スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

3/29(月) ソチミルコでのんびりボート乗船

待ち合わせは13時にTesquenaの駅だ。
そこから、路面電車でXochimilcoに行くと昨日聞いていた。

ソチミルコへは、事前にアミーゴに止まってるMさんに声をかけていたらしいが、
それはオーナーに頼んで手紙を渡してほしいと頼んだみたい。
で、肝心のMさんは、昨晩はホテルに帰ってきていない。
で、俺は朝からキッチン近くで帰ってくるのを待っていたが、12時を過ぎても
アミーゴに戻らなかったため、俺1人で待ち合わせ場所へ。

Revolucion駅からは一本なので簡単。

電車には、相変わらず物売りや、CDを売ってる人たちが乗ってくる。
このCD売りなんだけど、おとなしくしてればよいものの、リュックサックにスピーカーを備え付け、
大音量で流しながら売っている。うるさすぎてホンマ・・・。


待ち合わせ場所には15分前に到着。
3人さんも5分前には到着し、アミーゴから来るはずのMさんを待ったが、
5分過ぎても来ず。たぶんまだ帰ってきてないんだなーと皆で話し、
一行は路面電車でソチミルコを目指した。


電車は2両しかない上に、席が少ないので、
始発駅でドアが開くと、席取り合戦がはじまった!!
俺たちは終着駅まで乗るので、ばっちり座席を確保!!!

電車は、45分ほどして終着駅に到着した。
駅からは、路上にいる客引きたちの道案内(あっちだ!)へ沿って歩き、
ボート乗り場に到着。
しかし・・・料金が高すぎる。ガイドブックには、1人10~20ペソと書いてあるが、
ここでは、1艘貸切600ペソだの、1人200ペソだの要求される。

俺が、いや、俺たちがそんな金払うはずがない。
そこは水路の途中で、どこかからそこを通り過ぎる船もある。
なので、来た道を少し引き返し、違う道に歩いた。



そして別の船乗り場発見。
そこでは、1艘200ペソ。ほーら下がったやんけ!!
でも、俺達は4人なので、1人50ペソ。高い!!!

皆は乗ってもいいよ、という感じだったが、誘ってもらっている俺だけが、
それはいやだとゴネる。それでも船に乗ったが、料金先払いで、1人が嫌気をさし、
結局それには乗らず。
(インドなどでは、先に払うと、水の上で「金払え」と要求されるらしい。)

で、その船乗り場にあった、水上タクシー(結局ほぼぼ同じ)を使う事に。
これなら片道15ペソ。

で、結局水上タクシーは俺たちしか乗る客がいなかった。
すると、こぎ手が「もっと払え」というように金を要求する。
俺たち全員で「15だ!」といい、おっちゃんも観念して船は出発。
(先払い)


タクシーというものの、他の船と違う点は、テーブルがあるかどうかぐらい。
けっこう楽しめる。

IMG_1318.jpg

船は、長ーい棒で水底を押すか、どこか押せる場所に棒を当てるだけ。
なんや、簡単そうやん。

で、俺たちの船を動かしてくれてたのは、おっちゃんじゃなくて、
その後に上に載った若い男性だと思うけど、まだまだ修行が足らん。
だって、他のボートにぶつかりまくってるもん。
前にいるボートが、必死に前に進もうとする姿を何度も見かけたな。


途中、食べ物や土産物を売るボートにあった。
ビールを飲もうか少し悩んだけど、高いので止めた。

ボートは40分くらいで到着。
到着ってか、ここがどこかわからへん!てとこに着いた。

ボートをもう一回使って戻ってもいいけど、
それは楽しくないしなぁ。1回で十分楽しかった。


そこから路面電車の駅までは歩けるということで、
歩いて駅に向かった。途中、中華料理屋を発見!!

こんな町にすらいるのか中国人は!!!!!!!!!!!!
お前ら10億人どころじゃないだろ!!!?もっといるだろ!!??
ま、そこで中華は食べず、電車に乗って終着駅まで移動。


H「火曜日までいてルチャリブレ見に行かない?(笑)」と誘われたけど、
俺「いや、明日こそチェックアウトします」
と言って今度こそ別れた。



いやーやっぱりカップル旅行いいなぁ!!!
アミーゴにもいたけど、彼女と料理作ったり、あーいうのうらやましい。
この3人には、一眼レフカメラが開けやすい点を指摘してもらったので、
帰ってからばっちり鍵をかけよう。


3人と握手して、今度こそ別れた。




俺は、そのまままっすぐアミーゴに帰り、
ホテルで最後の晩御飯を作った。メニューは同じ。


その晩、同じ部屋になった人や、他の部屋の人と色々話をしていた。
トロントからアメリカにバスで移動した時、国境越えが大変じゃなかったかと聞かれたので、
ものすごい和やかに越えられたといったら、とても驚いていた。

で、その人もそろそろ旅が終わるらしいので、どこが一番大変だったかを聞いた。
すると、2人とも口をそろえて・・・


U.K最悪


とのこと。


「こんなこと言っちゃダメですけどね、俺誰か1人殺していいなら、
 あの氷の心をもった女審査官をヤりたいですね」


何があったwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
聞くと、入国拒否されたらしい。
紙を見せてもらうと、

「貴方は△△、XXX,YYY(国名)に行くと主張しているが、それを証明するものがない」

あれ、この文面どっかで見たのと近いなwwwwwwwwwwwww
詳しく聞くと、世界一周航空券の日程を変更したが、変更前のEチケットを持っていたらしい。
で、それはU.Kは関係なく、その後に移動する国だったにもかかわらず、拒否されたとのこと。


一度テロがあった国は、さすがに入国審査厳しいな。
そう思った。アメリカとU.Kで共通点って、英語なのと、それ位ちゃう??



アミーゴでは、何泊してもいいが、
チェックアウトの前日に支払いと決まっていたので、鍵を返して清算した。
この後払いシステムやばいね。決まった日にチェックアウトしなくていいんやもん。
ダラダラ延ばしてしまうわ。。。ま、1日しかのびなくて良かった良かった。


俺は、彼らの話を聞いているうちに、いつの間にか寝ていた。






おまけ:一眼レフのチャックに鍵をかけた。
IMG_1325.jpg
2010..29 メキシコ comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kotaro2004.blog94.fc2.com/tb.php/432-d18077e7

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

小太郎

Author:小太郎
1982年生まれのてんびん座。
面白そうな事にはすぐに飛びつきます。友人いわく、「フットワーク軽すぎ」

性格:優しいはず
趣味:写真を撮る事、旅行(国内、海外)、ネットサーフィン、外国語の勉強
好きなもの:スタジオジブリ作品(特に耳すま、海きこ)、新居昭乃(特に空の森)、Sound Horizon、hide、洋菓子、アザーン、酒、面白そうなもの、事
嫌いなもの:ゴキブリ、高野豆腐
口癖:ぐはっ、うは、ってか、


2009年10月5日から2011年5月1日までの世界旅行記を掲載。

北米→中米→南米→アフリカ→アジアと、
基本的にバス移動での旅行記を掲載。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。