3/9(火) Los Angelesへ

朝4時20分に勝手に目が覚める。
いつも「起きないといけない」と思ってる時は、目覚ましより前に
目が覚めるねんな。ラッキーラッキー。

そして荷物をまとめて1階へと移動し、
2日前に作ったリゾットを食べてから、チェックアウトの手続きをすませた。
そして重い荷物をかつぎ、ホテルを出発。


俺が泊まっている場所は、ガイドブックなどはでは
「治安が悪いので近づくな」と書かれている場所。あえて選んだんじゃなくて、
たまたま安いところを探していたら、そこしかなかった。
こういうとき、ちょっと金払ってでも高いとこ泊まろうと思ってはいるんだけど、
なかなか行動に移せない。今後は改善していかないと。

駅は、ホテルから南西の方角にあるので、北へは行く必要がないのだが、
いったん北に進んで、大通りに出ようとしていた。
が、俺がホテルを出た後、すぐ後に女性がホテルから出てきて、南に進んだので、
その後をついていくことに(ストーカーか


まだ外は薄暗い。
まったく人気がない。
店もない。
絶対やばい。


が、なんとか駅に到着。
駅でいつもどおりOne Wayのチケットを買い、ホームへ。
ニューヨークに来る前は、
「ロス行きの日まで、NYCの地下鉄を使わなかったどうしよう」と心配していたが、
もうここ数日で何度も地下鉄に乗ったので、そんな事はとっくに忘れていた。

そして何も問題なく、空港行きのモノレール乗り場へ。
モノレールの料金は5ドル。たっか!!!!
ま、でもこれが一番安い移動手段なので、仕方がない。
お金を払い、Jet Blueの出発ターミナルである、5を目指す。
IMG_1121.jpg
さすが空港行きとあって、怪しいものを売る黒人や、
椅子に乗って叫んでいるガキなどが全くいない。安心安心♪


空港到着。
「Jet Blueのチェックインカウンターがわからなかったら」という心配事もあったのだが、
むしろJet Blueのチェックインカウンターしか見つからなかった(笑)
問題なくチェックイン終了。
早め早めに移動しすぎて、8時30分搭乗開始なのに、7時から暇になる。

ま、早めについたので日記でも更新しようということで、
PCを起動する。さすが、でっかいJFK空港だけあって、無料Wifiが使える。
1時間半、飯を食べながらずーーーと日記を更新。



そして搭乗。到着予定時刻は12時。今は9時。
だが時差がある。けど時差が何時間か知らない。
ま、そのうち着くだろうと、ジュースとおかしをもらい、寝る。
アルコール類、イヤホンは金を払わないといけなかったので。
ま、その代わりに航空券代が安いんだから、俺はこのサービスに全然納得。


で、俺は機内でおとなしく寝ておけばいいものを、
一眼レフのレンズを掃除しようなんて思ったのが間違いだった。

レンズカバーのフタに、内部のキャップがはまり込んでしまい、
液が飛び出した。俺の顔に液がかかる。
横のおばあちゃんびっくり。


あっかん・・・やらかしてもうた。
俺の近くにいると、レンズクリーナーの匂いがする。
近くを通った客室乗務員が「何のにおいこれ」と驚いたように俺に話す。

「ごめんなさい、レンズクリーナーが破裂しました」


怒られた。
それを使うな、と。
大人なのにやらかしてもうた。



ハァ…テンションが一気に下がる。
そこからは、もう寝たね。ぐっすり。

いや、全く眠れなかった。
そんな簡単に寝られない。
結局、各席についている画面で、どこまで進んでいるのかをチラチラ確認する。
IMG_1129.jpg


よし、そろそろかといつでも出られるように準備する。
と、その時、横のおばあちゃんと目があったので、もう一回謝っておいた。
口では「いいよ」と言っていたが、いいわけがない。
その後、色々話しかけられたので、少し話していた。
その人は、ご主人と一緒に、ロサンゼルスにいる友達を訪れる予定らしい。
俺はというと、これまでどこにいたとか、ロスには3日ほどいる予定だとか、
俺のことを色々話した。

おばあちゃんの娘さんは、オーストラリアでダンスの先生をしているらしい。
めちゃ活発やん!!!


そんなこんなでロサンゼルス到着。
空から見る限り…ここ夏じゃないか???
植物とか、南国に育っているアレ、なんていうか名前はしらないけど、
アレばっかり見える。

まぁ、まずはホテルを目指すか。
ホテルの場所は、俺がメモ帳に、曲線を数本ひいただけの、
めちゃくちゃ分かりやすい地図が(笑)があるので、問題なし。


で、その他に俺が調べていた事は、ロサンゼルスというと、ロサンゼルスの
ダウンタウンを指すようで、俺のホテルがあるのは、サンタモニカ。
なので、「サンタモニカ!」と叫べば着くだろうと、甘く考えていた。

まずは荷物を受け取り、インフォメーションへ。

俺「サンタモニカのここに行きたいんだけど」

俺の地図を見せる。

インフォ「んーわからないわ。サンタモニカなのね?」

あれ、これ以上分かりやすくはできないんだけど(笑)

俺「はい。一番安い手段を教えてください」
インフォ「ここからCのバスに乗ると、トランジット・センターにいけるわ。
そこでバスを降りて、次は3のバスに乗るのよ」

俺「で、代金は?」
インフォ「最初のバスはタダ。次のバスは75セントよ」

やっす!!!

俺「ありがとう」

空港を出て、言われたとおり左に進む。
するとわかりやすく、Cと書いてある。
そこで待つと、バス到着。
お金を払わなくても、何もいわない。
お、言われたとおりや。

問題は、トランジット・センターがどこにあるかだ。
また聞く。次はバスの運転手に。

俺「サンタモニカに行くために、3番のバスに乗りたいんだけど、
  どこで降りたらいい?」

運転手「次よ。あそこにいる黄色い人みえる?あそこで待って」

次というか、もう停まった(笑)
降りた。
IMG_1131.jpg

ん?
トランジット・センターってどこ???
ただの道やんここ!!!!

いや、バスの運転手の方が信用できる。
なんとなく。

そこで待っていると、ちゃんと3番のバスが来た。
それに乗る。降りる場所はわかっている。
Broadway × 3rd St近くだ。
もしわからなかったり、停まらなかったら、運転手に聞く。


心配しながら、1時間くらいバスに乗っていた。
バス内は人がとても多く、俺のバックパックは明らかに邪魔だった。
でも、仕方がない。これに乗らないとホテルにいけないんだもん。


バスに乗っている間も、外を確認。
20thとか、数字が通りの名前になっていて、数字が順調に減っていく。
そしてバスは、ばっちり俺が停まってほしいところで停まった。


バスを降りて、俺が地図に書いた×マークに行く。
ホテルなし。


さすが俺の地図。
×マークをよく間違える。
前もこれで知り合いに軽く怒られたっけ。

仕方ないのでその辺を歩く。


サンタモニカの街は、飛行機の上から見たとおり、南国だった。
木々は枝に青い葉をつけているし、日差しが強い。
そんな中、俺はダウンジャケットを着ているもんだから、明らかに服装を間違えている。
だって、半袖半パン、サングラスでほとんどの人が歩いている。
日本人がめちゃくちゃ多い。ニューヨークシティよりも日本人に会う。
ま、あそこは広すぎてたまにしか会わないんだけど。


しばらく歩くと、いつものH.Iマークを発見!!!
そこを進んでいくと、
IMG_1153.jpg

あ、なんて落ち着くマークなんだろう…
これを見ただけですっごい…なんというか…あーよかった、ってね。

すぐチェックイン。
3日で88ドルだと!!!!!!!!!!!!!!!!!
ほぼ30ドルやないか!!!!!!

だから物価の高い国いややねん!!!!!!!!!
あーチェックインだけでイライラする!!!!!!!



だが、ホテル内は、これまで停まったどのH.Iよりも豪華。
キッチンはどっかの厨房並、飯を食べるスペースめちゃ広い。
映画みる部屋、ネットするスペース、読書スペース、ピアノがあるスペース、
おまけに中庭まで。ま、30ドル近く払ったんやからな。

とりあえず部屋へ。
どこのH.Iにもある、カードでの入室タイプ。
部屋は8人ドミトリーで、俺は入ってすぐ右にあるベッドの上段だった。
部屋の中にはロッカーもある。安心安心。

俺はロッカーにリュックをそのまま入れ、バックパックはその辺に置いた。
そして、チェックインの時にもらった地図を確認。
それは、サンタモニカの地図だった。
ロサンゼルスに行きたいし、この地図はほぼショップの案内図。

捨てたくなった。
他の場所でまた地図をもらおう。
ただ、H.I自作と思われる、小さなパンフレットは情報がまとまっていて、とてもわかりやすい。
見所、それらへの行き方、料金、レストラン、バー、スーパーの場所、など。

俺はとりあえず、そのクソの役にも立ちそうにない地図とH.Iのパンフレット、
カメラを持ち、部屋を出た。

なんせまだ14時。どうせ夜になると寝て体力を回復できるんだし、早く観光したい。

ということで、ホテル出発。
俺のホテルは、サンタモニカのほぼ中心に位置していて、
すごくにぎやか。なので治安も安心。
ってか、だからロサンゼルスのダウンタウンじゃなくて、こっちを選んだんだけど。


ロサンゼルスについて簡単に説明すると、
俺のホテルがあるのが、西海岸の西の端にある、サンタモニカ。
歩いて海外までいける距離。

そこから北東に15~20kmほど行くと、ビバリーヒルズやハリウッドがある。
で、さらにそこから南東に15~20km行くと、ロサンゼルスのダウンタウンがある。
えー分かりづらいな…。

要は、三角形の各頂点にみどころが集中してて、
上がハリウッド、左がサンタモニカ、右がロサンゼルスのダウンタウン。


で、話を戻す。
俺はまずロサンゼルスのダウンタウンに行くため、10番のバス乗り場へ向かった。
バス乗り場も、ちゃんと表示があって分かりやすい。
DSC_7414.jpg

それにやっぱり暖かい。緑がいっぱいで、なんかここだけ夏みたい。
IMG_1154.jpg

で、バス停に着くと、一つ先のバス停に、乗りたいバスが停まっている。
あ、アレか!!!!

と思ったが、はしらなかった。
なぜなら、お腹が減ってたから。

バスが通る道は、H.Iで10番のバスの路線図をもらっていたので、
分かっている。俺はとりあえず、ダウンタウンに向かって歩くことにした。
少し歩いたが、ダウンジャケット間違いや!!!
暑すぎる!!!ダウンはぬいで腰に巻いた。
そして少し涼しい格好になって、店を探した。

店は色々ある。
でも、「これだ!」って所がない。
仕方ないのでぶらぶら歩いていると、こんな店を発見。
DSC_7397.jpg

窓に張ってある紙を見る限り、
バーガー屋のチェーン店っぽいな。まぁいいや。それなら安いだろ。
ということで入店。「To go,Please」とテイクアウトにしてもらい、
チーズバーガーと、ナチョを注文。
計約3.5ドル。ま、ちょっとかかったけど、ロスに着いたばかりだし、いいだろう。
IMG_1132.jpg
ナチョってこれかー!!!!
こういうのなら、トルコで似たようなやつを食べた事があるな。
そっちの方がうまかった。
これも、まぁ、サルサソースがきいていて美味しいんだけどね。

チーズバーガーは感想なし。
だってバーガーなんかどこも大してかわらんやん。
一部気合いれてる店をのぞいて。


で、店を出た後、バスを待って乗り込む。
このバスはExpressで、1.75ドルかかる。ま、これもケチりたいところだが、
距離を見ると20kmを超えてるので、歩くのは無理。
(無理っていうのは、時間がもったいなすぎるという意味)

バスはサンタモニカで各停留所に停まった後、
Freewayをぶっとばし、ダウンタウンに到着した。
めちゃくちゃ飛ばしてたのに、ダウンタウンに着くのに1時間もかかった。

これは歩けないな…。
俺が降りたのは、Union Station.
正直、何も調べていなくて、ここがどういう場所なのかもわかっていない。
ただ、中を歩く限り、非常に大きな駅だということはわかった。

DSC_7400.jpg

ま、用事はないので、すぐにUnion駅を出る。
そしてまず目指したのは、リトル東京。
なんでリトルジャパンじゃないねんと突っ込みたいよね??

なんでジャパンちゃうねん!!!
なんで東京限定やねん!!!
チャイナタウンとか、リトルイタリーとか言うくせに、
東京か!!!!
まぁいいや。だって地図にLittle Tokyoって書いてあるんだもん。


俺ね、色んなとこに行ってるけど、日本人街ってみたことないのよ。
いや、そんなのがあることもしらんかった。
日本人も街作るんだーと、ロスについて調べていて、はじめて知った。

やっぱね、気になるやん。
どんなとこなんか。

ということで、ぶらぶら目指す。
目指すといっても、この辺の地図というと、10番の路線図しか持っていないので、
近くであろう場所を目指す。


そして少しぶらぶら歩き、それっぽいのが見えてはきだしたが、
まだそこがリトル東京であるという自信がない。
こんなのがあるから、近づいてきた事は間違いないはずなんだけど。
DSC_7402.jpg
見づらいが、鐘楼。


さらに歩くと、こんな店を発見。
DSC_7403.jpg

何売ってるねや!!!!?


気になるので入ってみた。
中は古本屋だった。
しっかも、かなり古い本ばかりが並んでる。めちゃマニアックというか、
購買客の範囲がせまそうな店だなぁ。

ただ、日本の古本屋に入った時の、
あの本の臭いがして、なつかしい気持ちになった。

結局、何も買わずに店を出た。

うーん、かなり惜しいところを歩いているはずなんだけど。
もっと固まってて、色々店があると思ったんだけど。

そう思って歩いていると、お!!ついにリトル東京についたぞ!!!
と思わせる建物を発見!!!
DSC_7408.jpg

さっそく入る。
さて、中はどうなってるのやら…

そしてまず目に飛び込んできたのはこのお店。
DSC_7405.jpg
ビ、ビアードパパじゃねぇか!!!!!!!!
海外出店してたんか!!!!!
俺これめっちゃ好きやねん!!!!
よし、シュークリーム買うぞ!!!!


と思って値段を見ると、まさかまさかの3ドル超え。










俺、シュークリームいらね。
僕我慢できる子だから。











そのままぶらぶらしていると、陶器のお店、
アイス屋、居酒屋、すし屋、などなど、ほぼ全て日本のお店。
あー日本だなぁ。近くに住んでると、ちょくちょく来るんだろうなぁー。

中にはスーパーもあったのでちょっとぶらぶらしてみた。
日本語の説明があるじゃないか!!!
食べ物ももちろん日本のものがある。お米も日本の米。
しかも、日本酒も海外にしてはけっこう色々置いてる。
ただし、冷蔵してある日本酒がなかったので、買わなかった。

結局、おにぎりをいつか食べたいという思いから、
のりだけを買った。米はまだ残っている。

スーパーを出た後は、チャイナタウンを目指す。
来た道は何もなかったので、少し道を変えてみる。
すると「KOBAN」と書いてある所があった。
俺は、交番をローマ字表記にする意味がわからない。
だって、外国人はKOBANが読めても、意味がわからんやん。
漢字で交番って書いてあるなら、ローマ字表記の方は英語でいいんじゃないの???
で、そこに入ると、あやしい雰囲気をかもしだしているおっちゃんがいた。

俺「すみません、チャイナタウンまで行きたいんですけど」
男「いま、こっこ。で、こっこ」
地図を指差しながら、男はそう言い、俺に地図をくれた。

日本語喋れ!!!!!!!!!!!!!

俺「ありがとうございました」

その地図はダウンタウンの地図だけだったが、
非常にわかりやすかった。
それを持って、チャイナタウンを目指したかったが、日が落ちかけている。
ダウンタウンの夜は治安が良くないという情報をネットで確認していたので、
10番のバスが通るコースまで歩き、そこからサンタモニカを目指した。

そのままホテルに行ってもいいのだが、
途中でスーパーに寄りたいので、H.Iのチェックイン時にもらった紙に書いてあった
スーパーへ行った。

値段はまぁ安くはない、普通のスーパー。
そこで、今日から3日間の晩御飯を考える。

米がまだ残っているので、またリゾットでもいいが、飽きた。
と、何をたべたいか考えていると、ニューヨークでまともなステーキを
食べていないことを思い出した。

こうなったらもう、ステーキ作ろう。どうせ焼くだけやろ!!
と思って結局買ったのは、

・ステーキ肉(ちょい薄切り:3枚いり)
・バーベキューソース
・たまねぎ2玉
・マッシュルーム3こ
・水、ビール
・ソーセージ

計12ドル。
ま、ステーキ肉を買ったり、ビールを買ったりしてこの値段だから、
まぁ許せる範囲内ではあるな。


スーパーでの清算時、

「あなた何歳?」と聞かれたが、意味(なぜ聞くのか)わからなかったので、
「あててごらん」と行ったが、
「おしえてよ!」と言われて、あービールかったからかと気づいた。

27というと「ふーん」と言われた。

なんじゃそのリアクション。
可愛いからって何しても許されると思ったら、大間違い…
…ゆるしたろ。

そしてホテルに戻り、さっそく調理開始。
IMG_1138.jpg
めっちゃ広い割には、調理器具がめっちゃびみょー。
包丁とかぜんぜん切れないし、まな板1つだけやし。

まな板はもっといるやろ!!!!!

お米は鍋で炊く。軽量カップがなく、水分調節が難しいが、
適当に入れた。後は、薄切りにした玉ねぎ、マッシュルーム、ソーセージを傷め、皿に一度戻す。
次に、誰かのオイルをちょっと拝借して肉を焼き、バーベーキュースソースをかけて、
そんなかにさっきの玉ねぎ、マッシュルームをいれてできあがり。
IMG_1146.jpg

焼いてBBQソースをかけただけなので、
ほぼBBQソースの味。ん、うまい!!!

米はちょっと硬いが、次はちょっと水分を多めにすればいいや。
肉は、ウェルダン。焼きすぎた。でもうまい!!!


晩御飯を食べ終え、
ブログの場所をロサンゼルスに変更し、おとんにメールを送った頃には、
もううとうとしていたので、歯を磨いた後、すぐに眠った。


体は正直やな。
疲れると眠たくなるんだな。
じゃ、俺はトロントでぜんぜん疲れてなかったのね。
だって、眠れるけど、眠たくはならなかったもん。



ロサンゼルス、はじめて来たけど、イメージは南国。
それが大きいな。後、驚いたのが、スペイン語!!!
バスの中でも、スペイン語が飛び交っていたし、バスの放送が
英語とスペイン語の2ヶ国語やねん。メキシコから近いとはいえ、
ここロサンゼルスで中米に片足つっこむとは思わなかった。
それに、ロサンゼルスにいる人だけど、ラテン系の人らがおおい。
バスでは、英語よりもスペイン語の方が聞こえたんじゃないか。


ま、とにかく暖かい場所にこれてよかったよかった。
これで宿代が安かったら、間違いなく沈没してたな。

明日もしっかり観光しよう。
2010..09 アメリカ comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kotaro2004.blog94.fc2.com/tb.php/411-23adfd79

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

小太郎

Author:小太郎
1982年生まれのてんびん座。
面白そうな事にはすぐに飛びつきます。友人いわく、「フットワーク軽すぎ」

性格:優しいはず
趣味:写真を撮る事、旅行(国内、海外)、ネットサーフィン、外国語の勉強
好きなもの:スタジオジブリ作品(特に耳すま、海きこ)、新居昭乃(特に空の森)、Sound Horizon、hide、洋菓子、アザーン、酒、面白そうなもの、事
嫌いなもの:ゴキブリ、高野豆腐
口癖:ぐはっ、うは、ってか、


2009年10月5日から2011年5月1日までの世界旅行記を掲載。

北米→中米→南米→アフリカ→アジアと、
基本的にバス移動での旅行記を掲載。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム