スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

4/23(金) 人の優しさに触れながらコロンビアでコーヒーについて学ぶ

目が覚めると、俺の格好はパンツ一丁だった。
しかも、シーツを下敷きにして眠っている。



開放的でよろしい。



テレビは、ディスカバリーチャネルがつきっぱなしだった。
あ、そうか。これ見てて寝てしもたんや。




さっそぐ出発の準備をして、ホテルを出た。
この町は大きいし、雰囲気も悪くないので、俺の装備はいつもどおり。

・チャイナタウンで買った帽子
・一眼レフ
・メキシコシティで買ったカバン(デジカメ、ペン、ホテルの鍵入り)
・ペットボトル
・Tシャツ、半パン


ちなみに、Gパンは長いことバックパックの下敷きになってる。
暑くてずっと半パンなのだが、おかげで教会の中へ入れない。
ドアが開いていたら、ちょっと覗くくらい。現地人はお祈りしてるんやもん。
入るだけでも「失礼します」やのに、半パンとかムリ。


朝ご飯は、もちろんコーヒー。
コロンビアについたら、絶対にコーヒーを飲もうときめていた。
それと、ネットでコロンビア料理を調べた時に出てきた"エンパナーダ"も食べたかった。
これは、簡単に言えば具入りパン。
で、町をぶらぶら歩くと、パンや軽食数種類とコーヒーを小さな荷台に入れて、
ガラガラあるいている人の姿を発見。その中でも、変な雰囲気をかもしだしてない人に注文。
写真を撮ってもいいか尋ねると、快くOKしてくれた。
IMG_1453.jpg
爽やか笑顔のコロンビア人。

コーヒー一杯とエンパナーダ(カルネ)で、1700ペソ。95円くらい。やっす!!


コーヒーは砂糖がめっちゃ入ってたけど、ほんのりと酸味があっておいしかった。
エンパナーダは…うめぇ!!外の生地が分厚すぎず、ちょうどいい厚み。中の具は
牛肉にしたけど、ちょうどいい味付け。これはうまい!!


その後は、町中をグルグルあるいて、ツーリストインフォを探す。
やっとのことで探し当てた。
DSC_8173.jpg


ツーリストインフォでまず地図をもらい、
その後、「コーヒー工場がプランテーションに行きたい」と伝える。
(こんなスペイン語を俺が喋れるわけもなく、会話帳を指差したんやけど)


気がつくと、俺の周りには、おっちゃんと警官がいた。
彼らを交えて話をし、工場もプランテーションもない事はわかった。
だが、工場がある事はネットを調べてわかっていた。ただ、家族で工場を経営している
小さな所らしく、ツーリストインフォの人たちは知らなかったようだ。
そこの住所を見せたが「すごく遠い」とのこと。

ま、現地人のいう凄く遠いは信用できないのだが(だいたい俺が歩ける範囲内なので)
もらった地図にはないと言われたので、諦めた。


で、どうしても行きたいとアピールしていると、おっちゃんが1軒の建物を紹介してくれた。

"comite de cafeteros"

comite?会話帳で意味を調べると、"委員会"
コーヒー委員会?工場じゃないやん!!!!!


で、警官もツーリストインフォの人も「あーそこか!」みたいなリアクションをするので、
試しにそこに行ってみた。ツーリストインフォがあるのが、Calle18。そこはCalle36にあるらしい。
歩いては遠いらしく、市内を走るMegabus(名前が某社と同じ)に乗ることに。
しかも、その乗り場までおっちゃんがついてきてくれて、電車に乗ると、
駅の警備をしていた警官(さっきとは別の警官)が、運転手に俺の行き先を伝えてくれた。

皆やさしすぎる!!!!!
これまでいた国の中で一番優しい!!!!
わざわざ付いて来てくれたり、運転手に行き先を伝えてくれるなんて!!

しかも、Calle36あたりにつくと、運転手へ伝えている所を聞いていたおばちゃんが、
「ここだよ」と教えてくれた。もちろん運転手も教えてくれた。
ほんま皆やさしいな!!!


で、バスを降りてから中々場所がわからかったが、色んな人に聞いて到着。
DSC_8172.jpg

建物に入ると「お前なにしにきてん!!?」という目で警備員が俺を見る。

このままひきさがっては来た意味がないので「見学したい」というと、
オフィスっぽい部屋を教えてくれた。

そこでも「見学したい」を伝えると、なにやらレッスン?みたいなのをしている部屋の前に
連れていかれた。中ではエプロンとつけた何かを教えているであろう人に、
それを教わっている人が4人いた。


先生っぽい人はコーヒーをすごい勢いで少量すすり、そのたびに何かいっていた。
テイスティングか???


しばらく外から眺めていると、中に入れてくれた。
超場違いな俺。あかん、何か間違える。ただ優しい皆は、俺を心よく迎えてくれた。
さっそくコーヒーを入れてもらい、授業再開。

コーヒー豆が4種類。その前にコーヒーが2杯ずつ。計8杯。
スプーンでちょっと飲んでは、コメントをしていた。味を見ているのはわかるんやけど、
何してんねやろ???

30分くらいでそれは終わり、生徒とおもわれるおっちゃん達と握手をして、
おっちゃん達は帰っていった。俺は、先生が「何か質問があったら答えられる範囲で答えるよ」
と、はじめて英語を話してくれたので、質問をぶつけまくった。


すると、ここはやはりコーヒー委員会。
コロンビアには、コーヒーに関する団体が充実しており、コロンビア全国にあるらしい。
また、若そうに見えるこの兄ちゃんが、ただの先生出ないこともわかった。
連絡先を教えてくれたのだが、その紙に書いてあったのは、

Boss of Laboratory(研究室長?)
Coffee Cupper, Q Gurader.

後で知ったのだが、Q Guraderというのは、コーヒーカッピング(ティスティング)の資格らしく、
これを持っているのは、世界中に100数十人しかいないらしい。
会話の中で「世界中のコーヒーのテイスティングをした」って言ってたが、
この兄ちゃん相当すげぇ!!!!


この時は、そこまで知らなかったのだが、Bossって書いてあるのを見て、
えらい人なのだという事は気づいた。
で、さっきいたおっちゃんたちはコーヒー豆の農園を持っていて、その豆の味の改善点を、
このボスから聞いていたらしい。すげぇな!!!!


兄ちゃんは親切にもどんどん俺に色んな事を教えてくれた。
コーヒーの生産量では、コロンビアは世界4位だが、マイルドコーヒーの生産においては、
世界1位らしい。(つまり3位までは全てビターコーヒー)。
コロンビアでは、ビターコーヒーの生産は行っていないらしい。

コロンビアのコーヒーが世界的に有名なのは、もちろん山があったり気候のおかげでもあるが、
コーヒーに関する団体や委員会が充実しているかららしい。政府関連の団体もあるとか。
すげぇなコロンビア!!!


で、俺のために「めちゃ高い」という、色んな香りのする小瓶のケースを見せてくれたり、
コーヒーができるまでについて、誰にでもわかるように説明してくれた。

IMG_1454.jpg
農園から送られてきたコーヒー豆。輸出もこの状態で行う。
お土産屋では、炒った状態のもの(黒い色)が売られているが、アレは日々味が落ちていっているらしい。
えーじゃあ本当に美味しいコーヒーを土産にするには、この状態のを買わなあかんやん!!

IMG_1456.jpg
これで皮を剥いで、

IMG_1457.jpg
炒って、

IMG_1458.jpg
挽いたらできあがり。





一通り説明を聞いた後で、「コーヒーに関する質問があったら、いつでもメールしてくれ」
といってくれて、俺はその建物を出た。チップくらい払う気満々だったのだが、おっちゃんは
暇ではないらしく、すぐに別の部屋へと行った。忙しいとこすんませんでした…。


帰りは、ぶらぶら歩くことに。
というか、コーヒーの説明と聞いた後なので、コーヒーを扱うチェーン店はどうしているのか
気になってきた。豆と炒るとだんだん味が落ちて酸化が進み、挽くとさらに進行するらしい。
じゃあ、最低でも挽く作業は各店舗でやらないと、うまくならないんじゃない??

でも、最初の工程からぜんぶやるには、スペース、時間、金は各店舗にはないし、
バイトだけでそんな大事な事できるわけないから、コーヒーの値段を下げることを考えると、
各店舗は挽いてるだけかなー。

そう考えると、たまに高そうな喫茶店に入ってコーヒー300円とかするのは、
あれはどの段階からやってくれてるのかわからないけど、妥当な値段なのかも。


んーこれこだわりだすと、最終的には家で炒らないとあかんなぁ。
いや、家で皮むきマシーンを使うところから…。



めんどくせ。
しかも金かかるわ!



豆を買ってきて家で挽くか、店に炒ってもらって家で挽くかやな。
まぁやらんけど。


帰りは、適当な食堂に入り、昼飯。
IMG_1460.jpg
サンコーチョ(肉と野菜を煮込んだスープ。パクチーがなければもっとおいしかった)

IMG_1461.jpg
スパゲッティと伝えたら、これが来た。麺だけでよかった。。。

IMG_1462.jpg
マザモーラ(牛乳で茹でたとうもろこし。味はあまい牛乳)


ぜんぶめっちゃうまかった。これだけ食べて、4000ペソ。
やっす!!!2ドルちょいやん!!!昨日くった店とは大違いや!!


飯食べてる間、ガキが近づいてきて、「どこから来たのー?」とか、
「これは日本語でなんていうのー」とかめちゃ聞いてきた。





ウザいがいちいち答えて上げる俺やさし。






飯を食べたあとは、中心部に戻ってぶらぶら。
中央の公園では、チェスをしているおっちゃんがめっちゃいっぱいおった。
駒を移動させるたびに「アキー!(「ここ!)」と言うのがおもろい。
俺もやろ。(いつやんねん!

DSC_8176.jpg
町の様子



コーヒー見学で、正直やりきった感が出ていた俺は、
「この日最後だ!」と決めてテルミナル(terminal)へ。ホテルから南に歩くだけで到着。
偶然このホテルにしたけど、結構いいとこに立ってる。
Clle 14 9-62 Hotel Verona。20000ペソだけど14000まで下がったし、いいなここは!!


その後は、パソコンを持ってネカフェへ。コロンビア行きの便で同じだったEさんから
無事到着したとの連絡が。首都ボゴタにいるからちょっと心配やったけど、よかった。


ネットした後は、ペレイラで最後の夕食を食べる。
町にいる人に「4000ペソ (200円)くらいの食堂ない?」って聞いたら、
わざわざ目の前までついてきてくれた。中米ならここで「チップ!」と叫ばれるのだが、
もちろんそんなのもなし。いやーいいねコロンビア。



その後は、おかかみたいなおばちゃん、いや、おかまの横を通ってホテル帰り、
部屋でテレビをみた。テレビのチャンネルをつけると、なんと日本の映画がやってた!!
東京ソナタってタイトル。家族の絆を描いた映画で、小泉今日子が母親役。
ひさしぶりに、心がのほほんとした。この旅で、はじめて日本が恋しくなった。


そんなこんなで12時には眠りについたのだった。
2010..23 コロンビア comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kotaro2004.blog94.fc2.com/tb.php/454-b75ad7a2

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

小太郎

Author:小太郎
1982年生まれのてんびん座。
面白そうな事にはすぐに飛びつきます。友人いわく、「フットワーク軽すぎ」

性格:優しいはず
趣味:写真を撮る事、旅行(国内、海外)、ネットサーフィン、外国語の勉強
好きなもの:スタジオジブリ作品(特に耳すま、海きこ)、新居昭乃(特に空の森)、Sound Horizon、hide、洋菓子、アザーン、酒、面白そうなもの、事
嫌いなもの:ゴキブリ、高野豆腐
口癖:ぐはっ、うは、ってか、


2009年10月5日から2011年5月1日までの世界旅行記を掲載。

北米→中米→南米→アフリカ→アジアと、
基本的にバス移動での旅行記を掲載。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。