8/10(火) アフリカ初の市場散策 in ルサカ

朝7時に目が覚めた頃には、ドミの宿泊客はほとんどがスーツに着替えていた。
あれ、皆スーツを着て仕事する人たちなんや。


ベッドの上でしばらく今日のことを考える。
まずはここにもう1泊するか。
色々収集した情報によると、ルサカの良さそうな宿は、

・Cha Cha Cha BackPackers:ドミ12ドル
・Kuomboka BackPackers:ドミ10ドル
・Huburt Young Hostel:ドミK40000(約8.5ドル)

今泊まっている宿以外は、最新の情報ではないので、値上がりしている可能性がある。
と考えると、今の宿が一番安い。


よし、ここにもう1泊するか。
荷物を預かってくれる事が大前提だけど。



荷物を纏めて「ここはセーフティボックスがないから全部預かって」と言うと、
フロントで預かってくれた。もう1泊する事、持ち合わせのお金がないので両替したら払う事、
K10000である昨日のお釣りは持っておいてもらって、俺は不足分の30000払う事を伝えた。


よし、ここにもう1泊決定や。
綺麗じゃないけど2泊なら我慢できる。



宿を出発し、まず向かったのはバスターミナル。
タンザニア、可能なら一気にダルエスサラームまで行きたい。

バスターミナル内で「どこに行くんだ?」と話しかけてきた人には、
「ただ歩いているだけ」と追っ払い、インフォメーションへ。
だってこの国教えてもらったら金要求されるもん。南米じゃ一度もそんな事なかった!!

インフォメーションのおばちゃんに「タンザニアのダルエスサラームまで行きたい」と伝えると、
バス会社が集まっているオフィス内に直接通してくれた。
(普通は、この建物の外から、窓口を通して購入する)


TAQWA BUS COACHという所が、ダルエスサラームへバスを出している。
しかも明日16時出発!!時間は20時間。
ん?20時間??そんな早く着くか?だって距離めっちゃあるで?

俺「これ真夜中に到着しない?」
バ「真夜中じゃない。夜よ」

ほんまかいな。。。心配や。。。


料金は・・・60ドル。たっけぇ!!!



でも距離相当あるしなー。
タンザン鉄道とどっちが安いんやろ・・・。
いや、もういいや。これで行こう!!


クワチャで払えば約57ドルだったが、もうめんどくさい。
またここに来るのも嫌だし、ドルで支払った。


チケットを買った後は、モスク近くにあるマーケットへ。
アフリカ3カ国目なのに、まだ地元のマーケットに行った事がなかった。
興味はあったんやけど、ビビってて行けなかった。



・・・到着。
まさに行く前のイメージどおり!ザ、アフリカンマーケット!

DSC_0366.jpg

足ふみミシンをかけている人がめっちゃ多かった。
それに、地元の食堂も多数あり!!おお!この雰囲気!!
この食堂の雰囲気が好きやねん!!

マーケットをうろうろしていると、うまそうなお菓子を作ってるおばちゃんがいた。
値段を聞くと、1つK500(約10円)。安い!!

DSC_0365.jpg
名前は"フリータス"。スペイン語のフライタス(揚げる?)に近いな。
実際揚げて作ってるし。
食感は外カリカリ、中はもっちり。甘さ控えめ。
個人的にはもう少し甘くてもいい。うまいな!!!


食べ終えた後、マーケット散策を再開。
ま、特に変わったものはなかった。しいて言えば、家具を作ってたくらい。


とりあえず一つ目のマーケットの散策完了。
次はそこから北西にある、シティマーケットへ。


基本的には同じなんだけど、ここではなんと!!
炭焼きの肉が売られている。おぉ炭焼き!!


でも俺今回の旅で2階目の歯痛なので、鳥で我慢する。
もちろんシマも食べる。


ザンビア最後のシマは、もっちりしてうまかった!!!
うまいというのは、一緒に出てきたシマをつけるスープも含めて。
チキンは、一番小さいのが5000。俺は一番でかいのを選び、それは9000。
安い!!これぞメルカド価格!!!

生水が出てきたけど、これはヤバイので、最後に手を洗う時に使った。



よし、シマも食べたし、ホテルに帰るか!!




そしてホテルに戻り、フロントの兄ちゃんは俺に・・・





部屋はない。フルだ。





はぁ!!???
なんで朝「もう1泊するよ」って言ったのに部屋埋めとんねん!!
別のスタッフに言ったけど、ちゃんと伝えとけ!!


俺「朝もう1泊するって言ったのに、なんでフルやねん!」
男「荷物が全てここにあったから、チェックアウトするかと思った」
俺「それはここにセーフティボックスがないからだ!それも伝えた!」
俺「なんで無いねん!!?俺は朝伝えた!」


とにかく「朝伝えた」をキレぎみに言いまくると、
「ちょっとまってくれ」とのこと。
待ってどうにかなる問題でもないが、暫く待つことに。



・・・待ったが一向に変化なし。



仕方ないので別の宿を探す事に。


あー絶対ここより高いやろなー。
そう思いながらも俺が向かった先は、宿近くのChurch Stを西に歩き、
少し北に上がったところにある、Kuomboka BackPackers。
ここならインターシティバスターミナルにも近いし、歩いてバスターミナルまで行ける。


まずは荷物を持たず歩いてその宿へ。
ホテルは俺が泊まっていたホテルとは違い、内装は本当に綺麗で、
バーや共同スペースがある。さすが観光客向けの宿!!!

俺「部屋はある?ドミがいいんだけど」
男「ある。1泊K50000だ」
俺「高いなー」
男「安いよ」


今の宿と比べると、K10000(約200円)高い。
200円と考えるとどうって事ないのかもしれないが、
完全に現地通貨に頭が切り替わっている俺には、円換算で納得などできない。
結局、「バスターミナルまで近い」「自炊して節約」という点で自分を納得させた。


そして元の宿に戻り、荷物をとってKuombokaに移動。
ドミには、アフリカを旅していてはじめての蚊帳が。

DSC_0372.jpg

部屋に荷物を置き、まずは残金のチェック。
日本円にして、250円くらいしか残っていない。
でも、これだけあれば、水を買い、一食食べても少し余るはず。


よし、ザンビア最後のビールを飲もう!



ということで、これまで散々飲んできた"mosi"というビールを飲む。
味のうんちくはよくわからんが、俺はけっこう気に入っている。


ビールを飲みながら残金をチェックしたり、日記の下書きをしたりして過ごし、
夜は節約のため、手持ちの米と味噌汁ですます。
やっぱ米を持ち歩くと、買いに行くのが面倒な時に本当に助かる。
お米最高!



そして夜は少し早めに眠った。
2010..10 ザンビア comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kotaro2004.blog94.fc2.com/tb.php/539-017d51ed

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

小太郎

Author:小太郎
1982年生まれのてんびん座。
面白そうな事にはすぐに飛びつきます。友人いわく、「フットワーク軽すぎ」

性格:優しいはず
趣味:写真を撮る事、旅行(国内、海外)、ネットサーフィン、外国語の勉強
好きなもの:スタジオジブリ作品(特に耳すま、海きこ)、新居昭乃(特に空の森)、Sound Horizon、hide、洋菓子、アザーン、酒、面白そうなもの、事
嫌いなもの:ゴキブリ、高野豆腐
口癖:ぐはっ、うは、ってか、


2009年10月5日から2011年5月1日までの世界旅行記を掲載。

北米→中米→南米→アフリカ→アジアと、
基本的にバス移動での旅行記を掲載。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム