11/4(水) 引越し完了

この日の前日、エジプト人が同じ部屋に来た。

どうやら、彼は一泊だけしてバンクーバーへ向かうらしい。
おきる時間は6時半だそうだ。


というわけで俺も6時半に目が覚めた。
俺は細かい物音でも起きる方なので、決して彼がうるさかったわけではない。
これは、俺と同居した人には悪いなぁーと常々思っている。

”起こしてしまった” と思うだろうなぁーと。

でも、たまに寝ているフリをする俺の優しさ。



この日も、俺の優しさにより狸寝入りを発動した。
あーうるせwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


シャワーを浴び、荷物の最終確認をして、
飯を食べるためH.I内のカフェへ。


ここで、一枚だけ残しておいた食券を使った。
頼んだものは、これまで何度注文したか覚えていないThe English Bagel。
あーこの味ももう終わりかーと思うと、なんだか切なくなってくる。


食べた後、この日からお世話になる方へ電話。
何時ごろからお邪魔していいかを聞くと、13時からOKとのこと。
チェックアウトが11時なので、チェックアウトしてすぐに向かっても、かなり早く着く。

なので、チェックアウトは済ませてしまい、荷物を置かせてもらうことにした。



そして俺は、いつものTimへ。

コーヒーとドーナツを頼み、中国語の勉強。
1時間半くらいたった頃、オーナーから電話。

「もう家にいるので着てもらっていいですよ」


とのこと。だが勉強がええ感じだったので、結局それから30分後の、
12時にTimを出てホテルに戻り、荷物を全部持って新たな住処へと向かった。


一度H.Iからホテルまでは歩いており、
約40分かかった。


まぁそれくらいなら歩けるだろうと、
今回もH.Iから歩く。



荷物はというと、


背中:バックパック(50or60ℓ)
前:リュック
右腕:シャア専用スーツケース
左腕:カメラカバン、その他入りきらなかったもの


あらかじめ荷物だけ持ってきてもいいですよーと言われていたが、
めんどくさいので行かなかった。



そしてホテルから歩くこと10分・・・・




あ"ーー疲れた!!!




前のリュックがずれ落ちそう。

色々考え、先に前のリュックをかけ、その後後ろのバックパックを背負う。
そうすればバックパックの重みで前がずれ落ちない。



よし・・・
さらに歩くこと10分・・・


あ"ーー疲れた!!!




スーツケースってのは、
当たり前だけど舗装された道を歩く時だけ楽になり、
道が悪いとものすごく負担になる。



もう・・・




シャア専用ならもっとはやく進め!!!



と何度思ったか。
2倍か3倍か忘れたけど、並のスーツケースと同じでどうすんねん!!!!




カナダを出国する頃にはもっと軽くしようと心から思った。
そうして、「もうあかん」という独り言を5万回(は言い過ぎ)くらいつぶやき、
モビルスーツ・・・じゃなくてスーツケースに傷を作りながらも、気合だけで歩き、
1時間ちょい後に、借り部屋の家に到着。



あー疲れた・・・・




家に着き、さっそく部屋へ。



ん・・・・ベッドと机が手作りな気がする・・・



だって、




ベッドはネジが何箇所か外れとる・・・机は左右高さがあってないから、ガタガタする・・・ちょまってwww




そして俺の前でベッドのネジの調節をする。
ちょっとこれ壊しても俺のせいじゃないよね・・・・?



だがオーナーはけっこういい人で、


オーナー「ふとんとかありますか?」

小太郎「何もありません、今から買いにいこうかと・・・」

すると、オーナーの奥さんが新品のかけぶとんを持ってきて、

奥さん「これ使っていいですよ」



またあけられていない、マジで新品の布団を使わせてもらう。
ちなみに、ベッドのクッションも新品。
枕もいまビニールやぶって空けたばかり。



というわけで、一式そろったwwwwwwwwww
ま、でもシーツはいるわな。


そして次は冷蔵庫やキッチンまわりの説明を。

オーナー「調味料は、適当に使ってください」

えええええええええええいいんすかwwwwwwwwwwwwwwwwwwwそこ普通買うんじゃないんすかwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


で、一通り説明を聞いたあと、



オーナー「今から買いものににいきますか?」

小太郎「はい」

オーナー「チャイナタウンに布が安い店があるので、そこに案内します」


というわけで、荷物を部屋に置いて鍵をした後、
オーナーとチャイナタウンまで歩く。


オーナーは3時になると息子を学校に迎えにいくらしく、
自転車に乗る。


すると・・・


オーナー「私新しい自転車を2台買いますので、これ使ってもいいですよ」




ちょ、そんな何でもかんでもいいのか・・・?断ったほうがいいのか・・・



小太郎「助かりますー!!!ありがとうございます」



ばっちり使わせてもらおう。


そしてオーナーとチャイナタウン到着。
安い店や、おいしい中華料理屋の店を教えてもらう。


一番助かったのは、パン屋。


トロントで何件がパン屋を発見したのだが・・・パン屋のパン高い!!!!
俺パン好きやのに・・・。


おしえてもらった店は、2個で1ドル(85円:税込み)で、肉まんも同じだとか。
やっす!!


オーナー「味もそこそこで、私もよく利用します」



オーナーのいう”そこそこ”が気になるが・・・ここは是非来よう。



そして布屋到着。




オーナーが中国語で店員に何か話しかける。


聞き取れた単語は、”ベッド”、”白"、”青”、”30ドル” くらい。


長さの調節もぜんぶオーナーまかせwwwwwwwwwwwww
そして俺はタダ突っ立ってるだけで、ちょうどいい長さの枕カバーと、シーツ、ふとんカバーを30ドルで購入。2500円ちょいなので、まぁ納得の金額。



そして次はスーパーへ。


米を選んでいると・・・


オーナー「この中では、これが一番おいしいですよ」


と、8kg約15ドル(約1300円)の米を指差した。
その横に、10ドルという米があるので、それについて聞くと、



オーナー「それは美味しくないですねー」



なんだろう、中国人の ”そこそこおいしい” には疑問を感じたくせに、”おいしくない” にはものすごいビビってしまった・・・。


日本と比べると、ぜんぜん安いので、オーナーおすすめの米を購入。

そこで、オーナーは息子を迎えにいくために家へ帰る。



オーナー「お米は重たいので私が持って帰りますよ」



ちょwwwwwwwwwwwwwwどんなけええ人やねんwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwいい人とコレくらい普通の境界がなくなってきそうwwwwwwwwwwww



でもさすがに米は持たせれな・・・・



小太郎「本当に助かりますー」



そしてオーナー帰宅。

俺は、色んな店を転々とし、コンソメ、ケチャップ、マッシュルームを購入。


そして、さきほどオーナーに勧められたパン屋へ。



2個で1ドルという売り方がかなり多い。
これ1個はいくらなんだろう・・・書いていない。


電子レンジがあり、勝手にチンしていいという感じ。
俺は、肉まん2個とゴマ団子1個を購入。


計1.5ドル・・・・あれ・・・ゴマ団子50セントじゃないか・・・・
2個で1ドルというか、1個50セントやん・・・・・一緒やけど、そういうのっ1個はちょっと高いもんじゃないのかwwwwwwwいや嬉しいけどwwwwwww



ゴマ団子超うめぇーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


肉まん・・・・・ふつーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



はい、通いつめる店決定。
店員さんは若い女性(中国人)ばっかり。可愛くはないが、ブスでもない。
まさに今食ってる肉まんのよう。



そこそこ腹いっぱいになり、俺は家へ戻った。


家へ戻り、部屋でゆっくりしていると、キッチンから子供の泣き声が。




オーナーの奥さんが超叫んでる。




中国語が、ちょっとしか聞き取れなかったが、英語の勉強で、なんでこれがわからんの!!!みたいなキレ方さえてる・・・・子供の年は・・・


3歳くらいwww




ちょっとまてwwwwwwそれくらいの歳は、母国語もまだまだなんじゃないのかwwwwwwwwこの子は中国語をよくしゃべってるので、メインは中国語だ。でも英語の勉強もうするのか・・・・そんなもんなの??????3歳児が英語分からないで怒鳴りちらされてるんだけどwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww




ちょっとまて・・・・なんで面白い家なんだwwwwwwwwwwwwwwwwww
大当たりじゃないかwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


でもこの子供と目が合うと、普通の表情から超笑顔になる。
なんて可愛いんだwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



そしてよる9時ごろ・・・・



晩飯を作る。リゾット。
理由は材料が少なそうだから。


ノートパソコンでレシピを、レシピを開く。


そしてオーナーんちの出刃包丁で玉ねぎをみじん切りに・・・・


信じられないほど良く切れる。
さくさく切れて、みじん切りが、H.Iにいた時よりも短時間で終わる。

そうこうしてるとオーナーが部屋から出てくる。


オーナー「料理はするんですか?」


小太郎「いえ、日本ではまったくしませんでした」

オーナー「私は横浜で10年間料理してました」



なに・・・・プロか!!!!!!!!!!!!!!



オーナー「にんにくは買いましたか?」

小太郎「いえ、なくてもいいかなぁーと思ったので、買っていません」

オーナー「使ってm・・・(以下略)」



どこまでがいいですよのラインやねんwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



さすがに断る。
食材にまで手を出してはいけない気がしたのでなwwww


塩加減や、油のいれる具合で色々助けてもらう。
本当助かるわーーーーーーーーーーーーー


そして作っ手いる時に、子供に第二の悲劇・・・俺にとっては第二の喜劇がwwww


俺が台所で料理している間、オーナーの子供は
台所の机で英語の勉強をしている。

が、ふたたび奥さんが切れるパターンwwww
中国語でオーナーの奥さんが超キレてるとこまでは同じなのだが、



子供が泣いた後・・・・奥さんは・・・・



泣く子供を担いで、キレながら部屋へwwwww



いや、キレてるかどいうかはわからんが、ものすご叫んでる。




部屋でも泣いたままの子供wwwwww
あー楽しいなぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(鬼




リゾット完成。

味は・・・ケチャップの味しかしない。

コンソメ1個じゃたらんかったか・・・・・


もっとこう・・・深い旨みが欲しい・・・


具は玉ねぎとマッシュルームだけやからな。




次はもっと簡単な炊き込みご飯とかにしよ。
具は・・・もう数種類いれるか・・・・。


できたら2品にも挑戦したいが・・・・・・。


俺がリゾットを食べ終えた後、オーナーはご飯を炊き始めた。
子供の弁当らしい。

そして米を指差して・・・


オーナー「このお米美味しくないんですよ・・・半年前のがまだ残ってる」



ちょ、そのおいしくない米が子供の昼飯なんやけどwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww




そんなこんなでオーナーに世話になりまくって一日は終わりました。




あ、また子供の泣き声が・・・。
2009..04 カナダ comment2 trackback0

comment

gigi
あっかん今回の日記オモロすぎるwwwww小太郎色全開やwwwサイコーーwwww
2009.11.06 11:11
小太郎
>gigi
ありがとー。
もうすぐ子供たちが中国に行くのは寂しいなぁ・・・
ネタがwwwww
2009.11.09 02:37

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kotaro2004.blog94.fc2.com/tb.php/335-0d555875

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

小太郎

Author:小太郎
1982年生まれのてんびん座。
面白そうな事にはすぐに飛びつきます。友人いわく、「フットワーク軽すぎ」

性格:優しいはず
趣味:写真を撮る事、旅行(国内、海外)、ネットサーフィン、外国語の勉強
好きなもの:スタジオジブリ作品(特に耳すま、海きこ)、新居昭乃(特に空の森)、Sound Horizon、hide、洋菓子、アザーン、酒、面白そうなもの、事
嫌いなもの:ゴキブリ、高野豆腐
口癖:ぐはっ、うは、ってか、


2009年10月5日から2011年5月1日までの世界旅行記を掲載。

北米→中米→南米→アフリカ→アジアと、
基本的にバス移動での旅行記を掲載。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム