11/30(火) 楽しい寝台列車の旅 FromカジュラーホーToバラナシ

朝ゆっくり起きて、チェックアウトをすませ、南群の寺院へ。
歩いていくには少し遠そうだが、俺が今日乗る列車は、夜11時発。
それに、この街の観光はだいたい終わっているので、ゆっくり歩いても時間は大丈夫。


朝食はやはりUniversalで。
何度も利用しているが、観光地化されたこのカジュラーホー村で、
地元価格は本当にありがたい。
たまに、地元の土産物売りが、ここに買いにきているのを見かけた事があるし。


ホテルが集まっている中心部から南東に少し歩くと、
地元の雑貨屋の主人が話しかけてきた。
俺も時間があったので、そのおじさんと座ってゆっくり話すことに。

会話は英語。
俺はヒンドゥー語は挨拶しか知らないので。。。


15分くらい彼と話し、俺は再び寺院を目指した。

そして、ようやく一つ目の寺院に到着。

DSC_2570.jpg
西群と比べると、ここは寺院以外は建物がなく、草や木が多く植えられていて、
とても景色がいい。寺院の装飾は、他の寺院とさして変わらないけど、
俺はここで少し休憩した。



その後、さらに南に歩いてもう1つの寺院へ。
DSC_2574.jpg
地元の人の生活にかかせない川
途中で通った村


DSC_2586.jpg
寺院の中にある、天女の像は見ごたえがあり、来た甲斐があった。


寺院の隣には学校があり、丁度みんなお昼ごはんを食べていた。
子供たちは笑顔で、個々のプレートを持ち、並んで昼食が入れられるのを待っていた。
寺院からそれをボケーっと眺めていたけど、皆いい笑顔だったなー。



寺院を出た後は、まっすぐホテル近くまで戻り、昼食へ。
昼食は中心部の東側にある小さな食堂で食べた。
チャイ2杯が無料で、ターリーも安く、ここも良心的な店だった。

DSC_2599.jpg
昼食のターリー



夜までは、寺院を眺めながらチャイを飲んだり、
本を読んだりして過ごした。

DSC_2602.jpg
めっちゃお世話になったUniversal


ここで夕食を食べていると、色んな客が俺に話かけてきて、
それもまた楽しかった。
そんな中、1人の男に「列車でバラナシまで行く」というと、
「駅までオートリキシャをRs40でどうだ?」と持ちかけられた。
ただし他の3人とシェアらしい。

ま、1人で行くとRs100が相場らしいので、この話はありがたい。俺は快く了解した。
1人Rs 40で俺を入れて計4人だから、
おっさんの手元には160-100=Rs 60以上転がり込むわけか。
・・・まぁいいや。




そして夜にカジュラーホー駅に到着。駅は作られたばかりとあって、とても綺麗。
寺院のような装飾が施されているのも、なかなかええ感じ。

バラナシ駅の列車は既に到着していて、
俺の乗る車両のドアの入り口に貼ってある紙を見ると、ちゃんと俺の名前がある。
俺は安心して中に乗り込んだ。


中は、3段ベッドが2つごとに区切られていた。
俺のまわりは、どうやら全員外国人観光客のようだ。少し安心。
そのメンバーのうち、韓国人の3人組が明るく話しかけてくれた。
ウォンミン、ヨンミン、エヨンの3人は、インド内を一緒に回っているらしい。
だが、3人組というわけではないらしく、彼らはバラナシで別々のルートと辿るのだとかl。




そしてこの出会いが、彼らと一緒に行動するきっかけになったのだった。
2010..30 インド comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kotaro2004.blog94.fc2.com/tb.php/612-ff89a030

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

小太郎

Author:小太郎
1982年生まれのてんびん座。
面白そうな事にはすぐに飛びつきます。友人いわく、「フットワーク軽すぎ」

性格:優しいはず
趣味:写真を撮る事、旅行(国内、海外)、ネットサーフィン、外国語の勉強
好きなもの:スタジオジブリ作品(特に耳すま、海きこ)、新居昭乃(特に空の森)、Sound Horizon、hide、洋菓子、アザーン、酒、面白そうなもの、事
嫌いなもの:ゴキブリ、高野豆腐
口癖:ぐはっ、うは、ってか、


2009年10月5日から2011年5月1日までの世界旅行記を掲載。

北米→中米→南米→アフリカ→アジアと、
基本的にバス移動での旅行記を掲載。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム