スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

4/21(木) 地獄の硬座移動 ~福州へ~

Cさんと別れた後は、深圳駅へ。
俺は、予定外の列車の日程変更によって、列車でいつも使っていた硬ベッドが
予約できず、硬座という、硬いシートの座席のチケットを予約していた。



それが辛いものだとは知らずに。。。



硬ベッドの車両は、乗客はベッドの数だけしかいないという事もあり、
そんなに混雑していない。だが、この硬ベッドは、座席を持たない人も乗っており、
もう・・・狭すぎる!!!



それに俺の席に誰か座っとるし!!!!
すぐに話してどいてもらう。



でも、俺は疑問に思う事もあった。
他の車両から、この車両に移動してくる人が多い。
ただでさえ狭い車両なのに、なんでここに居座るねん!!!!




この疑問は、列車が出発して数時間後に解決した。
どうやら、俺の乗っていた車両に、ベッドのチケットへの変更カウンターがあったようだ。
皆そのカウンターに並んでいたのだ。



そっかー!!!
でも、俺はいいや。今回は我慢しよう。
めっちゃしんどいし、寝るのも心配やけど。。。




それにこの車両、おもろい。
車内販売の弁当の値段が、ベッドの車両とは違う。
ここの方が安い。ここは5元。ベッドの方は15~20元。





列車では何度も睡魔が襲ってきた。
それに、車内で流れる映画は、やっぱり戦争モノ。
辛い。。。



眠ると荷物を盗られるかもしれない。
眠るわけにはいかない。



気がつくと、車内はすっかりガラガラになっていた。
多くの人がベッドに移ったらしい。






翌日・・・疲れた身体で福州駅に到着。
この街には目的は、黄山というここからさらに8時間以上かけていく場所への
中継地点であるだけ。もし宿代が安ければ2泊はしてもよいかな。





と思っていたが・・・





何軒まわっても宿泊拒否orz







えええええええええええええええ!!!!
なんで!!?なんであかんのん!???



途中からは、

「日本人なんですけど、泊まれますか?」って聞く様にしたし。

でも、

「泊まらせる事はできません」



泊めてくれるくらいいいやんけ!!!
これまでは、ユースホステルばっかり回っていたから、
ホテル探しなんて1度も困った事がなかったのに、
観光地じゃない街に来るとこうなるのか。



結局、駅の近くにある金山大飯店というホテルだけは、
「OK」という事で、そこに決定。
値段はいつもの5倍以上の金額である120元。



「ここに来るまでに何軒もまわったのに、どこも「ダメって」言われた」

というと、

「外国人を宿泊させるには許可がいるのよ。
 日本人だからじゃないわ。韓国人もアメリカ人も同じよ」


と教えてくれた。
まぁそうじゃないかと思ってたけど。。。




そしてやっとこさ部屋決定!!!
あー疲れた!!!




もー寝る!!!
すぐ寝る!!!!
でもその前にインターネットをする!!!



ここはちょっといいホテルなので、部屋にLANケーブルが伸びていて、
無料でネットができる。やったー!!!
俺はベッドの上でゆっくりインターネットをしていると、部屋をノックする音が。



ん?何やろ?
服を着てドアをあけると、若干化粧のきついおばちゃんが立っている。
ん?スタッフか??


俺「何ですか?」
おば「マッサージはいかが?」



おもしろそうなので部屋に招きいれてみた(笑)




だが、それからおばちゃんの必死のアピールがはじまるのだった・・・。





ちょっと話を聞いたら飽きたので、

俺「やっぱり要らないです。疲れているので寝たいです」
おば「疲れているの?ならマッサージはいかが?」


墓穴掘ったoraz



俺が全く興味なさそうにしているのが分かったのか、
おばちゃんはしばらく黙り・・・



おば「セックスもあるわよ」





おい・・・何を言おうがあんたの自由や。
自由やけども・・・年と顔を考えてからしゃべれ!!!


おば「ほら、胸も大きいでしょ?」



そうやっておばちゃんは、重力によって完全に垂れ下がったであろう胸を持ち上げ、
俺にアピールしてきた。




さらに仕上げと言わんばかりに、俺の服を脱がせはじめた。



やりすぎじゃー!!!!ババァ!!!!!



「いらないです。」



そう言っておばちゃんの腕をひっぱり、何とか部屋の外へ。






その後別のおばちゃんのもひっかかり・・・





もう誰がノックしてもでーへん!!!!



その後何度もノックする音を聞くも、全部無視。
するとその後、部屋の電話のベルが鳴る。

ん?何だろ?


俺「ウェイ?」(もしもし)
おば「マッサージはいかが?」


ガチャ。




電話線抜いた。




ハァ・・・・疲れた・・・タダでさえ疲れてるのに。。。

俺はホテルの隣にあるスーパーで、お菓子とビールを買い、
部屋で飲み食いしてから眠りについた。
2011..21 中国 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kotaro2004.blog94.fc2.com/tb.php/706-50226a83

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

小太郎

Author:小太郎
1982年生まれのてんびん座。
面白そうな事にはすぐに飛びつきます。友人いわく、「フットワーク軽すぎ」

性格:優しいはず
趣味:写真を撮る事、旅行(国内、海外)、ネットサーフィン、外国語の勉強
好きなもの:スタジオジブリ作品(特に耳すま、海きこ)、新居昭乃(特に空の森)、Sound Horizon、hide、洋菓子、アザーン、酒、面白そうなもの、事
嫌いなもの:ゴキブリ、高野豆腐
口癖:ぐはっ、うは、ってか、


2009年10月5日から2011年5月1日までの世界旅行記を掲載。

北米→中米→南米→アフリカ→アジアと、
基本的にバス移動での旅行記を掲載。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。