中までミニバンで行き(or歩き)、8h歩いてマチュピチュまで

~省略~

料金:往復で0~6ドル(約0円~540円)
短所:死ぬほど歩く。途中で警官に見つかると引き返す必要があるらしい(未確認)




俺は②の少し歩く方法を選んだ。
①は最初から選ぶ気はなかったのと、③の8hも歩けないので。
前はゴンドラに乗らなくてもよかったらしいのだが、豪雨で道がなくなり、
今は使う必要があるらしい。行き方をメモし、荷物を片付け始めた。
マチュピチュに行っている間は、荷物をホテルに預かってもらうので。


荷物をまとめ終え、近くのスーパーへ。
マチュピチュ村では、水や食べ物が高いらしいので、食料を持っていくためだ。
水3.5リットル、パン6個、おかし数袋を購入。


その後はホテルに帰り、ひたすら美味しんぼを読む。
明日マチュピチュに行くので、ここで高山病にかかると出発できない。



しゃーないなー。


マンガ読むしかないなー。



という事(笑)




夜に夕食を作って食べた後、8時頃にいったんチェックアウトし、
荷物を預かってもらった。これで後は出発するだけ。




さて、明日は無事にマチュピチュ村までいけるのだろうか・・・。






おまけ:クスコの夜景
DSC_8429.jpg

DSC_8431.jpg

おまけ:アンティークチョ(牛のモツ)。激うま!!4ソル(約150円)。
DSC_8422.jpg

スポンサーサイト



2010..17 ペルー comment0 trackback0

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

小太郎

Author:小太郎
1982年生まれのてんびん座。
面白そうな事にはすぐに飛びつきます。友人いわく、「フットワーク軽すぎ」

性格:優しいはず
趣味:写真を撮る事、旅行(国内、海外)、ネットサーフィン、外国語の勉強
好きなもの:スタジオジブリ作品(特に耳すま、海きこ)、新居昭乃(特に空の森)、Sound Horizon、hide、洋菓子、アザーン、酒、面白そうなもの、事
嫌いなもの:ゴキブリ、高野豆腐
口癖:ぐはっ、うは、ってか、


2009年10月5日から2011年5月1日までの世界旅行記を掲載。

北米→中米→南米→アフリカ→アジアと、
基本的にバス移動での旅行記を掲載。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム