11/29(月) 神聖でエロティックな彫刻の寺院をぶらぶらしてみた in カジュラーホー

朝8時に目が覚め、腹が減ったので朝食を食べる為に町に出たが、どこも開いてない。
仕方ないので、ホテルの部屋で少し時間をつぶし、
列車のチケットを手に入れる為に、バススタンド近くの鉄道予約センターへ。

とても分かりづらい場所に、それはあった。暗くて小さなオフィスで、
中では、やる気なさそうなインド人が、画面に向かってキーボードを叩いている。
でも、何かを入力しているというよりは、ただ1つのキーを押しているだけのような感じだ。



気になって、画面を覗いてみた。
・・・確実に何か問題が発生しとる。だってエンターキーを押しまくってるだけやもん。



待つこと30分・・・何をどうしたのかはわからないが、
何故かPC復活。電源を入れなおしただけか?

そして、カジュラーホー駅発バラナシ駅着のチケットを購入。
2等の寝台で、時間は23:00発。料金はRs200。
こういうのって、パスポートの提示とか必要なんじゃないの?何も言われなかったけど。

数年前の情報によると、バラナシ駅へ直接行かないらしいんやけど、
ここ数年で変わったのか?


チケットを買っている時に、ちょうど別のスタッフがオフィスに来たので、
彼に直接バラナシ駅に行くかきいてみたが、行くらしい。
カジュラーホーも数年前は駅がなかったみたいやし、列車のダイヤが変わったんやろう。


無事チケットを手に入れたので、町に戻る。
店はようやく開きだした。昨日の夜行った、Universalという食堂も開いていたので、
そこに入り、トマトオムレツとチャパティ、それにチャイを注文。

DSC_2547.jpg

ここは注文を聞いてから作り始めるので、時間はかかるが、
どれもおいしい。昼も夜もこよう。



食事を終えた後は、カジュラーホー最大の見どころ、西群の寺院へ。



細かい寺院の紹介をしても仕方ないので、
西群の寺院を簡単に説明すると、エロい彫刻(ミトゥナ像)が多い寺院。
性的結合が神聖なものとされ、寺院に彫刻が飾られる事になったらしい。



遠くから見ても、寺院の装飾の素晴らしさが見てうかがえる。
DSC_2515.jpg

最初、ガイドブックの解説を読んだ時は、
当時いくら神聖なものとされたものでも、現代に生まれた俺には、
ただのエロい彫刻にしか見えないんじゃないかと思っていたが、
実際に寺院の壁を埋め尽くすほどの彫刻を目にすると、感動を覚えた。

DSC_2524.jpg
外壁の彫刻

彫刻のアップ(クリックで大きくなります)
DSC_2522.jpg   DSC_2532.jpg


DSC_2523.jpg
神々や天女の彫刻の方が実は多い。



・・・とこのまま真面目な感想を書きたいんやけど、
僕がこれを見て思ったのは、これが作られた11世紀頃から、
セッ○ス(性的結合)は大昔から今まで大して変わってないんやなーってことやった。
・・・情けないな。まぁ、でも本当やし。



ここは、かなりじっくり回ったので、結局3時間半ほどかかった。
なので見終えた時は丁度お昼時。昼も、朝行ったUnivarsalに行き、食事をすませ、
その後は、東群の寺院へ。
寺院に行く途中、カジュラーホーの古い村を通ったが、
子どもたちに「スクール・ペン?」とペンをねだられてしまった。

この時、物乞いはどう対処したらいいのかわからなくなった。
俺は、無視ではなくNoと断わる事にしている。
色んな国を回ったが、両手、両足がなくても少しだけある部分を使って、
笑顔で音楽を奏でてチップを貰おうとしてる人がいたり、
目がみえなくても歌(お経?何かの言葉の場合も)を発している人がいたり、
そういった何かできる事をしている人が世界には大勢いるので、
そういった人たちにチップを渡す事はあるが、物乞いには渡した事がない。

けど、インドで色んな人たちを見て、
本当に自分の力ではどうしようもない、助けが必要な人がたくさんいる事を知った。

某ガイドブックには「単にインドだけの問題ではない」と書かれているが、
この問題について、俺は詳細を知らない。
インド政府が何か手立てを講じても、全てを救えていないのか、
なーんもしてないのかも知らないので、まずは知る所からはじめよう、


と、静かな東群の寺院で、景色を眺めながら思ったのだった。
(結局ペンはあげなかった)


(写真)DSC_2567.jpg
東群の寺院

DSC_2566.jpg
彫刻



東群の寺院を見た後は、カジュラーホーに戻り、
夕食を食べたり、ネットをしたりして過ごした。




バラナシ行きは明日の夜なので、明日もう1日ゆっくり観光しよう。
スポンサーサイト



2010..29 インド comment0 trackback0

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

小太郎

Author:小太郎
1982年生まれのてんびん座。
面白そうな事にはすぐに飛びつきます。友人いわく、「フットワーク軽すぎ」

性格:優しいはず
趣味:写真を撮る事、旅行(国内、海外)、ネットサーフィン、外国語の勉強
好きなもの:スタジオジブリ作品(特に耳すま、海きこ)、新居昭乃(特に空の森)、Sound Horizon、hide、洋菓子、アザーン、酒、面白そうなもの、事
嫌いなもの:ゴキブリ、高野豆腐
口癖:ぐはっ、うは、ってか、


2009年10月5日から2011年5月1日までの世界旅行記を掲載。

北米→中米→南米→アフリカ→アジアと、
基本的にバス移動での旅行記を掲載。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム