スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

10/20(水) イラン入国 ~優しいイラン人たち~

ドルムシュでトルコ、イラン国境沿いの町、Gurbulakまで移動した俺は、
歩いてパスポートコントロールへ。


これまで幾度となく国境を越えてきたが、
今回は緊張する。


イラン。
日本にいた時にはろくなニュースを聞かなかった国
だが、日本に帰るまでの通り道だし、イランという国に興味はある。
どんな人たちなんやろう?


イランを越えてきた旅人たちから聞いた話では、
どの町でもシュークリームがめちゃうまい!その他甘味もうまい!とのこと。
だが飯は不味くて安くはないとのこと。

不味くて安くない飯って・・・何の価値もないやん!!!
いちおう、各国の料理を食べたいから食べはするけども。。。




・・・話を国境越えに戻す。
トルコ側の国境でパスポートを提示する際、近くにいた軍人さんに、


男「なぜイランに行くんだ?イランはよくないぞ!
 トルコはいい!イスタンブール!イスタンブールに行くんだ!
 ブルーモスク、スルタンアフメット・・・」

俺「トルコのどこ出身?」
男「イスタンブール」

どうりでイスタンブールおすすめめするわけやwwwwwwwwwwww
いや、俺もイスタンブールは大好きやで!あんたの情熱には負けるけど。。。

俺「イスタンブールには1ヵ月いたよ」
男「本当かい!?」
俺「あぁ、イラン→トルクメニスタン→ウズベキスタンと旅行するつもりだ」
男「トルクメニスタンはいい!!タージマハールが」


え、タージマハールってインドちゃうかったっけ?
同じ名前でトルクメニスタンにもあるの?

と思ってたら、別の軍人さんにすかさずツッコまれてた。

「それはインドだよ」って言われてるのかな?

俺「イランに行くよ。バイバイ」
男「良い旅を!」


そんなこんなで無事出国。
そして残っていた(というよりわざと余らせていた)トルコリラをイラン・リアルに両替。
またゼロが多いなぁ・・・。



そしてイラン側へ。
あぁ緊張する・・・。とりあえず笑顔で挨拶だ!!
朝、宿でペルシア語を紙に書いてきたので、それを見て、

「サラーム!」(こんにちは)と笑顔で一言。

イラン側の軍人さんは、俺を見るなり「パスポート」と一言。
俺はこんなに笑顔を振りまいてるのに・・・・・。
すぐに渡すと、彼はどんどん先へ歩く。
俺に「ついてこい」という風にジェスチャーしながら。



そして着いた先は、入国審査。
イラン人と思われる人で長蛇の列が出来ている横を彼はとおり、
入国審査の窓口の横から、俺のパスポートを渡す。





あれ?これって横入りですよね??
まぁいいや。はよ終わってくれ。




少し時間がたち、別のおじさんが、
「ついてこい」というリアクションで別室へ。



え?なんで?
俺ビザあるで?変な国にはたぶん行ってないけど・・・。
あ、もしかしてアメリカ行ったスタンプあるから??
いや、そんな事聞いたことないぞ・・・。



めっちゃ心配してたけど、他の国の入国審査とほぼ同じで、
どこに行くのか、何日滞在か、とかそんな質問だけ。
最後に両手の指の指紋を押して終了。


俺「ヘイリーマムヌーン!」 (ありがとう)

おっちゃんは笑顔で「ヘイリーマムヌーン」と返してくれた。





よし・・・とりあえず終わった。
後は俺の目指すタブリーズまで行けるかどうかや。

国境を越え、マークーという町までタクシーで行き、そこからバスでいけるらしい。
とりあえず歩こう・・・。


と少しだけ歩くと、ボロボロの車を運転している高齢のおじいさんが、
俺に笑顔で何か行ってきた。

とりあえず、作れる限りの笑顔で「サラーム!」といって近づいて握手。
何行ってるのか全然わらかんかったけど、

マークー?タブリーズ?テヘラン?てのはわかった。
あ、どこ行きたいか聞いてるのか。

とりあえずマークーだから、マークー!というと、乗れ乗れ!と笑顔で言ってくれた。
国境を超えたばかりでテンションが高かった事と、
おっちゃんの笑顔は本当の笑顔だえろうと判断したので、載せてもらう。


お互い、言葉は通じないながらも、
日本人だよ、とか、年齢とかを話したりしていた。


おっちゃんは、タクシー乗り場で降ろしてくれ、そこで別の方へ車は進んでいった。
そして車から降りると、若い兄ちゃんが再び笑顔で近づいてくる。



この国・・・国境は緊張したけど、皆笑顔で近づいてくるな。
おもしろい。


男「Hi! Welcome to Iran!」
俺「Thank you!」 ← もちろん笑顔

男「なんでイランに来たんだ?」

なんでって言われても・・・旅行なんやけど・・・。

俺「観光だ」
男「今からどこへ行く?」
俺「マークのバスターミナルまで。その後はタブリーズ」
男「Have a nice trip!」


その後、すぐにタクの運ちゃんたちの客引きが来た。

「午後はマークーからタブリーズまでのバスはないぞ!タクシーで10ドルだ」




絶対ウソや。
イランに来たのは初めてやけど、絶対ウソやろそれ!



俺はとりあえずマークーのバスターミナルまで送ってもらった。
40000リアル。この時は「たぶんこれくらい」と払ったけど、5ドル分も払っていたのだった。
払いすぎた・・・。



そしてばっちり13時30分発のバス発見。
値段は30000リアル。
「3000」って書くから、え?50円以下?と思ったけど、やっぱり30000みたい。
後で知ったけど、リアルの10分の1のトーマンという単位が一般的に使われているらしい。
なんちゅーややこしい単位や・・・。



あまりお腹が空いてなかったので、座って待つと、
隣にいるおっちゃんが話かけてきた。英語で。

で、このおっちゃんも俺に、
「なんでイランに来たんだ?」と聞いてきた。

イランに来た事がそんな不思議なのか??


また観光って応えたけど。


その後もいろんな人が話しかけてきて、
何がおいしいとか、どこがおすすめとか色々聞いてた。
楽しいなーイラン。明るくて優しい人が多い。


無事にバスに乗り込み、夕方6時ごろに到着。
「ゴレスターン!」と叫んでると、「ここだ!」と皆言ってくるから。


でもここ・・・ただの道やん・・・・。
いきなり僕にはレベルが高いよ・・・。



そんな時、またまた優しい人が助けてくれた。
彼は21歳で大学生のレザ。なかなかのイケメン。
公園近くのダルヤーホテルだというと、
「一緒に行ってあげる」と言ってくれた。

まず俺達はローカルバス乗り場へ。

バス乗り場で驚いたこと、それは料金の支払いがタッチパネルだったこと。
(もってない人は現金払いだけど)

そして、男性と女性の並ぶ列が分かれている事。

色々驚いている間、レザはいつの間にか
俺の分のバス代をタッチパネルで支払ってくれていた。

俺「ありがとう、でも払うよ」
レザ「ノーノー」 笑顔でこう応えた。


優しいな・・・こんなどこの誰かわからん俺に・・・。
そしてバスに乗り込み、(バスの中も男女が別れている)彼と色々話す。

名前や年齢、職業などの自己紹介をした後、、話の中心はぽっぱら女性の話。

レザ「彼女はいるのか?結婚してるのか?」
俺「してない。彼女はいない」
レザ「なぜだ?」

なんでって言われても・・・作れたら作ってますやんか!

俺「別れたんだよ。問題がいろいろあった。」
レザ「で、新しいガールフレンドはどうなんだ?」
俺「いないよ。そっちは?」
レザ「フィニッシュ」

で、終わったのは結婚してるってことなのか?

俺「え?結婚してるの?」
レザ「いや、彼女が結婚した」


え・・・男と付き合っといて、別の男と結婚したりすんの?
えげつないな・・・。

レザ「で、前の彼女は可愛かったのか?」
俺「とても可愛かった。そっちはどうなんだ?」
レザ「very very very beautiful」


そうとう好きだったようで。
なんかこいつ、俺と似てるな。大学の専攻もコンピュータらしいし。


彼と話していると、バスが到着したようで、降りる。
降りると、大学の友達が着てたようで、計3人で俺の宿を探す。

その友達がまたいいヤツで、走りまわって俺の宿を探してくれた。
いや、ここまでくれば俺1人でも探せたんやけどな。


途中「お前のホテルはここからかなり遠いぞ」と言ってきたが、

ここタブリーズには、2軒ダルヤーホテルがあるという情報を入手していたので、
それ伝え、もう一件の方に向かう。
度々、その友達が走ってくれるおかげで、すぐに見つかった。



だが宿はフル。
えぇ・・・なんでこんな時期にフルなんですか??
ここには情報ノートがあって、ぜひ泊まりたいのに。


とりあえず、明日泊めてよ!と何度も念を押し、教えてくれた別の宿へ。
その宿は、ダルヤーを出て右に歩いた所にすぐにある、Guest House Payam。
そこに行くと、8000、12000の二つの数字を書き、8000には×マークをつけた。
おそらく、8000の部屋はもうないんだろう。


もう移動したくないし、この日はちょっと高いが12000(約12ドル)の宿に決定。

レザは、明日の1時くらいにまた来るから、一緒に街をぶらぶらしよう!といい、
俺も面白そうなので承諾した。



さ、明日はどうなるのやら・・・。
2010..20 イラン comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kotaro2004.blog94.fc2.com/tb.php/582-ebd6dda6

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

小太郎

Author:小太郎
1982年生まれのてんびん座。
面白そうな事にはすぐに飛びつきます。友人いわく、「フットワーク軽すぎ」

性格:優しいはず
趣味:写真を撮る事、旅行(国内、海外)、ネットサーフィン、外国語の勉強
好きなもの:スタジオジブリ作品(特に耳すま、海きこ)、新居昭乃(特に空の森)、Sound Horizon、hide、洋菓子、アザーン、酒、面白そうなもの、事
嫌いなもの:ゴキブリ、高野豆腐
口癖:ぐはっ、うは、ってか、


2009年10月5日から2011年5月1日までの世界旅行記を掲載。

北米→中米→南米→アフリカ→アジアと、
基本的にバス移動での旅行記を掲載。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。