スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

4/4(月) 大都市、成都到着

昨日、車内で20歳前半と思われる中国人男性に話しかけられ、
彼と色々雑談していた。

彼はカタコトの英語で話しかけてくるが、それが全然わからない。
正直、中国語で話しかけてくれたほうがまだわかりやすい。

なので、途中から俺から中国語で話しかけたのだが、これが全く通じない。
おっかしいな・・・これまでここまで通じない事はなかったんやけど・・・。



こいつ本当に中国人か?
そう思って、「ナニ人?」と聞いたのだが、「中国人だよ。なんで?」と聞き返された。


俺のダメダメ中国語を棚に上げて「中国語が通じないから」とはいえず、
「顔が中国人に見えなかった」とごまかしたのだった。



成都に到着する前、近くの席にいた成都出身のおっちゃんに、
ホテルまでの行き方を教えてもらった。


地下鉄で、天府広場まで行き、そこから1番のバスに乗り換えるとのことだ。
あ、成都には地下鉄があるのか!!!
昆明も大都市だと思ったけど、成都の方がやはり大きいな。
このことは、成都に入ったがなかなか駅に着かない事からもわかった。



そして朝6時頃に成都駅到着。


目指すのは、夢之旅国際青年旅舎。
近くに、武侯祠という有名な観光地があるので、ここなら場所を聞きやすく、
ここまでのバスも出ているだろうと思ったから。



まずは地下鉄へ。
だが、地下鉄へと降りる階段は閉められていて、その前で待つと公安がきて、
「どきなさい」と一言。


地下鉄まっとんねん!!!
何がどけじゃコラ!!!!
見たわかるやろ、旅人じゃ!!!!!

俺「何時に開くの?」
公「7時だ」


仕方ない・・・とりあえずどっかで朝飯でも食べて時間つぶすか・・・。
ということで、駅の近くにある・・・おっと、KFCがある。



さてどうしよう・・・


KFCは俺のいるすぐ横。中は綺麗で明るい。
そして俺の今いる場所から少し歩いた所に・・・地元の食堂がある。



俺はどっちや!!???どっち側の人間や!!???


せっかく中国に来たのにKFCに入る人間か?
中国に来たからもちろん中華料理を食べる人間か?


少し歩き、食堂に入ろうとすると、おばちゃんが笑顔でお出迎え。
中はそこそこ忙しいのに、笑顔なんておばちゃんやるな。

おば「吃饭?」(食べてくかい?)
おれ「对,我饿了」(うん、腹減った)

ここは是の方がいいのかな・・・ドゥイのほうが言いやすいからこっちばっか使ってるけど・・・。
まぁいいや。

おれ「米线はある?」
おば「何の米线?・・・」

唯一聞き取れたのが、いかにも辛そうな辣椒米线

おれ「それ、辛い?」
おば「辛くないよ」

絶対辛い。。。。。それおばちゃん基準やろ???
四川人の"辛くない"なんか信用できへん。。。

おれ「辣椒は少しにして。いける?」
おば「ハオ」


少し・・・辛かった。辛さ控えめにしてないと食べられなかったかもしれん。



飯を食べ終え、地下鉄へ。
地下鉄の自動券売機は、タッチパネルになってて、ものすごく使いやすかった。
料金は2元。まぁそんなもんでしょ。


プラットホームに入るまでに荷物検査があり、それを過ぎてホームへ。
ホームへめっちゃ綺麗。地下鉄はできたばかりなのかな。いい香りするし。
(いい香りとか本当に珍しい!)



天府広場に到着し、地上に上がってバスの停留所を探す。
ホテルの方向に向かう道を何本か調べたところ、バス停発見。



成都のバス停は、どこに停まるか全てのバス停の名前書いてあるので、非常にわかりやすい。
1番のバスは、武侯祠という停留所に停まる事も書いてあった。





そしてバスは無事到着。
ホテルは、探し歩くまでもなく、バス停の、道を挟んだ反対側に大きな看板が。
よかったー!!


まっすぐフロントに行き

俺「おはよう!部屋はある?」
女「いっぱいです」 ←これ言った時笑顔。

いや・・・俺の中国語の聞き取り間違いって事もあるし・・・・
次は英語で言い直した。

俺「今、部屋はフルって言った?」
女「はい、いいました。フルです」


マジで・・・超期待しとったのに・・・。

俺「誰かチェックアウトする?1泊なんだけど」

スタッフは宿帳をペラペラめくり・・・

女「はい、1人チェックアウトします」
俺「では、その部屋に泊まります」


ちょっとーそれくらい融通利かせてよー。



よし、宿は確保できた!!!
と思ったら、どこからともなく日本語の話せるスタッフが。


「何泊しますか?」
「今日は1泊で、4日後にまた泊まりたいんですけど」

宿帳をペラペラめくり・・・

「4日後はいっぱいです。残念ですね」



本当に残念だよwwwwwwwwwwwww
なんか何の悪気もない「残念ですね」で本当に悲しい・・・・。




俺はしばらく宿でゆっくりした後、観光を開始。
まずは宿の近くをぶらぶらし、武侯祠へ。
ここは三国志について無知の僕でさえ知っている『諸葛亮』を祀ってある場所。


と思ってぶらぶらしていたのだけど、
そこは隣にある、古い町並みを再現した錦里という場所だった。

DSC_3954.jpg

DSC_3955.jpg
どうりでどこでも入場料を取られなかったわけだ・・・。

DSC_3961.jpg
四川名物”小吃”

DSC_3962.jpg
こちらは見た目は辛そうだが、全然辛くないお菓子


来た道を戻って出た後、隣の敷地に行くと、武侯祠発見。
しっかり入場料取られました。



DSC_3979.jpg
諸葛亮


DSC_3984.jpg
張飛




その後、明日九寨沟に行くためのバスのチケットを買うためにバスターミナルへ。
バスターミナルまでは無事到着。

そしてチケットを購入するため、


「明日 九寨沟まで」と言うところまでは問題なかったのだが、
「何枚?」と聞かれた時にその中国語を理解できず、
「???」という顔をしたら、おばちゃんがものすごいデカイ声で、


「何枚!!!」って言ってきた。
中国人は大きい声で話すから怒っているように思う時がたまにあるけど、
あれは絶対怒ってた。


そして大きなため息をつき、「貴方ナニ人?」と聞かれたので、
「日本人です」と答えると、さらに大きなため息をつかれ・・・


「何人?」と英語で聞かれた。




絶対怒ってたわあれ・・・。




無事チケットを買えたのだけど、次からは
「枚数 日 行き先」をちゃんと言おうと思う。



チケットを買った後は、歩いてホテルへ。
その途中、地元の食堂があったので、回鍋肉を食べようとしたのだけど・・・



いや、レストランの壁に「回鍋肉」って書いてあった。
だから「回鍋肉」って注文したのに、まさか・・・




回鍋肉が6種類もあるって知らんよ!!!!!!
「何の回鍋?」って聞き返された時は、「は?」って思ったもん。
で、メニューをみると、確かに回鍋肉がたくさんある・・・え・・・・



僕の食べたい、日本でもよくある回鍋肉はどれですか?
わからんから、回鍋肉のメニューで一番上にあったやつを注文した。


DSC_3988.jpg
誰が何と言おうと回鍋肉


え・・これ?これ回鍋肉?



違う・・・おいしいけど・・・これ違う・・・。
回鍋肉なんて日本でもぜんぜん食べてないから、どんな味なのか正直覚えてないけど、
これは違うと思う。



ま、旨かったので文句はないけど・・・。
絶対またどっかで回鍋肉食べよ。




そして宿に戻って、少し休憩。
寝台列車とはいえ、ちゃんとしたベッドで眠っていないので、少し眠った。


目が覚めたのは夕方頃。
おなかが空いたので、フロントのスタッフに、

「四川料理で有名なのは何?」と聞くと、
「坦坦面」
と返事が返ってきたので、坦坦面を食べにいった。



DSC_3989.jpg
坦坦面(小)



なんとか俺でも食べられるくらいの辛さで、めっちゃうまかった。



その後、ホテルに戻ってビールを飲みながら日記を書いていると、
暇そうなスタッフ&その他もろもろに話しかけられた。

「私の事覚えてる?」


見た事なかった。


「知りません。」

よく見ると、その横の人は、今朝俺に日本語で話してきた人だったので、
「この人は知っています」とそのコの隣のコを指さした。

すると軽く怒り出し、

「今朝フロントで仕事してたよ!!貴方のチェックインの時もいたよ!覚えてる!?」

そうやったっけ?可愛いコは絶対覚えてるはずなんやけど・・・
そして顔をじーっと見ると・・・


あ、見た事あるわ。


「ごめんなさい。思い出しました。覚えてます」
「遅い」

はぁ・・・こういうやり取りは、もっと可愛くて・・・いや、いい。
4人いる女性のうち、3人は日本語勉強中なのだとか。

「中国語話せるの?」
「話せません」
「じゃ貴方の今話してる言葉は何よ?」

そんなツンデレなセリフは、もっと可愛くて・・・いや、いい。

「”話せない”じゃない。"少し話せます"よ」

おまえらは俺のおかんか!!!

「今何してるの?」
「日記を書いてる」
「ブログ?」
「そう、ブログ」
「見せて」

見せると、偶然にもハノイで朝食に誘ったコが来なかった時の記事がトップに出ていた。
イメージ悪すぎる・・・。なのですぐに閉じた。

結局、日本語の勉強のためにもブログを読みたいのだとか。
でも、よく考えたらFC2は中国からじゃ見れない。

「このブログは中国からは見れません」
「でも貴方は今見てるよね。どうやって?」


仕方ないので、ツールのDL先と、俺の日記のアドレスを、1人のコにメールした。






この日の反省。
とりあえず全員の連絡先を聞いておくべきやった。
でも、この日は1人でゆっくり日記を書きたかったんだけど・・・。
2011..04 中国 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kotaro2004.blog94.fc2.com/tb.php/679-5114ed01

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

小太郎

Author:小太郎
1982年生まれのてんびん座。
面白そうな事にはすぐに飛びつきます。友人いわく、「フットワーク軽すぎ」

性格:優しいはず
趣味:写真を撮る事、旅行(国内、海外)、ネットサーフィン、外国語の勉強
好きなもの:スタジオジブリ作品(特に耳すま、海きこ)、新居昭乃(特に空の森)、Sound Horizon、hide、洋菓子、アザーン、酒、面白そうなもの、事
嫌いなもの:ゴキブリ、高野豆腐
口癖:ぐはっ、うは、ってか、


2009年10月5日から2011年5月1日までの世界旅行記を掲載。

北米→中米→南米→アフリカ→アジアと、
基本的にバス移動での旅行記を掲載。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。