10/21(木) タブリーズ観光 ~信じる事と疑う事~

記念すべきイラン観光1日目!!
正直、うまいと聞いているシュークリームとピスタチオさえ食べられればええけど、
せっかく来たので色んなものを食べてみよう。



昨日の夜はケバブを食べたので、違うものを探すも、
朝からやってるのといえば、どこにでもあるようなパンとハンバーガーくらい。
両方とも、今後何度も食べる事になるだろうけども、朝はがっつり食べたかったので、
サンドイッチを食べることに。


大きなパンに、野菜とハンバーガーをはさんであるシンプルなもの。
これ飽きそう。。。


そして思っていたとおり、飽きてきた。あーこれ毎日は辛いな・・・。
値段は15000Rsと、まだ安い方ではあるが・・・。



飯を食べた後は、街を散策!!!



まずは巨大な要塞、"アルゲ・タブリーズ"へ。
損傷が激しく一部しか残っていないとの事だが・・・


DSC_1612.jpg
写真だと分かりづらいが、、実際見てみると、大きさに圧倒された。



だが、この裏には特に何もなく、これを見た後にすぐに別の場所に移動した。
次は、イランのブルーモスク、"マスジェデ・キャブード"
こちらも損傷が激しいとのこと。

途中、優しい老人に道案内をしてもらい、無事到着。
ま、そんなにややこしい道じゃないんだけど、わざわざ着いてきてくれた。
ありがとう。

DSC_1644.jpg
モスクの外側


DSC_1640.jpg
ブルーモスク内部


確かに損傷は激しいようだけども、青いタイルの装飾は非常に綺麗だった。



モスクを見た後、次の目的地に移動しようと歩いていると、
マスジェデ・キャブードの入り口で、チャイでも飲まないか、と呼び止めた。

そして、英語のほとんど通じない彼らに、
どこから来て、どこに行くというような話をした。
チャイをくれて嬉しかったのだが、チャイの味・・・トルコと比べると落ちてるな。
何故かわからないが、トルコのトラブゾンが一番美味しかったな。



彼らと雑談した後は、バーザールへ。
やっぱりイスラム圏といえばバザールでしょ!!!
特に買うものはないが、ピスタチオの値段は気になる。。。



そしてバーザール到着。
DSC_1656.jpg

ここ・・・トルコのグランドバザールに勝るとも劣らない規模や。
めっちゃくちゃデカイ。それでいて、観光客向けのものは何一つなく、
香辛料、日用品、宝石類、などが売られている。
とても活気があり、歩いているだけで楽しい。

ただピスタチオ・・・言うほど安くないな。1kg約1000円。
トルコのイスタンブールで、俺が見つけた最安の場所は。1kg約1100円。
大してかわらん。
ただ、質はぜんぜんこっちの方が良い。


歩きすぎて少し疲れていた俺は、1件の食堂へ。
チャイとコーラを注文し、買ったピスタチオをひたすら食べた。
んーピスタチオの味がなんか今ひとつやな。
食べなれている味じゃないからかもしれんけど。



ピスタチオを食べ終え、店から出ようと金を払おうとすると、
店のおやじは、

「いらない、いらない」と笑顔でリアクション。
嬉しいけど、飲んだので払うよ!と頑張って伝えても、
笑顔でいいよーと言う感じのまま。


イラン、皆人がいい・・・良すぎるよ・・・。

「ヘイリー・マムヌーン!」と笑顔で伝えて俺は店を出た。



次にひやかしたのは、水タバコのセットを売っている店。
通常よりもかなり小さいサイズのシーシャセットで、見た目はとても綺麗。
部屋に飾るだけでも問題なし。


そいつの金額はなんと・・・

450円!!!



マジか!!?単位を間違えてるんじゃないかと、
何度もお札をだして聞いたけど、間違いではなさそう。

ま、でもこれは、よく見ると色が落ちてる場所があったりする。
それにしても安いけど。

で、装飾のとても綺麗なものは、約1000円。
いやいや、それでも安い!!


買いたいけど、さすがに邪魔すぎて持ち運べない・・・。
ま、シーシャはここで吸って満足しよう。



ということで、バーザール内のチャイ屋で水煙草(ガリヤーン)を吸ったのだが・・・
これトルコのと違って香りのやつないんやな・・・。
ただ煙吸ってるだけやん・・・それならいいや・・・。


すぐに吸い終わり、俺はさらにぶらぶら歩いた後、
昼ごはんを食べてホテルへ。



昼飯は、トマト、玉ねぎ、ミンチ肉を炒めたものと、薄いナン。
これは旨いだろうと思って食べるも、あまり味がない・・・。
塩、コショウはしてあるのかな・・・?



その後一旦ホテルへ。



ホテルへ戻り、ベッドで横になるといつの間にか眠ってしまっていた。
目が覚めたのは夕方。
腹が減ったので、昼に食べたミンチ肉の炒め物を再び食べる。
うまくはないが、値段と量を考えると、今のところこれが一番いい。



夕食を食べ、部屋でゆっくりしていると、誰かがノックする音が聞こえた。
誰やろ?



昨日ここまで送ってくれたレザだった。
今日、遊ぼうという話をしていて、「1時ごろに行く」と言われていたが、
こなかったので用事か何かかなーと思っていたけど、遅れても来てくれた。

ロビーには、彼の友達(名前が複雑すぎて忘れた)もいて、
俺達は、タブリーズで一番綺麗で、可愛いコも集まるという、イールゴリー公園。


そこへは乗り合いタクシーを何度も乗り継いでいったのだが、
その代金を俺に払わせてくれない。


「カズキはゲストだから」



こんなによくしてくれるのに、心のどこかで少し疑っている自分が情けなかった。



どこへいくんだろう?
タクの運ちゃんとは知り合いじゃなさそうだな。



そういう事を少なからずとも考えている自分がいた。



完全に信用して後で痛い目に遭いたくないという事と、
心のそこから楽しまないと、相手にもそれが気づかれてしまうという事が、
頭の中でグルグル回っていたのだった。


レザ「イランと日本の女性はどっちが可愛いんだ?」
俺「俺は日本人だと思う。でもイランの女性はトルコの女性より可愛いよ」
レザ「本当かい?」
俺「イスタンブールは綺麗な女性が多かったけど、
  タブリーズはもっとかな」


結局、こういう話になってしまう俺達・・・。


俺「ムスリムの男性はどうやって彼女を作るんだ?」
レザ「どうやってって・・・特に変わった事はないよ」

いや・・・それが気になるんやん。
バスが分けられてたり、服装だって黒づくめやのに・・。

俺「日本だったら、まず電話番号とメルアドを手に入れて、
  そこからはじまるんだけど」
レザ「そうだよ、その通り」


うーん、それをどういう風にするのかが気になるのに。
男女が分けられた世界で、それをどうするのかが聞きたいのに・・・。



そして無事公園到着。
明日は金曜日でイスラム圏は休みなので、木曜日である今日は本当に人が多い。
ここは綺麗にライトアップされていて、家族連れ、友達同士、カップルが多い。


DSC_1671.jpg



レザ「ほら、あそこ!あのコ可愛いだろ?」
俺「いや、バザールにもっと可愛いコがいたよ」



お前・・・飢えとるな・・・。




その後、レザの友達がジュースを買ってくれて、
公園内をぶらぶら。


こういうのは・・・野郎同士はどうなんやろ??
個人的にはビミョー・・・。




というのが顔に出ていたのか、
「疲れてるのか?」と何度も聞かれたので、
「ちょっとね」と答えておいた。



公園はそこそこ広く、人口の池?でボートを漕いでいる人たちもいれば、
若者がチャリンコを乗り回してたりもした。


俺に気を使ってくれたのか、
疲れてそうだからそろそろ帰ろうという話になり、
彼らは宿の前(というか部屋の前)まで送ってくれた。




帰りも金を受け取らなかったし・・・。
ホント、俺も払うよ。




そんなこんなで、楽しい楽しい観光初日となった。

俺はもしかして、人の事を疑いすぎるのかな・・・・・。
でも、見た目じゃわからないし・・・。
見た目は大丈夫そう=100%安心じゃないし、今日のタクシーだって、

暗闇に連れていかれる → ボコられて奪われて退散 という事も、
可能性としてはあったわけやし。


とはいえ、こんな疑ってばかりじゃ楽しめる事も楽しめないーと思ったのだった。
2010..21 イラン comment3 trackback0

comment

はる
バザールめっっちゃ楽しそうやな!

いやー、疑いすぎてることはないと思うで~
もし疑いもない状態で、南アフリカとか旅してたら、
今頃絶対旅続けれてないってw

疑うってゆーと、悪いイメージあるから、「曇りなき眼で見定め」
るって思えばえーねん!
あっ、なんもアドバイスなってないなw
2010.10.25 22:44
GIGI
女の子も曇りなき眼でガン見や!

さすれば黒い布も透けて見えるわけないやろ!ちくしょう!
2010.10.26 11:23
小太郎
>GIGI
俺はわかった。あの黒い布・・・あれはあかん。
あれは男性をますますムラっとさせるねん。

とあるホテルの中で、タイトな服を着てるイラン人を見ただけで、
なんかドキっとしたもん。いつも黒い布に覆われてるから。
だから外国人女性が被害にあうんやと思うねん。


ちなみに僕は心眼で布の先どころか全てが見えてるので心配なさらず。

>はる
バザールええでー!!!雰囲気が好きで、用事がなくてもぶらぶら歩いてるわ。

そやなー。やっぱ仕方ないよなー。
でも、最近になってイランでは人によっては信じる事にしてるねん。
いまだにイラン人には良くしてもらってるから。
2010.10.30 23:23

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kotaro2004.blog94.fc2.com/tb.php/583-fecc6b71

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

小太郎

Author:小太郎
1982年生まれのてんびん座。
面白そうな事にはすぐに飛びつきます。友人いわく、「フットワーク軽すぎ」

性格:優しいはず
趣味:写真を撮る事、旅行(国内、海外)、ネットサーフィン、外国語の勉強
好きなもの:スタジオジブリ作品(特に耳すま、海きこ)、新居昭乃(特に空の森)、Sound Horizon、hide、洋菓子、アザーン、酒、面白そうなもの、事
嫌いなもの:ゴキブリ、高野豆腐
口癖:ぐはっ、うは、ってか、


2009年10月5日から2011年5月1日までの世界旅行記を掲載。

北米→中米→南米→アフリカ→アジアと、
基本的にバス移動での旅行記を掲載。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム