スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

3/9(水) バンコクは広い! ~ひたすら徒歩で散策~

バンコクの国立博物館では、毎週水、木曜日は日本語の無料ガイドツアーが行われている。
それに参加するため、9時10分に国立博物館へ。

ガイドさんと思われる方が何人もいる・・・どういうこっちゃ??
ガイドはおばちゃん予備軍かおばちゃんばかり。
おそらく、バンコクに住まれている方のボランティアだろう。
こういうのは本当にありがたい。

ツアー時間の目安は、9時30分から11時30分らしい。
長いな!!素晴らしい。



ツアーは9時ちょい過ぎにスタート!!
事前に資料が配られた。これには、タイの年号が記載されている。
事前に資料配布とか、ものすごい気合入ったツアーやん。


まずはブッダイサワン礼拝堂に行く。
そこには、とても広い部屋に、ブッダの生涯を描いた壁画が、何枚も描かれていた。
四方の壁のほぼ全てに描かれており、それぞれが関連する、違った壁画なんて、
この部屋だけでもすごい!!!

分かりやすくて丁寧な説明のおかげで、とてもよくわかった。
仏教とヒンドゥー教のかかわりとか、なぜタイと日本の仏教は違うのかなど。


ここでツアーガイドさんがチェンジ。
え?分野ごとに違う人が出てくんの?
十分お金をとっていいレベルのツアーやん!!!
正直、無料ツアーガイドの質はニューヨークシティ以上や。


次に行ったのは、様々な仏像が展示されている部屋。
これも説明がわかりやすくて、本当に良かった!!!


その後も、ガイドさんが変わりながら、色々な説明を受けた。
タイ美術が、仏教に深くかかわっているという事が分かったし、
見事な美術品が所狭しと置かれていた。


何度も言うけど無料ガイドツアー最高やった!!!
これだけでもバンコクに来た甲斐があった!!



ツアー終盤は、現在の特別展示である日本とタイの美術品の部屋で、
日本のものの説明がはじまった。
昨日会ったeizoさんとの待ち合わせ時間が過ぎているので、
ここで急いで宿へ戻った。



宿に戻ると、既にeizoさんは到着していたので、
ふたりで街をぶらぶら。
目指すはチャイナタウン!!!
餃子食いてぇー!!



とはいえ、ここからは何キロも離れていて、
バスが網の目のように走っているこの街では、歩いていく必要はない。


でも、歩いて街をぶらぶらしながら向かった方が絶対に楽しい!!!
ということで、歩いてチャイナタウンを目指す。



地図には、大体のチャイナタウンの場所が書いてあるだけなので、
まずは牌楼という、チャイナタウンの門を目指す事に。



観光客が集まっているのは本当に一部のエリアで、
少し歩くと現地人しかいなくなる。


そして電器屋街、車の部品、仏具屋街など、色々なものが売っているし、
所どころに、ショッピングセンターがある。

特に興味のある見どころは少ないが、
広いバンコクをぶらぶら歩くのは本当に楽しい。



結局、宿を出て約2時間経ち、ようやく門に到着。

DSC_3115.jpg


だが、よくあるチャイナタウンのように、一部に集中しているエリアが見当たらない。
中国語の看板はパラパラあるが、もっとあるはずや。



ま、とりあえず昼ごはん。



僕はとりあえず餃子が食べたいので、
色々な店を見ながら餃子がないかを探す。


そして一軒の麺料理屋の前へ。地元の食堂といった雰囲気。
その前にはタイ人なのか中華系なのかわからないおじさんがいる。

生まれてから一度もウソをついた事がないかのような純粋な顔。
俺達が近づくと、

おじ「ここの麺は本当においしいよ!!俺は今食べたところなんだ」
おれ「この辺に中華料理屋はない?」
おじ「そこの道を左に曲がるとあるけど・・・」


おじ「なぜここで食べないんだい?」


おじさんには単純に疑問がある。
こんなにおいしい麺料理を、なぜ彼らは食べないのだろう。
人を疑うということを知らないような顔をしていた。


いい笑顔すぎる・・・けど、俺は餃子を食べたいんだ。


おれ「ありがとうー!!!」


そしておじさんに言われたとおりに歩くと・・・


DSC_3120.jpg


あったー!!!そうそう!!!こんな雰囲気よ!!
一軒一軒餃子がないか探していると、ある中華料理屋のウエイトレスさんが、

「ファーシェンホウにならあるよ」


と教えてくれたので探す。


ファーシェンホウ?
どこだろう?



だがすぐに見つかった。
「和成豊」

入り口のメニューを見ると、餃子はある。
俺達が悩んでいると、日本人のおじさんが近づいてきて、

「ここの料理はおいしいよ!!特にフカヒレが!!」
「フカヒレ以外はどうですか?」
「おいしいと思うよ」




フカヒレ以外知らんのかい!!!




中に入る。
餃子はエビ餃子しかなかった。
結局、エビ餃子、肉まん、シュウマイ、香港炒麺を注文。


炒麺楽しみやなー。




そして出てきたものは・・・





パッタイだった。(タイ調理)





これを作ったシェフは、まず中華料理とは何かについて
勉強するところからはじめる必要がある。鍋を置いてノートとペンを持て!!!!
鍋を振るうのはそれからだ!!




あーがっかり。
エビ餃子は旨かったが、肉まんもシュウマイもぜんぜん肉汁がナッシング。
マズい。



なのに料金は1人100B。



最悪やー!!!!


店を出た俺達は、地下鉄サムヤーン駅近くの、
キングス・ボディハウスへ。
俺が、タイ古式マッサージを受けたいので。


タイってどこでもマッサージがあるので、せっかくだから本物を体験したい。
eizoさんは特にいらないということで、2時間後に再び会うことにし、
俺はマッサージを受けた。



俺のマッサージ士は、2年間働いている人。




どこがどういう風にタイ古式なのかが全くわからんかった。
疲れが取れたような気もあまりしない。
ただ、俺の身体はそうとう硬いようだった。
硬いはタイ語で「ケン」だそうだ。日本語の音読みと近いな。
言語の繋がりを感じる。




ちゃんと先生にしてもらうべきやった・・・。
でも一応2時間で100Bという相場のチップを渡した。


これやったら高校生時代に日本橋で受けた針治療の方が気持ちいい。
まだやってるかなあそこ・・・。



eizoさんと合流し、ぶらぶら歩いてカオサンロードへ。
その途中も、適当に曲がって帰って、めちゃくちゃ面白かった。


地元の屋台街、大学前の露店、などなど。

DSC_3128.jpg
歩いていて偶然見つけた露店


シンハという缶ビールを飲みながら、それはもう楽しく帰った。
そしてカオサンについて、夕食を食べながら再びシンハ。
俺、チャンとレオっていうビールしか飲んでなかったけど、シンハが一番旨い!!!




シンハ最高ー!!!





明日はバンコクの市場巡り&おしゃれスポット巡り!!!
2011..09 タイ comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kotaro2004.blog94.fc2.com/tb.php/652-4bac02b5

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

小太郎

Author:小太郎
1982年生まれのてんびん座。
面白そうな事にはすぐに飛びつきます。友人いわく、「フットワーク軽すぎ」

性格:優しいはず
趣味:写真を撮る事、旅行(国内、海外)、ネットサーフィン、外国語の勉強
好きなもの:スタジオジブリ作品(特に耳すま、海きこ)、新居昭乃(特に空の森)、Sound Horizon、hide、洋菓子、アザーン、酒、面白そうなもの、事
嫌いなもの:ゴキブリ、高野豆腐
口癖:ぐはっ、うは、ってか、


2009年10月5日から2011年5月1日までの世界旅行記を掲載。

北米→中米→南米→アフリカ→アジアと、
基本的にバス移動での旅行記を掲載。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。