8/12(木) ミッドナイト in ダルエスサラーム

8/11(水)は、残り少ない金でバスの中での空腹を満たすために、
シティマーケットまでフリータスを買いに行った。
1個K500(10円)のフリータスを7個購入し、そのうち1つはすぐに食べる。
やっぱり揚げたては表面がサクサクでおいしいな!!


その後はひたすらホテル内で休憩。
暇なのでトルコでどういう風に回るかを考えはじめていた。
いや、トルコはガイドブックを見るだけでも楽しいな。。
いっその事トルコ語を勉強してしまおうか。。。


そして15時30分ごろにバス停に到着したが、
バスの席のオーバーブッキングの多い事!!!
前日に予約した俺の席も他の人が座ってて、結局別の席にされたし、
その席にも他の人がいたりして、少しもめたが、何とか乗車できた。

そして窓を閉めても風通し抜群(笑)のオンボロバスはタンザニアに向けて出発。


バスは翌日6時前にザンビア、タンザニア間の国境に到着。
少し待ってザンビア側のイミグレが開き、中に入る。

ザンビアの出国、タンザニアの入国も難なくO.K。
ザンビア入国は3時間くらいかかったけど、タンザニアは基本的な質問のみで、
金を払ったらすぐO.K。そう、これでええねんって!!これが普通やねんって!!


タンザニアのイミグレでビザ待ちをしていると、
同じくビザ待ちをしている欧米人女性二人組みがいた。
彼女たちは俺と同じバスで、俺の前の席。スコットランド人。
バスの中ではガイドブックを読んでたのであまり気づかなかったが、
良く見ると2人とも可愛い。特にロン毛金髪の方は、
モデルでもいいんじゃないかというくらい。



ってかこういうと本当にアフリカの人たちに失礼なんだけど・・・





何度見ても、どこから見ても、どう解釈しても、
アフリカ人の女性が可愛いとは思わん。



ほんと暴言なんだけど、バナナ食べてる人とかをマジマジとみると、
その・・・ゴリラに見えてきて。。。ホントごめんなさい。



それもあって、このスコットランド人2人組みは天使に見えた。
輝いとる。後光さしとる。




出入国を無事終え、バスはひたすらぶっとばす。
ちょっとやそっとのコブどころか、地面のへこみでもスピードを落とさないクレイジーっぷり。
中南米のチキンバスでさえ、地面のコブの前では減速してたのに、
このドライバー狂っとるんちゃうか!?

コブでジャンプする度に、面白そうに笑う人、心配そうな顔をする人、
怒って何かシャウトしてる人がいて、それを見てて全然飽きない。


あー楽しいバス選んじゃったなーwwww
でも事故とかほんま勘弁してや?



そしてバスは、ダルエスサラームから170km離れた小さな村で停車。
夕食休憩となった。
とりあえずトイレに行ったが、そこでびっくり!!




アラブ式トイレやん!!!




ひっさしぶりにアラブ式トイレを見た。
ぽっとん便所みたいな形で、紙はなく水が出るホースが付いてる。
ここはアフリカだけどアラブ圏なんか・・・・。
確かにガイドブックにはムスリムが多いって書いてあったけど、
こんな小さな街でこうってことは、都会は期待できるな。


それに、村で歩いている人の中でも、ムスリムの格好した人がいるし、
これはイスラム圏やな!!


お腹が空いたので食堂に入った。
飯は、アフリカに入ってはじめてのご飯。
これまでも大きなスーパーマーケットに行けば、米は売られていたけど、
地元の安い食堂でご飯が売られているのは初めてみた。

ただし金額は高く、200円。
じゃイラネ。

そしてバスに戻る途中、乗客の1人に

俺「タンザニアでもシマ食べるの?タンザニアでもシマなの?」

と聞くと、

男「食べるよ。ここではウガリだ」

と返答が。おお!!ウガリは聞いたことあるぞ。確かケニアもウガリやったはず。
そっか、ここからウガリになるのか!!
同じ食べ物でも、各国で呼び名が違うのが面白いなぁ!!



そしてバスの席に戻ると、多くの人がさっきの食堂でテイクアウトしてた。
中を見ると、ウガリもご飯もある。ええ?それ両方食べるの!??
そんな画期的な食べ方あるんや(笑)
あー俺もそんな食べ方したい!!




そしてバスは相変わらずぶっ飛ばし、
それでも着いたのは・・・






0時まわっとるがな!!!
おいおい!俺の心配したとおりになっとるやんけ!!
これが嫌やってんって!!だから聞いたのに!!!


あー最低や。
とりあえず早くホテルのベッドに倒れこみたい。
とりあえず、バス停に着いたらタクシーを拾って、目ぼしいホテルに行くけど、
こんな時間でレセプションが開いているとは思えない。
とりあえず今日だけどっか適当に泊まりたい。


ということで、前の席に座ってた女性二人を誘い、
一緒に2人部屋とまりタクシーで移動しようという事になった。


バスはガイドブックで「危険」と書いてある、カリアコー地区に到着。
バスの停車した場所から、NEIRUS HOTELという看板が見えた。

スコットランド人2人は、

「まずあそこに行ってみない?」と言ってきたので、了解してそこへ。
バス停からは数十メートルだったが、彼女らはしっかり歩いてた。
俺1人ならタクシー使ってたな。それか現地人と歩いてた。
俺より勇敢やな・・・無謀なのかもしれない。



ホテルはアラブの雰囲気しまくり。アラビア文字の時計がある。
ってかレセプションにいる人、アラブ人や。
いいねーこの雰囲気!!癒されるわー!!!
これは明日の朝・・・アザーンですか!!!!!!!!
アザーンなんですね!!
うっほー!!
と勝手に興奮してて、ホテルの人の説明聞いてなかった。


ス「どう、この料金?」
彼女らが料金表を見せてくれた。
シングル15000シリング。ダブル20000シリング。
ま、シングル10ドルってとこやな。シングルにしては安いな。

俺「高くないと思うよ。ここにしよう」

ということで決定。
この料金は朝食込みなので、女性たちは、

「これ朝食込みでしょ?明日食べられる?」と聞くと、
「この時間なら明日のは用意できない」と返事が。

材料を買ってないとかそういう理由?

「ならディスカウントしてよ」と、明らかに立場の弱いこの状態でも、
値引き交渉をはじめだした。どんなけ強いんすか貴方たち。。。

「じゃ2000ディスカウントだ」
「OKよ」

すっげぇ・・・あっさり下がった。絶対美人パワーや。
そこで彼女たちとは別れ、俺はシングルルームへ。


部屋に行き、すぐにクーラーをつける。部屋めっちゃ暑い。
これまで夜は寒いくらいやったのに、アフリカ来て初めてやな。暑い夜なんて。


俺は喉が渇いてたのに、深夜1時ながらもホテルの人についてきてもらいながら、
ホテルから数十メートルの屋台(まだやってた)で水を購入。
その後はおとなしく部屋に戻って眠りについたのだった。
2010..12 タンザニア comment2 trackback0

comment

パルマ
ん?
美女の画像は?
2010.08.16 16:59
小太郎
僕の顔で我慢しといて
2010.08.28 07:24

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kotaro2004.blog94.fc2.com/tb.php/540-c4c572fb

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

小太郎

Author:小太郎
1982年生まれのてんびん座。
面白そうな事にはすぐに飛びつきます。友人いわく、「フットワーク軽すぎ」

性格:優しいはず
趣味:写真を撮る事、旅行(国内、海外)、ネットサーフィン、外国語の勉強
好きなもの:スタジオジブリ作品(特に耳すま、海きこ)、新居昭乃(特に空の森)、Sound Horizon、hide、洋菓子、アザーン、酒、面白そうなもの、事
嫌いなもの:ゴキブリ、高野豆腐
口癖:ぐはっ、うは、ってか、


2009年10月5日から2011年5月1日までの世界旅行記を掲載。

北米→中米→南米→アフリカ→アジアと、
基本的にバス移動での旅行記を掲載。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム