9/2(木) ルクソールへ ~ホルス神殿見学~

今朝は珍しい事に、料理担当の船員が早く起きた。
といっても、ツアー客はほぼ全員起きていたけど。。。


俺達は全員、ミニバスでエドフという街に寄って観光してから、
ルクソールに向かう予定になっている。

朝食を食べた後、そのバスの詳細を聞くと、ドライバーはもういるとのこと。
時間は朝8時半。確かにドライバーというおっちゃんがいた。


俺たちはフルーカから荷物を取り出し、ミニバスに乗り込む。
その前に、キャプテンとコックにチップを渡すが、
生意気にも額を指定してくる。




だが、ついてない事にこれは50ポンド札しか持ってなかった。
(約1000円)
これはツアー代金の約40%の額だ。そんな大金は払えない。
だが、若いキャプテンには頑張ってほしいし、彼は若いながらも
後輩に教えながらちゃんと仕切ってたので、チップはあげたい。



まぁいいや。
そう思って50ポンドをあげた。
もうこんな事は2度とないだろう。



俺達を乗せたミニバスは、エドフという街に向けて出発。
これから数時間の移動だってのに、クーラー効いてないし。。。
はずれやこのバス・・・。

少したち、俺達はエドフにあるホルス神殿に到着。
そこで1時間観光できることになった。


俺はとにかく喉が乾いていたので、水を買う。
だが、ホルス神殿前の土産物売りなんて、100%観光地プライスだ。
ま、それは日本でも同じ事なので、多少の高さは我慢しようとした。


色んな人と交渉し、水1.5リットルを5ポンドで買うことにした。
(本来ならば2.5ポンド)

だが、金を払う時、俺の札をみて
「この札は穴があいているからだめだ」と言った。




お前らそんな細かいこと気にしてへんやろ!!!
街はクソ汚く、ゴミ掃除とはゴミを移動させるだけ。紙幣はポッケに突っ込む。
ラマダンなのに隠れて食ったり飲んだりしてる奴も多い。


そんな適当なやつらの集まりのエジプト人が、
金に穴開いてるくらいでゴタゴタぬかすな!!!!
それにそんな事は、財布を使ってから言え!!!!!!!!


俺「お前らそんなん問題ないやろ!!?」
男「いや、ダメだ」
俺「いらない。他の店で買う」


俺は別の店に向かった。だが、男がついてくる。
別の店につき、さっきの穴あき紙幣で金を払おうとすると、
さっきの男が割り込んできて、

「この紙幣は穴が開いている。誰も受け取らない!」と一言。



俺「ついてくんな!!!」



そういうと男は去っていった。
ラマダン中のお前の前でうまそうに水のんだろか!!!!


結局、水を売りに来た子どもに、


「この金穴開いてるけど大丈夫?」と聞くと、俺の金を見て、
「オッケー」と一言。


ほんま分かってる君?
なんか騙してるみたいで嫌だけど、喉が乾いてたし、
500mlの水を2本で4ポンドで購入。
(本当は3ポンドだったけど、お釣りがなかったみたいなので4で俺が納得した)



そしてチケット買い、ホルス神殿へ。

DSC_0935.jpg


ほぼ全ての神殿の上についてうるこれは、何のマークなんだろう?

DSC_0962.jpg

さすがに何箇所も神殿に行くと、だんだん飽きてきた。
というか、俺の予備知識がほぼない事もあって、しっかり楽しめない。
あー勉強してきたらよかった。
ガイドブックぺらぺらめくるだけじゃあかんねんな。



ホルス神殿を出て、駐車場に出ようと小さな柵のドアを開けようとすると、
絶対に関係ないタダの通行人がドアの前に立ちふさがり、


「Open the door, 5 pounds」


お前らどんなけ可愛そうなやつらやねん。
そこまで何でも金とってくると可愛そうになってくるわ。



ま、俺はそいつを見ながら柵を乗り越えたんやけどな(笑)


じゃ、そいつ、「Hey,come back!」と言ってた。
ざまぁみろ!!!




そしてちょうと1時間経つが、バスがこない。
なんで遅れとんねん!!!



そして1時間ちょい経ってバス到着。
それ相応の理由があって遅れたんやろな?


そしてミニバスに乗り込むと、あれ・・・



エアコン効いてる。。。
確かエアコンは壊れてたはず。だってずっとONの状態やったもん。



運転手「すまん、エアコンを直してたら遅れた」




なんていいドライバーなんや!!
エジプト人はなかなこういう事でけへんで!!

みんな、

「問題ないよ!」と口々に言ったのだった。
問題ないどころか素晴らしい!!!



そして神殿を後にして少し立つと、運転手は、

「ホテルの名前を教えてくれ」といい、各自が各々のホテルで降りていった。
俺はHappy Landというホテルで降ろしてもらった。
運転手はしっかりチップを求めてきたが、エアコンを直す行いがよかったから、
20ポンドあげた。



そしてHappy Landの料金を聞くと、"55ポンド"とのこと。
高すぎるやろ。


俺「高すぎて泊まれません」


だがオーナーは全く交渉には応じず。
俺は何故か疲れがどっと押し寄せてきたので、
1泊だけこのクソ高いホテルに泊まることに。


ホテル内はさすがに高いだけあって、めっちゃくちゃ綺麗。
朝飯をついているみたいやし。ただ55ポンドならエアコン付きがよかったな。
エアコンつくと65とか言われたから。


俺は部屋で休憩し、その後ホテルを出た。
明日泊まる宿を探すためだ。


ガイドブックをみて、宿情報の記載されていない、
FONTANA Hotelに行く事にした。(最新版には書かれてるかもしれない)


行くと、何故かチャイを入れてくれ、
オーナーの奥さんとの雑談がはじまった。



「私の夫、もう年なの。強くて若い新しい旦那がほしいわ」




知らんがな。
その前に値段教えてや。


そしてオーナーの奥さんは去っていった。
おいおい!!!!何しにきたんやおばちゃん!!!!


その後、オーナーが到着。
値段を聞くと、ファン付き50ポンド、エアコン付き55ポンドとのこと。


俺「高いので、他を探します」
オーナー「じゃあディスカウントだ。ファン付き45」


しばらく悩んだふりをして、


俺「すみません」
オーナー「ファン付き40。エアコン45」


絶対まだまだ下がるやろ。
ただ、オーナーがめっちゃいい人やねん。優しそうな雰囲気出てる。
だからか、これ以上値下げさせる、つまり戦う気になれなかった。
わかりやすくいうと、オーナーの作戦に完全に負けた。。。


ファン付き45、Free Wifi、朝食付きということで決定した。



さらに・・・




ルクソールの西側のツアーにも参加することに。
俺は自転車で行こうかと思っていたので、値下げ交渉には全く応じなかったが、
チャリで行くと観光どころじゃなくなるという事を以前に見かけたので、
350→205ポンドの、超高いツアーに参加する事にした。


ここ数日は、ツアーに参加しまくってrな。
最近は、なんだかすごいお金持ちになったような気分だ。
シングルルームだし、ツアーばっかりだし。
まぁ、ツアー参加はエジプトが最後だな。
たまにはこういう豪遊(俺にとっては豪遊)もいいでしょ。
豪遊っていっても、数千円だけやけど。



明日泊まる宿も決まったので、俺は町をぶらぶら。




しようとしたが、暑すぎてムリ・・・。



結局部屋で寝た。




目が覚めたのは6時半ごろ。


部屋を出てロビーに行くと、オーナーに明日のツアーの勧誘をされた。
ここのオーナー、値下げ交渉には応じなかったけど、ええ人はええ人っぽいな。


なんとか断り、俺はホテルを出て、夕食が食べられるところを探す。
ホテル近くのテレフィジヨーン通りを南に下り、細い道を東に入ったところに、
コシャリ屋発見。小3、中4ポンド。俺は中をテイクアウトで注文し、
ホテルに持って帰った。


ホテルに着き、コーラを買おうとしたが、冷蔵庫にあるのに冷えてない。
冷凍庫は動いてるみたいなので、コーラを買って冷凍庫にしばらく入れておいた。



そして俺は部屋に行き、コシャリを食べる。
うーん、カイロの通いつめてたところのコシャリと比べると、このコシャリは
サクサク感が全くないし、ソースもついてこなかった。イマイチやな。
不味くはないけど。



コシャリを食べ終えて部屋でゆっくりしていると、フロントの兄ちゃんが、
部屋にきて、わざわざコーラを届けてくれた。優しいやん。




その後は、部屋で日記の下書きを書き、眠りについた。
2010..02 エジプト comment3 trackback0

comment

yotto
>私の夫、もう年なの。強くて若い新しい旦那がほしいわ」

>知らんがな。
>その前に値段教えてや。


wwwwwww
2010.09.06 03:13
GIGI


上に同じくwwwwwwwwwwwwwwwwww


2010.09.06 11:02
小太郎
>yotto&GIGI

いや…日記のネタになったからいいというのは後になっての話で…
いつ金額を言ってくれるのだろうと待っていた俺がアホらしかった。
2010.09.07 21:03

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kotaro2004.blog94.fc2.com/tb.php/557-a479ce25

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

プロフィール

小太郎

Author:小太郎
1982年生まれのてんびん座。
面白そうな事にはすぐに飛びつきます。友人いわく、「フットワーク軽すぎ」

性格:優しいはず
趣味:写真を撮る事、旅行(国内、海外)、ネットサーフィン、外国語の勉強
好きなもの:スタジオジブリ作品(特に耳すま、海きこ)、新居昭乃(特に空の森)、Sound Horizon、hide、洋菓子、アザーン、酒、面白そうなもの、事
嫌いなもの:ゴキブリ、高野豆腐
口癖:ぐはっ、うは、ってか、


2009年10月5日から2011年5月1日までの世界旅行記を掲載。

北米→中米→南米→アフリカ→アジアと、
基本的にバス移動での旅行記を掲載。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム