スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

3/30 (水) ハロン湾クルーズ


ハロン湾クルーズはシン・カフェで申し込んだ。
ガイドブックに、本当のシン・カフェの住所が書いてあってよかった。
シン・カフェとは、老舗の旅行会社なのだけど・・・


DSC_3767.jpg
両方とも偽物のシン・カフェ。そのままパクってるからわかりづらい


DSC_3765.jpg
こんなにタチの悪いのもある



7時15分から45分の間に来るとチケットに書いてあるのに、
シン・カフェの前で30分待っても、誰もこない。

シン・カフェのオフィスも開き、俺はクッキーをもらいながらスタッフと雑談。
今朝、小学生らしき子どもたちが、屋台でフォー食べてたので聞いたら、
朝ごはんを作る親もいれば、作らない親もいるのだとか。
まぁ、日本だってたぶんおるやろな。
この国は、そういう時にフォーがあるからいい。



40分くらいが経過し、ミニバン・・・じゃなくてバイクが到着。
チケットには、"ミニバスが貴方をピックアップします"と書いているが、これか???


運転手「これでハロン湾まで行くぞ!!」
おれ「よしわかった!!レッツゴー!!!」


よかったー!!!絶対違うわ。
それにしても、ノリのいいバイタクやな・・・。




と思ったら、この人がガイドさんで、バイクで俺を迎えにきたみたい。
そこでせなあかんのかガイドさんは??
それはドライバーの仕事やろが!!!!!



昨日のポーランド人からの教訓もあり、ミニバンに乗ってから、

俺「Good Morning!」と大きな声で言うと、みんな笑顔で挨拶してくれた。嬉しいなー。
1人の子どもが、もっと大きな声で挨拶してくれて、クッキーをあげそうになった。
(あげればよかった・・・かなり後悔)



俺たちを乗せたミニバンは、旧市街をぐるぐる回った後、ハロン湾へ。
途中、土産物屋に寄り、結局ハロン湾に到着したのは午後1時ごろ。



そこで、1泊組と日帰り組に別れ、別のツアーと一緒に乗船。


DSC_3778.jpg
船はどれもこれくらい豪華。


DSC_3781.jpg
船内

DSC_3784.jpg
デッキだってもちろんあります。



船が出発してしばらく経つと、皆デッキへ。
そりゃそうだよな。美しい景色とやらがいつ現れるのか、俺だって気になる。


その間、船員さんたちは料理の準備。
ランチに呼ばれた時は、ばっちり用意ができてた。


DSC_3797.jpg
席につくと、次々と料理が運ばれてきた。
春巻き、エビ、鶏肉、焼き魚、魚介類と野菜の炒め物、などなど・・・。
どれもめちゃくちゃおいしかった!!!



料理を食べ終え、デッキに再び出ると、数々の奇岩が。


DSC_3801.jpg


そして船は停泊。
あれ?ここ何もないけど・・・。



そこは、貸カヤック、ボートの場所だった。追加料金5ドルで乗れる。
5ドル?10万ドンやろ??高いわ!!!!!
あー乗りたかったのになぁー。


ま、その間まったく暇だったわけじゃなくて、
奇岩を見たり、デッキでゆっくりしたりしてた。のんびりできて良かった。



そして船は、ツアー最大の見どころ、ティエンクン洞へ。
そこに行くまでに、数々の奇岩を通り過ぎるのだが・・・


「あの岩はキスしている鶏たちのようです」
「あの岩はゴリラの頭のようです」



これな・・・日本三景の松島でも・・・エジプトの白砂漠でも・・・まぁ、
俺の知る限り、こういう岩のある場所は、世界中どこでも
とにかく何かに似ている奇岩を探し出し、何かと名前をつけたがる。


DSC_3844.jpg
鶏のキスらしいが・・・。


それ・・・必要あるか??



美しい景色。
奇岩。



それでいいじゃいないか???



DSC_3841.jpg




なんで何かに似てる岩を探すんだろう・・・。




船はティンクエン洞に到着。
俺たちのガイドさんは、「皆一緒に行こう」っていうやり方じゃなくて、
皆好き放題動いてよくて、ガイドさんがそれぞれメンバーを探して、解説してた。

素晴らしいシステムじゃないか・・・。
俺は1人だったんで、途中ガイドさんがつきっぱなしで、ありがたかった。


DSC_3848.jpg
電飾でものすごきらびやかな鍾乳洞



この鍾乳洞が1日ツアーでは最後で、後はまっすぐハノイへ。
と思ったら、帰りも、行きに停まった土産物屋へ。
何で2回も止まるねん!!!それいらんやろ!!!!




宿に着いたのは夜8時半頃。


ベトナムで夕食を食べられるのは、今日と明日だけ。
何を食べようか散々迷ったが、屋台でステーキが食べられるらしいので、そこへ。



絶対焼肉やろ・・・。
まぁ、俺には
焼肉とステーキの違いがよくわからんけど、
ステーキって言われたら良い肉やと思ってしまう。



DSC_3866.jpg
ビッ・テット。ポテトの下に肉がある。このソースがうまい!!!
写真のように、ビールも注文して、5万ドン(2.5ドル)で釣りが返ってくる。
肉はまぁ・・・この雰囲気やからそんなもんでしょ・・・って感じ。悪くはない。
ソースの味が本当に良かった。また来たい。




肉を食べた後は、ホテルに戻ってシャワーを浴び、眠りについた。
2011..30 ベトナム comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kotaro2004.blog94.fc2.com/tb.php/673-98d7bf24

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

小太郎

Author:小太郎
1982年生まれのてんびん座。
面白そうな事にはすぐに飛びつきます。友人いわく、「フットワーク軽すぎ」

性格:優しいはず
趣味:写真を撮る事、旅行(国内、海外)、ネットサーフィン、外国語の勉強
好きなもの:スタジオジブリ作品(特に耳すま、海きこ)、新居昭乃(特に空の森)、Sound Horizon、hide、洋菓子、アザーン、酒、面白そうなもの、事
嫌いなもの:ゴキブリ、高野豆腐
口癖:ぐはっ、うは、ってか、


2009年10月5日から2011年5月1日までの世界旅行記を掲載。

北米→中米→南米→アフリカ→アジアと、
基本的にバス移動での旅行記を掲載。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。