スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

3/24(水) テキーラ最高!!! in グアテマラ(テキーラ)

◇前回の日記からここまで

フェリーは無事マサトランの街に到着。
荷物も無事着いていたのでホッと安心した俺。
その後、フェリー乗り場から、明らかにゴルフカーな車でバスターミナルへ。
ターミナル到着後、俺がかばんを取ろうとすると、かばんの重さで
車のバックライトをつぶしてしまう。

そこでおっさんともめ、なんとか100ペソ(800円)を払って解決。
その後は特に問題なく、無事グアダラハラのホテルに到着し、ホテルもゲット。
グアダラハラでは、H.I(ユースホステル)に宿泊。
1日を市内観光に使い、2日目は、これが目的でこの街に来たといっても過言ではない、
テキーラツアー!!!


◇ここからが日記
朝6時半に目が覚める。
まだ誰も起きていないようだ。メキシコはビールが安く、缶でもビンでも1本70~80円。
つまり毎日酒ですよ。
ということで、夜は酒を飲み、歯を磨いたらすぐに寝るという生活を送っている。
シャワーは朝に浴びる。

シャワーを浴び、キッチン前の机や椅子がある場所に行くと、
1人の日本人女性が既に起きていた。昨日彼女はホテルに到着し、長期旅行者同士の
積もる話をしていたのだ。
これまでのコース、これからのコース、よかったところ、などなど。

そしてこの女性もテキーラツアーに参加。
ただし、別のツアーなのだ。


まず解説すると、このグアダラハラという街は、メキシコでも2番目に大きな都市。
(一番はメキシコシティ(首都))
そこからお酒のテキーラの蒸留所を見学するツアーが出ている。
テキーラとは街の名前であり、その街に直接行ってもいいのだが、
それでは見学できないのだ。日本のようにタダでは見学できない。
ということで、グアダラハラのツーリストインフォでツアーの詳細を聞き、
中でも一番安かった300ペソ(2400円)に参加した。

H.Iからもテキーラツアーが出ていたが、
ここは450ペソ(3600円)。高い。
こちらの方は、晩御飯がついているらしいが、それでも高い。
なので俺はH.Iからのツアーには参加しなかったのだ。


俺の申し込んだツアー会社では、朝ごはんが付いていたので、
9時10分までに来てといわれていたところを、8時40分にはツアー会社のオフィスへ到着した。


着くと、スペイン語しかしゃべれないツアー会社のおばちゃんがいた。
スペイン語しかしゃべれないなんで、メキシコでは普通だ。
逆に、ちょっと英語が話せる方がレアキャラ。

おばちゃん「おはよう。コーヒーを飲みますか?」

小さなテーブルの上に、コーヒー、食パン、コーンフレーク、果物が置いてある。

俺「はい」

そういうと、パンを2枚、コーンフレークを1皿分、コーヒーを入れた。
とうぜんそんな量ではお腹が一杯にならず、食パンはその後4枚は食べた。
ケチっているのか、何故かはわからないが、おばちゃんは皿に4枚しか食パンを置かない。
皿はでかいので、後10枚以上はおける。朝飯は付いていると言われたし、
そんなの気にせずにバクバク食べた。

9時30分前になる頃には、すでに10人以上の人が集まっていた。
中には日本人の姿もチラホラ。
色々なツアーがある中、この中に10人というのは多いな、と思った。
ま、ツーリストインフォに聞いておすすめがここだったので、他の皆も同じだろう。

オフィスを出て、ツアー会社のバスへ乗り込む。
IMG_1268.jpg
バスが綺麗な上に、バス会社のマークが入っていたので安心。
300ペソも払ったんやから、おんぼろバスだとイラっとしたところや。

バスの中では、ツアーガイドのおばちゃんが、
道中の建物や場所の説明を、スペイン語と英語でする。
おばちゃんのテンションが上がると、スペイン語しか話さなくのがおもろい(笑)

バスは1時間半後に、テキーラの町から少し離れた場所にある蒸留所&畑に到着。
まずは、テキーラの原料である、アガベの畑に行く。
DSC_7805.jpg
周りの葉は全て刈り取り、丸い茎の部分を使う。
DSC_7803.jpg
葉を刈り取り、茎の部分を半分に割った状態。

これを蒸してスライスしたものを食べる事ができた。
DSC_7797.jpg
さつまいやかりんとうに味が近く、うまい!


その後は、待ちに待ったテキーラ試飲。
テキーラは大きくわけて二種類に分けられる。アガベのみを使った、100%アガベのもの。
サトウキビを49%使ったもの(残りの51%がアガベ)。
100%アガベの方が高級とのこと。混ぜ物のテキーラは飲んだ翌日に頭痛を起こすとのこと。

そしてその100%アガベのテキーラを、
年代順に飲む。ウィスキーみたいに、テキーラも寝かせるらしい。
DSC_7808.jpg
左が一番寝かせた期間が短い。右にある順に、高くなっていく。
つまりここでは赤が最高級。

テキーラの飲み方(ツアーガイドのおばちゃんより)

1:塩をなめる
2:テキーラを飲む。
3:ライムを食べる(オレンジでもOK)


うま!!!!
スーッとはいるな。飲みやすい!!!
ちゃっかりコップを突き出し、最後の赤いやつだけ2杯飲む。


その後、みやげ物はかわず、次の蒸留所へ。
さきほどは畑でアガベの収穫のみだったが、次はその後の工程について
見学する。ここは、内部のツアー用のガイドがいて、その人の案内で見学開始。

DSC_7815.jpg
アガベの茎を蒸す所で働いている人たち。

DSC_7816.jpg
蒸されたアガベが出てきて、ベルトコンベアで運ばれる。

DSC_7818.jpg
見学中。

樽にも色々種類があり、それによってテキーラの風味と色が変わってくる。
なんかウィスキーと似てるような。

そこで、2種類のテキーラを試飲することができた。
ここでは、ツアーガイドではなく、おっちゃんがいてせっせと小さいカップに
テキーラを注いでいた。

しかもこのおっちゃん、コップを差し出すとどんどん入れてくれる。
つまり飲み放題!!


これでもかというくらい呑んだ。
コップが小さいが、それでも6杯は飲んだ。
そしてそのツアーに参加していた、仕事をやめて世界一周しているフランス人も、
同じくらい飲んでいた。

一杯ずつ注がれるたびに、


俺&フランス人「サルー!」(スペイン語で、乾杯!)
俺&フランス人「カンパイ!」(日本語おしえますた)


気がつくと、俺たち以外はどんどん先にすすんで、見学してた。
俺達は酒を飲むところで止まって、飲み続けてた。


出、その後10分ほどで見学終了。
その後は30分の自由行動だったので、テキーラの町をぶらぶら散策。
そして最後にレストランに連れていかれ、そこで昼食。
どれもめちゃ高い。50ペソ超えとる(400円)。

俺の昼飯代は、なんぼ高くても30ペソ(240円)
ってか基本、ジュース込みで20ペソ(160円)

そんな高すぎる金払えるか!!!



でも、さっきのフランス人と仲良くなって、
同じテーブルで飯を食べる。

じつは日本人は別のテーブルで固まって食べていたのだが、
俺だけこっち側でした。いや、彼らとも仲良く喋ってたで。

で、悩んだ末、中でも安いセビッチェ(エビ)に決定。
セビッチェとは、シーフードの前菜料理です。
IMG_1278.jpg
前菜だけにした。後はトルティージャ食べときゃ腹ふくれるわ。


飯を食べたあとは、ほぼ全員バスの中で寝てた。
ガイドのおばちゃんも、

「私が起こすから大丈夫」って言ってたし。

俺も爆睡してた。


結局、ホテルに到着したのは17時半。
ほぼ丸1日のツアーやった。

ホテルに戻り、ものすごく腹の減っていた俺は、晩飯を作る。
この日の前日、スーパーに行って、ここ数日の食材を買っておいたのだ。

・お米(1kg10ペソ(80円))
・マヨネーズ
・シーチキン

これに、ロサンゼルスから持ち歩いている海苔を使って、
昨日はおにぎりを作ったのだが、うまく握れないので、今日はどんぶり風に。
飯を作っていると、ホテルに泊まっているメキシコ人の兄ちゃんに話しかけられ、
ビールをもらった。俺は当然断らずに、「グラシアス!」といってもらう。

兄ちゃんは、俺の作っている料理に興味があるようで、
「もしよかったら、少しだけくれないか?」と言ってきた。
ビールもらったし、俺の作ったもんでよければ全然かまわへん。

なんで、作った後、兄ちゃんに上げたら、ものすご喜んでた。

その後も色々話す。
どうやら、メキシコでは「聖闘士星矢(セイントセイヤ)」がはやっているらしい。
携帯に「ペガサス、流星拳!」っていう着メロもってたし。


飯を食べおえると、別のツアーに参加していた女性もホテルへ帰ってきていた。
そっちは450ペソだったが、テキーラ飲み放題、夕飯付きだったらしい。
夕飯は60ペソ以上のものを食べららしい。もちろんタダ。
高いが、こっちはこっちでよかったのかも。
その女性は、20杯以上飲んだようで、「久しぶりに酒のんで眠たい」と、
すぐに部屋に戻った。

俺は、明日メキシコシティに出発なので、
同室でメキシコシティ在住の日本人に色々話を聞いた。
彼の話によると、バスは強盗がでるので危ない、メトロ(電車)がいいとのこと。
なんでメトロは強盗がおらんねやろ???

俺「メキシコシティで何か被害に合いましたか?」
彼「それ言うと、シティに行きたくなくなると思いますよ」

何があったwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
俺は聞かなかった。聞かなくていい事もあるよ。
聞かないといけない事はもう聞いたし。


俺は荷造りをして、シャワーを浴びた後、眠りについた。
2010..24 メキシコ comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kotaro2004.blog94.fc2.com/tb.php/426-780d44f5

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

小太郎

Author:小太郎
1982年生まれのてんびん座。
面白そうな事にはすぐに飛びつきます。友人いわく、「フットワーク軽すぎ」

性格:優しいはず
趣味:写真を撮る事、旅行(国内、海外)、ネットサーフィン、外国語の勉強
好きなもの:スタジオジブリ作品(特に耳すま、海きこ)、新居昭乃(特に空の森)、Sound Horizon、hide、洋菓子、アザーン、酒、面白そうなもの、事
嫌いなもの:ゴキブリ、高野豆腐
口癖:ぐはっ、うは、ってか、


2009年10月5日から2011年5月1日までの世界旅行記を掲載。

北米→中米→南米→アフリカ→アジアと、
基本的にバス移動での旅行記を掲載。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。