4/26(火) 初登山 in 黄山

ついに黄山に行く日が来た。
本当なら、丸一日かけてゆっくりと登りたいのだが、
今日の夜に苏州行きの列車に乗らなくてはいけない。


この山は登山口が2箇所あり、どちらからでも登れる。
簡単に言えば、∩ ← こんな感じで、登山口が2箇所あり、
片方から登って、もう片方から降りたり、
山の上にあるホテルで一泊し、朝日をみてから降りるのが定番なコースだ。



俺は、宿泊したホテルの登山ツアーは使わずに、
自力で向かうことにした。そっちのほうがハラハラドキドキして楽しいし、
値段も安く抑えられる。


朝7時にホテルをチェックアウトし、荷物をフロントに置かせてもらってから、
ホテルを出発!!


バスターミナルに向かい、黄山と伝えて、その近くまでのチケットを購入。
黄山までは順調に進め、雲谷寺の登山口に到着。



俺の予定では、ここから見所のある少し上まではロープウェイで登り、
そこからゆっくり歩いて、景色を楽しみながら写真を撮る予定だ。







いや、予定だった。






ロープウェイはなんと12:00~17:00の間しか動かしていないらしい。




ええええええええ!!!!!!!
なんでやねん!!!午前中も動かせよ!!!!!



ここ世界遺産やぞ??中国には景色の美しい山がたくさんあるが、
その中でも特にここは観光客が多いはず。
そんな場所なのに、1日中動かしてなんですか?


おかしい・・・そんなん絶対おかしいやろ!!




まぁ、ダダこねてもロープウェイが動きだすわけじゃないので、
予定を変更して登山開始。
とりあえず、ロープウェイで上がるはずだった場所までどれくらいで到着できるか、や。



DSC_4508.jpg


山には階段が作られていて登りやすいが、落下防止のために何もない所もあるので、
橋を歩く時は怖い。それに、この写真にいる、荷物を持っている人を見てほしい。
この山は車が通れる道がないらしく、全ての荷物を、こうやって担いで登っているのだ。

邪魔な観光客は声でどかせる。おいおい、威張る気はないが、
ここは観光客でもってるねんで???もっと言い方とかあるやろ!!!

ま、言い方っていっても、何て言ってるのか聞き取れなかったけど・・・。





DSC_4502.jpg


綺麗な桜も見られて、登っていて楽しい!!





登っていて楽しい!!
なんて言っていられるのは、体力のあるうちだけであり、
疲れてくると「次の見所マダーー??」としか考えられなくなってきた。




そんな中、僕を癒してくれるのは美しい景色。
(景色の中に偶然入る、美人な観光客を含む)



でもたまに、ヒールで山登りにくる女子がおる。
おいおい・・・さすがに歩きやすい靴で来なさいよ。そういう靴でもおしゃれできるでしょーが。


DSC_4513.jpg
水墨画に描かれているような景色が続く。
本当に来た甲斐があった。

DSC_4532_20110918171357.jpg
写真とは、記憶を引き出すための道具でもあり、
人によっては記憶を引き出すための道具でしかないと思った。
簡単に言うと
『おっさん、そっから撮るのは(構図を考えると)ナシちゃいまっか?』



どんどん山を登り、自分が行きたい見所の中で、一番高い位置にある場所に到着したのが、
12時前。行ける!!歩いても十分間に合う!!
よかったー歩いてきて。



DSC_4541.jpg


記念撮影用の場所もあり。
ここで、俺は疲れたので休憩。山を登る前に買っていたお菓子と水で空腹を満たしていると、
中国語で、『アンケートに答えて下さい』と言われた。
どうやら、大学の講義かゼミの一環らしい。

…俺の姿をみて、中国人だと思ったらしい。
頑張って、わからんところは飛ばしてやってると、先生登場。
せっかくなので、
『僕は日本人で、中国語は少し話せますが、わからない問題もあります』
というと、横に座って英語で教えてくれた。

アンケートというのは、ここ黄山に関することで、

・どのように黄山のことを知りましたか?
・料金は高いですか?
・また来ますか?

などなど。問題多すぎ…。


問題を全て解き終えると、先生から「ありがとう!」と言われた。
いえいえ、こっちも面白かったよ。
そして先生は1人の学生を俺に紹介。

めっちゃ可愛い。タダモノじゃない。
中国で会った中国人の中で一番可愛い。
え?そういう意味の紹介?(笑)

中国語で『日本語が話せます』って言ってきた。
あー、日本人だから日本語話せる人を連れてきたのね。
がっかり。あ、うそです。

気をつかって中国語で話していると、ものすんごい流暢な日本語で

「日本でいいわよ」

と一言。おいおい、そんなうまいんなら一言目から日本語使ってよ。

「わたしのおばあちゃんが日本人なの。だから両方話せるのよ」

とのこと。どうりで上手いわけや・・・。
さらに驚くことに、少し雑談していると、

「あなた、関西人?」





えええええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!!





めっさびびった!!!





日本語が話せるとかそういうレベル超えとるがな!!!
日本語聞いて、関西弁かどうかわかるとか、日本人レベルや。



その後も色々話をしていた。
どうやら、上海の大学で、観光ナントカ専攻らしい。
将来は、観光事業に就職するのかとおもいきや、未定とのこと。
まぁそうだよね。日本の大学生だって、そこまで考えて就職してるやつ少ない。




下山開始。



さすが下り。めっちゃ楽。
めっちゃ楽…なんだけど、体力が底をつきかけていて、
途中で徒歩での下山を断念。



ものすんごい並んでたけど、ロープウェイを使った。





下山して、バス乗り場っぽい場所で待つ事15分…。
ようやくバス到着。

よかったー!!!!

あまり時間の余裕がなかった俺は、ホテル近くにバスが到着した後、
走ってホテルまで戻り、荷物を受け取ってから再び走ってローカルバスへ。




なんとか間に合った…。




中国旅行も長かったが、これが俺が乗る最後の列車になる。
列車の旅は色々な出会いがあり、のどかな景色もすばらしくて本当に楽しかった。




次に行く場所は苏州。
ここは以前、この近くの町で働いている中学時代の友達に会うために来た事がある。
なので、俺の中の感覚としては、ようやく「帰ってきた」感じ。

あー俺の旅も終盤に迫ってるんだな…と改めて感じだのだった。







そして時間どおりに列車に乗り込み、俺は翌朝に蘇州駅に到着した。
2011..18 中国 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kotaro2004.blog94.fc2.com/tb.php/710-d35cb49a

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

小太郎

Author:小太郎
1982年生まれのてんびん座。
面白そうな事にはすぐに飛びつきます。友人いわく、「フットワーク軽すぎ」

性格:優しいはず
趣味:写真を撮る事、旅行(国内、海外)、ネットサーフィン、外国語の勉強
好きなもの:スタジオジブリ作品(特に耳すま、海きこ)、新居昭乃(特に空の森)、Sound Horizon、hide、洋菓子、アザーン、酒、面白そうなもの、事
嫌いなもの:ゴキブリ、高野豆腐
口癖:ぐはっ、うは、ってか、


2009年10月5日から2011年5月1日までの世界旅行記を掲載。

北米→中米→南米→アフリカ→アジアと、
基本的にバス移動での旅行記を掲載。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム