スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

3/15(月) 陽気な街ティファナ

5時頃、バスはサンディエゴに到着した。
バスを降り、まずはバスターミナルの中へ。
椅子に座って朝まで休憩しようと思っていた。

だが、椅子があるのは、チケット購入した人がバスを待つエリアのみ。
んー立ってまつのはつらいし、中にはいるのも良心が痛む。


仕方ない、とりあえずSan Ysidroまで行こう。
バスターミナルの中で、トローリーの乗り場を聞いた。

小太郎「トローリーでサンイグナシオまで行きたいんですけど」

焦りすぎて、サンイシドロをサンイグナシオ(メキシコのとある都市)と間違えた。
通じてない。

小太郎「道を走る電車です。」
係員「トローリーか?」
小太郎「イエス、トローリー」


俺のtralleyの発音が悪いのに加え、吃音が激しすぎて言葉が通じない。
誰か特効薬くれ。それか手術してくれ。
俺自身は気にしないようにしてるが、会話の妨げになる。


それでもなんとかトローリーの駅の場所を聞けた。
1ブロック移動したところにあるらしい。

おっかしいな、ググったときは正面とか書いてあったけど。
もちろん、係員のいうとおり、1ブロック移動する。


…わからん。

近くのバス停でバスを待っている人にも聞く。
しかし、再びトローリーが通じない。
あーイライラする。
何度か話しているうちに通じ、場所が分かった。
俺が1ブロック移動せずに、途中で諦めてたのが悪かったみたい(笑

1ブロック北に歩くと道に線路があり、左右を見渡すと、右の方で何人か立っていたので、
そっちの方にいく。そして再び聞く。もう旅行では完全に教えて君だな。


そして心優しい人が、チケット購入マシンの操作までしてくれ、
2.25ドル払って、トローリーの1回券を購入した。
電車は、それから間もなく到着し、バスにSan Ysidroと書いてあったので、
安心して乗り込んだ。

乗ってからわかったのだが、俺が乗った電車は、Blue Lineというものらしい。
路線図を見ると、終着駅がSan Ysidroになっている。

バスは40分ほど走り、San Ysidroへ到着した。


だが、まだ暗い。
暗い中、ティファナの街を歩くのも心配だし、
ホテルにチェックインできるのかどうかも心配だ。

なのでどこか長い時間待てる場所ないかと探そうとした時、
ちょうどトローリーのサンイシドロ駅の前に、24時間営業のマクドを発見!
おーここにしよう!!!


が、中に入ると・・・
IMG_1189.jpg


人多すぎやろ!!!
お前ら家に帰れ。


座る場所なんてほぼ埋まっている。
なので、その辺に座る人や、階段に座っている人までいる。

俺も、ここが国境の手前だし、どうしてもここにいたい。
クソ重い荷物しょって、移動とか嫌だ。

なので、コーヒーを買って、
その辺に座って休憩した。

その後は空いた席に移動し、歩き方を読んだり、スペイン語の会話本を読んだりしてた。
ちなみに、マクドの中で英語を聞いたことはなかった。
ぜんぶスペイン語。唯一、俺がコーヒーを買った時の店員くらい(笑)

そして7時ごろ、すっかり外は明るくなった。
8時まで待とうかとも思ったが、じっとしていても仕方ないし、
もう明るいから大丈夫だろうと。

マクドを出て、どこから国境を越えるかを調べる…
こともなく、すぐどこから行けばいいのか聞いた。

国境を越えるための、専用の歩道橋のようなものがあるらしい。
教えてもらうと、それはもうマクドから目と鼻の先だった。
入り口に入り、歩道橋の上へ。
IMG_1191.jpg
少し上がった所からの写真。駅、マクド、歩道橋がこんなに近い。

歩道橋を上がり、橋の上から下を見下ろすと、
車道の国境で「MEXICO」という文字が見えた。




ついに来たぞ!!!!
こっから中米か!!!!



だんだんと国境を越えているんだという実感が沸いてきた。
さぁ、どこや、どこが国境や!!!!???
歩道橋から降ると、すぐに国境?があった。
IMG_1192.jpg

え?回転扉だけ???
しょぼいなーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


扉をぬけ、すぐ右の建物へ。
「imigracion」イミグレってことやな。

中に入ると、腰に銃をもった兄ちゃんが、

「何だ?」と話しかけてきたので、
「約1ヶ月滞在します」と伝えると、中にいた優しそうな入国審査官から、
色々質問が。

まぁ、いつもどおり、

・どこから来た? ラスベガスです。
・どこ出身だ? 日本です。
・仕事は? システムエンジニアです(大嘘
→ やめたとか言って、入国できないと嫌なので(笑)
・どこに行く? ティファナです。
・その他は?? ティファナからサンイグナシオに行きます。今日はティファナに泊まります。


など答えた後、入国カードに記載。
アメリカで泊まってたホテルの住所を書く欄があったので、
悩んでいると「日本の住所でもいい」だって。適当やなー。

全て記載した後、金を払う。
が、この払い方が曲者。ここで払わせてくれたらいいのに、
「銀行に行って、これを渡してお金を払ったら、また戻ってこい」とのこと。
まぁ、入国スタンプをもらうまでは不法入国なので、
教えてもらったとおり、イミグレから数十メートルすすんで左に曲がったところに発見。
ガイドブックでは19ドルと書いてあったが、22.5ドルになっている。
ま、ペソ払いが元なので、レートがかわったんだろう。
おとなしく払い「グラシアス」(ありがとう)と言って戻った。


戻ると、スタンプを押したカードをくれ、
「フィニッシュ!」と言われた。よし、入国した!!

「グラシアス、アディオス!」(ありがとう、じゃあね!)

そう言うと、ティファナに入る回転扉を目指して歩いた。



途中に、迷彩服を着た、こわそうなお兄さんとお姉さんがいたので、
カバンをチェックしてもらうために近づいたが、

「いけ」と手で合図。


ぬぁに!!!
この国はカバンをノーチェックか!!!!
甘い、甘すぎるぜメヒコさんよぉ!!!!!!!!!!!!!!!!
アメリカなんて味の素にケチつけてきやがったぞ!!!!



ということで、カバンのチェックを受けずに、
回転扉を抜ける。扉を抜けると、雰囲気がガラっとかわった。


屋台、ぼろい車、汚い道、砂、この空気、日差し、
あぁ、なつかしいな。
そこはアジア似た雰囲気があった。

「タクシー!!!」 と言う声がどこからでも飛んでくる。
あーそうそう!この活気だだよ!!!
テンションが上がってきた。

歩き方の地図だと、歩いて10分ちょいで中心部へいけるはず。
ちょうど俺に話しかけてきた人がいたので、

「ドンデ エスタ メデロ?」メデロはどこ?

と聞いた。俺が泊まろうと考えている、Hotel Catalinaは、
Madero Av×Calle 5aにある。

「あそこに旗が見えるだろ?あのへんだ」

とても分かりやすい説明が、英語で返ってきた。

「俺の友達が送ってやるぞ。5ドルだ」

高すぎ。歩ける距離をなんで金はらわなあかんねん。
わざわざ歩くために、マクドで待ったのに。

「グラシアス」

そう言って、旗を目指して歩いた。
途中、ガイドブックに乗っていない道があったが、
川を通り過ぎたし、たぶんあっている。
DSC_7614.jpg
左に小さく見えるのが旗。右のアーチ状のものは中心部の良い目印。

しばらく歩くと、歩行者天国にさしかかった。
が、まだ時間が早いのか、開いてはいなかった。

アーチから南は、Revolucionという大通りがあり、
道はもう簡単なはず。

だが、東西に伸びているはずの、1a,2a,3aとかそういう名前の道がみあたらない。
あっれ、アーチからすぐのとこにあるはずなんだけど。
とよく標識を見ると、それぞれの道には別の名前があった。括弧で(2a)とかも書いてある。
ということで、今いる場所もわかり、まっすぐホテルへ。
DSC_7627.jpg
ホテルへ着くと、欧米系の人が椅子に座ってくつろいでいた。

「Hi,Hello!」

気さくなおじさんだ。おじさんはそう言うと、
ソファーから立ち上がり、フロントの方へ。あーホテルの人か。

小太郎「泊まれますか?」
おじさ「もちろん」
小太郎「部屋のタイプを教えてください」

シングルが一番安く、220ペソ。
ちなみに、ペソは1ペソも持ち合わせていない。

小太郎「ドルしかないんだけど」
おじさ「ドルなら16ドルだな」

すぐに脳内計算。1ペソが7円くらいだから、
この16ドルはけっこういいレートで設定されているな。

そういうと、すぐにドルでお金を支払った。

おじさ「明日も泊まるときは、明日お金を払ってくれ」

なんて軽いんだwwwwwwwwwwwww

おじさ「ラックトップは持ってるか?」
小太郎「ある」
おじさ「これがWifiのアクセスコードだ」

そういうと、数字の羅列の紙をおれに渡した。
wifi付きか!!!助かったぜ!!!


手続きをすませ、部屋へ。
部屋が、荷物をおいたり、机があったり、最低限の設備がある。
汚くもないし、まぁ十分。てか、朝8時からチェックインできたし、
何もいうことはない。


部屋でさっそくインターネット。
メールチェック、場所の変更をしてから、はじめてPacSafeを出す。






が、バックパックを囲えない!(イライラ
中身を出したり、形を変えたりするが、ぜんぜん無理。
買わなけりゃよかった。
捨てたい。

が、さすがにもったいないので、
リュックだけでも入れてしまうことにした。
リュックの方は余裕で入った。

とりあえずこれでいいや。
だが、そうすると街へ出かける時のカバンがなくなる。
まぁ、中米で土産物代わりの皮製の腰にまけるやつ買おう。
家に似たようなのがあるけど・・・。
まだここはアメリカとの国境なので高いだろうから、
もっと南に進んでからだけど。

ということで、カメラと歩き方を強引にポケットに挿しこみ、部屋を出る。
まずはペソがほしい。が、ホテルのフロントできくと、
メキシコは今日祝日なのだとか。両替は明日じゃないとできないとのこと。
残念すぎる・・・。


ホテルを出た後は、中心であるRevolucionをまず歩く。
DSC_7605.jpg

みやげ物は、革製品、Tシャツ、アクセサリー、宝石などだが、中には変わったものも。
DSC_7604.jpg
後は、ルチャリブレ(こっちのプロレス)のおもちゃや、
ソンブレロ(帽子)など。まだまだたくさん面白いものがあるはず。
買わないが、最終日はひやかして過ごそう。

このレボルシオンという通りは、本当にみやげ物屋が多く、
しかも意外にも日本語使いが多い。日本人がけっこう来るのかな。

やつらが使う主なな日本語
・トモダチ(世界のド定番)
・チョットマッテ(こちらも世界のド定番)
・ミルダケ タダ
・ミロ!
・シャチョウサン(それなりに定番)

例外
・タナカさん
・タイチョウ
・チョット コイ

最初は、おぉ!この雰囲気の場所に帰ってきたぜ!!
と、オラ!とか話しかけたり、写真を撮ってもらったりしてた。
IMG_1194.jpg


でも、それにもすぐに慣れ、
数々の客引きを無視してアーチへ。

ただ、レストランの前に立っている人たちもすごい熱心。
俺が歩いていると、遠くからメニュー持って歩いてくる(笑)
いちおう、話だけは聞いてあげている。
「また来るね」と言い、振り切ったりしている。

アーチに戻り、東に進んで最初歩いてきた歩行者天国まで行くと、
みやげ物屋や屋台が開いていた。その中でも、そこそこ客が入っており、
やすそうな店に決定!!!タコスが3つで1ドル!!!
DSC_7612.jpg
アメリカの大手ファースフードに、Taco Bellという店がる。
これはそのパクリだと思われます(笑)

DSC_7607.jpg

席に座り、メニューを見ると、
ペソとドルの両方の金額が書いてある。この時はわからなかったが、
この店の設定しているレートは悪い。ペソで払った方が得だ。

そしてビールが1ドルなのに気づく。

もちろんビール。
何種類か1ドルのビールがあるんだけど、名前がわからない。
コロナはさんざん飲んだことがあるので、「TECAT(この先隠れてて読めない)」にする。
俺が、ビールの欄を指差し、TECA・・というと、「テカテ?」と聞き返してきた。
あぁ、テカテというのか。スィー(はい)といい、注文。
食べ物はもちろんタコス!!!
タコスは中に何を挟むかによって種類が変わるらしく、よくわからないが、
ASADAというのにする。理由は日本語に近かったからw

そして来たのがこちら。
DSC_7611.jpg
右のは、無料でついてくる、タコスへのトッピング。
生野菜は避けるのが無難だが、そのために地元の料理が食べられないのは嫌だ。
なのでばっちりトッピングした。

ん、うまい!!!
ASADAはこれ、薄切り肉を焼いたものだな。
しいていえば、ソースをかけたいが。

ビールは、そんなに苦くなく、飲みやすい。


昼からビールを飲み、タコスを食べ、2ドル払って店を出た。
その後は、次の土地San Ignacioに行くため、バス停へ。
ABC社という、ネタのような名前の会社で、2日後の6:00 PM発の片道チケットを購入。
移動に14時間かかり、到着を朝にするためには、これに乗るしかなさそうだ。
値段は88ドル。たっけぇ!!!そんなするんかい!!!


そして再び中心部に戻ってぶらぶら。



…何もないな


観光地じゃないな、ここは。
でもチケット買っちゃった。


また一つ教訓ができた。
宿泊はとりあえず1泊。次の日に延泊すればいいし。






歩き方によると、メキシコにはシエスタ(昼寝)をとる習慣があるらしい。
よし、俺もシエスタをとろう!!


要は、移動で疲れてたんで寝ただけなんだ。
結局、4時半くらいに目が覚める。


あ・・・小腹がすいた。
ガイドブックに載っている店に行ってみるか。
「リカルド」という店に行く。が、うわ!めっちゃちゃんとしたレストランや!!
外から見ると、観光客や綺麗な格好をした人が多い。

俺はどちらかというと、現地人が行くようなというや、
大衆向けの店のほうが良かったので、引き返してレボルシオン通りを北に歩く。
一軒一軒店内を覗き、そこそこ客が入っている店を選択。
IMG_1197.jpg

中に入り、中でも一番可愛い店員さんに、

「ドルは使える?」と聞くと、困った様子。
あぁ、英語がわからないんだな。

すると、おっちゃん登場。

おやじ「どうした?」
小太郎「ご飯を食べたいんだけど」
おやじ「好きなところに座ってくれ」
小太郎「ドルしか持ってないんだけど」
おやじ「問題ない」

で、席に座ると、ちょうど出て行く別のおっちゃんが話しかけてきた。
日本人か?と英語で聞いてきた。そうだ、今日ここに来たというと、

「エビが最高だぞここは!!!エビだぞ!!!」

と、エビをめちゃ推す。
おっちゃんは、メニューの「camaron」指差していたので、

「カマロン?」と聞くと、
「そうだ、スペイン語知ってるんじゃねーか」といわれた。

いや、指さしてますやんか(笑)


ということで、おっちゃん推薦のTACOS CAMARONを注文。
ビールはコロナを注文しようとすると、「テカテしかない」とのこと。
えええええええ・・・ちょうど昼間飲んだやつしかないなんて・・・。

まぁ、じゃあテカテでいいや。
そして来たのがこちら。
チップスは付いてきた。金払わないといけないんだろうなと思ったが、
せっかくなので、断らなかった。
IMG_1195.jpg

昼間食べたタコスよりもうまそうやんけ!!!



かぶりついた。







うめぇ!!!!




エビが超プリプリ。
天ぷらみたいにしてあって、衣がサクサク!!
すぐに食べ終わった(笑)


料金は5ドル。
ちょっと高くついたが、まぁ初日だしいいやろう。


飯を食べ終え、席で金を払った後、綺麗な女性に、

「ボニート」(美しい)と言うと、
私?と自分を指差すリアクションをしたので、
「スィー」と言うと「グラシアス」と返ってきた。

ふつーやな・・・てか慣れてやがるな・・・

まっすぐ帰ってもいいのだが、アーチのところまで言ってみると、
誰かのライブ?ステージで歌ってる人をみかけた。
その前には、大勢の人が立って聴いている。
DSC_7632.jpg

途中で会話をはさんだり、ダンスしながら唄ったり、
楽しい雰囲気やった。一緒になって唄ったり、
おっさん同士が社交ダンスみたいに踊りだしたり。

DSC_7631.jpg
ステージ上


それを見た後は、ホテルにまっすぐ帰り、
すぐに眠った。


みやげ物屋の人でなくても、話しかけてくる人は多いし、
陽気な感じだ。まぁ、暗くなる前にホテルに戻る事は今後も続けていくけど。

ただ、客引きは日本語を使うくせに、
街中では俺をジロジロみてくるんだよな、多くの人が。
アジア人が珍しいか、それとも俺指名手配に・・・(ぉぃぉぃ



明日は少し離れた場所を散策してみよう。
2010..15 メキシコ comment4 trackback0

comment

yotto
中国人やと思ってたけど、メキシコ風のが似合うなw
料理がどれもめっちゃ美味そうやね!!
2010.03.18 00:17
小太郎
いや、メキシコでも「チノ!」(中国人)とか言われるで。
そのたびに「チノじゃじゃねぇよ!ハポネスだよ!」ってツッコんでるで。

…心の中で。
2010.04.01 07:00
北米
メキシコは北米!
2012.09.03 22:33
小太郎
ググッてみたけど、地理的区分と文化的区分で分け方が違うみたいやね。

んー…どっちでもいいや(笑)
中米でいいや(笑)

でも、地理的区分と文化的区分で分け方が違う事はたった今知った。
勉強になった。グラシアス!
2012.09.07 00:31

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kotaro2004.blog94.fc2.com/tb.php/418-b77b888a

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

小太郎

Author:小太郎
1982年生まれのてんびん座。
面白そうな事にはすぐに飛びつきます。友人いわく、「フットワーク軽すぎ」

性格:優しいはず
趣味:写真を撮る事、旅行(国内、海外)、ネットサーフィン、外国語の勉強
好きなもの:スタジオジブリ作品(特に耳すま、海きこ)、新居昭乃(特に空の森)、Sound Horizon、hide、洋菓子、アザーン、酒、面白そうなもの、事
嫌いなもの:ゴキブリ、高野豆腐
口癖:ぐはっ、うは、ってか、


2009年10月5日から2011年5月1日までの世界旅行記を掲載。

北米→中米→南米→アフリカ→アジアと、
基本的にバス移動での旅行記を掲載。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。