スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

3/6(土) NYC3日目 ~自由の女神のクソダサいデザイン案を拝みにいく~

朝8時頃に目が覚める。
同室の、ドイツ人3人組がいない。

徹夜で飲みにいっているのだろうか。
というか、欧米人旅行者に多いのだが、一晩中部屋にいない事がある。
どこで何をしているんだろう???

朝食は9時からだが、
「「自由の女神」は予約しないと長時間待つ羽目になる」とどこかのサイトに
書いてあったので、トロントから持ってきたベーグルを食べ、
8時半にはホテルを出発した。


電車はまだ数回しか乗っていないが、もう慣れた。
ただ、電車賃が、ガイドブックに75ドルと書いてあったのに、
実際は2.25ドルだったことには本当に残念だ。

さらに、ガイドブックには、

「行き先表示はあてにならない」
「乗る前に駅員に聞くように」
「正式な駅名がない」
と書いてある。


アホか!!



じゃあ聞くが、現地人はどうやって乗ってるんだ??
みんな乗る前に、駅員に聞いてから乗るのか???

そんなわけないやろ!

日本と同じように、プラットフォームに行くまでに、
「xx行き」や、「Uptown、Downtown」という表示がある。
後は、電車が到着した時に、放送で「この電車は何々経由、どこどこ行き」と行っているし、
各駅か急行かも放送している。

ただ、気をつけたい事は、
降りたい駅、乗り換えたい駅が工事などで駅まるごと閉まっている事がある。
その場合は車内放送や、駅に張り紙があるが、見逃すと大変だ。



俺は103st Stationからグランド・セントラル駅まで行き、
そこで7番に乗り換えてタイムズ・スクエア駅へ。
後はひたすら南下して、
自由の女神のあるリバティ島駅のフェリー乗り場に近い駅で降りた。


俺は恥ずかしながら、自由の女神がニューヨークシティのどこにあるかを
知らなかった。地図で書くとこんな感じ。
NYC.png


まぁ、図の通り、島にあるねん。リバティ島っていう。


ということで、歩いてリバティ島行きのチケットを買う。
さ、いったいどんなけ人が並んでるんだ!!!?



と、行ってみるが、ぜーーーーんぜん並んでない。
到着したのが9時過ぎ。ちょっと遅いくらいかと思ってたのに。
少し歩くと、まだリバティ島についていないのに、自由の女神を発見!!
しかも、動いとる・・・・。

自由の女神のコスをした、記念撮影だった。
俺はその人をうしろから「わっ!」と言って驚かせるため、
気配を絶って後ろから接近。


でも途中でばれた。。。。。
くっそー!!!!

そしてチケット売り場に到着。
ここで、リバティ島の往復+自由の女神土台内部の博物館のチケットを購入。
12ドル。いちいち高い!!!!!
しかも、ぜんぜん並んでなくてラッキー!!!
と思ってフェリー乗り場へ移動すると・・・

DSC_7295.jpg




なんじゃーこの長い列は!!!



そっかーここで待つのか。。。。
しゃーないな、待つか。


約30分待って、フェリー乗り場の建物内部に入る。
そこでは、空港と同じような荷物検査、身体検査を受けた。
どこかのサイトで、「空港よりも厳しいチェックを受ける」みたいな事が書いてあったから、
一体どんなチェックをするのかと期待していたが、期待が外れた。

靴を脱ぎ、ベルトもはずし、なども、そこまでする国もあるし。


やっとのことで、リバティ島…じゃなくて、リバティ島行きのフェリー乗り場に着く。
ここまで約1時間。そこから、10分くらい待って、ようやくフェリーに乗船!!!

内部には座る席があるものの、少ししかない。
なので皆立つ必要がある。
俺は写真を撮りたかったので、座らずにデッキに立って女神が近づくのを待った。


そして出発。
まだまだ女神像は遠いのに、すでにデッキで出町の人が多い。
DSC_7302.jpg


フェリーはご丁寧に女神像の後ろから前にグルーっと移動してくれたので、
そりゃーもうみんな記念撮影してた。
中には…
DSC_7304.jpg
軍人さんも嬉しそうに記念撮影。
はじめだったのかな(笑)


フェリーがリバティ島に到着すると、そのフェリーに乗るために、
大勢の人が待っていた。
多いやないかwwwww



俺は、まっすぐ博物館(自由の女神内部)にはいかず、
まずは回りをぐるっっと歩くことにした。


メトロポリタン美術館で「説明文はいいから作品を良く見てください」
みたいな事を言われて、「あーその方が俺にも合ってる」と思ったので、
自由の女神像をよく見ることにした。
200mmの一眼レフのレンズを、ズーム最大にして見る。要は、ドアップで見る。
DSC_7317.jpg


結構腕太いんやなー。
痩せ型ではないな。。。

あと、トーチの握り方が変。
みたところ、それなりに重さのあるトーチを持ってる。
この握り方は、しっかり「ぐっと」握っているのではなくて、
軽く添えてるだけやん。

後は、胴体や腕のつなぎ目が、めっちゃはっきり見える。
こういうのは、職人技でどうにかならんもんなんか?

DSC_7323.jpg

一番びっくりしたのが、この右足を引いているポーズ。
あれ、直立だとばかり思っていたのに。意外。

色々な角度から自由の女神を拝んでいたが、
まぁ皆さんの定番なポーズがこれ。
DSC_7320.jpg


右のコのポーズにフイたwwwwwwwwwwwww

それ女神ちゃうやん!!!!!
高校野球の「宣誓!われわれ選手一同は…」のあれやん!!!!!
せめて握れwwwwwwwwwwwwwwww


そんなこんなで、同じ人に2度写真撮影を頼まれたりしながら、
ぐるっと回り終えた。そして期待していた、女神像の土台部分の博物館へ。
だがその入り口でも長蛇の列が…。


しかも…身体検査がパネェ!!!!!!!!!!!!!
「空港よりも厳しいチェックを受ける」と聞いていたが、これか!!!!
ベルトをはずし、靴も脱ぐのはまぁ特別変わった事ではない。
ただ、身体チェックの機械の中に立った時、左右と上下から風を吹き付けられる。

これどういう効果あるねや??????
リバティ島に入るのに一度チェック受けてるのに、ここでまたやる必要あるか???
不正な手段で渡ってきた人への対策か???
でもチケットはチェックされるし、これやりすぎじゃないのか???


そんなこんなで女神像土台へ。
そして女神像の原案を拝む。

案1(番号は俺が勝手につけました)
IMG_1094.jpg
アラブ系?
個人的には、今のデザインの方がいい。

案2
IMG_1095.jpg

よかったー!!!これにならなくて!!!!
俺は美術館系には疎いけど・・・これはないやろ!!!!!!



どっちもひでぇwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
今の案が採用されてよかったよかった。


IMG_1098.jpg
内部はしっかりと支えられている。



博物館を見終えた後は、みやげ物屋をひやかし、
マンハッタン島へ向かうフェリー乗り場へと向かった。

やはりここでも待たされ、なんとか乗船。
楽しい楽しい自由の女神観光やった。

なんやろ、ここにくると、ニューヨークきたなぁ!!!!!
と思うな。帰りの船で「あーここがニューヨークか」と感慨にふけっていた。


そして船はマンハッタン島に到着。
すると、自由の女神を金儲けの道具に使っている輩(笑)を発見。
DSC_7324.jpg
この程度のコスでは俺は驚かん。


マンハッタン島に到着し、次に向かったのは、
ブルックリン・ブリッジ。ま、橋です。東側の島へ行くための。

この橋は歩いて渡れるらしいので、景色を眺めながら歩こうと思っていた。
地図を見るとそんなに遠くないのだが、実際歩くと、
橋の真下には到着したが、どこから上がるかがわからん・・・・。
結局、クソ狭い階段を発見し、そこから橋に上がった。
DSC_7330.jpg
こんな暗くて案内表示もないとこ・・・わかるかー!!!!

そして橋の上にあがり、色々納得。
ここは橋の途中だった。
途中といっても、ほぼ西の端だけど。

橋に上がると、意外にも多数の人がいた。
歩いている人、ジョギングしてる人、サイクリングしている人、などなど。
DSC_7333.jpg

橋の上からは、今向かっているブルックリンの街並が見えた。
マンハッタンほど高層ビルばかりではないけど、街並をみるかぎりそこそこ栄えている。

俺はそこそこはや歩きで橋を渡り、結局20分ほどかかった。
ガイドブックには「早く歩いて30分」と書いてあったので、まぁこんなもんだろ。

橋を降りた後は、まっすぐレストランへ。
じつは、ここブルックリンに来た目的というのは、ただ昼ごはんを食べる為だけなのだ(笑)
アメリカ料理が食べられるレストランがあるらしい。
アメリカ料理ってなんやねん???ハンバーガー、サンドイッチ??

歩く事10分。Five Frontというレストランに到着。
IMG_1103.jpg

明らかに高そうな雰囲気をかもしだしているので、
一瞬入るのをためらったが、もうアメリカではある程度の出費は覚悟しないといけない。
ということで、中に入る。
やっぱり高そう。

とりあえずビールを注文。
黒ビール。

ちょうど土曜日のちょっと昼をすぎた時間だったので、
まだブランチを食べられる時間だった。ラッキー!!!

おれ「どれが有名なアメリカ料理なの?」
店員「全部」

わかりやすwwwwwwwwwwwwwwww
ありがとwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

結局、norwegian smoked salmon plate ってのにする。
スモークサーモンが出てくるのは想像できるが、それをどうしているのか。
そして出てきたのがこれ。
IMG_1102.jpg

お前らはとりあえずバーガーの形にせな気がすまんのか!!!!!!!!!!!!!!!!!
アメリカ=ハンバーガー。これ決定。

ただスモークサーモンがパンの上にのってるだけ。
なんか味気ないというか、しょぼいというか、金の無駄というか。
この国の食文化はいったいどうなってるんや・・・。

さっさと食べ、チップこみの料金を払って店をでる。
帰りは、電車を使ってホテルまで一気に帰る。。。


つもりだったのだが、降りようとしていた駅が、

車内放送「工事中のため通過します」


先に言え!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
あーイライラする!!!!!
世界一の大都市とかいうけど、移動手段しょぼすぎ!!!
電車ぼろいし、駅もぼろいし。

結局、唯一の乗り換え地点だった駅を通過され、
最初乗った駅まで一周して戻ってきた(笑)
そこからは、帰るルートを変え、一度駅で降りてから再度チケット買うという、
無駄金を払わされ、ホテルに帰りついた。


そして、前日と全く同じメニューの夕食を作り、
この日はすぐに眠りについたのだった。
2010..06 アメリカ comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kotaro2004.blog94.fc2.com/tb.php/408-07d09eed

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

小太郎

Author:小太郎
1982年生まれのてんびん座。
面白そうな事にはすぐに飛びつきます。友人いわく、「フットワーク軽すぎ」

性格:優しいはず
趣味:写真を撮る事、旅行(国内、海外)、ネットサーフィン、外国語の勉強
好きなもの:スタジオジブリ作品(特に耳すま、海きこ)、新居昭乃(特に空の森)、Sound Horizon、hide、洋菓子、アザーン、酒、面白そうなもの、事
嫌いなもの:ゴキブリ、高野豆腐
口癖:ぐはっ、うは、ってか、


2009年10月5日から2011年5月1日までの世界旅行記を掲載。

北米→中米→南米→アフリカ→アジアと、
基本的にバス移動での旅行記を掲載。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。