スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

4/6(月) 体調ダウン in アンティグア

最近の俺は、早寝早起きです。
早起きは3ケツァールの得といいますが、あ、3ペソの、あ、3文・・・(しつこ!
最近は、安全のために早起きしてます。
明るいうちに移動して、夜はなるべくホテルへという事を心がけてね。


ということで、ホテルの人には「9時に出るよ」と昨日伝えたけど、
起きてもーたもんはしゃーない。
7時にチェックアウト。朝起きてシャワー浴びようかと思ったけど、
俺でも使いたくないくらいシャワールームが汚すぎて断念。
1日くらいシャワーあびへんかて死なへん!!!


そして、アンティグアへのバス停に行くため、
ホテル近くでタクシーをつかまえた。本当なら、ホテルからタクシーを呼んでほしかったけど、
何故かできないと言われたんで。

タクシーの運ちゃんがもし強盗だったとしても、
気が変わってくれないかなぁと、本当に強盗なら何の効果もないくせに、
こちらからジャンジャン会話攻撃!!

「グァテマラ好きだよ!」とか、
「フローレスからきて、アンティグアに行くんだ!」とか、
「どこがお勧め!」とか。


おっちゃんも会話に盛り上がってきたようで、
両手でジェスチャーを加えて話が弾む弾む。
しまいには、完全にハンドルから手が離れてしまい、ちょっと車ふらついた(笑)
おい!!!ジェスチャーも嬉しいがハンドルはつかんでくれよな!!!


で、車でおっちゃんに聞いたのだが、
グアテマラ・シティでは、警察の関係者がタクシーのような仕事をしているらしい。
あ、それ知ってたら絶対おっちゃんじゃなくてそっちにしたわー。


バスターミナルにつくと、
おっちゃんは知らん兄ちゃんにバッグを渡す。


おい!!!それ俺のやっちゅーねん!!!
すると兄ちゃん、リュックを担いだままミニバスの上に乗り、リュックを固定した。
あ、バスの関係者?

俺「ア アンティグア?」(アンティグアまで?)
彼「シーシー」
俺「クアント?」(クアントクエスタだが、現地人でクアントだけ言うてる人いたから、こう言った)
彼「オチョ」8


よし、ガイドブックとほぼ金額変わらず。
さぁ、乗りますか!!
と、バスに乗車してびっくり。


いや、それいいんやけどね・・・
多くの人に座ってもらいたい気持ちが伝わってきます。
ありがとうエンジニア。ありがとう設計者。ありがとう関係者各位。
世界中の交通機関の仕事に携わるものよ。お客様のなるべく多くに座って欲しいには、
こうするんだ!!!!!!!!!!!
IMG_1373.jpg


狭すぎて通れないorz



ためしに通ってみたが、俺でギリ。
ピザばっかりの中米じゃ、これ通られへんのんちゃうん?


まぁいいや。面白そうやし俺は一番前を陣取った。


そしてバス出発。


どうやら、さっきの兄ちゃんは客引き専用で、運転手は運転だけのよう。
各所で停まっては、兄ちゃんが降りて、「アンティグアー!」と叫びながら、
客を探す。そうしてバスをどんどん客で埋め尽くし、30分くらいしてバスは出発。


俺は、細かい金がないので、8ケツァール(約100円)のところを50ケツァール払った。
兄ちゃんは、細かいお釣りがないようで、とりあえず40ケツァールはもらった。
あと2足らん!


客引きを終わって走り出してから約1時間後、ようやく到着。
バッグは返してくれたが、お釣りを渡さずにどこかに去っていった。


俺はもちろんビタ一文あげないので、兄ちゃんのあとを追跡。完全にストーカー。
途中の英語が話せる客引きにも「お釣りを彼に返してもらってない」と伝え、
2人でストーカー。


やつらは一軒の簡易食堂に入ったので、
その外から「つり返せ!」と英語で話すと、2ケツァール持ってきた。
よしよし。


そして客引きに、宿泊したい「ペンション田代」の場所を聞いた。
で、到着したのはしたが。ドミ、シングル満室。開いてるのは120ケツァールの部屋だけ。
120!!?そんな高いとこ泊まるくらいなら、野宿じゃ!もしくはアンティグア諦めるか。
ちなみに120は約1000円です。この国では、これを安宿とはよび


「高いから他を探します」と伝え、
近くのホテルへ。ガイドブックにも書いてある、「El Pasaje」へ。
そこはシングルが開いていた。しかも30ケツァール。
部屋を見せてもらい、狭いが綺麗な部屋だったのでそこに決定。
3日分の料金を払い、部屋に荷物を置こうとすると、「オラ!」という声が。

声のするほうを見ると、グアダラハラ(メキシコ)のH.Iで会ったMさんがいた。
あれ、この人キューバ行くって言ってたような・・・。
とにかくびっくり!!!

軽く挨拶して話していると、サルサを習っているとのこと。
サルサと聞いてソースしか出てこない無知な俺でごめんなさい。


軽く話した後は、ちょっとベッドでゆっくり。
何となく疲れていたので。


昼頃になり、町をぶらぶらしようとするが、
やはり元気がない。一眼レフで写真を撮る元気もない。
で、コンデジだけを持って町へ。

ただ、食欲だけはあり、ケーキを食べるため老舗カフェの「ドーニャ・ルイサ」へ。
店内は中庭のようになっていて、すごいおしゃれ。
ただメニューがスペイン語だったので、ちょっと苦労した。
そして注文したのが、コーヒー、ケーキ(チョコレート)、ヨーグルト。
IMG_1374.jpg
いやーうまかった!!!
ただ、食べている途中も元気はなかった。やばい・・・何かが起きる前にホテルに戻ろう。

チップ込みで料金を支払い、ホテルへ帰る途中のスーパーで
1ガロンの水を買ってホテルへ。

ホテルへ戻って体温計で熱を測ると、37度3分。
熱あるやん!!!どうりで!!!!

熱があるとわかってから、余計にしんどくなってきた。
そっか、俺は熱で下痢なのか・・・体調最低やん!!!

部屋に着き、水をがぶがぶ飲んで眠った。
何度か目が覚めてトイレにいくも、やはり下痢。


あっかん・・・今晩はお粥を食べて、薬を飲んで寝よう。
幸い、ホテルはキッチンが使えたので、お粥を作り、すぐに食べて、
下痢止めと熱さましを飲んで、ベッドに横たわった。


が、なかなか眠れず、そのままホテルの隣にあるネカフェへ。
メールチェック、場所の更新などをして、ホテルに戻った。


ホテルに戻った頃には、体調は少し良くなっていた。

だいぶ元気にはなってきていたが、
寝るのが一番なので、水をガブガブのんで寝た。




なんでまた急に??

移動がつらかったのか??
暑さにやられたのか???
食べ物に当たったのか???

とにかく、体調が悪くなる要素が多いので、理由がわからなかった。



アンティグア1日目は最悪や・・・。
ま、幸い宿代が安い(30ケツァールだから400円くらい)から、
最悪1週間は滞在するか。




さて、明日はよくなっているか・・・。
2010..06 グアテマラ comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kotaro2004.blog94.fc2.com/tb.php/440-ac746780

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

小太郎

Author:小太郎
1982年生まれのてんびん座。
面白そうな事にはすぐに飛びつきます。友人いわく、「フットワーク軽すぎ」

性格:優しいはず
趣味:写真を撮る事、旅行(国内、海外)、ネットサーフィン、外国語の勉強
好きなもの:スタジオジブリ作品(特に耳すま、海きこ)、新居昭乃(特に空の森)、Sound Horizon、hide、洋菓子、アザーン、酒、面白そうなもの、事
嫌いなもの:ゴキブリ、高野豆腐
口癖:ぐはっ、うは、ってか、


2009年10月5日から2011年5月1日までの世界旅行記を掲載。

北米→中米→南米→アフリカ→アジアと、
基本的にバス移動での旅行記を掲載。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。