8/26(木) バフレイヤオアシスツア2日目

朝、STさんに起こしてもらったおかげで、日の出を拝む事ができた。

俺は朝が弱いわけではないが、ここ最近は早起きする必要がないためか、
起きる時間が遅くなっていた。

DSC_0748.jpg
ゾウに見えない事もない岩

DSC_0749.jpg
日の出


日の出を拝んだ後歯、各自二度寝をしたり、寝転がったり好きな事をして過ごす。
DSC_0761.jpg



気温がどんどん高くなっていき、日陰にいないと
汗がどんどん流れてきたので、皆日陰に移動。

日陰でしばらく過ごすと、ようやくガイドが起き、その後すぐ朝食を食べた。
朝食は、パン、ジャム、チーズ、紅茶かコーヒー。


食べ終えた後は、ガイドたちがテントやマットを片付け、その後すぐに出発。


この日何をするのか聞かされてもいないが、俺達には全く不満はなかった。
ツアー料金が安かったし、こういうツアーだと皆理解していたからだと思う。
昨日も丸1日説明とかなかったし。

DSC_0769.jpg
白砂漠


1時間ちょい車は走り、まずはガイドの家に戻る。


え?何するんすか???

帰りのバスは15時にバフレイヤオアシス発。まだ10時半くらい。
まさかここで寝とけじゃないやろな・・・。



が、さすがにそれは違うようで、「Let's Go」と一言。


俺「どこ行くの?」
男「アナザーホーム」




また家か!!




こいつ、俺達をどんなけ家に連れて行くねん!!
家とか一軒で十分やっちゅーねん!!



そしてその家に到着。
そして知った事は・・・




「バスが車でここで過ごす」




暇すぎるーーーーーー!!!!



こんなことならトランプとか持ってくるんやった。

そしてガイドさんは何も言わずに帰り、その家の人は庭で暇そうにしてる。



めっちゃ暇なので、俺達は家を出て、街をぶらぶら・・・




しようとしたが、ぶらぶらするほどの街じゃない。
つまり何もない。
なのにぶらぶらすると、ただ暑いだけ。

それに、この日は昼ごはんがつかない。35ポンド払えば食べられると言われた。
が、35ポンドはいくらなんでも高すぎる。現地人じゃ絶対に食べないレベル。

なので俺達も昼飯は断り、近くの店でジュースやお菓子を買うことにした。


そして再び家に戻ると・・・





鍵しまっとる。。。




ま、俺達の荷物あるしな。




でも窓がら空きや。。。。。。。
中途半端。。。




結局、Kさんが窓から中に入り、何とか家へ入った。(軽い不法侵入)


そこで数時間を潰し、俺達はバスを止めるために家の前の道へ。




これも聞いてわかったのだが、ここはバスターミナルから5kmある場所で、
カイロ行きのバスはかならずここを通るらしい。
なので、15時過ぎに道に出て、バスを止めるらしい。


そんなツアーどこにあるねん!!
ここか。。。




いや、いい。
これも含めて楽しいツアーやった。こんな経験は2度とできないやろう。


俺達はバスに乗り込み、無事カイロへと戻るのだった。


バスの中で、すごく暇だったので、アラビア語を少し勉強。


頭の中でスワヒリ語とこんがらがって中々覚えられないが、
5時間で何とか、数字、挨拶、値段の聞き方くらいは暗記した。



そして5時間後・・・バスはよわからん場所で停車。
そこで皆降りる。
あれ、これ終着点っぽい感じや。

とりあえず、誰かにどこか聞かないと。


俺「ヘナ・トルゴマーン?」(ここはトルゴマーン?)
男「ノー」


やっぱり。トルゴーマンというのは、ホテル近くのバスターミナルで、
そこまで行ってくれれば、歩いてホテルまで帰れる。

そして、同じバスに乗っていた欧米人女性2人組(可愛くはない)が、

女「このバスはトルゴマーンまで行くの?」と聞いてきたので、
俺「ちょっと待って、聞くから」といい、運転手へ。


俺「ハーラス?」(終わり?)
男「ハーラス」(終わり。ジェスチャーつき)

俺「ここが最後みたい。トルゴマーンまではメトロで行けるらしいよ」
女「ありがとう」

まだ心配なので、その辺の人に聞く。
すると、ここはメトロの端っこの駅に近く、
宿に近いアタバ駅までダイレクトで行くらしい。値段は1ポンド。


よし、それで帰るか。


俺達はメトロまで歩き、チケットを買って電車へ。


チケット買った後にすぐに電車は到着。


クーラーの効いていないクソ暑い電車でアタバ駅まで移動し、
そこからは歩いてホテルまで戻った。



結局、ホテルについたのが9時ごろ。
このツアーは、宿に戻ると最後に1食ついているらしく、皆それを心待ちにしていた。



そして宿の人にいうと、デリバリーを頼んでくれた。
夕食は、パン、サラダにコフタと呼ばれるハンバーグのようなもの。

そこそこおいしかった。




そして疲れていた俺は、シャワーを浴びてすぐに眠りについた。
スポンサーサイト



2010..26 エジプト comment0 trackback0

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

小太郎

Author:小太郎
1982年生まれのてんびん座。
面白そうな事にはすぐに飛びつきます。友人いわく、「フットワーク軽すぎ」

性格:優しいはず
趣味:写真を撮る事、旅行(国内、海外)、ネットサーフィン、外国語の勉強
好きなもの:スタジオジブリ作品(特に耳すま、海きこ)、新居昭乃(特に空の森)、Sound Horizon、hide、洋菓子、アザーン、酒、面白そうなもの、事
嫌いなもの:ゴキブリ、高野豆腐
口癖:ぐはっ、うは、ってか、


2009年10月5日から2011年5月1日までの世界旅行記を掲載。

北米→中米→南米→アフリカ→アジアと、
基本的にバス移動での旅行記を掲載。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム