8/30(月) 現地人価格と観光客価格 in アスワン

結局、昼の12時くらいにアスワン到着。
アラビア語でしか駅名が書かれていない所もあったので少々不安だったが、
アスワンは有名だからか、しっかり英語でASWANと書かれていた。


駅に到着し、まずはNoor Hanへ。
値段は25ポンドだったが、店員が超やる気ない。
若干感じも悪かったので、他の宿へ。

次に目指したのは、Nubian Oasis。
ルクソールのヌビアン・オアシスでは盗難が相次いでいると、歩き方に書かれていた。
(歩き方に盗難がある宿名が出ている事なんて非常に稀)

若干心配だったが、ヌビアンへ。
めっちゃ気さくなスタッフが出てきて、暫く話す。
彼は歩き方に自分の写真が載っているといい、俺の古い歩き方を見せると、
確かに載ってた!!!

しかもホテルのとこじゃなくて、"ちょっと待って"のジェスチャーのところ。


宿代はヌル・ハンと同じだったが、こっちはネットが使えるし、
明日の朝ごはんをつけてやると言われたので、ここに決定。
ついでに、明日のアブ・シンベル神殿と、その他もろもろを回るロングツアーにも参加。
75ポンド。俺の古い歩き方の価格からちょい高いくらいだから、相場だろう。


それに、フルーカという乗り物にのって、ナイル川をゆっくりするツアーにも参加する事に。
2泊3日のツアーとルクソールへのバス代込みで125ポンド。
たっけぇ!!!

と思ったが、まだエジプトは他の国と比べて物価が安い。
このツアーだって、2泊3日で2000円くらい。安いもんだ。

なので、物価の安いエジプトくらい、
楽しそうなツアーには参加しようとここで決めた。
どうせこの先のトルコは物価が上がるはず。今のうちに贅沢しとこ。
(贅沢といっても、たかが知れているが)


チェックインし、街をぶらぶら散歩。
この街・・・中心部はスークしかないし、スークっていっても、ほぼ土産物しか売ってない。
俺はそこで、15ポンド、10ポンドのエジプト人男性が良くかぶっている布
(名前なんだろ?)を購入。かぶり方は教えてもらったけど、一人じゃ難しい。


その後、水とお菓子を買うためにぶらぶら。
この辺、さすが観光地とあって、正規料金ではなかなか売ってくれない。
真面目な顔してボッてくるから、面白い。

アフリカで超打ちのめされたおかげか、
こいつらがボッたくってきたところでなんとも思わない。

なんでこの真面目顔でボれるねん!と日本語でツッこむのが、
最近の俺の楽しみ方だ。そしてボッてきたやつ全員に、

「俺はカイロに1週間滞在していた。正規料金を知っている。それはXポンドだ!」と
料金だけ叫んで店を出る。これがなかなかストレス解消になる。
そしてちゃんとした料金の店に着いた時は、そんなヤツラの悪口を言う。
これもストレス解消になる。

ただ、この街ボるやつ多いな…多すぎる…
なんちゅー街やアスワン!!!


そんなこんなでジュースとお菓子を買い、宿へ戻った。
宿に着き、お菓子を食べながらゆっくりした後、夕食へ。


店は町を歩いて、適当に探した。
コフタとライスを注文。ライスを頼んだ後、
アエーシ(パン)が必ず付いてくる事を思い出した。次からライス頼まなくていいな。。。



夕食を食べた後は、適当なカフェでシーシャと紅茶を注文。
シーシャを吸った後、宿に戻ると、昼間俺に話しかけてきた店員が、

「日本人が2人、電車でアスワンに到着するが、彼らと話をしてくれないか?」と。
要は客引きの手伝いをタダでしろ、ってことやな?
まぁええよ。暇やし。

俺「でも彼らはヌビアンに泊まるんでしょ?」
男「いや、どこに止まるかはわからない」

え、じゃあその情報どこで手にいれたん!!??
こわいな客引きのおっちゃんたちは。。。


そして駅へ行き、数分待つとちゃんと日本人2人がいた。
おっちゃんは超積極的に話かけるが、彼らは無視。



ダメだよおっちゃん・・・
ほとんどの日本人は、新しい街についてすぐに来る客引きは無視するんだ・・・
一番有名なガイドブックにそう書いてあるんだもん・・・




そこで俺の出番ですよ・・・

俺「日本人ですか?」との問いに、






片方無視!

もう片方、小さく「はい」





なんでやねん!俺は生粋のヤパーニーやっちゅーねん!!







今回の旅で初めて日本人に無視された。
よー考えたら無愛想な感じやったもん、両方とも。
たぶんカップルやけど、男は超たよりなさそうやし、女は気キツそうやし。



めっちゃショックやった。。。


やつらは、何も言わずに去っていった。
日本人同士なら、せめて何か言ってからどっか行くんが普通やろ!!



男「日本人たちはどうした?」
俺「俺の話を聞かなかった。たぶん俺は信用されてない。どこかへ行った」
俺「俺は日本人だが、信用されなかった。こんなの初めてだ」
男「ハハハ。モンダイナーイ」



俺は大問題やっちゅーねん!!!



はぁ・・・明日アブ・シンベルのツアーで会うんやろな。
だってあれは、全てのツアー会社のバスが、安全のため警察に先導され、
コンボイを組んで移動するはずやから。。。




いややなー明日会うの。
2010..30 エジプト comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kotaro2004.blog94.fc2.com/tb.php/553-216b7d05

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

小太郎

Author:小太郎
1982年生まれのてんびん座。
面白そうな事にはすぐに飛びつきます。友人いわく、「フットワーク軽すぎ」

性格:優しいはず
趣味:写真を撮る事、旅行(国内、海外)、ネットサーフィン、外国語の勉強
好きなもの:スタジオジブリ作品(特に耳すま、海きこ)、新居昭乃(特に空の森)、Sound Horizon、hide、洋菓子、アザーン、酒、面白そうなもの、事
嫌いなもの:ゴキブリ、高野豆腐
口癖:ぐはっ、うは、ってか、


2009年10月5日から2011年5月1日までの世界旅行記を掲載。

北米→中米→南米→アフリカ→アジアと、
基本的にバス移動での旅行記を掲載。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム