スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

4/11(月) 桂林から陽朔への漓江下り ~バンブーボート~

朝9時からツアーは開始だったが、目が覚めたのは8時半。
俺は今日このホテルをチェックアウトし、ツアーの最終地点である陽朔で
1泊するつもりなので、荷物をまとめてさらに朝食も食べるとなると時間が足りない。

大急ぎで荷造りをした後、
昨日も行った食堂へ走り、炒面をテイクアウトした。
箸は筷子(クァイズ)というが、それを知らずにこのとき少し時間を使ってしまった。。。



急いでも戻ったが、まだツアーは始まらず。
というか、ツアー参加者、この宿で俺たち2人だけみたい。
ボロそうな竹のボートで漓江下りをするなんて、絶対楽しいのに。。。



ツアーは朝9時半頃に開始。
バスに乗ってボート乗り場まで移動。
俺たちのホテルからは2人だけだったけど、途中でどんどん人を乗せて、
バンの中は観光客でいっぱいになった。



11時頃にボート乗り場に到着。
各ボート毎に4人、5人が限界のようで、俺たちは複数のボートに別れて乗船

DSC_4143.jpg

そして楽しい楽しいバンブーボートでの漓江下りがはじまった。

DSC_4146.jpg

ベトナムのフエにいた頃、重慶人から、「ベトナムのハロン湾と同じ」と聞いていたけど、
こっちはボートでゆっくりと河を下れて、ハロン湾とは違う魅力がある。

DSC_4154.jpg

DSC_4157.jpg

DSC_4158.jpg

好みの問題だけど、俺はこっちのほうが好き。


ボートを操縦しているのは、中国語しか話せないおばちゃんだけど、
このおばちゃんが絶景ポイントでちょくちょく止まってくれる。



ほーらまた止まってくれた。
ありがとうおばちゃ・・・




あれ?おばちゃんなんでエンジンいじってるの?




あれ?おばちゃんなんで助けを呼んでるの?




エンジントラブルorz




こんな河の上でエンジントラブルとか勘弁してくれwww
でも俺を含め、誰も心配してない。

「ゆっくり景色を眺められるし、問題ないよ」

と残りのメンバーも言っていた。
ま、なんかあれば他のボートに引っ張ってもらったらええねん(笑)



ただ、おばちゃんは修理できないようで、
直せるボート漕ぎを止めて、その人が必死に直していた。

この間、川沿いで綺麗に並んでいる竹をみてマニュエルが話をしてきた。

マ「日本にも竹はあるだろ?」
俺「うん、あるよ」
マ「俺はキャバクラでたくさんみたよ」

え?そんなキャバクラあるの?俺行った事ないから知らんけど。
居酒屋とか店内に植物植えたりしてるとこたまにあるけど、そういう事?

俺「本当にキャバクラで見たの?」
マ「本当さ、本当に綺麗だった」

この本当に綺麗だったは、主語がTheyなのだが、
俺はてっきりこれはキャバ嬢をさしているのかと思った。

俺「いくらした?すごく高かったでしょ?」
マ「そんな事ないよ。」


だが、この後、徐々に話がずれ始める。
おかしいと気づいたのは、この人が「ガイドブックを読んで行った」って言ったから。

ん・・・もしかして・・・

俺「もしかして、そこには大仏がいる?」
マ「当然だよ」



あ・・・わかった・・・これ・・・キャマクラ→カマクラ→鎌倉




俺「それ、カマクラだよ。キャマクラ。No キャバクラ」
マ「俺もさっきから話が合わないと思ってたんだよ」
俺「キャバクラは、キャバレークラブだよ。気をつけて」
マ「キャバレーには興味ないな」



どうりで・・・。



そして無事直ってツアー再開!!!



しばらくたつと、同じボートのメンバーが20元札を眺めている。
そしてこちらへ来て・・・

男「この札の絵がどこなのか聞いてくれないか?」
俺「わかった」

俺はおばちゃんの所に行き、

俺「これはどこ?ここ?」
おば「もっと先」

俺「もっと先だって」
男「ありがとう」


でも、こんなん適当に作ってると俺は思うけどな。まぁいいけど。


そしておばちゃんは、その景色に到着しても教えてくれないのであった(笑 )

俺「すみません、ここが20元の場所ですか?」
おば「あっち」

おばちゃんは既に俺たちが通った所を指差した。


ちょ!!!そこは空気呼んで教えれくれよ!!!なんで素通りやねん!!
エンジンも直せない。場所も教えてくれないであんた何もできへんやんけ!!




ボートはどこだかわからない場所に到着。
そして、たぶん6人くらいが限度だろうなーという小さい車に、
13人くらいつめこまれた。めっちゃ狭い。

そしてついに、ツアー参加者の欧米人のおじさんがキレた。


「俺たちは人間だ!!!ヤギじゃない!!!」



ま、安いツアーやしこんなこともあるよ。
何がおきても全く不思議じゃない。
僕は諦めていた。。。


そしてそのボロ車で少し走った後、バスに乗り換え。
一同がホッとしたのも束の間、ツアーは陽朔で終わるはずが、何故か料金を徴収されたのだ。
当然怒る。


俺「このツアーは陽朔までと聞いている。なぜお金がいるんだ?」
バス女「私たち、それとは関係ないのよ」


おっと・・・これはバスの乗り換えミスか。
ちゃんと聞いておけばよかった。
ボロバスが止まった後、

「乗ってー!」とおばちゃんがきたので、みんな安心して乗ってしまったのだ。


違う会社なら、この人たちに罪はないわけで、ここは払って後で文句を言えばいい。


ということで、7元の料金を支払う。
が、中には払わない人もいる。ツアー参加者の7人が支払いを拒否。
すると・・・


バス女「7人もお金を払わないのよ!貴方払うように言ってよ!」

なんで俺が言わなあかんねん。

俺「あのーすみません、このバスは、ツアーと別のバスです。
  なのでバス代を支払わないといけません」

すると、ツアー参加者のいかにもワガママそうな欧米人女が一言。

女「私たちは陽朔までと聞いているわ。だからお金は払わない。
  訳してくれてありがとう」


あー お前らホンマワガママやな!!!!!!!!!!
欧米人で一括りにするのは悪いが、今回はさせてもらう!!!
お前ら俺が世界一周してて何度も思ってたんだが・・・ワガママすぎるやろ!!!
世界一ワガママ!!!!どこの国や!


「パスタが食べたい」  ← 中国のとあるユースホステルより
ないわ!!!


「私たちハムは食べられないわ」 ← イスラエル人
じゃ食うな!!!黙って残せ!!!
あ、ハムくれてありがとう。


ツアーとは別や言うとるやろ!!!
乗り間違いや!!!こいつらに罪はない!!!

バス女「どう?」
俺「ツアーは陽朔までだから、払わないって」
バス女「じゃ、あなた7人分払ってくれる?」

なんで俺が払わなあかんねん!!!
俺だって払いたくないところを、諦めて払っとんねん!!!!


そしてバスの運ちゃんと料金聴取の女性は話し出す。
現在、7席の客が金を払わずに無賃乗車をしている。
結果、金を払っていない7人を別のバスに移すこと決定(ひでぇ
話を聞いていたところ、陽朔行きではない。


ハッハッハー!!!
お前ら変なところに連れていかれて迷ってしまえ!!!

すると、降りろと言われた7人は話し出すが、ワガママ女が率先して、


「大丈夫よ。このままで」



くそったれー!!!!!


そしてバスは無事に到着。
ま、安いツアーなんて問題があって当然やって。
ま、僕はすぐ文句言うから人のこと言われへんけどw


俺たちは歩いてホテルへ。
だが、話を聞くとマニュエルはバスで桂林に帰るのだとか。
とりあえず、俺がまずホテルを確保し、その後は街をぶらぶら。

水墨画のような景色の街だと聞いていたが、
それは昔の話なのか、土産物屋やいろんな店でいっぱい。
それでも、川沿いは静かで、桂林よりはゆっくりとできた。
が・・・やはり残念。街並を期待して1泊を決めたのに。


そしてマニュエルはバスで桂林へ戻った。

マ「じゃ明日会おう!」

俺はいそいで料金を聞き、

俺「15元だよ!!」と料金だけ伝えた。


分かれた後は、俺は夕食を食べる。
ここは魚が有名らしく、啤酒鱼(ビール魚:直訳)を注文。
ビールで臭みを消すのか?まぁせっかく来たし魚を食べよう。
ちなみに、鯉だと思う。


DSC_4161.jpg
伝わりづらいが、皿がめっちゃデカイ。2匹。


ご飯に魚の身をのせて食べると旨い!!ただ小骨が多いのが面倒だが。
うまそうに食べていたのか、横に座ったおばちゃんに、

「どう?それおいしい?いくらした?」と聞かれた。
「2つで25元。まあまあだよ」と返答。

おばちゃんは結局注文しないのであった。


他の人が何を食べているのかを見てみると、皆同じような器の料理を食べている。
目の前の女の子も食べていたので聞いてみると、锅饭(鍋飯)とのこと。
石焼ビビンバみたいな感じ?器は石じゃなくて土?やけど。
めっちゃうまそう。

このコは珍しく、中国一人旅なのだとか。おそらく陽朔だけ。
珍しいな。

「あなた何人?」
「日本人です」
「貴方の中国語、とってもいいわよ」
「ありがとう」

だいたい皆こう言ってくれるのだが、
地元民同士の会話にほとんどついていけないので、絶対良くない。


その後はホテルに戻り、日記の下書きを作成。
ものすごく忙しい移動だったので、下書きすらまったく書けていない。
少し下書きした後で、部屋に戻って眠りについた。
2011..11 中国 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kotaro2004.blog94.fc2.com/tb.php/685-4bdc68c2

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

小太郎

Author:小太郎
1982年生まれのてんびん座。
面白そうな事にはすぐに飛びつきます。友人いわく、「フットワーク軽すぎ」

性格:優しいはず
趣味:写真を撮る事、旅行(国内、海外)、ネットサーフィン、外国語の勉強
好きなもの:スタジオジブリ作品(特に耳すま、海きこ)、新居昭乃(特に空の森)、Sound Horizon、hide、洋菓子、アザーン、酒、面白そうなもの、事
嫌いなもの:ゴキブリ、高野豆腐
口癖:ぐはっ、うは、ってか、


2009年10月5日から2011年5月1日までの世界旅行記を掲載。

北米→中米→南米→アフリカ→アジアと、
基本的にバス移動での旅行記を掲載。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。