7/22(木) 宿が汚すぎるからさっさと観光して脱出するぜ in ダーバン

もーダーバンいやや。
まだ観光してへんけど、昨日そう思った。


ケープタウンからの飛行機は、少し早く空港に着いたんやけど、
市内へのシャトルバスが80ランド!!お前、それ1000円やないか!!!

俺「ケープタウンは50ランドやった!」

と、関係のないツーリストインフォの兄ちゃんに文句を言ったが、

ツ「距離が違う。」

と軽く一蹴された。

明らかにワールドカップ値上げやろ!!!!
空港から市内まで1000円とか日本並みやんけ!!!!
ここはどこや!!お前の国を声に出していってみろ!!!


南アフリカや!!!


あーイライラする!!!
と、イライラしながらも、「安全のために必要最低限の出費だ」と、
自分に言い聞かせて、空港からのシャトルバスで、ダイレクトで
Banana BackPackersという宿へ。
だが、6時PMに到着した頃には既に街は真っ暗で出かけられず、
昨日はしぶしぶその宿に決定。

Wifiがプリペイドで、キッチン、トイレ、くつろぐスペースが汚く(ゴキおったし)、
すぐに明日チェックアウトしようと思った。
また、近くのスーパーはすでに閉まっていて、
仕方ないので、持っていたご飯と、粉末味噌汁で夕食をすませた。


そんなこんなで昨夜は何もできず。
諦めてアフリカ大陸縦断の計画を練っていた。




そして今日、気合入れて観光を1日で終わらせようと、朝7時半に起きる。
朝起きてすぐに外出し、チェックアウトの10:00AMまでに、
Durban Beach Youth Hostelに向かったが、中が工事中っぽかったのと、
宿の近くが今泊まってるBanana BackPackers以上に危なそうだったので、
途中でスパー(南アフリカのスーパーの名前)に寄ってから、宿に戻った。

ここも綺麗じゃないけど、我慢して泊まろう。
グアテマラにいた時は、ゴキが2匹でるほど汚い宿に居たのに、
南米に入ってからは、安宿もそこそこ綺麗だったので、
完全に汚い宿への耐性が弱くなっていた。


宿に戻り、朝食を食べてから出発の準備をして、9時半頃から観光開始!!

まずは、宿から東にある、シティホール。
この中には、ダーバン自然科学博物館と、ダーバン美術館があり、
その両方とも入館料が無料!!素晴らしい!!


宿を出て、写真を撮りながら15分ほど歩き、シティホール到着。
どうやら、サッカー関連の展示があるみたいだ。


まずは2Fにある自然科学博物館へ。
今後サファリに行くことがあるので、動物の名前を予習しておかないと。

DSC_0125.jpg

DSC_0134.jpg

DSC_0141.jpg
この辺は定番

DSC_0129.jpg
こんな怖いネコ科の動物イヤだ


ここは、動物の鳴き声が聞けるボタンがあって、無料なのに結構楽しめた。
これは十分値段を取れるレベルやと思うけど。。。


次に向かったのは、3Fの美術館。

DSC_0143.jpg
心を打たれた言葉

DSC_0144.jpg
後悔先に立たず


シティホール内の観光が終えた後は、
北に上がってクワムール(アパルトヘイト)博物館へ。


宿からここまでの道は広く、ケープタウンと同様に、雰囲気がいい。

DSC_0151.jpg
いったいどのあたりからリアル北斗の拳になるんやろ。。。


博物館に行く途中で、WorkShopというモールを見つけた。
せっかくなので中に入り、ウロウロすると、めっちゃ美味しそうなクッキー屋を発見。
しかも1つ50セント。(約5円)
安っ!とりあえず2つ購入し、味見しながら、モール内にあるPack'n Payで水を購入。
水を買い終える頃には食べ終わっていて、あまりに美味しかったので、
さらに4つ購入。しかも、さっき買った時に貰った袋を持っていったから、
店員のおばちゃんは笑ってた。

DSC_0153.jpg
Short Breadという名前の、しっとりクッキー

クッキーを買った後は、まっすぐ博物館を目指す。
その間には、セントラルパークという公園があり、
中は土産物や食べ物の屋台がずらりと並んでいる。
正直、土産物とか全然興味がなかったはずなのだが、勢いでR30のTシャツを購入。

デザインに惚れた!!
俺はその場で着て、それまで着ていたユニクロのロンTは袋にしまった。


DSC_0155.jpg
セントラルパーク内


そんなこんなでセントラルパークを通りぬけて、博物館に到着。
アパルトヘイトについては、中学で少し習ったくらいで、深い知識はなかったが、
アパルトヘイト廃止を阻止する動きに反して、無茶苦茶な法案が次々と
可決されていった事を知り、本当に驚いた。

DSC_0158.jpg
黒人のためのバーがあったらしい


キング牧師の演説をゆっくり聞いた後、博物館を出た。
その後は、ビクトリア・ストリートマーケットへ。
"生鮮食品や衣料品を扱う庶民のための市場”らしく、そこを目指す。
が、街の雰囲気がだんだん変わってきた。

DSC_0170.jpg

もしかして、ここインド人街か???
アフリカ人の数が減り、インド人が増え、ムスリム向けの店が増えた。

ガイドブックをよく読みなおすと、俺が目指している場所は、
インド人街にあるらしい。あ、そういう事か。
そして、さらに、ここがインド人街だと決定付けるものが。


DSC_0171.jpg
南アフリカ最大のジューマ・モスク



おぉ!!!モスクじゃねーか!!!
なんかモスク見ると興奮すんねんなー!!!!俺だけかな!!??
いや、きっと皆そうや!!!



ま、マーケットといっても、本当に日用品や生鮮食品しかなくて、
特に何も買わず。それよりも、この辺、ハラルミート(ムスリム向けの肉)を扱った店や、
ケバブ屋さんが多い。それに、ドレッドヘアーにしないかっていう勧誘がめっちゃ多い。

あれ、髪の毛洗い辛そうやからなー。
寝るときとかも何となく心配やし。


インド人街をぶらぶらしていると、Gameという日用雑貨を扱う店を発見。
この店、ホームセンター+スーパー+電器屋みたいな感じで、値段は高くない。
中に入り、寝袋の値段を調べると、R200(約2200円)。
思ってたよりもするなー。

果たしてこの元を取り戻せるくらいになるんやろうか・・・。
ホテルに戻って、安いアウトドアショップ聞いて、無かったらここに来よう。


インド人街からは、まっすぐ東に歩いて、ビーチへ。
見どころ満載のビーチということで、観光を最後まで取っておいたのだが、




・・・人ほとんどおらん。
え??やっぱ冬はダメなのかな???
冬って言ったって、日中は20℃越えてるし、俺も今半袖でも暑いくらいやけど。



ま、とにかく北に上がってみよう。
人が増えるまで。




・・・どこまで歩いてもあまり人がおらん。
もうえーわビーチ。



俺は中心部を超えてだいぶ北に歩いていたようで、
そこから南に下がり、ホテルに帰るついでにバスターミナルに寄った。



とりあえず、スワジランドへのバスがあるか聞こう。


散々聞いたが、どのバス会社もスワジランドへのバスがない。
んー道が続いてるからあると思ったのになー。
でも、ヨハネスいったら面白くないし。
とりあえず、スワジランドに近くてそこそこでかそうな街にしよう。


"ピートレティーフ"という街がスワジランドから近い!!
街がでかいかはわからんけど、街の名前が書かれてるって事は、そこそこ有名なんやろ。




よーし、この聞いた事ない街に決定!!!
GreyHoundのバスが、朝9時にここを出て、ピートレティーフに行くらしい。
よし、どうせ当日でも大丈夫やろ。



俺はそのまままっすぐホテルに戻った。


ホテルに着いた後は、ホテルにある小説を読んで過ごす。
そして夜になってから、夕食を作り、メールチェックだけしてから、眠りについた。
スポンサーサイト



2010..22 南アフリカ comment0 trackback0

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

小太郎

Author:小太郎
1982年生まれのてんびん座。
面白そうな事にはすぐに飛びつきます。友人いわく、「フットワーク軽すぎ」

性格:優しいはず
趣味:写真を撮る事、旅行(国内、海外)、ネットサーフィン、外国語の勉強
好きなもの:スタジオジブリ作品(特に耳すま、海きこ)、新居昭乃(特に空の森)、Sound Horizon、hide、洋菓子、アザーン、酒、面白そうなもの、事
嫌いなもの:ゴキブリ、高野豆腐
口癖:ぐはっ、うは、ってか、


2009年10月5日から2011年5月1日までの世界旅行記を掲載。

北米→中米→南米→アフリカ→アジアと、
基本的にバス移動での旅行記を掲載。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム